FC2ブログ
2012 031234567891011121314151617181920212223242526272829302012 05

小沢無罪判決

26日、午前10時頃、私はたまたまTVを点けていた。突然、マイクを持って画面に飛び込んできた男は、アナウンサーではなくて記者だったんでしょうね。「たった今、無罪判決がでました、無罪です。」ただ慌てて興奮していて、ど素人っぽくて、私は笑ってしまいました。多くの国民にとっては興奮するほどのことではないのに、この騒ぎ様は何なのでしょう。マスコミは有罪を予想していたのでしょうか?まさか。



日本の検察は起訴したら95パーセントくらいは有罪に持ち込む。プロであるその検察が何度か不起訴処分にしたものが、特別の新証拠でもない限り、普通なら有罪になるとは考えにくい。まして、村木厚子さんに対する検察の見込み捜査、見立て捜査が暴かれたばかりである。また、控訴もあり得ないように私は思う。



TVのインタヴューで石川知裕議員が「市民感覚」と確かに言った。これは市民感覚により犯罪を見立てられ、市民感覚で起訴された、という意味合いであろうか。私なりにつきつめれば、裁判は市民の人気投票や民意を反映するものではないということでしょう。

私は「市民」「小市民」という言葉が嫌いだ。1970年代初めごろ、ホンダCIVICという自動車が発売された。CIVICとは「市民の」という意味であるが、その頃、「市民(運動)」は広く世間に認知され、文字通り「市民権」を得ていたように思う。左派、保守いろんな陣営にまともな市民活動家もおられるでしょうが、私の目にはクレーマーにしか見えません。小沢起訴も似たようなものでしょ。

市民派を名乗る前に、「日本人として」あるいは「日本の知識人として」という立場が余程素晴らしいではありませんか。

あ、ホンダは何も悪くありません。たまたま、私の記憶として時期が被るということです。



当の小沢さんですが、そりゃあ私だって嫌いですよ。まず風貌、そして媚中・親韓。判決と時を同じくして「隠し子騒動」が起きましたが、こんなのは私はちっとも気になりません。

むしろ小沢さんの腕力の強そうなところは好きです。橋下大阪市長や石原都知事などもそうですね。とにかく”実現”してくれる。政治家は理想を語ることも大事ですが、行動・実行力が最も優先されるべきでしょう。私も消費税増税反対です。私は個人事業主としてのささやかな経済活動しかなく、経済のことはよくわかりませんが、私の体験からすれば、増税はやるべきではないと思う。ますます、景気浮揚は遠くなるでしょうよ。みんなの党が言ってましたが、日本の経済成長率が名目3パーセントになれば増税は不要だそうです。15年前から言われている景気対策が第一でしょう。かと言って、私はみんなの党の支持者でもありません。



政治家は一長一短あるし、功罪もありますね。誰もが望む理想通りの完璧な政治家はいません。その場、その状況で適切に動いて仕事をしてくれればそれでいい。

江藤淳が小沢一郎を評価していたという。その江藤の弟子である、我が鹿児島の偉大な先輩山崎行太郎先生も小沢さんを高評価である。小沢さんは「戦後日本を奴隷国家たらしめてきたアメリカという帝国主義国家からの独立を志向する民族派政治家」なのだそうだ。だとしたら、この一点のみで私は「汚沢」だの「チョン公」だのと口汚く罵ることはできない。

マスコミやネット上の大騒ぎを見ながら、こんな考え方もあり、かな?な~んて思うのです。





人気ブログランキングへ よくも悪くもクリックしてみてください。
スポンサーサイト
[ 2012/04/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

知覧へ行こう(8)永嶋福次郎大尉

ご無沙汰です。昨日の話題は「小沢無罪判決」だったのですが、私は記事を95パーセント方書いていたのに、PCの操作ミスですべて消えてしまいました。投稿フォームとかわかりません。ぶっつけ本番のアドリブで書いているので、これまでも何回か失敗しました。また、これまでの保存していた画像もすべて消えてしまいました。このような失敗が重なると、私は「徒労」とはこのことだ、と実感もしますが、そう独り言を口にしてしまいます。おまけにランキングも下がったようですし、自己嫌悪に陥ってしまいそうです。



でも、今日は元気が出てきました。「知覧へ行こう(5)」の中の永嶋福次郎大尉のご遺族からコメントを頂戴いたしました。



特攻で亡くなったおじ「永嶋福次郎」の名前で検索しまして、こちらにたどり着きました。



昨日、知覧特攻開会館を訪問して初めておじの軌跡を辿る事ができ、写真・辞世の句を閲覧することができ有意義でした。



去年の知覧特攻基地戦没者慰霊祭式でおじの辞世の句が読み上げられたことを知り、身内としてはきちんと慰霊の行事をしていただきありがたく思いました。



去年の慰霊祭で献詠された永嶋大尉の辞世の歌。

生も死も今となりては何思ふ 愛機もろとも玉と砕けむ




愛機とは「疾風」ですね。「玉と砕けむ」とは玉砕された多くの戦友を思われていたのではありませんか。ご遺書には「すでに戦友征きたり、残る我が胸中を知れ、亡き友の写真をだいて我は征く」とあります。



永嶋大尉については↓ここを(クリックして)ご覧ください。

第26振武隊永嶋福次郎大尉



私は何かしら大きなご縁というものを感じます。やっぱり、5月3日は知覧へ行こう!




人気ブログランキングへ これもクリックしてください。



[ 2012/04/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

知覧へ行こう(7)平成・美しい日本を護る会

すでに四・五日になりましょうか、旭日に富士山、桜の花をあしらったマークを載せてます。どなたからかご質問でもあればその時にお答えしようと考えてましたが、ご質問はありませんでしたので、私の方から説明いたしましょう。「平成・美しい日本を護る会」の会章です。この会の目的には日本人のアイデンテティである、日本の歴史・伝統・文化を大切にし、皇室を崇敬しようという極めてあたりまえのことを掲げています。。日本が好き、美しい日本を護りたいという人たちで設立した団体です。

それで、国のために犠牲となられた戦没者の慰霊も、我らは子孫・遺族として当然のことであります。昨夜は鹿児島の会員で5・3の打ち合わせをいたしました。



5月3日、午前9時30分、鹿児島中央駅西口、東横イン前に集合。



知覧武家屋敷、特攻平和祈念館見学、昼食、慰霊祭参加の後、鹿児島市内、鹿児島中央駅周辺で懇親会、夕食、二次会。この費用もびっくりするくらい格安料金で押さえられそうです。4日のスケジュールについては夜の懇親会の席で話し合うことにします。例年通りなら、海上自衛隊鹿屋基地、歴史資料館見学、串良平和公園ですが。移動手段は鹿児島の方ですべて手配いたしましたのでご安心ください。

今回は関西、中国・四国からの参加者がいらっしゃらないので、大変寂しい思いをしています。5月2日までにご連絡ください。これは、会員でなくとも構いませんので、どなたでもご参加ください。

2日に鹿児島に入られる方もおられますので、昼食、夕食をご一緒しましょう。可能な限り、観光案内いたします。傾向としては、主に歴史散歩になるかもですよ。



昨夜の打ち合わせは7時30分から11時まで、そのうち3時間はカラオケを歌い続けました。軍歌、戦時歌謡、懐メロの類になってしまうのですが、我ら鹿児島の男達の青春は何と言っても西郷輝彦さんとともにありました。西郷輝彦メドレーででしたね。

私めも一浪後に上京した時、周りの人から「鹿児島の人は西郷輝彦に似てるのね」なんて言われました。同じ鹿児島出身の森進一さんとか坂上二郎さん似と言われたことは一度もありませんでした(笑)



では、たくさんの方のご参加をお待ちしてます。







人気ブログランキングへ クリックしてみて!

[ 2012/04/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

中山義隆石垣市長

今夜の温泉も気分爽快であった。

脱衣場に置いてある体重計で、4歳くらいの子供が遊んでいた。「はい、ちょっと退いて、これは遊び道具じゃないよ」と言って、私は計量した。そして体重計を0にセットし、「ここに載ってごらん」と、その女の子を載せ、「19.3キロですよ」と教えてあげた。その子は理解できたかどうかは分からないが、「ありがとうございました」とはっきりした口調でお礼を言った。余程親の躾けがいいんだろうな、と私は感心したのだった。



今日は遠赤外線サウナが故障で、仕方なく蒸気風呂に入った。ここの蒸気風呂は初めての経験である。思いのほか高温で多量の蒸気であった。私は咳き込んでしまった。すると見ず知らずの先客の若い男が「大丈夫ですか」と気遣ってくれた。エグザイルのメンバーの一人が、痴呆の老人を自宅まで送り届けた、というニュースがあったが、この若者もきっと同じ状況ではエグザイルのような行動をするのだろうな、と私はなおも咳にむせながらも考えた。

このような人たちには反日勢力の実態や愛国を説くまでもなく、私はこの人たちが担う日本の未来を信じてしまいます。



「あんた、あの娘(こ)の何なのさ!」

「あんた、何様?」「あんた、誰?」



このような言われ方をする”あんた”とは、世のヒンシュクを買い、あまり芳しくない悪のイメージがつきまとう。悪印象の方が強いのかもしれない。

しかし、「あの人は何?」と私自身が自問自答する時には、”あんた”は必ずしも悪人とは限らない。どのような立場であるのか、どのような精神生活の体験を積んだ人なのか、人間性そのものを考えてしまう。



石原知事「尖閣購入発言」の日、私は石垣市長の発言を評価するようなことを書いたのであるが、以来、あの人のことが気になっていた。というのは、「あんた何」ということを良く知らずに書いてしまったのではないか、一抹の不安があった。

中山石垣市長は20日の産経新聞紙上で、東京都の方針に積極的に同調してゆく考えを明らかにされた。発言は以下の通り。



◎石原知事のやることにはすべて賛同している。

◎中国を含め尖閣諸島の所有権を主張している国があるなかで、日本が実効支配している形になっているが、実際には上陸したり学術調査したりできない。それらができるようになって初めて真の意味での実効支配。漁業を含めた経済活動もしたいのでできるだけ早い方がいい。

◎わが国の領土の個人所有のものを買うというだけの話であって、購入者が都であろうが、何らほかの国から口出しされる筋合いはないと思っている。




このような人が尖閣の行政区である石垣市長とは、実に心強い。私の人を見る目は確かだった、と今更ながら思います。最近、代表の寝首をかいた沖縄県人の幹事長がいましたが、すでに名前も忘れられたあの人なんかは、同じ県民でも中山市長の足元にも及ばない。

私は石垣市に住所がないので、選挙で票はさしあげられないけれど、心より応援したい。









人気ブログランキングへ クリックお願いいたします。
[ 2012/04/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

南京の真実国民運動

石原都知事の尖閣購入発言について、ヤフージャパンの意識調査を見たら、賛成92%、反対7%、どちらでもない、分からない2%であった。分子と分母が1にならないのは、四捨五入、端数処理によるものでしょう。いずれにせよ大多数の国民が賛成している。これも厳粛な世論であるのに、新聞・TVで流されることはない。

むしろTVの街角インタヴューでは「お金は都民のために使ってもらいたい、他に使い途はあるでしょう」「議会無視だ」などと言う都民が写し出される。



勿論、国防は国の最大の仕事であるが、その国が土地を賃借し、やったことは島への「上陸禁止」である。都が所有して、公共用地として利用した方が、実効支配強化になるのではありませんか。必要なら国が都から借りればいい。自衛隊のレーダーやヘリポート、気象庁の観測設備、国交省航路標識、国土地理院GPS電子基準点、漁業・海洋・海底資源調査、等々様々な施設・設備があることでしょう。国も一般の民間人を相手にするよりも、地方公共団体の方がやりやすいでしょう。昔は200名の人が住んでいたというから、ヨットや船、ヘリコプターの趣味のある人は訪問してみたいでしょうしね。

それから今の時点で議決云々の手続き論は、特に考えることではない。不賛成の議員は次の選挙で職を失うことになるのですから。



この件は実は↓「南京」と根っこで繋がっているのだと思います。前回は第1号を転載、拡散希望でありましたが、最も新しい第5号をコピペしましたので、お目を通して頂ければ嬉しいです。




河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動 関連情報



平成24年4月17日(月) 通算 第5号



nankin-kokumin@…

※転送自由



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



南京の真実国民運動の最新情報をお送りいたします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



もう自殺外交はやめよう



                          潮匡人



 いわゆる南京大虐殺があったと日本が認めれば、どうなるか。



 そもそも「虐殺」は、戦争犯罪であり、国際人道法上の重大な違反である。もちろん「大虐殺」なら、その罪はより重い。



 重大な国際人道法上違反に対しては、国際法上、看過できない動きが進んでいる。



 一九六八年には、国連総会で「戦争犯罪及び人道に反する罪に対する時効不適用に関する条約」が採択された(一九七〇年発効・日本は棄権)。

たとえばフランスでは、この条約が採択される以前から「人道に対する罪に対する時効不適用を確認する法律」を定めている(一九六四年法六四・一三二六号)。



 残念ながら、国際法上、時効がない。抗しがたい戦後の流れと評し得よう。



 今一つ忘れてならないのは、国際法上、普遍的裁判管轄権が認められている点である。具体的に言えば、「重大な違反行為をおこなった者または行うよう命じた者」を罰する立法や、容疑者の捜査、公訴提起または引き渡しが義務化されている(ジュネーブ条約・追加議定書ほか)。

乱暴に言えば、捜査や訴追に国境の壁がない。

幸いまだ実際には外国人を裁判にかける上でのハードルがあるが、相次ぐ国際刑事裁判所の創設にみられるごとく、国際法上の流れは確定している。



 にもかかわらず、日本が「大虐殺」を認めれば、どうなるか。

刑事裁判に即して言えば、容疑者ないし被告人が自白したに等しい。

実際に犯した行為ならいざ知らず、やってもいないことを、やったと自白する。

「土下座外交」や「媚中外交」というネーミングも捨てがたいが、私は「自殺外交」と呼びたい。



 昭和の先人に冤罪を負わせる権利など、平成の政治家やマスコミにはない。この戦いには祖先の名誉と日本の将来がかかっている。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



河村市長「南京発言」を検証する~河村市長発言を支持しよう~(連載第3回)



                 自民党名古屋市会議員 藤沢ただまさ





「問題とされている2月20日の会談について」



 2月20日(月)午前9時30分、南京市より中国共産党南京市委員会常務委員、南京市副市長劉志偉氏、以下総勢8名の方々が名古屋市役所を訪れ、河村市長と会談をおこなった。

なお、本席には、8日に南京市を訪れた私、山本久樹名古屋市議、桜井治幸元名古屋市議の三名も同席した。



 主なやりとりは、以下の通りである。



 〔河村市長発言〕

・死んだ父の関係で、南京とは深い縁がある。自分の父は、ちょうど南京で終戦を迎えた。

 そして、南京市にある棲霞寺にしばらく滞在した。棲霞寺で南京の人々に大変温かいもてなしを受けて、無事帰国した。

・私の父はよく「おまえが生きているのは南京の人々のおかげだ」と言っていた。

 父はお礼に棲霞寺の裏に桜を1000本植えた。

・いわゆる南京事件と言われるのは昭和12年のできごとだが、もし8年前に南京事件があったとしたら、南京の人がなぜ日本の軍隊に優しくしてくれたか理解できない。

・南京事件というのはなかったのではないかと。通常の戦闘行為はあった、あって残念だが。

 真の日中友好のためには真実を明らかにしないと、トゲが刺さったようなものでうまくいかない。

・一度、南京で討論会を開いてほしい。南京の人に感謝しているので、そういうことを言っている。

 

 〔劉常務委員の発言〕

・日中国交正常化40周年という記念すべき年に、名古屋を訪問できて光栄である。

・中国には四十にして惑わず、という言葉がある。両国の関係もこのようになると思っている。

・南京市民は平和を愛している。憎しみのためではなく、平和のために歴史を学んでいることを強調したい。

・これまでの34年を大切にして、交流を拡大したい。そうすれば両市民の生活が豊かになる。



 なお、この時の会談の様子は、「UP!- 名古屋テレビ【メ~テレ】、http://www.nagoyatv.com/up/」でご覧頂けます。

 この20日の訪問団の中には、私が8日の日に会った人も複数いたし、前日の歓迎会の席上、名古屋市当局から明日の会談で市長から南京事件についての話しがあるかもしれない、ということも伝えられている。

外交関係上も全く問題はないと言わざるを得ないのである。

 基本的に友好的なムードであったし、お互いに自分の意見を押しつけるというものではなかった。

また、市長の発言も、友好促進のために「ノドのトゲを抜こう」(河村市長)との思いでなされたものであり、にこやかなうちに会談も終了している。

 市長はあくまで、お互いに意見の違いがあるので議論しよう、と言ったに過ぎない。一体なにが問題なのか私にはわからない。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



頑張れ日本!全国行動委員会愛知県本部が河村発言を断固支持して果敢に署名活動





「頑張れ日本!全国行動委員会愛知県本部」は<私たちは河村市長の「南京事件否定」を断固支持します!>と題して活発な署名活動を行われました。

河村市長のお膝元である、愛知県でこの活動は、市長にとっても大きな支えになることでしょう。

関係者の皆様のご努力に心より敬意を表します。

集められた署名は近々に河村市長に届けられるということです。

署名用紙の文書は次のとおりです。





≪平成24年2月20日、河村市長は南京市政府の幹部に対して「南京事件というのはなかったのではないか」との発言をされました。

そのご認識は全く正しく、ご発言も至極適切なものです。

また、度重なる新聞記者の追及にも、発言撤回をなさらない姿勢には感銘を受けました。

私達は、このような市長の姿勢を断固として支持します。

南京市との真の友好のためにも、経済的損失を恐れず、国益をお守りくださるようお願いします。≫





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



新聞への意見広告キャンペーン





http://ameblo.jp/nankinkokumin/entry-11222033886.html





 本日現在、36名の国会議員からご賛同をいただいております。

 

 既にご寄付をいただいた皆様にはこの場をお借りし、心より感謝申し上げます。

 意見広告掲載には多額の資金が必要となります。

 一人でも多くの皆様からのご寄付をお待ち申し上げております。

 (なお、収支報告は本通信、国民運動の公式ブログ等でご報告させていただきます)



■新聞への意見広告キャンペーン寄付金の送り先等のご案内

下記のどちらかの方法でご送金下さい。

ただし、銀行口座を利用される方は、FAXで03-6912-0048まで、お名前(フリガナ)、ご住所をお知らせ下さい。

金額は任意ですが、1万円以上のご寄付をいただきました方は、第二弾広告で使命を掲載させていただきます。

nankin-kokumin@…までメールでご連絡いただいても結構です。

また、氏名の掲載を辞退される方は、郵便振替用紙の通信欄に明記(またはFAX・メール)して下さい。





●郵便振替 口座記号番号 00190-9-596227 加入者名:南京の真実国民運動

●銀行口座 三菱東京UFJ銀行 江戸川橋支店 普通口座0062560 口座名義:南京の真実国民運動事務局長越後俊太郎





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



(広島)

河村市長「南京発言」の真意をさぐる!!

「南京虐殺」は本当にあったのか

「南京事件」の真実とは 大講演会



 

■日時 平成24年6月3日(日)14:00~16:30 (開場 13:30)



■場所 広島市東区民文化センター 大ホール

(広島市東区東蟹屋町10-31 TEL082-264-5551 〔広島駅北口より徒歩10分〕)



■登壇者

山田宏 氏(日本創新党党首・大阪市特別顧問)

藤岡信勝 氏(拓殖大学客員教授・自由社歴史教科書代表執筆者)

藤沢忠将 氏(名古屋市議会議員・自民党名古屋市議団幹事長)



■主催 「新しい歴史教科書をつくる会」広島県支部



■後援 日本会議広島・時事評論社・広島県地方議員連盟・文化プロジェクト広島・広島念法寺・新生仏教広島支部・嗜史の会ほか



■資料代 999円 〔学生無料〕



■申込み・問合せ先

Tel 0829-32-4638

Fax 0829-32-4663 担当/長谷川

e-mail 63@…





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



(奈良)

「教科書問題から南京の真実を考える」-河村市長発言の真意とは‐





■日時 平成24年6月17日(日)14:00~15:30



■場所 奈良県経済倶楽部 大会議室

(奈良県奈良市東向中町6番地)



■講師 藤岡信勝 氏(拓殖大学客員教授・自由社歴史教科書代表執筆者)



■主催 「新しい歴史教科書をつくる会」奈良県支部



■参加費 1000円



※終了後交流会あり





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



4月29日に茨城、5月19日に愛知、5月26日に鳥取、

5月27日に岡山、6月9日に宮城でも「南京」に関連する講演会が開催される予定です。

詳細が決まりましたらご連絡させていただきます。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動関連情報が

不要な場合はnankin-kokumin@…までご連絡下さい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



河村発言を支持し「南京」の真実を究明する国民運動事務局

公式ブログ

http://ameblo.jp/nankinkokumin/

パンフレットのダウンロード

http://www.tsukurukai.com/_src/sc913/nankinpamphlet.pdf

賛同署名のダウンロード

http://www.tsukurukai.com/_src/sc905/nankinshomei.pdf

連絡先・署名送付先 

〒112-0005

東京都文京区水道2-6-3-203 新しい歴史教科書をつくる会気付 南京の真実国民運動

電話 03-6912-0047 FAX 03-6912-0048





活動を展開するためにご寄付をお願いいたします!

振込先

★郵便振替口座 00190-9-596227 加入者名:南京の真実国民運動

★銀行口座 三菱東京UFJ銀行 江戸川橋支店 普通口座0062560 口座名義:南京の真実国民運動事務局長越後俊太郎



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆彡




人気ブログランキングへ クリックよろしくお願いいたします。
[ 2012/04/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)