FC2ブログ
2011 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 11

赤崎勇先生の文化勲章受章を祝す

人気ブログランキングへ クリックお願いいたします。







三日遅れの南日本新聞第一面です。このたびの郷土の大先輩・赤崎勇先生の文化勲章受章を心よりお喜び申し上げます。我らの誇りであります。

同紙23面には関連記事が載っている。


「あきらめない力」を育んだのは故郷、鹿児島だ。鹿児島二中時代、兄正則さんと一緒に先輩が後輩を指導する学生組織に入り、雄大な桜島を見ながら勉学や奉仕活動に励んだ。「素晴らしい自然に囲まれ、たくさんの仲間に出会ったことは誇り」と振り返り、「鹿児島が私の精神風土を築き上げた」と力を込める。

穏やかな語り口には謙虚な人柄がにじみ出る。青色LEDの多額の特許料は「恩返ししたかった」と名古屋大学に寄付。




特許料は我らの想像をはるかに超える億単位の金額でしょうが、寄付とはさすがですね。私利私欲に走らないのは、鹿児島、いや、日本人の精神風土です。

御目出度い場で気が引けますが、世の中には小銭をネコババしたり、ちょろまかしたりする輩のなんと多いこと。




そういえば、文化勲章は広田弘毅内閣で制定されたのでした。ことの発端は、広田家の夕飯の時に、子供さんが言ったひと言であった。「軍人や役人だけが勲章をもらうのはおかしい。学者や芸術家にも、別の勲章を上げていいのに。」そして、なぜ勲章の図柄が「たちばな」になったのか、そこいらは城山三郎「落日燃ゆ」を読めばよくわかる。

・・・ぐずといわれている広田だが、いちはやく参内して天皇に御説明し、御内意を得た上で閣議にかけるという強硬手段に訴えた。

天皇はよろこんで賛成された。

「政治上のことでないから、自分の意見を述べてもよいだろう。」

といわれ、リボンの結び目の桜について、

「桜は軍人がいろいろ用いているから、右近の橘、左近の桜だから、橘にしたらよかろう。」

とのアイディアを出された。

広田は、そのお言葉を心の中で何度も繰り返した。

天皇はまた、「文化は永遠であり、散りぎわの美しさを示す桜で代表させるべきではない」という意味のこともいわれた。

こうして、白く簡素な橘の花が、文化勲章に用いられることになった。




私は花橘のスカッとした爽やかな香りが好きだ。良い週末を!



人気ブログランキングへ よろしければクリックください。

スポンサーサイト
[ 2011/10/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日独友好,そしてShanadoo

人気ブログランキングへ さあ、ダッシュ!クリックください。



前回の続きです。後日譚がありまして、私が受け売りでお伝えするよりも、直接ご本人の書いたものをコピーした方が話は早いですね。何よりも正確です。



うさぎ屋 さん

○○ です。

ブログアップありがとう。早速ブログを拝見させていただきました。

ブログもお気に入りに登録しましたので、これからちょくちょく見させていただきます。



ひとつ反省。

確かに「皇太子が出席した」はないですよね。日本の元首につぐ人ですから。

ドイツの大統領も敬愛されていました。演説のなかでもドイツフェスティバル出席への感謝の意をなんども表明されておられました。



あと、私の記事でもうひとつ書き忘れたこと。

それは、日本のなでしこジャパンのがんばりに対する最大級の賛辞の言葉です。

今年は、ワールドカップ女子がドイツで行なわれたのですが、

大統領がサッカーの話をされていたときは興奮されているように私は感じました。

通訳の方も興奮していて、自分のことのように話していました。サッカー大好きの国民ですから。

「ドイツが日本に敗れたのは悔しかった。しかし、なでしこジャパンの決勝戦の内容は

優勝に値するすばらしいものだった。最後まであきらめない日本人に感動した。ドイツを破る決勝点を挙げた丸山選手が会場に駆けつけてくれ大統領も会われた。決勝戦では、ドイツ人全員が日本の味方でした」とお話されました。

大統領が、日本の休日を楽しまれ、益々日本贔屓になられることを私は心より願っています。



ドイツの友人にも今回のことはメールで報告しておきます。







私めも日独友好を願わずにはおれません。そうでした、私はなでしこジャパンを今また鮮明に思い出しました。鮫島さんの女子走りもかわいいけど、私は川澄さんが好きです。笑顔が素敵、と言えばあまりに月並みですが、彼女の綺麗なゴールに歓喜いたしました。沢さん、宮間さん、丸山さん・・・ほんとはみんな好きです。勿論、則夫さんも。ザックジャパンも無敗を続けています。オリンピックでは男女ともにメインポールに日の丸を揚げていただきたいものです。



それから、恥ずかしながら、おじさんはSHANADOOというガールズグループを知りませんでした。日本全国どこでも見かけるような女の子たちですが、確かにカワイイですね。ヨーロッパでもカワイイの語感にピッタシ嵌る言葉がないから、そのまんまカワイイという日本語が使われているのでしょう。こういう世界に羽ばたく日本人を見てますと、なんだかおじさんたちも元気が湧いてきます。



[ 2011/10/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今年は日独修好150周年

人気ブログランキングへ 



僕の高校の同級生のMLでこんなのを見つけました。ご本人の了解を得て、ここに紹介します。多くの報道機関も取材に来ていたそうですが、少なくとも僕はこのことを知りませんでした。まあ、読んでみてください。



今年は、日独修好150周年にあたり、全国的に大掛かりな行事が行なわれています。

そのなかでも、大きなイベントが23日の広尾の有栖川宮記念公園で行なわれた

ドイツフェスティバル 絆をつなごうドイツと日本 でした。

11:00から21:00まで行事は延々と行なわれました。

私も出席して非常に楽しかったのでご報告します。



まず、いきなりソーセージを買う行列にならんだら買うのに2時間かかった。あとの出店(

ビール、ワイン、他)はあまりならばなくても買えたが、とにかく我慢して買った。

「本当にうまい!!!」 ビールと非常にあう。私が昨年本場ドイツで味わったソーセージ

にも味は劣らなかった。ビールもワインもうまかった。

もうひとつの目的は、ブルフ大統領が来るというのでそのスピーチが聞いてみたかった。

自分の独逸語を試す意味もあったが、ほとんど聞き取れなかった。通訳の話を聞いて

興味深かったこと。「日本とドイツは深い友情の絆で結ばれている。気持ちもドイツ人と

日本人は近い。今回の大震災と原発事故に深く同情する。明日は、いわき市にいって

現地の人とあって話をするつもりだ。今回は6日間の旅行だが、他の国にはいかず、

日本だけに滞在し、大いに楽しむつもりだ」

私は、大のドイツ贔屓だが、こんな国家元首が他にいますか?

式には、日本の皇太子も出席した。

※皇太子殿下もご出席された。或いは皇太子殿下ご臨席の下。(添削魔:うさぎ屋)



他のイベントで印象に残ったこと。

ドイツ人と日本人カップルによる結婚式。

年配のドイツ人夫妻による古代のダンス。

日本人女性POPSでドイツで大人気のシャナドゥー

ドイツのロック歌手グループのギスベルト・クニプハイゼンのコンサート

などなど。



日本人歌手グループでドイツで活動しているシャナドゥーは、ドイツでいきなり

ヒット・チャート15位に入ったと聞いた。

ドイツのロック歌手は哲学的だ。



あと、いろんな展示がしてあったが、風力発電などの自然エネルギーの企業の

ブースがいくつかあった。

印象的だった展示は、



飯舘村の子 がドイツに研修で行った体験談。

脱原発の先進国で見えた自然エネルギーの力

ドイツの「環境首都」フライブルグをたずね、再生可能エネルギーのパワーを間近

に感じた。



そして彼らが考えたこと



再生可能エネルギー

●日本の市民ファンドで飯舘村に風車を建てたい

 一基で6000人分の電気を賄えると分かりました。

 それは村の人口と同じです



交流

●ドイツと僕たちの飯舘村は風景が似ています。

 そして学ぶことがたくさんありうました。また研修に行きたいです。

 そして将来は日本に飯舘村に来てもらいたいものです



原発の問題

●まだまだ事故は収束していません。

 脱原発を表明しているドイツに共感します。

 福島第一原発事故問題を僕たちと考えて下さい。



胸を打ちます。

中学生たちが経験したドイツの旅は、飯舘の復興のための大きな

ヒントになるにちがいない!



私も気がついたらもう夜7時を過ぎていました。

久しぶりの楽しい1日でした。




お読みいただいてありがとうございました。原発推進・反原発の議論はここでは止しましょう。日独修好150周年を祝いましょう。



人気ブログランキングへ 何かお忘れではありませんか?
[ 2011/10/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

とにかく健康第一

人気ブログランキングへ







前回の画像は評判が悪かった。お友達が仰るには、画像を拡大しても、ピンボケで記事が読めなかったそうです。私は撮影した時から、なんとなくピントが合っていないと感じたので、再度撮ろうとしたが、デジカメがレンズエラーと出た後、全く動かなくなってしまった。私はこの同じ原因で、すでに3台のカメラを壊してしまった。それで、こんどはレンズが飛び出す形式を止めて、外蓋をスライドさせて開き、レンズが伸びたり縮んだりしないタイプのものにした。昨夜はカメラのCDをインスツールしたが、カメラを接続しても、画像を取り込めない。再インスツール等、試行錯誤を繰り返したのだが、結局できなかった。

PCをいじりまわしている時に見つけたのが上の画像。どうしてこれが私のPCの中にあるのかわからない。でも、かわいいから、いいかな?

念のために申し上げますが、私、ロリの趣味はありません。



昨日は夕方、近所のスーパーへ行った程度で、ほとんど家の中で過ごした。外へ出た時に寒気がした。夜、7時頃に夕飯を食べたのに、10時過ぎには猛烈にお腹が空き、滅多に食べることのないモスバーガーを食べに行った。その時は身震いするほどの悪寒を覚えた。こんなうすら寒いところで食べたくないので、持ち帰りにして、自分ちで食べようと思った。カウンターで「フィレオフィシュひとつ」と言えば、はあっ?と怪訝な顔をされた。ここのメニューを見れば「フィシュバーガー」とある。モスは日本発祥の企業でした。どうでもいいですが、私はダブルモスバーガーにした。

そして、前述のように、PC,デジカメ、CDと奮闘というか、遊んでたわけです。その間、汗をかいたり、寒気を感じたり、最悪のコンデションであった。



今朝は汗をびっしょりとかいて目覚めた。昨日もいろんなことを考えていたが、一夜明けたら、ここに書くほどのものでもないか、と、あっさりとネタを放棄してしまった。

今朝一番に思い浮かんだのは、「若さだよ、ヤマちゃん!」、大昔、確かこのようなCMコピーがあった。若さで大抵のものは克服できた。無理も効いた。若さゆえ、何にでもトライできた。私の場合にはその後ろに、はずであったというのが付きます。

まあ、過去はどうあれ、当然ながら、これからは自分の体調・健康管理は自分でしなければならない。まず予防でしょうね。これでまたひとつ、大人の階段ならぬ、初老の階段を登ってしまったような気がする。



季節の変わり目、皆様もお体にお気づかいください。



追:判明しました。うちのバカ娘の作品でした。



人気ブログランキングへ クリックしてやってください。元気が出ます。
[ 2011/10/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

揺れる馬毛島

人気ブログランキングへ 嵐のようなクリックをください。







10月14日の朝刊です。忙しさにかまけて、今日まで放置していました。

私たちの地域ナンバーワン紙は「南日本新聞」です。西南戦争で西郷軍に従軍された方が創刊したということであるので、この新聞はかなりの歴史である。鹿児島でも今年から産経新聞を読めるようになった。朝・読・毎の全国紙やブロック紙(西日本新聞)もあるが、それらを購読している人でもミナミは併読しているでしょうね。他の地方紙同様、共同通信社の配信が主でしょうが、独自の取材・企画・編集の記事は素晴らしい、と私は思う。



米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)移転候補地の馬毛島である。これは本日(20日)、長野西之表市長が住民の過半数の署名を携えて、防衛庁に反対を訴えたのでしょう。私はTVのニュースでチラと見ただけであるが、地域住民の意思を尊重しろ、とか無視するな、というようなことを言ったのでしょう。地元関係1市3町の議会も反対してますからね。地元商工会も反対者がやや上回ったようだが、そこは会長さんの見識の高さでしょう、会を割りたくはないから敢えて議決はしなかったといいます。

え、興味はこの新聞には何が書いてあるか、ということですね。



記事中の写真は2010年2月28日、本社チャーター機から撮影とあります。島の半分以上が地肌が露出しています。2003年に森林法に基づく開発許可を県が許可したが、その区域をはるかに超えて「開発行為」をしている。区域以外については、タストン社は開発許可申請はせずに、西之表市への伐採届で切り開いたもの。伐採は、切り株からまた芽が出て、数十年後には元の森林に戻ることを条件とする。しかし、実際には抜根や開墾で土地の形状を変える「開発行為」であり、原状回復不能な状態である。

無許可開発の疑いで、市民から工事差し止めの訴訟が起こされているそうだ。それで、県も立ち入り調査したいが、地主に拒否されている。

また、この島に建つ建物も市の調査を拒否され、固定資産税の額が定まらず、従って、課税をしていない。



私に言わしむるに、県や市の怠慢以外の何物でもない。写真を見ただけで、誰の目にも違法性は明らかではありませんか。現地に行かずとも、毎年、役所では航空写真を撮っているのではないんですか?それをこのような場合にも活用すべきではないですか。

固定資産未課税には怒りがこみ上げてきます。西之表市民でも、収入は増えないのに、子供の教育費は増え、住宅ローンの支払いが大きな負担となり、苦しい家計の中からやりくりをしてまじめに市民税を納めている人もいるはず。そして市は滞納者を遠慮なく差し押さえをします。市は「税の公平性」などと言うが、公務員と民間の労働量と所得の不公平感が解消されてからそうゆうことは言ってもらいたい。税金の話題になれば、知らず知らずのうちに興奮してゆく不肖うさぎ屋であります。どうせ、固定資産の評価の縦覧をするんだから、高めに設定しておけば、家主が異議を申し立ててくるでしょうよ。



なすべきことはしないくせに、県も市当局も地域エゴ丸出しの反対表明が早すぎる。と言えば、あなたたちは鹿児島市内でしょ?騒音に悩むことになる私たちの身にもなってください、という反論が聞こえてきそうである。反対の主なものは騒音だそうです。市電の線路沿いの騒音もあります。特に電車が橋を渡るときには凄いですね。それでも、市交通局に苦情の電話をしようなどとは考えたこともない。市電は皆様の足ですからね。すると、まーたまた、公共交通機関と軍事施設は別でしょう、と仰る。そうです、別ですよ、自衛隊の施設はより国家のためになるではありませんか。



人気ブログランキングへ 賛成・反対、いずれもクリックしてみて。
[ 2011/10/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)