2011 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 04

ど素人のつぶやき

会いたかった、会いたかった、会いたかった、エイッ!君にーー♪

極めて個人的なことですが、私は訳あって疎遠になっていた昔の友達と、最近、次々と再会できて、こんな嬉しいことはありません。ネット上でのことです。



さて、現実世界での私は、この一週間、仕事で外を駆け回っている。仕事の関係者と一緒であるが、彼らも長い付き合いであるので友達である。「花渡川さんは外を駆け回っている姿が一番いい、PCの前に坐っている姿はあなたには似合わない。」ほとんどの友達がこのように言う。

確かに、狩猟に明け暮れていた我らの先祖は、精神も肉体も健康的であったに違いない。後の世に、放射能で大地が汚染されることも、また小さなことかもしれないが、職場の人間関係で悩むということなど、夢にも思わなかったでしょう。あの人たちも今の私たち同様に、人に会いたいとか、獲物に出会いたいという願いは持ってはいたでしょうね。この程度で一日が暮れてゆけば、どんなに楽しい毎日でしょうか。



悩みの一つになるのかもしれないが、世の中には「聞く耳を持たない人」という、困った人がいる。私は歳のせいか、このような傾向は薄れつつある。特に立場の違う人の意見には興味すら持ってしまう。理工系の勉強をしてきた人、技術系の仕事をしてきた人、とにかく私と違った体験をしてきた人々。

そのような私の同級生が言っていたことの受け売りです。まーた、話題は原発です。昭和の時代までは、工場や大きなビルの非常用発電施設は地下に作られていたのだそうだ。それが水害の体験から、工場の敷地内の小高い丘や、ビルであったら屋上に非常用発電を作るようになったそうだ。福島原発はどのような対策をしてきたのか、それは私としては推して知るべし。それで、彼が言うには、今回は自然災害プラス人災であった。私ももうしばらくすれば、マスコミも「人災だ」と言って騒ぐような気がします。

思い出した。ビルには受水槽というのがあって、ここに水道水を一旦溜めて、塔屋のタンクにポンプアップしている。そこからビルの各個に給水する。この受水槽も最近では、地面より高い所に設置されているように思う。



放射能と人災ということで考えてみれば、北の将軍様が核兵器を持っているとすれば、”気狂いに刃物”よりももっと強力な人類の恐怖となりはしまいか。困るのは南のイさんやパクさん、キムさんだけではなくて、我らにとってもとてもじゃないが、他人事ではないでしょうよ。
スポンサーサイト
[ 2011/03/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ど素人のささやき

いつものコンビニで煙草を買おうとしていたら、「余裕を持って買われておいたらいかがですか」と後ろから声を掛けられた。はあっ?この店のオーナーが言うには、煙草は注文をかけているが、月曜日にはいくらも入荷しないのだという。煙草のフィルターを造っている工場が東北にあるそうだ。だから買いだめを勧めているのである。

私は「いや、それなら煙草を止める」という勇気は起きず、「いや、なけりゃないでいいよ」と言って、一箱購入したのだった。

今日逢った建築関係の人も、アルミサッシや流し台が品薄で、増改築、新築工事の資材の目途が立たないと言う。

まもなく花見のシーズンとなるが、今年は花見で大騒ぎするのも憚られる雰囲気である。恐らく、ヨッパライは人々の顰蹙を買いそうである。地震・津波・原発の影響はいろんな意味で大きい。



被災地や周辺の野菜が、食品衛生上の基準を超えた。直ちに健康を害するものではない、と言いながら、出荷規制された。これが順番が逆なら、つまり後から安全だ、と言うのなら、風評被害を無くす為という意図も感じるのだが、これは何か変だよね。風評以前にハッキリしていることがあるのではないか。それは、丹精込めて作った野菜が汚染されて売れなくなった生産者が被害者で、東電や国の原発政策が加害者であることは誰の目にも明らかである。

基準値を決める時には、厳格にしているから安全だと言う意味であろうか数値を低く設定し、いざ事故ったら、基準値の何倍の数値が検出されても安全だ、と言い張る手前勝手さに呆れてしまう。



避難地域の設定も、私、ど素人に言わしめるに、甘いんじゃないの?単に半径で円をいくつか描いた図を見せられるのであるが、どうも原子力という最先端科学にふさわしくない。放射線が直線で進むものなら、大きな構造物や山があればそれらに遮られるのだろう。また、放射性物質は埃みたいに風に飛ばされるのであれば、風向や風力および雨等の気象条件に大きく左右されるかもしれない。地形的、気象的条件を考慮すれば、その区域は自ずと特定されるはずである。このようなシュミレーションを安全対策の一環としてやって来なかったのだろうか。きめ細かな図はできるはずだけど。アバウトに区域を定めているとしか思えない。少なくとも人命はアバウトであってはならないんとちゃう?



最先端科学の分野で、冷却するのに水や海水というのも私としては納得できない。沸点が一定し、なお冷却効果もあり、注水の必要もないくらいの何か液体は開発できなかったものだろうか。

最近電線を繋いだのだが、通電なんてのは東電お手の物のはずであるが、なんでもっと早くしなかったのだろうか。危険な状態だったから。ほら見ろ、やっぱり安全ではなかったのではないか。



突拍子であるが、50点満点中、25点以上が合格だとすれば、26点取りさえすればいいんだという人もいる反面、いや、満点を取らなきゃ気がすまないと言う人もいるだろう。満点狙いでもそう上手く事は運ばないのが世の常である。毎回50点と言う訳にもいかず、48点のときもある。今回は30点が最低ラインです、ということになれば、26点の人は落ちることになるのだが、それで「30点は想定外だった」と言ってみたところで、誰も同情はしない。



成金の若旦那が毎晩のように大酒を喰らう。若旦那、そんなに飲んじゃ身体に毒ですよ。何言ってやがる、おらあな、飲んだアルコール分は二時間経てば身体の中で半分になるんだい。笑えないジョークを言うんじゃないよ。
[ 2011/03/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

山川報歳(ほうさい)









撮影者のセンスの悪さがよくわかる、悪い見本となる写真である。被写体の蘭には何ら罪はない。



「山川ほうさい」で検索しても、いくらもヒットしない、が、僕が過去にコメント欄に書いたものが出た時にはさすがに驚いてしまった。「報歳蘭」で捜せば、記事は多い。中国では旧暦であるが、新年の頃開花するので、歳を報らせるおめでたい花なのだという。そして、「中国ほうさい蘭が半ば野生化したものと考えられ、冬の寒さにやや抵抗がある。入手困難。」とある。

市町村合併で今はどうなったのでしょうか、旧揖宿郡山川町という鰹節で有名な町がある。ここの園芸家がこの蘭を全国に拡めたので、山川報歳と呼ばれているのではないか、と僕個人は考えている。どうでもいいが、「函館本線」を歌ってた方は「山川豊」でしたけどねえ、勿論、何の関係も無いでしょう。前にも書いた通り、この花はシンプルであるが、芳香がすばらしい。僕もかくありたい、なんちゃって。



さて、僕は誰と会っても話題は震災と原発であった。昨日はじめて他の話題になった。こちらでも建築資材が不足しているそうだ。特にコンクリート構造物には欠かせないコンパネがないという。工事を受注していいものだろうか、なんて言っていた。結局震災絡みの話ではある。





[ 2011/03/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

山里ラーメン

友人と仕事で日置市へ行った。平成の大合併前は吹上町というところである。このあたりの地理に詳しい友人が、昼食はご馳走してくれると言う。そのラーメン屋さんは初めての人は簡単にはたどり着けないでしょう。街道沿いの普通の二階建ての民家である。そして、すぐ裏には里山が拡がっている。田舎であるので、駐車場だけは広かった。しかし、看板も無ければ、住宅部分には表札もなかった。



店内は10人も坐れば満席である。壁にはNHK「家族に乾杯」のロケの写真が貼ってあった。仮屋崎省吾さんと一緒の集合写真であった。「山里さん江」と書かれた芸能人のサイン入りの色紙もあった。「南海キャンディーズ」のものが一枚。この二人の写真がたくさん貼ってあった。この店にはメニューはない。レパートリーはラーメンとライスのみ。

ラーメンとライスの小をおばちゃんが運んできた時に、ヤマちゃんと何か関係あんの?と尋ねれば、今は千葉の方に居るけど親戚なんです、と言う。ヤマちゃんこと山里亮太のお父さんはすぐ隣の村、お母さんは確か鹿児島市の出身であるのだという。こんな寂しい田舎の村で、芸能人所縁のお店があるなんて、僕と友人は無言で顔を見合わせたのだった。

今思い出したが、柔道の篠原全日本監督のお父さんもこの近くの出身だ。僕の別の友人の奥さんと篠原パパとは中学校の同級生だという。

この店の屋号は「山里」または「山里ラーメン」なのではあるまいか。



僕は高校まではラーメンをご飯のおかずにした事は無かった。ところが上京したら、周りの友達の間では、ラーメンライスはごくポピュラーなスタイルであった。それ以来、ラーメンにはライスの小を付けるのが習慣になってしまった。たまにはラーメンの小にミニチャーハンにギョーザの小というセットになるが、いずれにせよ麺にお米はつきものだ。

ここは丼が小振りで、量が普通より少なめであるのが、僕には丁度いい。スープは鶏がらの醤油味であっさり系。具は焼き豚のかなりの厚切りが2枚、数えることが出来るくらい少な目のモヤシ、そしてわけぎ。麺はたいしたことはない。中太の製麺屋から仕入れた既製品。友人が言うには、少し辛かったらしいが、塩のせいではなくて、コショーが効いていた。コショーは客の「お好み」でお願いしたい。或いは我々が振り間違えたのかもしれない。少量のラーメンにいつもの感覚で振ってしまったせいかもしれない。よくありますからね。赤いキャップを外して入れたら、ドバッとコショーが出てきたり。

こういうこともあった。定食のサラダにはその上にマヨネーズが捻ってある。ミニトマトかと思えば、マヨネーズの赤いキャップだったりして。(笑)



おばちゃんと娘さんの二人でやっている様子であった。お二人ともヤマちゃんをほんの少しだけ上品にしたようなお顔立ちをしておられた。あーー、面白かった。これだけ楽しめて、ラーメン350円、ライス小50円。半年前までは300円だったそうだ。もっと早く来ればよかった、とは思わないが、友人の奢りにしては僕は不満である。また喰いに行こうぜ。
[ 2011/03/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ぼくメンクイ

「ぼくイケメン」という芸人がいるが、僕はTVで彼を見るたびに「たいした芸も無いのに、馬鹿なの?」と思っていた。昨日のワイドショーでしたか、彼の宮城の実家は神社であり、彼も資格を取って宮司になり、親の跡を継ぐのだそうだ。それで、彼に対する僕の評価も元気なうなぎのようにすぐに変わった。立派な青年だ。

それに比べて、我が家の豚児どもは、親の望む職業に就いた奴は一人としていない。僕が尊敬する山口多聞海軍少将は、先妻との間に確か4人でしたか、なもんで、後妻の孝子夫人への手紙に「粗製乱造の責任は僕にある」なんて書かれていた。うちは本当に粗製であった。まあ、親が親ですから、そう望むべくもない。だって、その親たるや・・・ぼくメンクイ、だって。(大笑)



ダメ親の僕はこの三連休も無駄に過ごしてしまった。最初のうちは、腰痛が治ったので、筋トレでもやろう、と考えていた。しばらく安静に、と言ってたよな(医者が)。それで、いつものように楽な方へ楽な方へと転んでゆき、一歩も外へ出ることは無かった。家ではTV,PC,BOOKの三点セットであった。たまに猫の額ほどの庭に出るくらいで、家の中をうろつく事になる。そうしたら、去年か一昨年のお中元でいただいた冷や麦を一ケース見つけた。

子供の頃は冷や麦をよく食べていたような記憶がある。冷やしそうめんのようにして食べていた。赤や緑の麺がほんの一・二本入っていた。美味しいものだとも思わなかったが、色鮮やかな麺は鮮明こ覚えている。最近の冷や麦には”色麺”は入っていないようだ。ラッキーカールのように、また黄金の色を入れたらいいのに。今頃冷や麦でもないだろうが、少なくとも僕みたいな人間には愉しみが増えることでしょう。

これを少し固めに茹で、ザル冷や麦にして食べた。汁はおろし大根に醤油のみ。薬味はネギ。我が家では好評であった。蕎麦もだが、汁はシンプルなほど美味しいような気がする。



小麦から造ったものとして、冷や麦より麺が細いのがそうめんで、太いのがうどんなのだそうだ。麺が平べったくて紐状のものがきしめんなのでしょう。うどんより更に太いものは何と呼ぶのであろうか。僕が推測するところ、それはだんごではないだろうか。まちがって不味い蕎麦屋に入った時、太くて、それがくっついて団子みたいな蕎麦を食べさせられたことがあった。

さて、ラーメンの麺は小麦製であるが、どのような分類になるのだろうか。これは太さではなくて、色による区分をすべきでしょう。卵黄等で黄色味を帯びたのをラーメンということにします。よろしいですかな、皆さん。



冷や麦を炒めたら焼きうどん、そしてビーフンのようでもあった。冷や麦は麺の太さが違うだけで、そうめんやうどんの調理法で食べられる、一人三役の素晴らしい食材である。非常食に置いておけば、これだけでしばらくは飽きることはないだろう。僕は蕎麦は5日続けて食べてもいいが、ラーメンは一度食べたら2ヶ月くらいは食べようとは思わない。そうめん、冷や麦、うどんだったら毎日1ヶ月でも続けられるような気がする。冷や麦を再発見した三連休であった。しょうもない。
[ 2011/03/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ど素人

私は前にも書いたように、数学・物理・化学・生物は大の苦手で、今回の原発事故に関しては全くのど素人である。でも、ど素人にも言い分がある。

東電の原発であろうが、実際に設計して造ったのは大手電機メーカーの技術者や職人さんたちであろう。ネットで見たのであるが、設計時には地震(耐震)は考慮したが、津波は考えなかったのだという。この人は冗談を言っているのだろう。私はタイトルだけ見て、あとは内容は読まなかった。実は、馬鹿ばかしくて読む気にもなれなかった、というのが正直なところである。



我が国は地震の多い国であり、海岸沿いでは地震と津波はセットになっているということくらいは、我が国では小学生「社会科」で習うことであり、子供でも知っていることではないか。最近、耐震偽造で話題になったが、三十年、四十年前のことだとしても、当時も建築や構造物には耐震性や強度は行政法規に定められていたのだと思う。原発は広大な敷地を開発したり、造成したり、さらに海岸線まで利用したりして公共用地をも取り込んで使用したはずである。てことは、この事業には国をはじめとした多くの役所の許認可を必要としたはずである。今のような環境アセスメントはなかったけども、地域住民の同意も得たはずである。でなきゃ、地主さんは自己所有の土地を売るはずありませんからね。そして役所は津波を「想定外」とした”耐震構造”を小学生並みに許認可してきた。



よくわからないけれど、安全基準という数値化されたものがあるとして、技術者や職人さんはその数値を遙かにクリアした良いものをつくろうとするのが普通だと思う。地域住民だって、技術者魂、職人の誇り、というものとともに安全性を信じてしまう。だから、事業者が住民の期待を裏切ったら、戦前ならば、明文の規定が存したとも思わぬが、それはもう「切腹」であった。大それた事をしやがって・・・これしかない。このように言えば、私も剛侠な男のようであるが、本当は臆病など素人にすぎない。

食品の安全基準だって、基準値があればそれをオーバーしたら、野球(ルール)で言えばアウトである。3倍の数値であっても、直ちに人体には影響はない、冷静になってください、ということである。確かに風評被害と言うことが近年特に言われるようだ。ホウレンソウが少なくなったから、中国産ホウレンソウを輸入しようということになり、中国産を誰が食べるだろうか。放射性物質もだが、他の有害物質にまみれていることだろう。その有害物質も基準値を超えてはならない。

そもそも、被害者は地元住民であり、1円も値切ることなく真面目に電気料金を支払ってきた国民ではないか。

誰が冷静さを失い、興奮しているかと言えば、それは基準値の3倍でも三十年食べ続けても人体には影響はない、と言っているTVのキャスターやコメンテーター諸氏ではないか。放射性物質であろうが他の有害物質であろうが基準は守られるべきだと思う。でなければ、本当に安全な基準値をもう一回最初から決め直せばいい。



冒頭の話に戻るが、不謹慎を覚悟で言えば、耐震も基準値も、これこそ年末の流行語大賞に選ばれそうな「想定外」とでも言うつもりだったのだろうか。思えば、「想定内」と言ったホリエモンなんてとんでもない人もいた。また、私的には似たようなものであるが、「定説」を売り物にしたインチキ宗教もいた。

戦後この方、今の経済的繁栄を造ってきたのは、実務家・現実世界のリーダーたちであった。原発も安全だ、安全だというのを呪文か掛け声のようにして今に至った。そして、繁栄の恩恵を一番受けたホリエモンが、口元に優越感を漂わせて、すべて想定内だ、なんて言っていた。彼らに対する同調者も、私から見れば、ただ負けん気が強そうな言い方、という印象しか受けず、空虚さといささかの苛立ちを覚えるだけであった。どこか似てはいまいか。勿論、理想主義など言うつもりは毛頭無くて、実務家たちが広く、深い思慮を具えていなかったことを悔やむのである。

我が国の戦後65年、一応、平和と言われた。平和が国家においても、個人においても安全とその継続であるとするならば、今回の事故を見る限り、残念ながら、平和や豊かさは虚妄であった、ということになりはしないか。福島の原発がこのまま終息してゆくことを願う。
[ 2011/03/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

思うことⅡ

天気予報によれば、今日は雨が降るようだったけど、朝方少し降ったようだが、日中は何とか持ちこたえてくれた。それで、私は墓参に行ってきた。途中、親父も連れて行こうと思い、実家へ立ち寄ったら不在であった。あらかじめ電話連絡しておけばいいのであろうが、94歳の我が父は耳が遠いときている。独り暮らしであるので、着信音に気付かない。通じたにしろ、意思伝達に苦労することになる。どうせ墓地へ行く道すがらであるので、寄ってみたのだった。

すぐ実家の前には姉夫婦が住んでいるが、ここもあいにくと留守であった。姉の携帯に電話してみるが出ない。「お姉さんも、あんたの電話には出たくないでしょうよ。」と妻が言う。ドキッ!そういえば、我が亡き母もそのようなことを言っていた。「あんたが黙って目の前にスーッと来ればビックリする。」私は50歳すぎても母からお小遣いを貰っていた。つまり、早い話が、お袋にお金をせびっていたのである。姉には着信履歴が入っているはずだが、いまだに返信はない。

今日は母の墓前で、私は親不孝を詫びてきた。



自宅へ帰り、ベランダへ出てみると、すごくいい香りがする。山川ホウサイがまだ咲いてはいないが、今まさにつぼみを開こうとしている。それでも芳香を放っていた。我が家は春の間、この花の香りに満たされる。毎年のことであるので、我が家の春の風物誌となった。周りを見れば、樹木も新芽をふいている。去年、株分けをして、広島に嫁いだホウサイもまもなくかの地で香ることでしょう。そしてさらに、もうしばらくすれば、東北にも必ず春はやってくる。



私はここ一週間、東北、東北と言っているが、友人等の情報に寄れば、茨城、千葉あたりも被災されたという。遅くなりましたが、お見舞い申し上げます。放射能が心配です。なんとか原子炉を制御・安定してほしい。IAEAの事故評価ではレベル5ということであり、アメリカの基準では半径80キロ圏外、日本政府の基準ではご存知のとおり。作業員の年間の放射線被曝量が従来の基準では100ミリシーベルト、そして今は250ミリシーベルトに引き上げられたという。従来の基準と2.5倍の根拠は私にはわからない。CTスキャンの放射線を浴びても、20年、30年後にガン発生率が異常に高い、という研究論文もあるそうだが、死因がガンは多いとしても、CTスキャンが遠因になったとしたら、我らは何を信じて治療を受けたらいいのだろうか。ともかく、自分の身体は自分で守る、という気概だけでも持つことにしよう。竹槍でグラマンに立ち向かう、それで結構なことではありませんか。私はそう思う、ということであって、決して他人様にお薦めしようとは思わない。

私がどう思おうとも、何を心配しようとも、季節はもうすぐ春だ。

[ 2011/03/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

思うこと

忘れもしない、3月11日、14時46分。あれから一週間が経過した。

朝鮮日報の記者がいち早く東北被災地をルポした記事の中に、被災者は怒りを露にすべきだ、と書いていた。この記者は東京特派員を5年半経験し、日本をよく知り、日本人の美点を十分に理解し、そして韓国人の大騒ぎするみっともない様を揶揄しながらそのように言っていた。被害者の怒る様子をマスコミが報じることにより、被災を受けなかった地域の住民の不要な買占めなど起きないだろう。このような主旨であったように思う。



数日前に友人と話したことであるが、僕ら南国の人間に比べて、やっぱり東北人は辛抱強いんだな。また、誰かがこんなことも書いていた。島津や毛利等の外様大名を東北の地に配したら、幕末・維新の状況も違っていただろうという。確かに気候風土と人間の気質というものは何等かの関連はあるのだろう。平成5年の南九州の大水害では、私の友人Sは避難所生活であったが、3日目にはそこの代表だか世話役だかになり、行政に対して激しい抗議をしていた。断っておくが、彼は決して左翼ではない。私は浸からなかった二階で、大の字になって寝ていることが多かったように思う。どっちがどうだとも言えない。ただ、お天道様と三度のメシはついて回らあ、という悠長な南国気質であっても、危機になれば激高する。



理想というものがあるのだとして、理想と現実との間には人間の渇望というものがあり、そこの段差や開きが大きいほど渇望も大きいのであろう。そして渇望は不快感、涙、怒り、何でもいいが、感情と表裏一体のものである。では理想とは?幸せを実感できること。新興宗教の勧誘ではあるまいに、では幸福とは何ですか。独りよがりの理屈を振り回すよりも、人間の感情表現が重要な場合もあるということで、私は冒頭の記者の言にも頷ける。



原発の町へ行けば、補助金がでるのか、役場の財政がいいのか、道路は広く街路樹も整備されていて綺麗だ。私はそのような印象を受けた。そこの住民も市民税や固定資産税は安いことでしょう。

電力会社、そして供給を受ける企業や我ら国民も原発の恩恵を受けてきた。今の繁栄があるのも原発のおかげなのかもしれない。しかしこれらを容認していたら、理想などと言う気は更々無いが、そこには渇望はない。はずである。私は原発は理想を語る前に、禁忌、つまりタブーの問題であると思う。

左翼のヘゲモニー争いであった8・6、憲法九条、性の退廃、男女の性等、人間世界には様々なタブーがある。タブーと言う語源からして、一種の宗教性まで具えているものまである。中にはタブー視してはならないものもある。しかし、原子力の研究は自由にされるべきであるが、プルトニウムを地表にばらまく事はタブーではないだろうか。換言すれば、何人といえども数万年の彼方へ続く人類の生存権を犯してはならない。



連日連夜、福島原発がTVに映し出されるのであるが、それでもなお、薩摩川内市の九電原発3号炉を増設するのだ、という事を聞いた。



[ 2011/03/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

冥界の守護神

今日は天皇陛下のお言葉にただ涙した。



僕の友人はこんなこと言っている。

全ての地球人が原発事故の成り行きに注目して心配してます。

工業製品に事故は付き物ですが、こんどの地震と津波は

想定外だったようですね。最悪のケースにならないよう

打つ手が功を奏すればいいのですが。

先日紹介の参考頁の解説者はちょっと倫理感が欠けてる人

のようでしたね。それに長文すぎる。

とにかく、放射能は怖い、閉じ込めておいてくれないと、人類の

生存そのものが危ない。いまや、世界中の注目の的です。



幸い地球の表面は安定していて、生命の楽園になっている訳

ですが、地球の内部も原子炉だし、一歩大気圏を出ると放射能

の嵐です。わざわざ安全な地表を危ない放射能で汚染することは

ないと思います。危険を承知の上で経済の論理で原発が存在

してる訳ですが、僕はそもそも反対派です。

だから、ささやかながら、車にも乗らないし持たないし、電気製品

も極力少なくしてます。電気がまもトースターもない。

ひとりだけ抵抗しても効果ないんですが、今回の東電の窮状に皆

が止む無く協力することによって大きな効果があることを実感する

事が出来ました。



以前は電気代、ガス代、水道代合わせて月に1万円以下で済ませ

てましたが、うっかりすると酷暑の夏には電気代だけで1万円に

迫るこの頃です。そうなると、もう家の中は戦争状態ですね。

TVからなにから全部消されてしまいます。(以上引用。私信に近いものであるので転載不可。)



僕は彼とは歴史認識では相容れないのであるが、原発に関しては同感だ。実際、彼は飲み会にも自転車でやってくる。

僕の最近の関心事は原発であり、僕なりにいろんなものを読んでみた。平井憲夫「原発がどんなものか知ってほしい」。そして平井さんのものは嘘だというもの、さらに嘘は嘘だというものや学者の書いたものまで読んでみた。ところが僕は数学・物理・化学が大の苦手ときている。よくわからないのだが、そんな僕は僕なりに、感じるところがいくつかあった。



使用済み燃料、核廃棄物といわれるものは、ドラム缶に詰めて、地中深く、ただひたすらに貯蔵しているのだという。このドラム缶の近くに人間が二分もいると死んでしまうものなのだそうだ。この放射線の半減期が50年から300年だという。300年ですよ、みなさん。つい僕も興奮して演説調になってしまった。徳川十五代が270年、よく考えてみればいかに長い年月を要すことだろう。僕らは有形無形の美しい日本を残したいが、遙か子孫にまで危険物をリレーのバトンのように繋ぐことになる。この中にはこの世で一番危険なものと言われるプルトニウムも含まれている。



人間が人工的に抽出したプルトニウムの半減期は、二万4000年だという。さらにその半分、つまり4分の1になるには四万8000年を要すことになる。このようなものをコントロールしていくのは、とても人間の領域ではないように私は思う。

真偽のほどはわからないが、プルトニウムの名の由来は冥王星だという。そして神話によれば、プルートは奇しくも冥界の守護神なのだという。それで、僕の妄想が始まったのかもしれない。福島の停止したはずの第四サティアンが爆発した時に、なぜかオウムの「宗教ごっこ」とイメージがダブってしまった。そして、神をも畏れぬ・・・とつぶやいていた。

僕は政治的には美しい日本を残したいという保守的な人間であるが、宗教的には信心薄いのに、そう思う。電力不足なら、夜は暗くてもいい。当たり前のことであるが、夜は暗いものであったのだから。昔は懐中電灯は非常用ではなくて、生活必需品であったように思う。

[ 2011/03/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

レクイエム





多くの方々がお亡くなりになり、今もなお安否不明のご家族がおられるというに、私が何を言っても不謹慎のそしりは免れないだろう。

今回の地震はあまりに大きくて、過去のデータはアテにならない。と言いながら東大地震研の先生は、震源はプレートの境界線に沿って500キロに及んでいるが、その境界線は静岡沖まで伸びているので、房総半島沖で発生してもおかしくない、というようなことを言っていた。余震も必ずしも小さいとは限らないという。まだ、気を緩めてはならない。



原発も気になるが、これは世界一の日本の技術を信じるより他ないだろう。我らは原子力には無力だ。



私はようやく歩けるようになった。今夜は↑この曲はいいと思った。寝る前にもう一度聴こうと思う。
[ 2011/03/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

杞憂に終わることを願う。

以下、総て引用であるが、私は典型的な文系人間であるのでよくわからないけれど、、私としてはタイトルのとおり、杞憂に終わることを願うのみ。祈るのみ、かな。



みなさまへ(Bcc配信/転送歓迎)



あれほど警告されてきた原発震災が福島原発で起ころうとしています。

福島はこれから「Fukushima」と呼ばれるようになります。



現在、福島第一原発では格納容器を守るため外部に放射能放出を始めま

した。

炉心が心配です。懸命な作業が行われているはずですが、燃料棒が冷却

水から露出し、最悪、圧力容器も融けるメルトダウンの可能性もありま

す。そうなれば大量の放射能が環境に出ます。現在の風向きは南西の風

のようです。最悪の場合、福島県を中心に北半球のすべてが汚染されま

す。



現在は推移を注意深く見守り、情報を収集してください。



最悪の事故になった場合のことを書いておきます。

現在のように、風向きが西方向からの風が続くような場合は、何日かか

かって地球を一周し、私たちの地も汚染されます。



・その場合、飲料水の確保が第一です。

・放射性ヨウ素が一番始めに飛んでくると考えられます。放射性ヨウ素

の半減期(半分の強さになる期間)は約8日間です。約1ヶ

月ほど影響が続きます。

 ヨウ素剤が確保できる方は、飛んでくる直前に飲むのが一番効果があ

ります。

 小さな子や妊娠されている方を最優先にしてください。

 ヨウ素剤が手に入らないときは、トロロ昆布や乾燥昆布も効果がある

ようです。

・逃げるところはないので、閉じこもらなければなりません。激しい運

動は避けてください。放射能をより取り込みます。

・雨には絶対にぬれないようにしてください。高被曝する可能性大です。

・車で移動する時は、必ず窓は閉めてください。カーエアコンをつける

ときは、車内循環にしてください。

・外出しなければならない時は、晴れでも雨でも防塵マスク着用になり

ます。なければ普通のマスクに、濡れハンカチなどをはさみ代用、子供

は特に顔との隙間ができないように注意しなければなりません。フード

付きポリエチレンコート、ポリ手袋で体を覆い、靴もポリ袋で覆って下

さい。また顔を覆うゴーグルも必要になります。

・最悪になれば、米や麺類など日持ちのいいものも確保しなければなり

ません。



------------------------------

宮崎の自然と未来を守る会

青木 幸雄



[ 2011/03/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

M8.8

今回の地震・津波による被災者は誠にお気の毒、お亡くなりになった方々に心より哀悼の意を表したい。

大丈夫ですか?と言えば、大丈夫なはずないだろ、と言われそうであるが、まだ続く余震や津波、被災地の皆様のご無事をただ祈るのみ。

M8.8とは2月のニュージーランドの地震の30倍規模だという。死者5万人といわれた四川省地震がM7.8だったというから、いかに大きな地震であったことか。また、東北に10メートルの津波が押し寄せたのは1100年ぶりのことだという。



午後2時46分、私は「ミヤネ屋」を観ていた。石原知事が都知事選に出馬するということで、記者会見が始まるという時に、揺れがきた。すぐに宮城県のTV局のスタジオに画面が移り、ほとんどリアルタイムで地震の映像を見たのだった。アナウンサーが「津波の恐れがあるので避難して下さい」と繰り返していたので、これはただごとではないな、と思った。以来、TVではこのニュースが今も続いている。時間が経つにつれ、犠牲者の数が増えてゆく、実に悲しい一日になってしまった。



わが家のことであるが、夕方、うちの妻娘が次男に電話していた。「津波が来るから早く逃げなさい」などと言っている。「馬鹿な事を言うんじゃない!」私は怒鳴っていた。あとで聞いたことであるが、次男は今、お台場近くの現場に居るのだそうだ。仕事が港湾土木技術者であるので、東京湾の土木工事現場で、監視のために今夜は帰れそうにない。船の中に寝泊りしている作業員もいるので、避難勧告がなくならない限り、現場を離れられないのだそうだ。普通の人と逆である。まあ、板子一枚下は地獄、という男の職場である。

いつだったか、次男は、珍しく北海道に台風が上陸した時も、石狩湾の現場にいた。作業船を沈めて全員避難せよ、という本社の指示であったらしいが、愚息と船長とが船内に留まって、翌朝まで船を守ったのだという。肉親の情ということを差し引いてみても、こいつは見上げた男だ、と男である私も思う。

数日前、「おとうさん、腰痛で寝込んだよ」と娘が次男に電話したら、「忙しい時に、くだらぬ電話をするな」と愚息は怒ったというが、私としてはそれでいい、余は満足だ。仕事は金儲けだけではない。



追記:気象庁の記者会見によれば、M9.0と修正した。(2011/03/13、13:00)
[ 2011/03/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)