FC2ブログ
2011 081234567891011121314151617181920212223242526272829302011 10

なんだコリャ、コリャ、コリア!

人気ブログランキングへ今日も元気よくクリック!



日本の大地震をお祝います



とんでもない輩がいたものだ。すでにご存じのように、セレッソ大阪がアウエーの韓国・全北現代戦で、韓国人サポーターがこのような横断幕を掲げた。なんだか日本語が変ですねえ。「お祝いします」とすべきではないか、というよりもまず、「祝い」を「呪い」か「恨み」とでもすればまだ韓国らしくてよかったのに。



サッカーの試合にはフーリガンと呼ばれる、熱狂的、或いは暴動目的の人たちがいる。プロ野球やプロレスでも酷いヤジが飛ぶ。しかし、人間として絶対に言ってはいけないことがある。この私だって、冒頭からバカだのアホだのチョンだのと、怒鳴り散らしたい気持ちを抑えて、ネット上での禁句を使わないようにしているではないか。あれ?使ってしまいましたね。最近でも、ヨーロッパで「カワシマ(川島)フクシマ」と連呼したチームに謝罪と罰金の制裁が科されたばかりであった。



この行為は韓国国内でも非難されているという。そして防犯カメラなどから、「犯人」を特定して、こいつをサッカー場への入場禁止の他、可能なら刑罰を適用するらしい。しかしながら、「日本だって応援席で旭日旗を掲げるではないか、あれは軍国主義、侵略の象徴で、被害国の国民の感情を害するものニダー」という意見もあった。これに対する返答で、前の試合では旭日旗はなかった、などと日本人が弁明することに私は強い怒りを覚える。旭日旗のどこが悪いか。

韓国人の認識としては、ナチスドイツのハーケンクロイツと同じイメージなんでしょう。ドイツは近隣諸国に謝罪したのに日本はけしからん、という理屈でしょうよ。我らからすれば、このような幼児性というのは、嫌韓というよりも笑韓、笑えるのである。



彼らは私に言わしむるに、駄々をこねてる三つ子と同じである。震災の時も真っ先に救助隊を送り、義捐金を集めた。なのに竹島は日本領土と教科書に載せた、義捐金を日本には送らない。まともなオツムなら、とてもこんな論理は成り立たないだろうに。あ、ここに韓国人を説明しやすい記事がありました。



険しい表情になり始めた許監督に今度は別の記者が油を注いだ。 「中国の国歌が流れている間、韓国の選手はなぜ動いていたのか」と質問した。 試合と関係のない質問が続くと、許監督は怒りを爆発させ、「なぜそんなことを聞くのか。 話にもならないことを」と言って会見場を出て行った。 会見場にいた中国記者と観衆は許監督にブーイングを浴びせ、「Go back home」と叫んだ。(中央日報9月26日「男子バスケット、無礼な中国記者に韓国監督が怒り爆発」)



対日本戦だけかと思ってましたが、いやはや、国際試合で対戦国の国歌が流れているときに動く選手は、世界中どこを探しても韓国人選手だけではあるまいか。そして、それを問われて「試合と関係ない質問」と書く韓国紙の記者の知性と無神経、愚民迎合の編集姿勢、誠に恐れ入ります。「話にもならないことを」なんて嘯いている監督の横柄な態度が目に浮かぶようです。

さらに、わずか数か月前の高速鉄道の事故原因もはっきりわからないような国の国民にブーイングを浴びせられたというのですから、私としては笑いをこらえるのに必死ですよ、もう。







人気ブログランキングへよろしこ!

 
スポンサーサイト
[ 2011/09/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

落とし穴に要注意!

人気ブログランキングへ よろしく。



忘れ去られようとしているけど、この夏、海岸に掘った落とし穴に落ちたご夫婦が亡くなった、というニュースがあった。実はつい最近、私のごく身近な友人が落とし穴に落ちて大怪我をした。



都会育ちの方にお分かりいただけますかな、これからの時期、山にアケビを採ったり、山芋を掘りにゆく。私は子供時代の一時期、田舎に住んでいたことがあり、子供同士で遊びとしてこれらを経験した。アケビを食べに小動物が集まり、それらを狙って蛇がやってくる。アケビを採るときにはマムシに気をつけろ、ということを自然に学んだ。また、冬眠前の秋マムシは非常に危険だと言います。

山芋はどう説明したらいいでしょうかね。スーパーの野菜売り場では「長芋」として並んでいる。これは畑で作ったもので、擂りおろしてとろろにした時に液状ですね。水っぽい。ところが天然の山芋は味、風味もいいが、擂った時につきたての餅のようである。食感はキッチン、キッチンしてますね。いいですか、これを言葉通りに受け取っても、所詮、台所の流し台は食べられませんので、そのような音で歯ごたえを想像していただきたい。



山芋の葉も紅葉して、落葉してしまえば、どこにあるのか分からなくなってしまう。何か目印になるものを根本に挿しておいて、芋が大きくなったころ掘り出せばいいですね。それで、私は見たことはないが、聞くところによれば、芋掘り名人は蔓の根元に一粒の麦を置いておくのだそうです。周囲が全部枯れたころ、青い麦の芽を目印に掘るということでしょう。法面の肩あたりに山芋の蔓があれば、横から土を崩してゆけば簡単なようですが、そのような楽勝ペースはごく稀で、あればそれはラッキーというものでしょう。

普通、山芋掘りといえば、1メートルないし1.5メートルは垂直に掘ってゆくこととなる。



え~、前置きが長くなったが、私の友人はいつ誰が掘ったか分からない、この芋掘り後の穴に片脚落ちてしまったのである。

掘った後は埋戻しをするのが常識というものでしょう。ゴルフでもバンカーで砂を元通りに均す、茶事においても元在ったところへ物は置く、至極当たり前のことでしょうに。埋めた後さらに、茎に近い芋の細い部分は食べるわけではないのだから、そこに埋めておけばまた来年は立派な山芋に生長することでしょう。ムカゴと呼ばれる実も埋めておけば芽が出るでしょう。このようなことは私は子供のころから知っていた。後のことも考えずに、山から芋だけ持ち帰ったなんて、実に腹立たしい限りである。



ここで話は終わって、あとは各人いろんな個別の事例を類推していただければいいのです。世の中にこれに似た怒りを感じたことはなかったか。

善良な管理者の注意義務、これを善管義務という。また、信義に従い誠実に行うことを信義則という。これらは法律用語というよりも、古来、我らの身につけていたよき慣習であった。であるのに、埋戻しのできない輩のなんと多いこと。



韓国は明日にでもデフォルトするとか、中国も上海万博後にバブルがはじけて経済破綻すると言われた。私はこれらが楽しみで、楽しみで、それはもう何年も心待ちした。そうはならなかったとき、私の期待が大きかっただけに、言い出しっぺの人たちに何らかの説明がほしかった。あの人たちはどこへ行ってしまったのでしょうか。

小沢三秘書有罪だ、と騒いでいますが、本人たちは控訴する、と言っているんですから、まだ有罪が確定したわけではない。小沢一郎だって、検察が何度も立件できなかったものを、検察審査会の何でしたかね、起訴相当ということでしたか、まあ、有罪だあ、と今騒ぐようなことではない。私は小沢さんを擁護するつもりは毛頭ないが、穴を掘りっぱなしにするような人たちを信じることはできない。



さて、↓この曲をおさらいしておきましょう。





人気ブログランキングへ お忘れなく。
[ 2011/09/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

東京オリンピック

人気ブログランキングへ よろしくお願いします。

私の最近の記事は懐古趣味的であり、テーマを時事にしようとは思うのであるが、やっぱりこの三連休も私は追憶の日々であった。しかしながら、いくら追憶の糸を手繰り寄せてみても、記憶は曖昧で極めて断片的なものでしかない。

昭和39年10月10日、東京オリンピックの開会式であった。私は受験勉強にも身が入らず、さりとてオリンピックに”熱狂”もしなかった。街には三波春夫「東京五輪音頭」が流れていた。三波先生のあの名文句「お客様は神様です」はこの頃流行った。違いましたか?私も自信がありませんが。

ちなみに私はその後の大阪万博にも全く無関心でした。記憶にあるのは、長嶋茂雄さんが万博コンパニオンの亜希子さんとご結婚されたことくらいでしょうか。そうそう、その後10月10日を体育の日と定められたのでした。



聖火の炎の色や煙の出具合を研究しているという人の新聞記事もあった。開会式当日大雨が降ったら、私たちの運動会のように「雨天順延」はできないはずだ、と思ったものだが、その日は統計的に晴天の多い日だということを聞いた。開会式・閉会式はTVで観た。どちらも涙が出るくらい感動した。開会式の古関裕而さん作曲の入場行進曲、あれはよかったですね。古関さんは「暁に祈る」や甲子園でお馴染みの「栄冠は君に輝く」他名曲が多い。福島市のご出身、そして仙台市ともご縁のあるお方でしたが、ご存命なら、東北を励ます素晴らしい曲をお創りになられたでしょう。



オリンピック終了後、市川昆監督のオリンピック記録映画を観た。確かこの映画は国費で作られたものと記憶している。スポーツの記録映画であるのに、オープニングシーンは建物の解体現場が映し出された。スクラップ・アンド・ビルド、戦後の焼け野原から20年、見事復興した日本の姿をイメージした。事実、経済的には一流国の仲間入りが出来たのではなかったか。



昭和43・4年頃でしょうか、私の周りに「佐藤訪米反対」「粉砕」なんて書いたプラカードを持っていた人たちがいたのは。銀座の選挙事務所で石原慎太郎現都知事を見ましたので、彼が最初の国政選挙に出馬した年です。当時の佐藤栄作首相は自ら「栄ちゃんと呼ばれたい」というくらい国民に人気はなかったけど、沖縄返還を成し遂げた。(経済発展しても)「沖縄返還なくして日本の戦後は終わらない」。私は今考えても「いいこと言うなあ」と思う。



実は「・・・しなければ戦後は終わらない」という構文、あるいはその思考法というのは今でも必要なことだと思う。私としては第一に自主憲法制定ですね。憲法問題になれば、各人各様、総論・各論、異説・異論おありでしょうから、ここでは記述は避けたい。ただ私は、天皇陛下、陸海空軍だけは譲れません。

やっぱり断片的でした。







人気ブログランキングへ お忘れなく!
[ 2011/09/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

あゝモンテンルパの夜は更けて(補足)





こんな綺麗な曲を聴きながら、すんなり読める美しい文章を書きたいものですが、如何せん不肖うさぎ屋、そうはイカのキ○タマです。・・・それがなきゃいい人なのに♪



「あゝモンテンルパの夜は更けて」というタイトルで何年か前にも書いたことがあります。前回アップした動画は、多分TV番組ではないでしょうかね。私はその番組は観てはいませんので、内容もどのような意図で制作されたのかも全くわかりません。が、よもや残虐非道な日本兵という印象操作の番組ではありますまいな。ちょっと気になってしまいました。

連合国は戦争裁判という復讐劇により、多くの日本兵を処罰したんですね。捕虜収容所の看守をしていた兵や軍属も裁かれた。日本軍にも食料はないのに、捕虜にごぼうを出せば木の根を食わした、削ったカツヲオ節を出せば木屑を食わした、ということで捕虜虐待の罪に問われた。軍事法廷であったので、上告(控訴)も認められなかった。また、苦しむ敵兵を見かねて、武士の情けで介錯をした若き士官もいたという。戦後7年経っても、シベリアにもたくさんの日本兵が労働力として抑留されていたが、巣鴨やモンテンルパにも戦勝国の言うところの”戦犯”が収容されていた。そのような人たちが創った歌が「あゝモンテンルパ」だったんですね。作詞・代田銀太郎少尉、作曲・伊藤正康大尉。渡辺はま子さんがビクターレコードで吹きこんで、収容所にレコードと蓄音機を贈った。



渡辺さんが昭和27年12月25日に慰問に訪れた時の様子が、全員で「あゝモンテンルパ」を合唱していた前日の動画なんですね。他に「荒城の月」「蘇州夜曲」も歌われた。そして最後に、フィリピンの政治家デュラン氏が「私が責任を持ちますから、国歌を歌ってお別れしなさい」と言ってくれた。全員姿勢を正し、祖国に向かって歌い始めたが、歌にはならず、所内は激しい感動の涙に包まれた。



我が叔父も終戦間際、20代半ばでフィリピンで戦死ということであるが、敵の銃弾に斃れたのか、病死なのか、住民に捕えられて殺害されたのか、それすらわからない。はっきりしていることは、二度と祖国日本の土を踏むことはなかった。だから94歳のわが父は護国神社参拝を欠かさない。子や孫が東京へ行くとなれば、「靖国に参拝してきてくれ」と必ず頼んでいる。

人気ブログランキングへ クリックすべし。・・・それがなきゃいい人なのに♪



[ 2011/09/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

TVが危ない!

人気ブログランキングへ まずクリックお願いします。



昔はTVも夜の12時ごろには終了していた。NHKだったら、はためく日の丸が写し出され、君が代が流れた。そして「本日の放送は終了しました」というアナウンスとともに画面はテストパターンに変わった。

二十五・六年くらい前からでしょうか、ちょうど三原山の噴火の様子はオールナイト、リアルタイムで迫りくる溶岩流をTVで観た。私はフィリピンのマルコス政権が倒れる時も、一晩中マラカニアン宮殿を囲んだ民衆の映像を観たのだった。なぜこういうことを思い出したかといえば、その後に起きたソ連や東欧諸国の政変にしても、新勢力は必ず放送局を占拠しにかかったからである。これらは短期決戦であったのだが、実は我が国では長期的戦略でもって、放送局を抑えようとする勢力が居たのではないか。NHKはもとより、今回のフジテレビの騒動をみれば、そのように思わざるを得ない。計画が六割がた進捗したところで、国民が気づいた。そしてそこには電通や花王までもが関係していたということでしょう。



私自身取材している訳でも、特別な情報網でも持っている訳ではない。しかし、ごく普通に考えれば、こういうことではないだろうか。

私があくまでも”長期的に”と言ったにせよ、ちょっとオーバーかもしれないが、国家を転覆せしめようとする勢力が居たわけですね。本来ならば犯人どもを一網打尽に逮捕すべき事件である。ところがわが国では一時、スパイ防止法の必要性を叫ばれることもあったが、残念ながらポシャってしまった。またまた極論とのそしりをうけるかもしれないが、国防に関することであるので自衛隊に諜報部隊も創るべきですね。諜報・捜査・逮捕・武器使用等の権限を持った組織は絶対に必要だ。このような組織があれば、北朝鮮による拉致事件は起こらなかったでしょう。だって、陸軍中野学校、憲兵、特高警察、大本営参謀・・・戦前の日本だったら特亜に放送局を牛耳られるなんてことは考えられない。



平成の御世になって、長引く不況下、デフレに円高、ウオン安である。局も番組を韓国から仕入れて、安く上げたかったのではないか。大手旅行代理店が航空機の席やホテル・旅館の部屋をキープしているのと似て、電通は国家の許可制である電波の相当な時間枠を持っていることでしょう。両社は同じ穴のムジナと言っていい。

スポンサーである花王は、近年の日本企業を象徴しているのだと思う。昔は広告宣伝費、研究開発費、人件費、社員の福利厚生費、減価焼却となる設備投資、これらに多額の資金を費やしてきた。言い方は悪いが、その方が法人税を納めるよりも良かった。そして何よりも、企業はそこで働く人たちのものであり、地域や社会に貢献するものであった。会社は企業イメージというものを大事にした。そうでない企業は自然と消えていった。

いつのころからか、会社は株主のためのものだ、と公然と言われるようになった。広告宣伝費も潤沢には使えない。となると、安い三流ドラマをもってきて、それを韓流ブームとして煽れば、費用対効果はあがるでしょう。いくらコストダウンと言っても、昔は人件費までは手をつけなかった。社員にボーナスを出せなかったということになれば、「あそこは危ない」会社として見られ、顧客は離れてゆくものだった。こうしてみれば、日本社会の形状が歪んだものであるのかもしれない。

この二通りが考えられる。



↓眠れぬ夜は、これをぜひご覧になってみてください。



[ 2011/09/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)