年年歳歳

いよいよ今年も今日一日となりました。私はこの時期になればこんな漢詩を思い出す。

古人また洛城の東に無し 今、人還って対す落花の風
年年歳歳 花あい似たり 歳歳年年 人同じからず

毎年美しい花は咲くが、この花を見る人は毎年変わると言ってるんですね。また、

憐れな白髪の老人は昔は紅顔の美少年 宛転たる蛾眉よく幾時ぞ

白頭翁も美人も年をとれば惨めだと言っている。老人にも、また若者に対しても感慨深いものがあります。ああ、ゆく年くる年・・・。
人間世界では唐の時代より不変のものもあるかもしれないが、私が最近思いを強くしていることの中に、変わったものもあって、それは女性は60代でも70代でも美しいということだ。

さて、今年のことは今年のうちに書いておきましょう。


DSCF2928.jpg

12月23日の奉祝デモ行進です。私は銀座の車道をデモ行進したのは二回目であった。四十数年前にも、今回とは道路の反対側を逆方向に行進した。「佐藤訪米阻止」と書かれたプラカードがあったので、70年安保改定時だったのかもしれない。丁度、石原慎太郎さんが初めての国政選挙に出た時でした。限座に選挙事務所があり、ビルの2階だったかな、いや3階だったかもしれない、どっちでもいいが、そこから彼は我々に向かって手を振っていた。デモ隊は例によって「シュピレヒコール・・・」とやって石原さんを非難するわけですね。それでも笑顔で手を振る石原さんて、どのような政治指向の人だろう、と疑問に思った覚えがある。
それが今や私は石原さん大好き人間ですからね。時が過ぎるのも速いが、時は人そのものまで変えてしまうものなのですね。勿論、この世には変わらない人やモノもありますが。

東京駅
ここは説明は不要ですね。

DSCF2911.jpg
旧三菱銀行の建物を残して新しいビルが建っている。

DSCF2914.jpg
そして中庭にはヘンリー・ムーアが。丸の内界隈も様変わりした。オー!エキサイティング、クール、ファンタスティック、なんて来日した外国人もビックリでしょう。
確かに綺麗な街ですが、私は気に入らない。はっきり言って、綺麗すぎだ。いたる所にタイルやコンクリートブロックで幾何学文様をつくり、チリ一つ落ちてはいず、公園のベンチで喫煙してくつろいでいる人も見かけることも無かった。ちょっと裏に入っても赤提灯も見かけない。昼間の人口は多くて、夜の人口は極端に少ない地域であるせいでしょうが、生活臭がない。
幾何学文様は英国の庭園に見られる。一番いい例は噴水でしょうか。我が国には馴染まない。やはり水は高きより低い所へ流れるのが自然というものだ。幾何学文様は自然の形を変えて、あたかも自然を征服したかのような人間の傲慢さを感じる。

DSCF2908.jpg
こんな風景に出合えばなぜかホッとします。昔と変わっていないからでしょうね。ガード下も高架下の飲食店街も。この場所は高さも幅も変えられない。私は冷たい風に首を窄めながら、人間も基本的に同じで、身の丈と幅だけは変えてはならない、なんてことを考えたのでした。魅力という点から、そうゆうこともあるかもしれない。テレショップではないが、あくまでも個人の感想でございます。

私たちの仲間で唯一おきものをお召しになって来られたお方です。昨夜の忘年会でアップすることを御約束したものですから・・・麗しの日本婦人像をご覧ください。
DSCF2842_convert_20121231004610.jpg

仲間とお会いしていつも思うことですが、ネットで好き放題言うのもいいが、また、他人を罵り、喚くのもいいが、要は何をやるかだと思う。つまり「行動」ですね。当然のことながら、政治家のみならず、我らも行動が重要ですね。来年も可能な限り、日本国民の一人として行動したい。
みなさま、本年も冗長な駄文にお付き合いくださり、誠にありがとうございました。よき新年をお迎えくださいませ。(うさぎ屋こと花渡川 淳 )



人気ブログランキングへ 本年最後のお願いです・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村   ・・・ふたつともクリックしてやってくだせえ。
スポンサーサイト
[ 2012/12/31 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

尖閣は琉球の一部

いよいよ本日となりました。最終お知らせです。
 ☆年忘れオフ会のお知らせ☆
12月30日、18時、鹿児島中央駅横の中央郵便局前に集合。目印は「平護会」幟。
場所:未定、現場の成り行きで・・・
会費:各人の飲み食いした分、完全割り勘制
参加資格:日本が好きな方なら老若ニャンコ(笑)誰でも大歓迎。鹿児島帰省中の方、近県の方よろしく。
合言葉:「もしもし亀さん」「なんとおっしゃるウサギさん」



さて、すでにご存じのことでしょうが、本日の産経新聞は読み応えがありました。

「尖閣は琉球の一部」1950年の中国外交文書 日本名を明記、現在の主張と矛盾
2012.12.28 22:25 [中国]

沖縄県・尖閣諸島
 沖縄県・尖閣諸島について中国が1950年に作成した外交文書の中で、「尖閣諸島」と日本名を明記し、尖閣が琉球(沖縄)に含まれるとの認識を示す文言が含まれていたことが28日、関係筋への取材で分かった。

 現在の中国は尖閣諸島を「台湾の一部」として自国の領土だと主張。50年当時に中国が、琉球の一部と認識していたことは現在の主張と矛盾しており、中国側にとっては領有権主張の根拠が揺らぐ内容。

 関係筋によると、「対日和約(対日講和条約)における領土部分の問題と主張に関する要綱草案」と題された文書は50年5月に作成。同外交文書のコピーを精査した関係筋は文書を本物とみている。

 文書は、尖閣諸島を琉球の一部として扱い、「台湾から距離が甚だ近く、台湾に組み込むべきかどうか検討の必要がある」と述べている。(共同)

これに関連して、昨日、日本会議「国民運動関連情報」から、日本会議の公式見解ではありませんという但し書きがついて、このようなメールが届いていました。「琉球(沖縄)は中国の領土」という中国側の主張は、決して遠い未来の荒唐無稽な話でもありません。
中国政府はこれまで、尖閣諸島は古来台湾の一部であると主張してきましたが、1950年の中国政府の外交文書で「琉球の一部」と主張していたことが明らかになりました。

 中国政府の従来の主張を覆す内容で、中国が尖閣諸島を呼ぶ際に使用してきたと主張す
る「釣魚島」の名称は使われていません。

 「琉球の境界画定問題」の項目で、「尖閣諸島を台湾に組み込むべきかどうか検討の必
要がある」として、「台湾の一部」という主張をしていなかった証明となります。

 一方これにより、中国側が「琉球(沖縄)は中国の一部」という主張を今後強化してい
く可能性も考えられます。
以下、本文省略。

また、産経新聞ですが、もしお読みでなかったら、ぜひともご一読いただきたい。そして、「尖閣」に関する記事を思いだして頂きたい。その時皆様が想いを強くされたこと、それをまさに私は言いたかった訳ですね。
      切腹した大学生←←クリック。
今宵は、見事十文字腹を掻っ切った若者に思いを馳せ、しらずのうちに袖を濡らす花渡川でありました。人はなぜか涙で真にものを理解できるのかもしれません。


人気ブログランキングへ お手数かけますが、二つともクリックお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2012/12/30 ] | TB(0) | CM(2)

中・韓の大陸灘共同戦線

安倍内閣の支持率は朝日新聞が59パーセントでしたが、新聞各紙によれば65パーセントといったところでしょうか。私の独自調査では85パーセントです。私の友人や仕事関係でお会いする方、私の周辺にいる人の間では95パーセントを超えています。菅内閣より低いということは絶対にないはずです。

私が世論調査に浮かれているころ、中韓ではとんでもないことをやっているようです。


大陸灘:日本側に拡張で韓中一致、当面は共同戦線

大陸棚縮小

私はこの絵を見ればメチャ腹も立つが、同時に、日本の資源開発はどうなってんの?という素朴な疑問が湧いてくる。私は青山繁晴さんや吉田吉彦さんの講演を聴けば、「日本は埋蔵資源大国」と私は実感したのであるが、試掘なりとも進んでいるのでしょうか。先の総選挙でも話題にも上らなかったようだ。
もし日本が海底調査でも始めれば、中国船が今以上に日本近海に出張ってくるかもしれません。アメリカの石油資本あたりからも嫌がらせがあるかもしれません。それとも、吉田先生が仰るように票にならないからでしょうか。

はっきり言って、中・韓は日本の資源を狙っているのではありませんか。参院選後でも構わないが、中・韓には日本政府は厳しい対応をお願いしたい。はからずも「参院選後」と書いたが、これはみんなにバレバレというか、見透かされているのであるから、別に今日からやっても参院選で支持が落ちるとは、私にはとうてい思えませんが。
中・韓とは真の友好関係は築けません。すると中国人のなかにも、韓国人にもいい人はいるよ、てな話になる。そりゃそうでしょうよ。個人間・民族間の関係ではなくて、あくまでも国対国のことです。

韓国での安倍内閣の評価はこのようなものです。


新藤氏と稲田氏は昨年8月、韓国の独島(ドクト、日本名・竹島)支配強化実態を国際社会に知らせるとして、鬱陵島(ウルルンド)訪問を強行したが、金浦(キンポ)空港で入国が拒否された人物だ。

2人のほか、慰安婦問題を否認し、領土問題に強硬な立場を貫徹してきた、いわゆる“安倍ファミリー”と呼ばれる山本一太氏(54)、下村博文氏(58)、古屋圭司氏がそれぞれ沖縄・北方・領土担当相、文部科学相、国家公安委員長に任命された。安倍首相が自分と思想的に近い右翼政治家を大挙内閣に登用したことで、安倍政権の右傾化は加速する見通しだ。ただ、安倍首相は「ファミリー右翼内閣」という批判を意識し、谷垣禎一前自民党総裁、太田昭宏前公明党代表(67)、石原伸晃前自民党幹事長(55)ら重鎮級を多数任命した。

中央日報が政治性向を集中分析した結果、18人の新任閣僚のうち右翼性向は11人、中道性向は4人、穏健路線は3人だった。閣僚の6割以上が右翼人物ということだ。そのほとんどが日本の最大右翼集団「日本会議」のメンバーだった。

ある外交消息筋は「来年3月末から4月にかけて発表される高校教科書検定の結果が注目される」とし「いくら安倍首相が安全運行をしようとしても、内閣の面々を見るといつ“妄言”が出てくるか分からない状況」と話した。

安倍新内閣の妄言
◇新藤総務相
2011年=鬱陵島訪問の試み。「韓国に文化財を返す前に韓国の日本文化財を返してもらわなければいけない」
◇稲田行政改革担当相
鬱陵島訪問の試み。「南京大虐殺は虚構」
◇下村文部科学相
「慰安婦はいたが、親が娘を売ったのであって、日本軍が関与したのではない」
◇山本沖縄・北方担当相
「竹島は日本領土だということが、いろいろな文献を通して明らかになった」
◇古屋国家公安委員長
「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」会長。「慰安婦碑」撤去要求のため米国訪問
◇小野寺五典防衛相
国会で「外交青書に独島を韓国が不法占有していることを明記すべき」と要求 .


よくも、まあ・・・呆れて開いた口が塞がらない。右傾化などと言ってるが、左傾化した日本を元に戻そうとしているだけであって、「取り戻す」ことを右傾化と言っているんですね。
「日本最大の右翼集団『日本会議』のメンバー」といったくだりでは笑うしかありません。不肖うさぎ屋も日本会議の会員ですが、違和感というよりもとんでもない。
韓国人が言ってることですから、大して気にもなりません。ですが、日本人の中にも、あたかもそんな韓国人の立場になったかのように、韓国人と同様なことを言ってる人がいます。可哀相に・・・。

中国では相変わらず日本製品のボイコットがつづいているようです。アニメも日本文化の侵略だ、なんてなことになっているようだ。日系企業で働く中国人は1000万人ともいわれ、その家族まで入れれば凄い数の中国人が困るであろうに、ホント中国人は馬鹿ですね。
重ねて言うが、北は勿論のこと、中・韓と真の友好はあり得ない。



人気ブログランキングへ  ええ、ご面倒なことでしょう。でもクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村   はいっ、はいっ!と二つともクリックしたもうーれ。グラッチェ。
[ 2012/12/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

第二次安倍内閣発足

新規_1_DSCF2938

本日、第二次安倍「危機突破内閣」が発足した。
日本を取り戻すとは、誰がどうすることかと言えば、みんなで新しい日本をつくろう、とおっしゃっているんですね。選挙の政策公約集によれば、まず、復興、ふるさとを取り戻す。そして経済を、教育・外交・安心を取り戻すということですね。

23日の頑張れ日本、全国行動委員会のシンポジウムのテーマもまさに「新内閣の誕生とこれからの日本」であった。このシンポの詳細はチャンネル桜でアップされるでしょう。私の印象に残ったことを述べさせていただきます。
次期日銀総裁には竹中平蔵ではないか、と言われている。これには参加者全員が絶対反対なのであるが、来年の参議院選挙までは安倍総理や新内閣を非難しない方がいいのではないか、というご意見が一部にあった。どちらも安倍総理を待ち望み、安倍総理を名宰相になるお方だ、と認めている方々ではあります。
私が思うには、与党議員は勿論のこと、野党議員やマスコミ等は安倍政権をパッシングすべきではないが、我々国民は世論を盛り上げるべきではないか。その証拠に高校授業料無償化から朝鮮学校を除外する、なんてことになったのではないか。

日銀総裁の人事は来年の4月でしょうか、どうせ参議院では野党が承認しない、と思われます。竹中の名前は最初、当て馬として出るだけで、私は他の本命が居るような気がしてなりません。

参院選まではTPP、原発、集団的自衛権等、国民の意見の大きく分かれるような問題までは進まないでしょう。だから、どちらの陣営からも批判されることはない。冒頭に書いたように、まず復興と経済でしょうからね。

さて、大分前の新聞ですが、竹島の日の式典について。


「竹島の日」式典を見送り 安倍自民、日韓関係改善に現実路線
自民党は21日、島根県の「竹島の日」(2月22日)にあわせた政府主催の式典の開催を来年は見送る方針を固めた。先の衆院選の総合政策集に「竹島の日を政府主催で祝う式典を開催する」と明記していたが、竹島を不法占拠する韓国で2月25日に朴(パク)槿(ク)恵(ネ)氏の大統領就任式が予定されていることから、日韓関係の改善を優先すべきだと判断した。

 安倍晋三総裁は21日、都内で記者団に対し、「(朴氏は)韓国にとって初の女性大統領で、われわれも大変期待している。日韓関係を発展、改善させていきたい」と強調。竹島の日の式典については「総合的な状況を踏まえて考えていきたい」と述べた。

 自民党の石破茂幹事長も同日のTBS番組で、「式典をやることで日韓関係がものすごく悪くなって喜ぶのはどこか。北朝鮮はどうみているか。米国から見たら『日韓がガタガタするのはやめてくれ』ということはある」と指摘した。

 安倍氏は、日米同盟関係を再構築したうえで、中国や韓国、ロシアなどとの関係を緊密化させる方針を示してきた。日韓両国で首脳が交代することをきっかけに、まずは韓国との関係改善を急ぐ構えのようだ。

 安倍氏は衆院選後、靖国神社参拝について「いま申し上げるのはつつしむ」とし、根拠もなく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話の見直しも「急がない」などと慎重に発言している。外交でも当面は「安倍カラー」を封印し、安全運転に努めるようだ。
(2012/12/21産経新聞)

これなんかどのような政治状況であろうとも、2月22日という日は必ず到来する。私は熱烈な安倍支持者であるが、やはり言わずにおれない。安倍さんはそんなことはとっくにご存じのことで、承知の上でやってらっしゃるとは思いますがね、世論・民意形成として我らは発言すべきですね。私は先ほどから同じようなことばっかし言っているようですが・・・。

ま、ひと言で言えば、日本が配慮しても韓国は何も配慮はしない。これは理屈抜きで、我らは体験的に知っている。日本政府が配慮を示したり譲歩しても、韓国はつけあがるだけである。

ご記憶にありましょうか、靖国神社放火犯の中国人は未だに韓国で拘留されている。この中国人は在韓国日本大使館に火炎瓶を投げ込み、韓国で逮捕され有罪判決を受け、刑期は終えたのであるが、政治犯として中国へ身柄を引き渡せと中国から韓国に圧力がかかった。犯罪者引渡条約に則って日本に引き渡すべきであるが、韓国では裁判所の審理中である。1月5日には結論が出るそうだ。もしも韓国が犯人を中国に送還してもなお、日本は韓国に対して外交的配慮をしなければならないのでしょうか。いや、これは誰しも妥当な結論をだします。特亜三馬鹿国に関する限り、”安全運転”はする必要はない、と。1月5日も必ず到来する。



人気ブログランキングへ  来年のことを言っても・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村    鬼は笑わない・・・かも。両方クリックお忘れなく!
[ 2012/12/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

東京だよ、おっかさん

DSCF2926.jpg

22日には我が友・遊助さんとお会いした。彼が「これはけしからん」と言いながら私を案内してくれた場所がここ、東京駅大○デパートの12階であった。単に夜景が綺麗ですね、というお話ではない。この真正面のガラスからは昼間は皇居が見える。皇居に向かって放水をしている輩がいるんですね。我々が居る間には、そこで粗チン(多分・笑)を出す光景は見られなかった。
もしその場に居合わせたら、後ろからドリフターズではないが指浣腸をしてやりたいくらいだ。

このビルのオーナーも建築する時の設計士も施工業者も関係者各位におかれましては(笑)、誰一人体を張ってでも阻止する人はいなかったのでしょうか。仏造って魂入れず。立派な建物に日本人の魂が抜けてますね。悪趣味以外の何物でもない。常識を逸している。
「横を向いてもいいじゃない、だって人間だもの、みつを。」「この店に繁栄は無い、ハチロー。」「センスのないのは悪しきこと、実篤。」田舎の食堂に飾ってある色紙にありそうですね。どんな言葉を連ねても、決して褒められない。これはもう日本人の精神の劣化に違いない。

たまたま昨日届いた日本会議の会報「日本の息吹」に、京都大学の中西輝政先生がいいことを書いておられた。平成24年9月30日の先生の講演の要旨ということらしいです。

皇室と神社が日本という国のまとまり、連続性を保っている。日本人の精神の拠り所、国防の最後の拠点は皇室と神社であるということを、いみじくも対日工作を研究している中国人が指摘しているのです。(注1)
日本を守るとは、究極的には、皇室と神社に象徴されるこの国の形を守ることなんだ。これを守らなければ、日本という国は滅びてしまうんだということを肝に銘じ、このことを共に周りの同胞に語りかけていこうではありませんか。

注1:(中国から見て)60年安保は日本に共産主義政権を打ち立てる一歩手前まで行ったけれども、実現には至らなかった。なぜか。それは日本革命に絶対必要な条件を満たしていなかったからだ。日本革命に絶対必要な条件とは、日本国民を皇室と神社から切り離すことだ。

日本の国の成り立ち、歴史からして、皇室、神道、国民は切り離せない。これ等の一つでも欠けたら日本は日本ではない、日本人は日本人でない、と言っても過言ではない。

亡きお袋に東京のこと等、四方山話を語って聞かせようと思い書き始めたのですが、まだまだ話は尽きない。また次回につづきます、よっ、・・・・おっかさん。



人気ブログランキングへ     おっかさんも、おとっつあんも・・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村    ・・・夜空の星の数ほどたくさん、クリックしておくんなせえ!

 ☆年忘れオフ会のお知らせ☆
12月30日、18時、鹿児島中央駅横の中央郵便局前に集合。目印は「平護会」幟。
場所:未定、現場の成り行きで・・・
会費:各人の飲み食いした分、完全割り勘制
参加資格:日本が好きな方なら老若ニャンコ(笑)誰でも大歓迎。鹿児島帰省中の方、近県の方よろしく。
合言葉:「もしもし亀さん」「なんとおっしゃるウサギさん」
[ 2012/12/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

奉祝・天皇陛下御誕生日

DSCF2934.jpg

天皇・皇后両陛下、皇族方がお出ましなると、一瞬どよめき、そして一斉に日の丸の小旗が振られた。私めもこの場に居れることが心から嬉しい。

H24天長節

DSCF2807_convert_20121224231053.jpg
私めはただ畏まるのでありますが、そんな中でカメラを向ける余裕などあったのか、とお叱りを受けては返す言葉もなく、控えめに画像も小さくさせていただきました。実は、世が世なら写真撮影も憚られるのではないか。
陛下のお言葉はすでに報じられた通りですが、被災地復興について御触れになられた時、私めは眼も胸も熱くなったのでした。


DSCF2929.jpg
仲間とともに靖国神社参拝。この日はいわゆる「A級戦犯」7名の御命日でもあります。
DSCF2925.jpg
この行進に参加しました。私めは最後尾にて大きな日の丸をかかげ、殿を務めさせていただきました。参加者の中から湧き上がる「天皇陛下万歳」、そして沿道からは時折拍手をいただいたりもした。
DSCF2919.jpg
前稿で書いた「シンポジウム」、保守論客のみなさまです。

DSCF2920.jpg
忘年会まで参加させていただきました。
私は 潮 匡人 先生とツーショットを撮らせていただいた。大感激でした。画像を公開しようと思ったんですが、ね、どうも私のオデコの上が明るい、明るすぎる。いえ、いえ、私は決してハゲではないんですよ。ぼかしを入れてみたけど、それでも明るい。くどいようですが、ハゲではないんですよ、ねえ。
というわけで(どうゆうわけですかっ!)、無事家にたどり着きましたので、とり急ぎご報告まで。

追:申し遅れましたが、皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。



人気ブログランキングへ   応援クリック、お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2012/12/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

天長節を祝う

私は今日、22日午後には天長節、皇居一般参賀のため、上京いたします。24日帰鹿の予定です。
23日は午前10時30分頃、皇居正面入り口前付近で、↓この幟を目印にして集合です。各々方、合言葉は「平護会の方ですか?」、「ヘイ、ヘイ、ヘイ!」となっておりますので、くれぐれもお油断召されるな。赤穂浪士の討ち入りではありません。
日本国民の一人として、今上陛下のお誕生日を祝し、皇室・国家の弥栄を祈りたい。天皇陛下並びに皇后陛下万歳を奉唱いたします。


平護会幟

この幟にはご丁寧に寸法まで記載されてますが、私もまだ現物を見たことがありません。今回、九州地区にも素晴らしい幟が多分いただけるのではないか、と楽しみにしている。
この日と5月3日の知覧特攻戦没者慰霊祭、8月6日広島平和ミーティングには私は毎年参加している。あ、会の宣伝をしている訳ではありません。これまでもこの場で会員の募集もしたこともありません。ネット上でよく見かけるのですが・・・寄附やカンパの呼びかけなんてとんでもありません。たとえどんな立派な活動であっても、顔も合わせたことも無い人たちに向かって「金を出せ」なんて、ダメでしょう。
話が逸れましたが、よろしかったらご一緒しませんか?

その後、私たちは奉祝「日の丸行進」に参加します。恐らく、最後の忘年会まで。


13時30分 集合 常盤橋公園(地下鉄半蔵門線三越前駅の西、徒歩2分)
        【一般参賀に参加された方】12時30分 皇居外苑和田倉噴水公園集合
 14時00分 奉祝「日の丸行進」 出発
 15時30分 奉祝「日の丸行進」 到着 日比谷公園
 17時00分 シンポジウム「新内閣誕生とこれからの日本」
        井尻千男(「頑張れ日本!全国行動委員会」文化会議議長)
        三輪和雄(「頑張れ日本!全国行動委員会」幹事)
        赤池誠章(「頑張れ日本!全国行動委員会」山梨県本部長・元衆議院議員)
        永山英樹(「頑張れ日本!全国行動委員会」埼玉県本部長
                       ・「台湾研究フォーラム」会長」)
        大高未貴(ジャーナリスト)
        片桐勇治(政治アナリスト)
        小坂英二(「頑張れ日本!全国行動委員会」東京荒川支部顧問)
        水島 総(「頑張れ日本!全国行動委員会」幹事長)
        ほか
 18時30分 大忘年会

 場所:
 日本橋サンライズビル2F「ザ・グリーンホール」
 (都営新宿線「馬喰横山駅」A3出口より徒歩3分)
 〒103-8470 東京都中央区日本橋富沢町11-12
 TEL.03-3665-4600 FAX.03-3665-4588
 http://www.sunrise-bldg.jp/access/index.html

 参加費: 3,500円 ※ドリンク・食事付

 主催: 頑張れ日本!全国行動委員会



玄関に国旗を掲げること、及び金魚に餌を与えること、を家人には伝えた。私は金魚の水槽の掃除も済ませた。22日はお袋の命日であるので、午前中に墓参に行かねばならない。寒い時期に逝ったんですね。私は墓前にて、お袋も寒かろう、と思う。孝行したい時に親はなし、昔の人は良く言いました。そして、播磨の瓢水も・・・。

さらばとて 石に蒲団は 着せられず

それで、私も何の心おきなく出立できるというものだ。
もう一つ心残りがありました。私が若しもの場合ですが、お通夜の会場で流すBGMの音楽のことが気になります。まあ、音楽の好みはその時期時期によって違いますね。かつては「レクイエム」であったり、「チャンチキおけさ」でも流して賑やかにやってくれ、と愚息に言ったこともありました。或るときには「海ゆかば」で送ってくれ、な~んて。
今は↓この曲かもしれない。私の青春時代の曲ですね。私は青春時代の一時期を東京で過ごしました。

この曲を聴きながら・・・あゝ、青春が・・・我が青春・・・時代よ・・・ガクッ━━━━。
馬の進、介錯を、・・・・殿~、旦那様~、旦那っ!
・・・おまえさん、まーた馬鹿なことを、さ、早く行かないと船が出ちまうじゃないのさ、御忘れ物などありませんこと?銭形の平次親分のおかみさんのような人が私の背後で切火を打つ。
「おう、ちょっくら行ってくらあ。」
そんな感じで逝けたらいいかもしれない。私はその経験がないので、どうしても「・・・しれない」が多いですが(笑)。

最大の気がかりは、留守中のランキング”かもしれない”。
みなさまには、度々ここに遊びにおいでいただいて、クリックだけはお願いしておきたい、のでございます。過去記事をお読みな方で、勘の鋭い人はお気づきのことでしょう。また番頭さんが(笑)。

では、行ってまいります。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2012/12/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

安倍危機突破内閣人事

今日、2012年12月21日はマヤ暦によると、暦がこの日で終わっているということから、終末論が起きているという。私はこのような類の話は眉に唾を付けながら聞いている。実証されたものでないから、簡単に信じることはない。尤も、終末が実証されたとしたら、この世もなければ、その現場を見た私も存在しないわけでしょうから、信じた私は存在しない。つまり、ややこしい言い方であるが、信じるも信じないもない。

神話、伝承、伝説、歴史、物語、それともファンタジーなのか、物事はすべからく能くよく吟味すべし。宮本武蔵「五輪書」風の文章になってしまいました。

さて、まもなく週末にはなるけど、終末は訪れないという前提であるが(笑)、26日には国会開催、総理大臣指名、そして安倍危機突破内閣の組閣ということになる。

第一次安倍内閣ではマスコミは「お友達内閣」なんて評していた、というか、揶揄してました。私はその当時から、お友達内閣のどこが悪い!と思っていた。私も社会に出て、サラリーマンとして、また個人事業主としてン十年間も働いてきたが、共同で仕事をする場合はお友達同士でチームを組んだ方が最もいい仕事ができた、・・・ような気がしている。或いは初対面の人でも仕事を通じてお友達になってしまえば、最高の組み合わせです。第二次安倍内閣もお友達でいいではありませんか。
あの時は安倍さんの葬式はウチで出す、なんて公然と、抜けシャアシャアと言い放った新聞社の”ある種”のキャンペーンもありました。ある種とはどういう種ですか?悪意に満ちた、ということですよ。(なら、最初からそう言ってください・笑。)

マスコミによれば、内定者は以下の通り。
麻生副総理兼財務相、菅官房長官(人を見た目で判断してはいけませんが、この人、地味すぎませんか?)、甘利経済再生担当相。これは本当でしょうかね。まさか新聞辞令ではないでしょうね。週刊誌の予想では櫻井よし子拉致担当相というのもありました。中山恭子さんでもいいですね。あとは林元防衛相や下村博文、山本一太さん、ボン伸晃、ハニトラ谷垣さんも候補らしい。

私の記憶では、女性陣では稲田朋美、高市早苗、小渕優子、野田聖子、橋本聖子、小池百合子さんも、だったような。
この方々は安倍新総理のお友達なのかよくわかりません。みなさまは組閣人事、どう思われますか。いずれにせよ、来週末にははっきりすることですが。終末ではなくて、始まりが。楽しみだ。



人気ブログランキングへ  女性が5人入閣とも言われるが・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村       ・・・素晴らしい!!  

[ 2012/12/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

韓国初の女性大統領誕生

私が昨夜期待したパク・クネ女史が大統領選に勝利した。韓国初の女性大統領であり、初の親子大統領でもあるそうだ。ムンよりもこちらでよかったのではありませんか。
私は別に韓流ファンでもなければ、まして親韓派であるはずもない。私の場合は、12年ほど前でしょうか、ネット投稿のスタートがいわゆる嫌韓サイトでありました。七・八年の間に数千件の投稿をしたでしょうね。今にして思えば、そのエネルギーをほかの方面に使えばよかったな、と真剣に思いますよ(笑)。その後に「四方山話」を始めましたから、まあ、随分と無駄な時間を費やしてきたものだ、と真面目に思う。

一方、韓国側では「親日派」と呼ばれるのは致命的ですね。ご先祖が親日行為で得た財産は没収されます。それで、「知日派」と言われる人はいるようです。英語を勉強している方のブログを見て知ったのであるが、知日派を英語で何というんでしたかね(実は詳しく知ってはいなかったんですね)、とにかくその英語にはですね、「友好的」という意味はないそうです。私はなるほど!、と納得いたしました。

韓国内の街角インタヴューなどもこれから放送されることでしょう。韓国の若者の中には、文化交流などで日韓が仲良くすればいい、なんて言う人が必ずでてくる。無理ですね。韓国の芸能人は日本に来て自由に活動するが、韓国では日本の大衆文化はまだ完全に解放されていない。私の推測にすぎず、信憑性のない話であるが、桂銀淑さんが、韓国国内でディナーショーでもして、日本語の彼女のヒット曲を歌うことは出来ない。
彼女がショーをすれば、日本からおじさんたちがツアーを組んで観に行くと思いますよ。ちなみに、日本ではできない。彼女は麻薬取締法違反で国外追放の身ですからね(笑)。

まだ、大日本帝国の教育を受けた人たちがいた時代なら、友好もあり得たかもしれないが、ドクト愛を育む教育を受けた世代では無理、無理だと思います。

大統領は任期5年というのは強みですね。父親のパク・チョンヒがなした日韓国交正常化から、50周年が彼女の任期中にやってくる。良好な日韓関係をその時期に築けば、彼女の名声は上がることでしょう。でも、領土、慰安婦、歴史認識等で日の丸を食いちぎる人たちがいるのも韓国ですから、これも無理、無理でしょうね。
大統領にとっては日韓に関する限り、すべてが「無理」のオンパレードなのであります。

そこで、日本の対応であるが、2月22日、竹島の日は政府主催の式典とし、総理以下全閣僚出席すべきです。すると2月25日の大統領就任式への御招待がなくなるということですが、それでも日本はちっとも困らない、まことに結構なことではありませんか。我が国の内政に関する干渉であり、我が政府は断固予定通り行うべきです。我らも今から固く記憶にとどめ、心しておくべき、ちゅうことですな。





人気ブログランキングへ  竹島を返せ、というよりも・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  ・・・竹島から出てけ!
[ 2012/12/20 ] | TB(0) | CM(3)

古い新聞から

明日は韓国大統領選挙です。大接戦のようですから、おそらく明け方まで当落ははっきりしないかもしれません。ムン・ジェインはノ・ムヒョン政権のブレーンであったから、彼が当選すれば反日を煽るでしょうね。私は心情的にはパク・クネ女史に今度くらい勝たせてあげたいですが、国自体が反日国ですから、どちらが勝っても、日韓関係においては、我が国は制裁体制で臨むべきですね。たとえば「アメとムチ」の「ムチ」のみで対応すべきであり、そして、その手を緩めてはならない。我らは体験的にそのように理解しているわけですね。

ともかく、明日は半島はとても熱くてファビョンな夜になるでしょう。楽しみだ、実はどうでもいいですが(笑)。
さて、こんな記事が・・・。


南京大虐殺:韓日の僧侶が共同で追悼に出席
・・・宗傑住職は13日の行事に、一戸彰晃住職(63)=青森県・雲祥寺=と共に出席した。一戸住職は曹洞(そうとう)宗の僧侶で、曹洞宗が戦前犯した罪を悔いて発表した「懺謝文(さんしゃもん)」を刻んだ石碑を、今年9月に群山・東国寺に建てた僧侶だ。

 南京大虐殺は、1937年12月、中国侵略中の日本軍が満州から山東省を経て、同月13日に南京を占領し、民間人を生き埋めにするなどの残酷な方法で無差別に虐殺した事件。南京では今月12日夜8時からろうそく集会や街頭行進などが行われ、13日も記念館の追慕広場に1万人余りが集まって追悼公演や慰霊の法会などを開いた。行事には犠牲者の遺族や市民はもちろん、米国・欧州・インド・ネパールなどからの追悼客も参加した。

 宗傑住職は「日本の僧侶は、10年以上にわたって南京大虐殺の追悼行事に出席しており、関連資料1000点以上を記念館に寄贈し中国政府から勲章をもらった僧侶もいる」と語った。
(14日朝鮮日報)
この僧侶は
一戸住職は今年9月、植民地時代の寺としては韓国に唯一残る東国寺(全羅北道群山)に「過去の日本の圧政に苦しんだ人々に深く謝罪する」などの文章を刻んだ「懺謝文(さんじゃもん)」碑を建てる際にも先頭に立った。というお方でもあるらしい。

話題が飛ぶようですが、私のオツムの中では関連あるものですから、まず、青森県には数字の付く地名が多いが、なぜなのか?ということについて(笑)。え、この一戸住職さんはお名前からして、典型的な青森県人だと思うんです。
五所川原、八戸、三沢、十和田、三戸、五戸、六戸、七戸、六ヶ所、一川目~六川目、七里長浜、三ッ館、七ッ館、十面沢、三本木、平六、七鞍平、千年、三千石、十三湊等、青森県の数字の付く地名なのだそうだ。
鹿児島には人名で二反田、五反田なんてありますが、地名は十三塚原、一倉、外に思いつきません。
千葉県も数字地名が多いらしいが、これは理由がはっきりしているのだそうだ。この地では大々的な開墾事業が行われ、その時の入植の順番を指すものだった。
これにはネタ本があって、私の母が入院していた時に姉弟と交替で付き添いで泊まり込んだのだが、私は夜に一冊ずつ読もうと考え、お気楽な本を病院に持っていった。丁度11年前ですね。「いまさら聞けない『日本地図の大疑問』」(おもしろ地理学会編)。
この本によれば、なぜ青森県に数字地名が多いか、「残念ながらその理由ははっきりわかってない」そうだ(笑)。

だからですね、同様に、私も青森の禅僧の行動が理解できないし、彼のオツムの中がどうなっているのかはっきりわからないのですよ。


また話が飛ぶが、韓国紙が嬉々として伝えています。
日本公明党、安倍氏の極右公約にブレーキ
16日の日本総選挙で第1野党の自民党の勝利が確実視される中、自民党の連立パートナーである公明党の動きが注目を集めている。

安倍晋三自民党総裁が▽平和憲法の根幹である9条を含む憲法全面改正▽集団的自衛権の許容▽改憲のための国会議員発議要件の緩和(「3分の2」から「過半」)--などの公約を続々と掲げると、「そのようにはできない」と制約を加えたのだ。

山口那津男公明党代表は8日の記者会見で、「自民党が主張する憲法9条の改正には同調しない」とし「憲法上、集団的自衛権の行使が容認されないという(従来の)日本政府の憲法解釈も妥当であるだけに変える必要はない」と強調した。

さらに「自民党はまず憲法96条(改憲のための発議要件規定)を変えようとしているようだが、これが憲法9条の改正に直接つながるのなら応じることはできない」と述べ、反対の意思を明らかにした。

選挙後の連立政権で生じる可能性がある理念的葛藤を事前に遮断しようという意図と解釈される。
(10日中央日報)
韓国紙は連日「日本の右傾化」を報じている。この記事は日本の公明党をかなり”ヨイショ”してますが、在日同胞の皆さんや韓国人に安心感を与えようとするものでしょうか。
私は8日の現実だと解釈します。今日も安倍総裁は公明との連立協議を進める、なんて発言していた。韓国紙言うところの「極右公約」を実現するには、とんでもないことを言ってませんか、山口さんは。
私は安倍応援団であるが、だからと言っていつも”安倍マンセー”を唱えるわけにもいかないのであって、これだけは苦言を呈しておきたい。維新もみんなもいるんだから、もう公とは別れることをお考えいただきたい。


人気ブログランキングへ  「フィリピンは日本に侵略された」・・・その後日譚
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  フィリピン人曰「アメリカにもスペインにも侵略されたが、謝罪を求めたことはない。」
[ 2012/12/19 ] | TB(0) | CM(0)

「街の声」よりも・・・

まもなく「危機突破内閣」が発足する。
野球ファンが自分のひいきチームが勝った翌日のスポーツ紙を何紙も読むように、私も昨夜から結構TVのニュース番組を観ている。
その中で街角インタヴュー形式で、「街の声」といったものが紹介される。まあ、みなさん好き勝手なことを言ってますね。これはネットも私も同じですけどね、だけどマスコミはある種の配慮が必要です。一方的な意見紹介だけでは偏向報道と誹られます。だからライブではなくて、恐らく、またまたある種の編集をしているのだと思われる。

何度も出てきたこの「ある種」とはどういう意味ですか?と言われても返答に困るので、諸兄に於かれましては、適当にご想像ください、という意味ですよ(笑)。

安倍内閣について・・・まず景気対策、と街の声であるが、全くその通りですね。そしてTV画面の中で超熟女の方が「軍隊とか嫌ですね、怖いですね」などという。報道機関としては相反する立場があれば、どちらの意見も一応は紹介するのでしょうね。「このままでは中国や韓国にやられっぱなしだ」と、いかついお顔のおっさんが言っていました。これでは公平な町の声とは言えない。受ける印象としては、どちらも戦争になりそうで怖い、ということになってしまう。

日本人ですから、めちゃくちゃなことを言う人はいない。たとえば、消費税をゼロにしろとか、消費税を払わないという主張はまず皆無でしょう。増税の時期が悪い、或いはその前にやることがあるでしょ?という街の声です。

それで、ひと言で言いきれないようなことは訊くべきではない、というのが私の結論です。でないと言論機関を気取る単なる報道各社、TV屋さんが世論操作できてしまいます。

さて、震災復旧・復興も急がれます。これも景気浮揚策になると思いますよ。特に前政権時代のことですから、根底から見直すべきです。第一にスピードです。多くの犠牲者に申し訳ないではありませんか。街の声よりもこの方々の声に想いを馳せるのであります。

戦後レジュームの脱却だって、300万人の犠牲者の教訓が生かされなければならない。うつせみの世で好き放題に鳴いている、いや声高に叫んでいる人の声よりも、死者が信じた祖国の未来、というものを慮るべきだ、と私は思う。なんとも漠然とした言い方であるが、いまだに「憲法改正→戦争」といった図式が頭の中にある人を見ると、何と言って説明したらいいか、ほんと分からなくなります。



人気ブログランキングへ  今夜も安倍危機突破内閣に乾杯!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  
[ 2012/12/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

祝、安倍政権

今までTVの選挙速報を観てました。予想通り、自民大勝、民主惨敗、維新健闘、みんな堅実、未来なし、社民消滅、そんなところでしょうか。ともかく国民の審判が下された。ある党や候補者によっては、国民の怒りの鉄槌が下された、とも言える。

鹿児島では選挙区で自民4、国民新党1、比例区の復活当選が、自民1、維新1であった。1区の維新候補は思いのほかたくさんの票を獲得していた。これは私の予想外、驚きであった。
実はもっと驚いたことがあった。比例代表九州ブロック、自民党の7人目の当選者として、自民党鹿児島県連の湯川一行事務局長をTV画面で見た時であった。画面の中で本人が万歳してましたよ。

私は彼とある所とある所でよく逢ってしまいます。最初のある所とは、趣味に関する場所であり、ここではっきりと言えません。私は黙秘権を行使します(笑)。もう一つのある所とは、深夜のスーパー銭湯です。まあ、私と生活のサイクルが一緒なのでしょうね。よくお話をしてました。政治の話はしたことがありませんでしたが・・・。私は彼が名簿に登載されていることも知らなかった。当選のお祝いを申し上げたい。そして次は国会の場でご活躍されんことを心よりお祈りいたします。

さて今後であるが、やはり自公連立が軸となりそうですね。私は前から言っているように、公明には拒否反応があります。「国防軍」実現には公は足手まといになりはしませんか?私に限らず、保守層の中には公嫌いも多い。まだ、維新石原・平沼・西村・中山と言った方々にシンパシーを感じている人が多いのではありませんか。私がそうだ。自民・維新で3分の2をオーバーして、参院はあるとしても、この政権は一応、大抵のことは可能になる。そのような政権であっても、私は決して「右傾化」とは思わない。冒頭に書いた繰り返しになるが、これが国民の審判だ。右傾化なんてのは、中国・韓国・北朝鮮の常套句であり、日本ではそれを「しごくまとも」「当たり前」と言う。世界基準では「常識」と言う。


人気ブログランキングへ  お次は私めにも票(クリック)をください・・・  
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村    ・・・お願いいたします。
[ 2012/12/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)