FC2ブログ

うさぎ屋の四方山話

archive: 2011年05月  1/2

黒い蛇

最近はどんな田舎道でもアスファルト舗装されている。私は運転中に前方路上にタイヤのチューブのような黒いものを見た。よく見ると体を激しくくねらせながら動く黒い蛇であった。カラスヘビであろうか、名前などわからないが、私と同じ進行方向へ移動していた。蛇の場合には、歩くとか走るという表現は適さないかもしれないが、私の車同様に走っていた。私はすぐに追い越してしまった。しばらくしたら、また目の前に黒い蛇が現れた...

  •  0
  •  0

花物語2

孔雀サボテンの大輪が開花した。もう七・八年になるだろうか、これは下関市の叔父さんから分けていただいた。私は赤・ピンク・白の株を持っている。オレンジ色と思っていたら、ピンクであった。茎になるのか、葉なのか分からないが、切り取って、挿し木で育てた。下関に一緒に行った姉と従姉妹も園芸が趣味で、みんなでいただいたのであった。二人とも枯らしてしまった。ということは、私は育てるのが上手いと言いたいわけである。...

  •  0
  •  0

ご飯の友

No image

温かい白ご飯にイカの塩辛を載せれば、ご飯は何倍でもいけそうである。数の子ワサビ(粕漬け)も美味しい。昔は梅干、たくあん、ラッキョウ、味付け海苔、高菜や大根葉の漬物を刻んだものに鰹節をまぶしたもの。鰹節そのもの、というか削ったものをそのままご飯に載せて、醤油を垂らした。勿論、すべて私自身の好みである。ご飯の友、ご飯のお供、載せ物、かけ物、混ぜ物、このように呼ばれるのであるが、よくぞ日本人に産まれけり...

  •  0
  •  0

笑っていいとも

No image

今、思い出したのだが、歌之介さんが面白いことをしゃべっていた。「人生は思い通りにならない」と言う人がいて、もう一人は「いーや、人生は思い通りになるんだ」と言い争いをしている。この二人を仮に「ならない氏」と「なる氏」としましょう。なる氏「それで、今、あなたの人生はどうですか?」ならない氏「いやあ、思い通り.になっていません。」なる氏「ほらみろ、あなたの思い通りになったじゃありませんか。」まあ、含蓄の...

  •  0
  •  0

歌之介さんはいい男

No image

たまたまTVを観たら、三遊亭歌之介さんが出ていた。飛行機に乗るのは怖いという話をしていた。いつか乗った時には、隣には70歳代後半のおじいさんがいて、ゆったりとお酒など飲んでいた。彼らは人生の元を取ってしまったからいいが、自分は人生の半ばをちょっと過ぎたくらいで、まーだ元はとれてない。師匠(歌奴)の死を見とどけるまでは死ねない、というようなことをしゃべっていた。その後のインタヴューでいいことを言ってま...

  •  0
  •  0