FC2ブログ
2011 051234567891011121314151617181920212223242526272829302011 07

ワンダフル ワールド

人気ブログランキングへ

応援クリックお願い致します。



昨夜は夕食後、7時ごろだったでしょうか、TVを観ていたら軽い頭痛と睡魔に襲われた。布団に横になたら、そのまま寝入ってしまった。そして、夜中の0時30分に目覚めてしまった。私の頭脳はクリアである。であるだけに冷静であり、今夜のところは、憎まれ口をたたくのはやめようと思う。



我らの今いる世界は素晴らしい。このような認識もあるでしょうが、素晴らしき世界は理想郷として語られる場合が多い。理想郷は存在しないことが大前提であり、そんなものが存在したら、その時点で理想ではなくなってしまう。人は絶えず、理想の姿を願ったり、追い求めてゆくものなのでしょうか。特に言いたいこともありませんが、1970年前後、↓この曲がラジオの深夜放送から流れてくると、私はしばし癒されたのでした。当時は「癒やし系」という言葉は聞いたこともありませんでしたが。

明日は、と言っても28日、今日になってしまいましたが、新しくPCを入れ替えます。では、また。



スポンサーサイト
[ 2011/06/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

私の復興プラン

人気ブログランキングへ  ←今夜もクリックお願いしますね~。



あの日からゆうに100日を経過した。行方不明者も、また避難所暮らしの方々も依然として多い。TV等ではガレキの山も度々映し出される。民間会社のやることでしょうが、タバコの供給すら復旧しない。問題は何と言ってもスピードであろう。



東北三県の復興だけではない。一見乱暴とも受け取れる言葉であるが、実は誰が最初に言い出すだろうか、と私は思っていた。先週だったか、TV番組の中で高橋洋一という人がおっしゃっていた、茨城も千葉もというような意味ではなくて、元々日本は平成長期不況のまっただ中であったのだから、国全体を元気にしないと大変なことになる、という焦燥感である。日本経済を浮揚させる、これは被災者の方々も願っておられることでありましょう。



私は奥尻町の復興を参考にすべきだと思う。津波の被害を受けた地域を盛り土して海抜高を上げ、同時に高台移転をした。日本では戦後、ほとんどの都市で戦災復興の区画整理事業を実施したのであるが、精算が済むまで数十年を要した。奥尻町では土地の買収方式を用いた。被災地を一律、平米当たりではなくて坪あたりでしょうね、2万5千円で町が買収した。そして工事完了後に被災者には同価格で分譲したのでしょう。なんと、6ヶ月で復興を成し遂げた。東北とは規模が違う、とおっしゃるかもしれませんが、東北にはそれなりの大規模な資金や人材、権限、そしてラブ注入をすればいいではありませんか。



結局、複雑な権利関係、私権を排除出来るからスピーディに仕事が進む。このような事業を民間がやるとなれば、気が遠くなるくらいの年月がかかる。都市計画、開発、宅造、埋め立て、農地があれば農地法、文化財でも出れば文化財保護等、各種許認可が必要となるうえに、当該地権者や近隣住民の同意書まで添付することとなるのでしょう。緊急事態であるので、国家が強権をもって実施すれば許認可なんか要らない。山を切土した土を、パイプラインで運び、低地を盛ればいい。確か水搬工法といったか、これなら大型ダンプが走り回ることはない。交代制で24時間稼働すればいい。勿論、政治家・官僚だけではなく、全国から専門家を集めるべきでしょうね。今こそ日本の底力を見せてあげようではありませんか。

高台の大型団地は余分に造成し、被災者以外には相場で売ればいいでしょう。数千戸の団地には大型店舗も赤ちょうちんのお店も必要ですからね。高台移転に二兆円かかる、なんて村井知事が言っているようだが、そんなにかかるものだろうか、どのような手法を考えているのでしょうかね。いずれにせよ公共工事削減で瀕死の状態にある土木建設業をはじめ、いろんな業界が活気づくことでしょう。



「この世界には実は私権などというものは存在しない。なぜならこの世界には公的なものが存在し得ないからである。」70年代にこのように言った人がいました。まあ、これは軍事占領以来、戦後の日本は公的な価値を米国の手にあずけて肥大化しつづけているということで、今、見渡す限り私権が溢れている。六本木ヒルズも着工までに、地権者の権利の確定等で6年間かかったという。念を入れているのか、もったいつけているのか、とにかく長く掛かって、その間資金的に持ちこたえられる人は今の世にそう多くはいない。公権でもってスピードアップするしかない。



さあ、明日からのお仕事、明るい日本の未来のためにがんばりましょう。

私はこんな人、好きです。

[ 2011/06/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

第五福竜丸(2-1)

人気ブログランキングへ ←大好物のスイカをクリックしてみよう。







日本は人類史上、世界で最初と最後の原爆を落とされた国である。そして、原水爆実験による世界で最初の犠牲者も第五福竜丸の乗組員であった。昭和29年3月1日、アメリカが水爆実験を行なった地点から160キロ離れたビキニ環礁であった。

今ふと思い出したが、去年の8・6ヒロシマの高田純先生の講演の中で、中国人民解放軍が軍事演習で実際に核兵器を使った、ということをおっしゃっていた。敵方と言っても、同じ中国人兵なのであるが、多分、敵を殲滅したことでしょう。もとより人命軽視の国である、さもありなん。それがミニ原爆というようなものであったら、長崎を世界最後と言っていいものか、どうか。



第五福竜丸は立ち入り禁止区域から18マイル離れていたところで、マグロ延縄漁をしていたが、「あれはピカドンかもしれない」ということで、縄も置いたまま焼津港へ帰ってきた。日本政府は隠蔽していたが、安部光恭記者がスクープしたんですね。3月2日には原子炉築造の予算案を提出、可決しているのですから、発表は控えたかったでしょうね。民事利用、いわゆる平和利用であるが、この頃から動き出す。翌年には日米原子力協定が締結され、さらにその後、東海村に日本はじめての原子力の火が灯ることになる。

それから半世紀を経て、フクシマの原発事故である。相変わらずの隠蔽体質。なんでも想定外。現在進行形であるので、説明は要しない。原子力に携わる者は、部外者から杞憂だ、気狂いだと評されるくらい厳しいところで仕事をするべきではなかったか。第五福竜丸で教訓は得なかったのであろうか。五つの安全装置で大丈夫ですか、でも六つ目、七つ目の安全装置まであってもよかったんじゃありませんか。

そういえば、他人を小馬鹿にしたように口を尖らせて「想定内」と言っていた人がいたが、彼は今、懲役で塀の中にいらっしゃるようだ。想定内、想定外、いずれも、こんなことを口にする人は、私に言わせれば、変だし、傲慢、どこか病んでいないか。丁度、健全な精神は健全な肉体に宿る、の例えのとおり、健康的ではない。日本人として。



昭和29年当時は平和利用という言葉はなかったかもしれません。被爆国であるので、当然ながら、核軍縮の機運も更に高まった。(つづく)



人気ブログランキングへ ←とりあえずクリック。



[ 2011/06/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

第五福竜丸(2-2)

先の安部記者は14年後の昭和43年に、焼津を訪問し、そしてその取材記事は文藝春秋誌に掲載された。これを本年6月号に再掲された。私は実に面白かった、と言えば変ですが、興味深く読んだのでした。



「オレのような苦しみは、誰にも味わわせたくない。オレひとりでたくさんだ」

なくなった方はそう最後の言葉を奥さんに言った。遺族である奥さんが大会に出席すれば、「でしゃばり女」という声が耳に入った。原水協(共産党系)と原水禁(社会党系)など、平和団体の対立が奥さんを悩ませた。奥さん「3月1日のビキニデーには、毎年出席しています。ただし墓前祭だけで、そのあとのみなさんの集会には出ていないのですよ。(中略)出席してくださる焼津の人たちは、みんな政党関係者ばかりでしょう。なんだか市民のみなさんからは冷たい目でみられているようで辛いのです。平和運動が、政治思想を越えて、国民みんなの運動になってくれれば、この辛さもなくなるでしょうけど・・・」



また、ある乗組員「焼津では、平和運動に参加すると、とかく”アカ”と見られる。」「第五福竜丸の被爆を”ただの海難事故”だ、と割り切って考えている人が多い。この事件の大きな意味をとらえてくれないんです。私は原水協や原水禁の集会に、いちども出たことはない。政治の争いにまきこまれるのはマッピラだ。国民あげての平和運動なら、積極的に参加するつもりですがね。」「”平和”ということばが、その意味のとおりに、なごやかに使えるような時代が、一日も早く来ればいいのですがねェ」



これも爾来半世紀、たいして進化はしていない。頭に「人間というものは」と付けたいくらいである。あるいは「日本人として」とか。私は昭和40年代については、お話したいことがいっぱいあります。まーたうさぎの昔話が始まった・・・と言われそうですので、またの機会にします。ご遺族や乗組員の方のおっしゃる通りです。「オレひとりでたくさんだ」という一言を我らは重く受け止めたいですね。アカという言葉は最近はあまり聞くことはない。映画やTVドラマのセリフにもまずない。もしかして、放送禁止用語なのでしょうか。それとも今どき流行らない。しかしある地域ではアカ新聞、アカ教育、アカ議員、アカ市長、等々未だにいるようです。可哀そうに。





人気ブログランキングへ ←いつもクリックありがとうございます。
[ 2011/06/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

馬毛島と霊峰冠岳

人気ブログランキングへ ←私の大好物をクリック、お願い。



馬毛島訓練「政府の手法強引」西之表市長が批判

 米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転検討対象に馬毛島(西之表市)を明記した日米安全保障協議委員会(2プラス2)の共同文書が発表されたのを受け、西之表市の長野力市長は22日、市役所で会見し、「政府の強引なやり方に憤りを感じる」と厳しく批判した。

 長野市長は地元1市3町の協議会を代表して会見に臨んだと強調。「(国は)地元の意向を無視して進めないと言っていた。(熊毛1市3町の)地域一体となって反対してきたので明記はないと思っていた」と述べた。(6月23日付南日本新聞)



本日は種子島漁協の定期総会もあったそうだ。そこでも西之表市長は組合員に反対を訴えたそうだ。一部組合員から反対すべきだという意見が出たが、政府の説明を聞くまでは賛成も反対も決めないということであったという。馬毛島訓練施設で一番影響を受けるであろう漁民のみなさんの判断としては、今の時点では妥当なものであろう。

市長は国の説明はないというが、防衛副大臣が来島したのではなかったか。その時何の話をしたのでしょうか。1市3町の長のみなさんは、まず反対ありき、の姿勢のようである。説明がない、ということまでも反対の口実にしているのですから。説明を受けていないのに反対、ではいかにも「問答無用」ではないか。この人たちに、12キロ先の私有地について、なんの権限があるのでしょうか。馬毛島ではなくて、沖縄や長崎にでも作ればいい、とでも言うのでしょうか。

それでいていわゆるふるさと納税を呼びかけ、また、多くの観光客にも来ていただきたいようである。地域エゴ丸出しの、このような市や町に、どこの誰が寄付をし、お金を使って観光に来てくれるというのだろうか。まさか、この人たちはアカじゃないんでしょ。



夕方のローカルニュースであった。市内の目抜き通り天文館をデモ行進している人たちがいた。冠岳産業廃棄物最終処分場建設反対の方々であった。横断幕には「霊山を汚すな」でしたか、「穢すな」でしたか、誠におっしゃるとおりであります。用地取得費数千万円、補償費5億円ということらしいが、普通の日本人ならこんなのに納得は出来ない。必要な施設であるので、どこかに造らなければならないのであるが、鹿児島は山ばかりというのに、よりによってここだけには造ってはならないというような場所である。ここです。http://www.chingokuji.org/sanpai/index.html

本来ならば、採石場もここに許可すべきではなかったのではないか。なんとも、恐れ多い。



ということで、私は馬毛島賛成、冠岳産廃反対という立場であり、日本人としてごく当たり前だと思うけど。
[ 2011/06/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)