FC2ブログ

うさぎ屋の四方山話

archive: 2012年03月  1/4

北の花火大会

No image

きたる4月15日、金日成生誕100年記念の大花火大会が開催される。これは天候不良、つまり雨天順延はあっても必ず開催されるでしょう。でないと正恩大将の威信は失墜してしまうことになるでしょうから。それに、先代の遺訓に「核保有」というのがあるそうですから。私は街の一生活者としての情報しかないが、そんな私でも一連の流れを見ていて、なんか変だなあと思うことが多々あります。北の実験はは成功するか失敗するかは別...

  •  0
  •  0

さくら、さくら、桜

甲突川河畔の桜。今度の日曜日くらいが満開、花の見ごろではないかと思われる。私は午後2時ごろにここを通りがかった。花見客がブルーシートを敷いて、かなりの数、夜のための場所取りをしていた。この時間にどのようなお仕事の方々でしょう、と想像してしまうのですが、中にはスーツを着た人たちが数人どっかりと腰を落としていた。シートが風に飛ばされないように、重石代わりに座っているようにしか私には見えない。大勲位・松...

  •  0
  •  0

知覧へ行こう(4)

No image

鹿児島ー台北定期便就航しました。地元TV局各社は台北にクルーを送り、今夕のTVはどこを見てもさながら台湾特集であった。就航レセプションの様子を伝えるものが多かったが、宜蘭県を紹介したものもあった。私の曖昧な記憶では、この県は台北から車で30分といってましたか、鹿児島と縁が深いところだそうだ。宜蘭の初代庁長は西郷隆盛の息子・菊次郎が5年間務めたそうだ。現地のガイドさんがおっしゃっていましたが、その時に学...

  •  0
  •  0

アイヌ民族党、その後!

私の友人のKさんの素晴らしい文章を紹介したい。Kさんは北海道道民にして”花の23年組”。そして渓流釣りはプロ並みの腕前。はたして渓流釣りにプロが存在するのかどうだかわかりませんが、一流ということでご理解いただきたい。釣行は単独行であり、釣り糸を垂れ、何を思いながら川面を見つめていらっしゃるのでしょうか。私の軽薄な趣味人としての推測では、それはもう「無心」であるに違いない。うつせみの世の苦悩をしばし忘れ...

  •  1
  •  0

自民党も嫌いではありません

No image

ローカルな話題で申し訳ありませんが、自民党新政会・鹿児島市議会議員団のホームページ「小森こうぶん」より引用。・・・若い人々のエネルギーも大事であり、必要である。しかしその前に日本の歴史、日本の持つ良いところの風習も知るべきである。それには、知恵と経験を持った人々を選び、その人々のエネルギーを活用し鹿児島を盛り上げつつ、若い人々へ繋ぐべきである。今や鹿児島は成熟しつつある。成熟してきてはいると思うが...

  •  0
  •  0