卑劣な報道機関


人気ブログランキングへ ポチポチお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

画像 006

所用で鹿児島県庁に寄ったので、12階展望ロビーに昇ってみた。眼下の野球場や陸上競技場ははっきり見えるが、遠景はボンヤリしている。せっかくの眺望も台無しだ。PM2.5のせいでしょう。この対策としては、外出の時にはマスクをする、或いは戸外に出ないようにする、といった消極的、まさに受動的なことしかできない。腹立ちますねえ。

画像 008

県庁前庭にはこんなのが泳いでいました。画像が悪くて何が何だか分かりませんね。鯉のぼりではなくて、カツオのぼりです。鰹、かつお節は本県の特産品ですから・・・。
このカツオのぼりも本日でお役目は終わるのだと思う。広島カープファンではあるまいに、いつでも鯉のぼりは掲げないのではありませんか。鯉のぼりのシーズンは5月いっぱいでしょう。雨の日も炎天の日も、カツオたちは毎日よくがんばりました。

私は毎日ブログ更新しようと決めて、5月は目標達成できました。他愛もない話であるが、カツオのぼりを見ていると、我が身をカツオに映してしまって、涙が出そうになります(笑)。涙を出して笑うとは、いわゆる「泣き笑い」というやつですね。

さて、昨日、共同通信のことをチラと書いたのですが、この会社、とんでもないことをやりましたね。

共同通信社長退任へ 体制一新必要と判断


週刊文春5月23日号によれば、就活女子学生をホテルに連れ込んだ「大手マスコミ」 仰天スクープ 人事部長の名前ということである。
共同通信・今藤人事部長はこの見出しを見ただけで誰もが想像できるような、卑劣な行為をやったんですね。
石川社長が今藤を福島支局長から人事部長に大抜擢したという。当時は”二階級特進”と言われたという。
東日本大震災の直後、当時の福島支局長は職場放棄して、「原発から逃げた」として更迭された。08年から10年まで福島支局長の経験のあった今藤は、その後任として急遽福島行きを命じられた。
前任の支局長もよくもまあ、あきれ果ててしまう。

週刊文春の取材に対して、共同通信側は「単なる噂」と主張していた。それで文春はこの記事をA子さんへの卑劣な行為を「承知していない」と言い募り、事件を隠蔽し続ける共同通信に、もはや報道機関を名乗る資格はない と結んでいる。
世間でマスゴミと揶揄される所以ですね。

そこで私は思うのですが、マスコミ各社も社員の欲求不満のはけ口、ウサ晴らしに風俗の活用をお勧めしたい。橋下さんはこの発言で謝罪してしまったが、全く正しいことを言ったのではありませんか。勿論、風俗とは性慰安所のことではありません。新聞社のビルの地下に慰安所を作ってどうするんですか(笑)。何よりも、今はそれは違法です。橋下さんも違法なものを勧めるはずがない。

話が逸れたが、報道機関の内部には、大人の男として、企業人として、究極のところ人間として、出来の悪い奴が多いということですね。
スポンサーサイト
[ 2013/05/31 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

ヒロシマ、反核平和の終焉

橋下市長会見の中継ニコニコ動画で、「北海道新聞」の記者が質問したのであるが、その時画面に「赤い大地」「赤新聞」といった文字が流れていた。私は思わず笑ってしまいました。この新聞はブロック紙なのかローカル紙なのか、また記事の内容も私は良く知らないのですけどね。

我が南九州にも”読むはミナミ”の「南日本新聞」という地方紙がありますが、そうでもないですよ。つまり、そんな赤くはないですよ。結局、地方紙はけしからん、と皆さんが怒るのは、共同通信の配信記事のことではないのでしょうか。地方紙独自の記事や特集は地域密着・地域愛着であって、記者は知ってか知らないでか、実は保守的傾向が大きいのです。

確か月曜日だった。ミナミの一面トップの記事は「第36代木村庄之助最後の裁き」であった。大関鶴竜と一緒のカラー写真入り。え~と、「半世紀の行司人生に幕」と書いてあったような。私は恥ずかしながら、この新聞を定期購読してないものですから、あいまいな書き方になってしまいます。昼食で立ち寄った食堂で新聞見たのかな。ま、そんなこたあ、どうでもいいですが(笑)。
それで、山崎さんは鹿児島県枕崎市のご出身、井筒部屋所属、行司の最高位を極められた。井筒部屋といえば、鹿児島県姶良郡加治木町出身、あの両差しの名人・関脇鶴ヶ嶺ですね。そして鶴ヶ嶺の相撲を最も継承しているのは、井筒三兄弟よりも、むしろ今の鶴竜ではないでしょうか。トップにふさわしい記事でした。

司馬遼太郎さんが地方紙について良いことを書いておられました。これもタネ本を見ながらこれを書いているわけではないので、正確ではないでしょうが、旧藩主、お殿様がしっかりしていた地域には、いい地方紙が育ったのだそうだ。「北國新聞」他何紙かでしたが、ともに南日本新聞も地方紙の雄として挙げてました。

ここで最初に戻るのであるが、松前藩は北海道の一部(道南?)しか治めてなかったですよね。私はこういうことを思い出して可笑しかったのです。思いだし笑いですね。「司馬法則」によれば、函館や小樽あたりにはいい地方紙があるのかもしれない。



人気ブログランキングへ 忘れないうちに、ポッチお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

さらに数日前の南日本新聞。
鹿児島県関係の国会議員12名に対するアンケート調査結果、「憲法改正、全員賛成」、かなり大きく掲載されていた。実に素晴らしい!議員さんも新聞社も。

広島市の繁華街でのアンケート調査によると、67%の人たちが憲法改正賛成だったという。マスコミによると、ほんの少し改憲派が多いくらいですか?国会議員全員、国民の67%、で、憲法は改正できます。
護憲派と言われる人たちが「国民主権」と仰るのですが、多数派の意見が封殺されては主権もヘッタクレもないのではありませんか。尤も、これは鹿児島・広島という地方のことであるので、物事は単純に進まないのでしょう、けれども・・・。

さて、このポスターをよくお読みになってみてください。よろしかったら、ぜひご一緒しましょう。今年は平日(火)ということで、今からスケジュール調整にかからなければなりません。早めにご案内しておきます。


ヒロシマ

[ 2013/05/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

米CSIS所長発言ひどすぎ!

画像 001

うちの段々畑の茗荷。当地は梅雨入りして、雨が降らない時は蒸し暑い。
それでも私は畑に草むしりに行ってしまう。これは宿根性であるので、一度植えておけば毎年芽を出してくれる。去年の暮れごろ、自宅の箱庭からこちらへ移植した。日当たりのよくない場所を選んで、二段に植えた。この段は枯草等を燃やしたところである。もう一方はただ単に伐採しただけの跡地である。やはり焼畑の方が育ちが速い。

大昔の人たちはどうやって焼き畑農業を始めたのでしょうか。最初に始めた人はエライと思う。山火事の跡に植物がよく育つ、と気づいた人がいたのでしょうか。焼け跡が伐採・抜根の手間が省け、植えやすいので、たまたま植えたら生産量が増えた、といった偶然の産物だったのでしょうか。
そういえば、コーヒーの起源、山火事で焦げた、凄く香りのいい実を見つけた人がいたのでした。

今日の収穫は筍(から竹)3本。前年までは山林であったので、未だに筍が生える。重機でも入れて、本格的に開墾すれば”根こそぎ”できたのでしょうが、ほとんど私一人で鍬を振るった。開拓農家、移民の方々の苦労が分かります。農業をやったことのない者が、「日本の農業の未来は・・・」なんて語るな、と突然思ったりします。かつて私がそんなこと言った時、私の眼前にいた人が顔を赤らめて、「私は農家の子倅ですが、子供のころから働いてました」と言ったことがあった。井戸の水汲みが仕事であり、だから身長が伸びなかったんだ、とも言われたが、小さいころから重労働をすると身長が伸びないのだろうか。まあ、草むしりをしながら、いろんなことを考えます。

もう10年くらい前のことであるが、地方の農村地帯にある老人福祉施設に行ったことがある。夕刻であったが、けたたましいブザー音がした。聞けば入所者が一人いなくなったという。職員の方々が捜していたが、なんてことはない、老人は玄関先にしゃがみこんでいた。玄関には人工芝のマットが置いてある。老人はそれで「草むしり」をやっていた。「お爺ちゃん、それはマットでしょ、草じゃないよ」と施設の職員が言ってたが、老人は作業を止めない。そこへ老人の孫より若い職員がやってきて、「おじいちゃん、お部屋に帰りましょう、もうすぐゲゲゲの鬼太郎が始まるよっ!」。はたと老人は立ち上がり、部屋へ帰って行った。

私はああなったら、つまり私が私でなくなったら、延命装置を即、外してもらいたい。私が娘にそう言えば、娘は「・・・???・・・付けてないのにどうして外すのよ、バーカ」。

私は10年前は違った。「外すな、最後の1秒までがんばってみてくれ、と医者に伝えろ」と長男に言ったものだ。そして、葬儀は質素でいいが「チャンチキおけさ」でも流して賑やかにやってくれ。今なら絶対「海ゆかば」ですが。
人生、利子も付かない決して増えることのない80万円の貯金を、毎年1万円ずつ必ず下ろしてゆくようなものだとすれば、その頃の私は金銭的、いや、時間的・精神的余裕というものがあったのでしょう。



画像 002

隣のおいちゃんから貰ったつくね芋は、1個の種子芋から5・6本の芽を出した。ホームセンターで購入した、ポットに入った苗は蔓が一本で、そのまんま長く伸びただけである。私はおいちゃん同様に、秋には小さな芋を種子芋として残そう。私はつくね芋は初めて栽培してみる。次は上手くやれる。来年が楽しみだ。なんだか夢と希望が湧いてきましたね(笑)。


人気ブログランキングへ  ☆  ☆  ☆  ここいらでポッチお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

さて、私はやはり畑で考えたことですが、この記事が気になっていました。

「日本、歴史紛争たびたび起こせば米支援失うことに」・・・米CSIS所長

流し読みした程度であるが、注目すべき点。

「日本の安倍晋三首相が“731”訓練機に搭乗したのは全面的に“悪名高い(notorious)”ことだ。日本がたびたび歴史問題を引き起こせばアジア諸国が反発し米国の政治的支援も失う可能性がある」。米国の世界的外交安保シンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)のジョン・ハムリ所長(John Hamre、63)が21日、中央SUNDAYとのインタビューで日本の歴史わい曲について強く批判した。ハムリ所長は「日本は尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題などで国際社会の支援が必要だが、歴史問題を起こし続けていればそうした助けを受けることができなくなるだろう」と強調した。

--安倍首相は「靖国神社は米国のアーリントン国立墓地と同じだ」と主張した。

「とても大きな差がある。アーリントンは靖国神社とは違い政治的な歴史を話さず軍事的敗北や勝利を記念しない。私も靖国神社を訪れたことがあるが米国人として不快感を感じた。政治的な話をする歴史博物館だったためだ。したがって米国大統領はだれも靖国神社を訪問することはできない。これがアーリントンと違いだ」。

韓国紙の捏造と米国人の韓国でのリップサービスを割り引いて読まなければならないが。
戦略国際問題研究所(CSIS)は対日本戦略工作機関とも言われる。
それで、話が飛躍するのであるが、昨夜のTVタックルで小林よしのりさんが仰ってたことを思い出した。
戦後レジュームの脱却とは戦勝国対敗戦国(日本)体制からの脱却だ、と。私は漫画をあまり読まないので、この人のことをよく知りませんが、これだけは全く同感ですね。

また飛躍するが、「構造改革なくして成長なし」などとよく「〇〇なくして××なし」という構文が使われるが、この〇〇は日本だという人がいます。日本らしさ、日本の良き習慣・伝統・文化等を失くし、ということでしょう。だって、職業安定所や郵便局を規制緩和、民営化したのには私は驚きましたよ。〇〇を失くしたという意味で、私は今でも反対だ。

ただし似た構文でも全く逆の場合もあります。たとえば「沖縄返還なくして日本の戦後は終わらない」「北方領土返還なくして戦後は終わらない」、これらは日本が日本であるために正しいことを言っている。敗戦国からの脱却なくして戦後は終わらない。憲法改正なくして戦後は終わらない。さらに、自主防衛なくして、米国追随なくして、・・・。それに私の持論でもあるが、日米安保条約破棄なくして・・・と付け加えたい。よしのりさんも言っていたが、軍隊を持ってそのうえでアメリカと同盟でもなんでも結べばいい。
CSISの所長の発言を見ると、日本囲い込み、日本たたき、さらなる米国隷属化が始まる前兆のような、私はそんな気がする。所長、同盟国の国民が韓国あたりでそんなこと言いますかね。
[ 2013/05/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

橋下特派員協会記者会見


人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

本日(27日)12時30分より、日本外国特派員協会で行われた橋下市長記者会見の模様を、ニコニコ動画中継で観た。最初は昼食時間を利用して観ようと思っていたが、ついに最後まで観てしまった。午後3時になって慌てて仕事に出た。

午後7時のNHKニュース、TVタックル、そして古舘のTV朝日のニュース番組、今日は我ながらTVに時間を費やしてしまった。こちらは仕事をサボってまで観たのに、腹の立つことも多かったのであるが、橋下会見は「おおむね」良かったのではありませんか。彼もあれだけ言えれば、大した男だと思う。
あ、余計なことですが、あの通訳の女性は素晴らしかったですね。頭のいい女性なのでしょうね。

橋下市長も「日本は悪かった、正当化するつもりはない」というようなことは、外国人には言わないほうがいい。「歴史認識は日・韓の学者で話し合う」なんてことも、ほとんどの国民は無理×3と思っていることだし、不可能なことであるのだから、三つ子じゃあるまいに、ないものねだり的発想はこと韓国に関する限りもう止めた方がいい。

トンデモない記者もいました。女性でしたが、質問はひとつだけ、ということだったのに、しつっこく食い下がるのもいました。また、名前は忘れたが、確かフリーの日本人記者でした。日本の汚名を晴らそうとする会見であるのに、市長は飛田新地の料理組合の顧問弁護士であった、それでどういう趣旨の質問でしたかね。え、飛田の料理屋は二階に上がれば売春をするところである、というのは中学生でも知っている、なんて言ってましたが、どんな中学生ですか。
弁護士という職業は、清く正しい、いわば聖人君子のような人だけを相手にするわけでもないでしょうよ。原告・被告、双方に弁護士は必要であるように、いろんな人の相談を受けるのではありませんか。その場にふさわしくない質問でした。

橋下市長が何度も言ったように、論点は「戦争と性」「河野談話の明確化」であったのではありませんか。
私はこれを聴きながら、あれっ!こんなのどっかで読んだような気がする、何だったかなあ・・・と考えていた。思いだしました、前日に寝ながら読んだ「週刊新潮」5月23日号でした。発売は今から10日くらい前でしょうが、橋下さんもこれを読まれたのではないかと思うほどよく似ている。勿論、このような認識を持つ日本人は多いのだが。


画像 007

秦郁彦先生も5月13日の橋下発言は「おおむね正しいと思います」とおっしゃる。そして河野談話の不確かな部分を列挙されている。その一例であるが。

慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、弾圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。

ここで問題なのは、甘言や弾圧を用いた主体を「調査結果」では「業者」と明示しているのに、談話では消えている点です。これでは主語が「官憲等」と誤読されかねません。
そして、「戦場の性」については・・・。

例えば、「戦場の性」という観点から見ると、およそ3つの型に分かれます。第二次大戦中の日・独は軍が管理する慰安所型、米・英は民間経営の売春宿利用型、ソ連はレイプ黙認型ですが、米英も独軍の慰安所を居抜きで利用し、米占領軍は日本政府が東京に用意した慰安所を愛用していました。

韓国の場合はレイプやり放題型でしょうね。
秦先生は学者であり、詳細な調査もされたお方であるが、国家・軍による慰安婦の強制連行があったという証拠は全く見つかっていません、と仰る。
ですから、今日の橋下会見はおおむね良かったのではありませんか。本日、マスコミがどのように報じるか、この時点で私は知らないが。では。
[ 2013/05/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

品位ある日本


人気ブログランキングへ 今週も応援よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

さあ、今日からまたお仕事です。月末のこの一週間、お金のやりくりに苦労する人も、また、そうでない人も、とにかく気合入れて頑張ってみましょうかね。

私は日曜日は農作業であった。チエーンソーや刈払機を持って行ったが、実際にはこれらを使うことなく、終日、畑の草むしりであった。ツルムラサキを少し採ってきた。一把50円か100円で売られているが、今日の収穫は30円相当だったのでしょう。自動車で往復100キロ超走ったガソリン代、昼と夜の二人の外食費、温泉二人分、そして労賃無視、まあ、金銭的にはとても見合わない。
それでも、止めてくださるな妙心殿、落ちぶれ果てても平手は武士じゃ、男の散りぎわは知っており申す、行かねばならぬ、行かねばならぬのだあっ!
ホント、南春夫先生の「大利根無情」の世界です(笑)。失礼、三波先生でした。

経済的には成り立たない話ではあるが、私の肉体的・精神的健康のためには凄くいい。立ったり座ったり、これはスクワットですね。握力も使います。指で掴んで手を捻ったり引き抜いたり、これも何かのエクササイズには違いない。引き抜き作業も同時に両手を使えば、二倍捗るのだから、両手でチャレンジしてみる。数百回、いや千回以上繰り返すわけですから、いい運動になるはずです。
時間に追われた通常のお仕事に比べて、一日が長く感じられる。これから先、同じ10年を過ごすにも、高齢者としては20年分生きればいいのではないか。このようなことを考えながら、ただひたすらむしりとる。

二人のご婦人が訪問してきた。愚妻が甲高い声で「いや、いや、ここには住んでなくて、たまに来るだけですから関係ありません」と言ってた。「さっきのは何だった?」と訊けば、「公〇党ですが参議院選挙のお願いで・・・」と言ってたらしい。鹿児島も地方であるが、そのまた地方のある町でも参院選挙戦はすでに始まっている。私は冒頭で「頑張ってみましょう」と書いたが、こちらの方も頑張らなくっちゃいけませんね。



さて、安倍総理ミャンマー訪問を報じる記事の、末尾の数行は実に素晴らしい。

 また、中国は最大の輸入相手国であり、対中貿易赤字はミャンマーも例外ではない。地元のエコノミスト、アウン・タン・セット氏は「安倍首相の支援は雇用創出などにつながる。中国の投資を低減させるために、品位がある日本の投資を増やすときだ」と指摘する。

ミャンマーの「嫌中感」も背景 高まる日本への期待

「品位がある日本の投資」とは単に経済のことだけを言っているのではないでしょう。いろんな意味で”品位ある日本”と言っているのではありませんか。この言葉は我らが言うよりも、外国人の発言の方が一般的には受け入れられる。それは自分のことを自分が褒めても、自己称賛という四文字熟語があったかどうだか、日本人の最も嫌うことですね。

それに比べてあのバ韓国は・・・。
「原爆は神の懲罰」なんて発言がありました。最初あの記事を読んだ時はビックリしました。あの国らしいと言えばあの国らしいのです(笑)。今は記事は削除され、アレは記者の個人的見解で会社(中央日報)の意見ではない、なんて逃げを打ってます。私は神々について語る資格はないが、もし神の懲罰があるとしたら、原爆を投下したアメリカにこそ下されるものでしょう。これが世界の常識なのではありませんか。そしてま~た慰安婦、彼らは(奴らは)アメリカをはじめ世界に大嘘をばら蒔いています。。

ここをご訪問くださる皆様はご存知のことでしょうが、小野田寛郎さんの慰安婦についての文章があります。これも末尾の数行をよく覚えています。
全文、もう一度読んでみてもいいかもしれない。では。


「従軍慰安婦」なるものは存在せず、ただ戦場で「春を売る女性とそれを仕切る業者」が軍の弱みにつけ込んで利益率のいい仕事をしていたと言うだけのことである。こんなことで騒がれては、被害者はむしろ高い料金を払った兵士と軍の方ではないのか。

小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」


[ 2013/05/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

橋下市長との面会ドタキャン


人気ブログランキングへ 宜しければクリックを。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

元慰安婦「橋下は面会対象でなく審判対象」
「橋下は市長から退け。おばあさんたちの涙を見てもそういう言葉が出てくるのか」。
24日午前10時、大阪市役所の前。慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さん(87)、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(84)がこの日、橋下徹大阪市長と面会をするということで、日本の市民団体の会員およそ50人が市役所に集まった。市役所へ向かう途中、道をふさぐ警察との衝突もあった。同じ時間、市役所の向かい側の道路では、右翼団体の会員とみられる4、5人が「慰安婦は嘘」と書かれた紙を持ちながら「慰安婦といっても金を目的に商売したことはみんな知っている。反日勢力は早く日本から出て行け」と叫んだ。
続きはここを読む


元売春婦の婆に呼び捨てされる筋合いはない。そもそも、会いたいと言ってきたのはそっちの方だろ、そしてドタキャンしたのもそっちじゃないか。
相手が相手であるだけに、橋下さんもこのくらい言ってやればよかったのに。

「金さん銀さん」なら誠におめでたいのであるが、「金さん吉さん」あるいは「金さん元玉さん」と会っても、橋下さんが土下座して謝るはずはないじゃありませんか。これはどこから出た話でしょうかね。
かつて、「アレは単なる売春婦だ」と言った李栄勲ソウル大教授は、ナヌムの家で土下座させられた。韓国国内で生きていくに、はどうしようもないことだったかもしれません。ところが、ここは日本だ。

あり得ないことではあるが、仮に橋下さんが土下座でもしたら、それはもう火に油を注ぐようなものだ。決して騒ぎが沈静化することはない。奴らはさらにエスカレートすることでしょう。これまでの経緯を見れば、誰でも理解できます。

ほう、吉ハルモ二は84歳てことは、終戦時に17歳ということですね。何歳からこの稼業を始めたのでしょうかね。
頭に「従軍」とつけば、従軍記者、従軍画家、従軍看護婦なんて崇高なお仕事を連想するのである。なら、「お役目ご苦労様でした」と申し上げたいところであるが、それって嘘なんでしょ?!
韓国では10年くらい前までは売春は合法であったように、当然、当時は公娼がいた。それでも「従軍慰安婦」という言葉自体なかった。

TVニュースで見たが、いかにも似非人権団体のような女性がいました。何か声明文のようなのを読み上げていましたよ。ええ、実に流暢な日本語で。話の内容は特に目新しいことも無く、私は全く記憶にないが、顔だけは今でもはっきりと思いだすことが出来る。四角い顔なのに白ブタのようである、という実に変わった形状でしたね。そのブタ顔が今夜の夢の中に現われたら、私は思いっきり引っ叩いてやろうと思う。

日本側にも問題があります。反日国家であることを承知しながら、なぜ日本人観光客が韓国に行くのですか。日本企業もなぜ技術移転をしたり韓国に工場を造るのですか。細かいことを言えば、マッコリや韓国海苔なんか輸入しなくても誰も困らないのではありませんか。「日本は反省しろ」と彼らは言っているようだが、我らが真に反省しなければならないことは、このことです。


      ☆

画像 018
今年はヱビスカボチャが順調だ。数日前に撮影したが、今はこの1.5倍くらいに広がっている。隣のおいちゃんに「やっぱり摘芯したほうがいいでしょ?」と訊けば、「そんなことしたことない」と言う。おいちゃんは40株くらい、短い間隔で植えているのでそれでいいのだろうか。私は4株なので摘芯した。間隔は5メートル以上かも。
毎年、カボチャに限らず、キュウリ、スイカなどの蔓物はうどん粉病に罹る。今年は大丈夫のような気がする。初めて植えた土地であるから、でしょうね。

敷き藁の代わりに、当地では「いらさ」というが、竹の枯枝を置いている。風通しがいいせいかもしれない。
私は多分、今日も畑の草むしりです。
隣のおばちゃんは、草を引き抜けば苗の根を痛めるし、害虫も雑草を食べてくれるから野菜のためには草むしりはしない、と言って帰って行った。今日は隣はおいちゃんが独りでせっせと草むしりをやってましたね。もしかしてこのおいちゃん、おばちゃんの命令に従ってるのかもしれない。でしょう、おばちゃんは口が達者なよう、よ。
[ 2013/05/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

介護福祉士の犯罪


人気ブログランキングへ 二個クリック、本当に申し訳ございません。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

独島日本人

前日の続きです。
”日本の知識人”たちが竹島の船着き場で気勢を上げているところですね。お揃いの黄色のウエアがよくお似合いで、誰が日本人なのか韓国人なのか見分けがつきませんが、全く韓国人になり切っているようです。大韓民国マンセ~!なんて言って、拳を突き上げています。中には心なしか、上げたげんこつに元気のない人もおられるようですが。もしこの人たちが日本人だとしたら、恥を知れ!と言いたい。


        ☆  ☆  ☆

さて、「お笑い」は止めて、真面目な話題です。
平成22年2月、春日部市の高齢者介護施設で4日間で3人死亡、一人が殴られて怪我をした。介護福祉士による暴力ですね。傷害罪で逮捕されたのであるが、殺人の可能性もあります。
三人は施設の理事長が経営する病院に搬送され、死亡が確認され、遺体はすでに火葬されていた。
火葬するには死亡診断書や役所に届けをするのであるが、入所者の死亡診断書を身内の病院が書いたということであり、私はなんとも理解しがたい。だって隠蔽できる、ということではありませんか。少なくとも周りからそのように見られる恐れもある。不審死の場合には検死するのではありませんか?
4日で3人死亡、これは医学上の問題ではなく、誰が見ても”不審”には違いない。当事者である施設関係者も病院も、なぜ気づかなかったのでしょうね。知っててやったのであれば、かなり悪質である。


4日間に3人死亡 介護福祉士の男逮捕の施設(←クリック。)

私自身は介護する側でも介護される側にもいない。それは「今のとこ」ということであって、いずれはどちらかの側、或いは両方の立場になるのかもしれない。現に、国民の4人に1人は65歳以上の高齢者である。65歳以上を前期高齢者と呼ぶのも、なんだかね、特に女性に対しては大変失礼なように思う。以前少し触れた「熟女」「超熟女」であるが、人生80年の時代には65歳といっても昔の40代くらいなのではありませんか。ま~だまだイケてますね。

それに対して「熟男」なんて言葉は聞いたことありません。善男善女とは言っても、熟男熟女なんてあんまり言いませんわな(笑)。

あ、話が逸れてしまいました。どちらの側にもごもっともな言い分があると思う。それをお互い言い合って何か解決しますかね。雇用、広く労働環境というのはこの20年で大きく変わった。経済も疲弊し、核家族社会は現実のものとなり、日本人の精神も劣化したのではありませんか。だから一筋の縄で綺麗にくくれるような問題でもない。日本人は馬鹿ではないのだから、先ず感性に訴えるべきです。再度、両方の側の肉声を聞いてみるべきですね。

[ 2013/05/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

日本の知識人、竹島上陸(続)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

日本人が竹島で「韓国のモノだ!」韓国人団体とシュプレヒコール

【ソウル=黒田勝弘】「竹島は韓国のもの」と主張する日本人学者ら3人が23日、韓国の民族団体とともに竹島(島根県隠岐の島町)に上陸し、「独島(竹島の韓国名)は韓国の地だ!」と一緒に拳を振り上げて叫び、拍手喝采を浴びた。

 竹島には日本政府の警告を無視した日本人が好奇心などからひそかに上陸するケースはあるが、韓国の団体主催のイベントで堂々と上陸し公然と韓国の領有権を支持してみせたのは初めて。マスコミでは“良心的日本人”として大々的に報じられ大歓迎されている。

 報道によると、一行は「『竹島の日』を考え直す会」の久保井規夫副代表ら学者2人と寺の住職1人。韓国の民族団体「独島学堂」による「日本知識人とともにする独島探訪団」(約30人)として竹島に上陸した。

 当初は他の学者1人も同行していたが、中継地の鬱陵島での乗船の際、「私は研究のためにきた。島が韓国領とは言いきれない」などとの“学問的立場”を主張。「独島は韓国の領土」と英文で書かれたイベントのシャツの着用を拒否したため、1人だけ乗船を断られ、竹島には渡れなかったという。

 一行は「独島警備隊」への激励や記念撮影など30分足らずで引き揚げたという。

 韓国では近年、こうした愛国心高揚の「独島観光」が盛んで昨年は年間20万人以上が上陸している。

     ◇

 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、「極めて遺憾だ。その旨を今後、本人に申し入れる」と述べた。
(産経新聞)

黒田記者も込み上げてくる笑いを堪えながら、この記事を書かれたことでしょう。お笑いノ・ムヒョンや吉本新喜劇の世界です。赤いTシャツ着てさ。いや、青色かもしれない、それとも黒字に白ヌキで「独島は韓国の領土」と書かれているのでしょうか。私が勝手に想像したのですが、国旗の色からとって赤か青でしょうかね。「売春婦の仕事を奪うな!」として売春婦デモがありましたが、その時のシンボルカラーの黄色かもしれませんね。いずれにせよ、今日・明日の韓国紙で画像も世界に発信されることでしょう。
顔面に赤い鼻をつけてないというだけで、他はピエロと変わらない。

このような人たちを「知識人」と呼んでは、知識人に対して失礼であり、言葉の用法も大きな間違いである。日本国のパスポートを持った人たちが、日本の領土である竹島で、韓国名ドクトは韓国領だ、と叫ぶさまは常識、一般社会通念上あり得ないことです。それが、本当にあったんですね。

今回知ったが、4人組のほかに研究者を名乗る者がいたようです。この人はそのTシャツの着用を拒否して島へは渡れなかった。「研究のために来た」。そりゃあ確かに研究には現地踏査・調査といったフィールドワークも必要ですけどね、この人も決して褒められない。事前になぜTシャツを着せられることを予測できなかったのですか。洞察力はないのでしょうか。このようなことで何の研究ですか、大丈夫ですか?と私は言いたい。

そして、日本政府の対応であるが、官房長官が本人に「極めて遺憾という旨」を伝えるということだそうだ。菅官房長官もつい最近「(韓国政府が)何言ってるか意味が解らない」と言っていたが、今回も「な~にやってんだか、意味わかんない」と言ったかどうだったか、私に知る術はない。でも同情いたします。

その旨を誰が伝えるか、ということです。国立病院の精神科のお医者さんに行ってもらうべきですね。そして通院を勧め、帰りには窓口でお薬もらってもらうことです。左翼は精神的右半身不随、或いは国家意識の欠如でもある。この人たちの場合は精神そのものを病んでいるのではあるまいか。でないと、言動を理解できません。この人たちも人の子、つまり産んでくれた親がいるわけですが、親不孝であり、ほんと可哀相だと思う。笑いと同時に哀れもそそる変な話です。では。


     ☆

画像 019
キュウリの雄花。これが咲かないと結実しない。今日は私め、余計なこととは知りながら、受粉してあげた。

画像 020
うちのピーマン1号。被写体は1号なのに、カメラは明るい地面をとらえています。
我が家ではジャガイモは当分の間、お店で買うことはない。畑で必要なだけ調達すればいい。他人様にも大分差し上げた。
私はジャガイモ料理、好きなんですよね~。何でだろ、と考えてみれば、思い当たるフシがある。遠い昔のことですが、上京してはじめて独り暮らしをするようになった。ちゃんと夕食を食べたのに、空腹感に襲われる。その頃は夜は「寝る時間」であって、今のようなコンビニはなかった。朝食用のトーストくらいしか室内には置いていない。それを食べ尽くしてしまうわけです。それでも空腹なんですね。その時思い浮かべるのが、昼食の定食に必ず付いていたポテトサラダである。あれを思いっきり食べてみたい。翌日も昼は定食ですね。

そういえばトーストも。やはり学生時代に、帰省の途中で広島に寄った。真夜中に着いて、広島駅から歩いて、大きな長い橋を渡った。人通りは全くなかった。橋の中ほどで、対面から歩いてきた人に道を尋ねた。すると、「おっ!〇〇君じゃないの」と言う。私の高校の同級生でした。K君をたずねるつもりであったが、H君と橋の上でバッタリ会ってしまった。遅いから今夜は僕のアパートに泊まれ、ということであった。
翌朝、そいつが焼いてくれた、ちょっと焦がし気味のきつね色、おいしかったですね~。

昼は同級生たちが沢山集まってくれた。みんなで昼食を御馳走してくれる、というんで、行った先がその頃まだ広島市内にあった広大の学生食堂であった。木造2階建てで、歩けば床がギシギシ音を立てた。昨日のことのようによく覚えている。そこで食べたのが広島名産の酢牡蛎でした。
私の家族は生牡蛎は食べないので、私は食べたい時は自分でスーパーで買ってくる。あの時食べた味は忘れません。おいひかった~。

そんな体験て、みなさんはありませんか?歴史学的人間と地理学的人間がいるとすれば、私は前者であるような気がします。では、では、では。
[ 2013/05/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

検証 旧日本軍の「悪業」 ゆがめられた歴史像を見直す


人気ブログランキングへ 今日は特にたくさんのクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

今回は久しぶりに「読者様のご意見」です。
ここもマンネリズムに陥ってはいけません。独りよがり、ワンパターン、面白くない、つまらない、私めが最も避けねばならないことです。前日の「知識人」とも関連ありますが、日本のインテリゲンツィアである、関西在住のK様からいただきました。


      ☆

本日の本
田辺敏雄 検証 旧日本軍の「悪行」―歪められた歴史像を見直す [単行本] (自由社)

{「南京大虐殺」「七三一部隊」といった日本軍の「悪行」は事実と確認されたものなのだろうか。確かな根拠があっての報道だったのだろうか。伝えられた日本軍の残虐事件、残虐行為を検証。}


前回書いた記事
に関連して、終戦後に中国の撫順戦犯管理所へ6年の間抑留された日本軍兵士の供述書、発言を詳細に検証したもの。
抑留されずすぐに復員してきた元兵士への聞き取り調査なども含め、「日本軍の悪行」の矛盾を突いていく。

抑留された人達は約1000人、その全ての人ではないが中国帰還者連絡会(中帰連)を組織して、朝日新聞や本田勝一らと共に(利用されて)そしてNHKの偏向イメージ操作番組に拠って中国での残忍極まりない「悪行」が日本だけでなく世界中に広まっていった。

本来ならこういう検証は早い時点で国がやるべきだった。
抑留されていたご本人達へのケア(脱洗脳)ももちろんのこと。

思想改造という名の洗脳は人に拠ってはかなり強烈だ。
年を経るごとに、講演会などで発言する度に、内容の「残忍さ」と悪行の数がどんどん増していくらしい。NHK「認罪」でのインタビューでも分かるように、残酷な話を割りと淡々と話すのが特徴でもある。
加えて中国共産党への賛美賛辞がまるで命の恩人のように語られる。
それを聞いた鈍感な人は「罪や恥の意識がない、反省が感じられない」と憤るほどだ。
そりゃもう中共に操られるロボット如きで、実際何もやってないのだから罪悪感など無くて当たり前だ。
(洗脳されていても、見る人が見れば、ちらほらそれらしき様相を垣間見る事が出来るものなんだな)

周囲の人達に気付かれるも無く、本人達の深層心理の奥の奥底に蠢く病巣に気付いてあげる人も殆ど無く、逆に冷たく見られたり誤解され、あるいは利用せんがため巣食う勢力によって病巣がより煽られ、えぐられていく、80才を越えても尚それは続く・・ここまで壮絶な人間人生があるだろうか。

朝日、NHK、サヨク連中らがここぞとばかりに利用しまくる状況が腹立たしいのはもちろんだが、「思想改造」された人達の発言や様子が興味深いと同時に、気の毒でならない。

戦犯収容所での出来事、自分の「悪行」供述書、指導員(工作員)が自己存在の根幹となってしまっている。それらを否定される事は自己存在の全てを失ってしまう事なんだろう。
一つ「認罪」したら命の綱が一つ繋がり、帰国への道が開ける。もっと残忍な供述をすれば又、命と帰国への保証が強められる。残酷残忍な認罪をすればする程にそうなっていく・・閉じられた環境で、頼りに出来るものは一切なく、明日どうなるかも分からない知らされない状況下で、刷り込みが行なわれた。
6年にも渡って巧妙な方法で人格破壊→中国共産党へ命の全てを預けるしかない状況へ追い込まれた、中国は日本人の想定外よりもっと想定外の恐ろしさを備えているのだ。それに気付かないどころか、まんま嵌められているのか作為的なのかNHKはこんな酷い番組を作っている↓





コメントする2人の何と鈍感なことか。保阪といえば戦記や中野学校関連書いてる人じゃないか。もっとマシかと思ってたら。
正真正銘の「罪」があるとするなら中共は言わずもがな、その謀略を煽りまくり広めまくったメディアが、どこまでエゲツナイ事をしてきたかだ。
こんな馬鹿げた番組を信じてしまった日本人はどうなんだ。
善人面したい人、偽善を偽善と気付かず同調してしまう人、これこそが正義だ平和と思い込んでいる人・・
(そういう自分も違うと確信持って言えるかどうか)

日本は悪い、日本人は残忍、それももしかして正しいかも知れない。
中国・韓国が言うのとは全く別の意味で。
破滅願望的に自己=自国に向かう残酷さがあるという意味で。
日本人が陥りやすい心理傾向、誰か研究して意識化させてくれる専門家はいないものか。

本題に戻って
悪魔の所業をやったのは(やっているのは)日本軍・日本兵ではなく、お前がやったお前がやったと被害者ヅラしている中国に他ならない。実際、戦犯となった人達が供述した悪行の具体的内容は、戦中当時、八路軍(共産軍)が同じ中国人である富裕層や地主に対してやった事であり、文革時にやった事であり、現在にも行なわれているカオス的悪行とそっくり同じなのだ。
それだけで終わらず、外部(日本・日本人)に丸ごと転嫁する技術まで持っている。
今後も同じにやり続けるだろう。

日本人は日本全体として皆が、早くこれに気付かなければならない。



追記 
この本の要約が ここ で読めます。
アマゾンでは中古本としてのみ、他に上記HPの総目次19のところ著者ご本人へ注文、購入できます。

[ 2013/05/23 ] | TB(0) | CM(5)

日本の知識人?、竹島上陸


人気ブログランキングへ お手数ながら、クリックお頼み申します。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

前日の「左翼は精神的半身不随」の続きですが、「左翼」に「反日」が付けば、これを何と表現したらいいのでしょうか。

日本の知識人が“反竹島記者会見”韓国で開催

日本の右翼政治家らが相次いで妄言を吐き出している中で、日本の知識人4人が釜山(プサン)を訪問し“反竹島記者会見”を開いて韓国で注目をあびている。

韓国メディアによれば日本の歴史学者らで構成された“竹島に反対する市民の会”の会員4人は21日午前、釜山(プサン)市庁で記者会見を行い「独島(ドクト、日本名・竹島)問題は、領土問題ではなく歴史問題」と主張して「島根県の“竹島の日”指定を再検討しようと志を同じくしている」と明らかにした。

彼らはまた、独島が韓国の地であることを表示する18世紀の日本製作の地図も公開し、22日、日本国民として初めて独島を訪れる予定だ。

会見には久保井規夫・元桃山学院大学講師、黒田伊彦・元大阪樟蔭女子大学講師、坂本悠一・元九州国際大学教授、一戸彰晃・雲祥寺住職ら4人が参加した。

この集まりは4月に日本国内の歴史学者、宗教界、市民団体の一部の人々が結成した団体で韓国の民族学校・独島学堂の招待で訪韓した。
(中央日報)

日本の新聞によれば、この人たちは「竹島の日」を考え直す会の方々ということです。竹島の日を、な、なんと取り消し、そして島根県と韓国・慶尚北道との姉妹県復縁を訴えている団体のようです。正しい歴史を知ることが”韓日友好”の根源だ、ともの玉う。

失礼ながら、あまり聞いたこともないような大学の元教授、元講師ということですが、今・現在はどんなお仕事をされているのでしょうか。正業に就いて、額に汗してまともに働いて生活していればいいですが、余計なことですけどね、私は心配になりました。このような人間が生きていくのには、世間の風は冷たいでしょうからね。普通に考えれば、汚い言葉で罵られることでしょう。

「領土問題ではなくて歴史問題」、これは全く韓国側の言いそうなことです。それを「知識人」たちが代弁しているわけですね。歴史研究家、元大学教授、まあ、職業的には一見知識人のようですが、私に言わせれば、精神的・・・頭の中はグチャグチャですね、何かが狂っている。知識人ならぬ狂人です。

韓国に入国して竹島に渡るわけですから、研究するも何も、完全に竹島は韓国領と言っているに等しい。
本来ならば、日本人が日本の島に行くのだから、理屈としてはビザなど不要ではありませんか。そこいらが過去の経緯があって、韓国が不法占拠している状態にある。李明博上陸後に、日本政府は国際司法裁判所に単独提訴する、と確かに言った。
どうなりましたか!日本国外務省。念を入れているのか、もったいつけてるのか、忘れてるんじゃないでしょうねっ。それとも何か?、元々やる気がない?日韓関係の状況がどうあれ、これはこれで絶対にやらにゃイカンでしょう。

この四人組ですが・・・。韓国・世宗大学に保坂某という、これまた韓国の主張をする日本人教授がいます。正確には元日本人ですね。韓国人女性と結婚し、韓国に帰化したひとですね。それで、この4人も韓国に帰化して、独島守備隊に入るべきだ。それなら、彼らも一本筋の通った、整合性のある話、いや、いや、私はそうは思わないが、それが彼らにはお似合いであることは確かだ。


         ☆

汚物を見せられたような不快感がしました。あ~、嫌だ、やだ。
今日届いた日本会議の会報「日本の息吹」にとてもいい記事があった。台湾歌壇代表の蔡焜燦先生が短歌・俳句、川柳を紹介されていた。


万葉の流れこの地に留めむと生命(いのち)のかぎり短歌(うた)読みゆかむ

作者は「台湾万葉集」の編纂で菊地寛賞を受賞された、医学博士・剣道八段錬士・呉健堂氏の遺詠だそうだ。
東北震災について詠まれた歌も数首あった。他にもたくさん紹介されていたが、私が共感を覚えた一番好きな歌は↓これ。


わが胸を打ちてしめらふ春の雨せつなきほどに桜を見たし  黄教子

この川柳も面白い。

君が代も旗も知ってる認知症  李珵璋

知識人とはこのような人たちのことです。では。
[ 2013/05/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

日本の右傾化??


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

昨日の続きになるかもしれない。
本当に生活に困窮した、まともな生活保護受給者もいるでしょう。生活保護受給者自体が「まとも」なのか、どうなのか、ヘッタくれもないのか、皆様にはいろんなお考えがありましょう。まともなのは生保の御厄介にならずに、貧しいながらも独力で生活することには違いありません。

生保を受給せずに餓死した人もいました。今のこのモノがあふれた時代に、ですよ。不幸で悲しい出来事ではあるが、尊厳死とはこういうことではないですか。
脳死状態の、意識のない人の延命措置をしないことをそのように言われますが、餓死者は死の直前まで意識があったに違いない。なんとも切ないのであるが、それにしても、不正受給(詐欺罪)の輩は憎むべき犯罪者である。

一昨日の続きかもしれない。
「慰安婦」を材料にして「日本の侵略と植民地支配の謝罪と精算をしろ」と中・韓は言ってますね。そして、「正しい歴史認識を持て」だの「日本の右傾化」だのと喚き散らしてるわけですわ。いやはや。

他人を「右翼」と呼んでいるということは、彼らはその対極にいるのでしょうから、彼らは何様のつもりか知らないが、「左翼」に違いない。イデオロギー対立していた時代なら、明確な右・左の区分もあったでしょうが、今時、右翼なんて呼ばれても何かピント外れですね。今の日本、右を見ても左を見ても、真っ暗闇じゃあござんせんか(笑)。え、言い得ている言葉がありました。

左翼に属することは、右翼に属するのと同様、人が愚かになるために選択しうる無限にある方法の一つである。つまり、両者はあきらかに精神的半身不随の形態である。(オルテガ)(注1)

右半身か左半身と言っているのでしょうか。中・韓の場合は上半身、特に頭ですね。

注1:ホセ・オルテガ・イ・ガセト


画像 003

柘榴の花が咲いた。10年ほど鉢植えで育てていたが、冬場に畑に移植した。やはり地植えにしたら、葉も繁り、すごく元気がある。
十数年前、アメリカでは柘榴が健康食としてちょっとしたブームであった。細胞を増殖させる効き目があるということで、若返りのクスリとされていた。店頭にも日本産は少なく、というよりまず見たことはなかったが、それで私はカリフォルニア産柘榴を買って食べた。この味はクセになります。
国産があれば、私は今でも食べていたかもしれませんが、いくら健康のためとはいえ、どんな農薬を使っているか分からない外国産を食べ続けることの方に、健康的な疑問を持った。
去年くらいから実を付けるようになった。ただし食べたのは1個。
これが大木になり実がたわわに実るころまで、私は健康でおれるのでしょうかね。

本日の農作業は、段々畑で、どこに座っても草むしり。雨の後で筍(カラダケ)を期待して行ったが、小さいのを1本見つけた。味噌汁の具にはなるでしょう。
どんぐりが沢山発芽していた。二枚葉の状態でも根は10センチ以上ある。繁殖力は強いのではないかな。大地を緑化するのには、空からどんぐりの実をバラ撒けばいいかもしれない。

[ 2013/05/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

外国人生活保護不正受給


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックしてあげてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

また”慰安婦”の続きを少し。
「性奴隷」なんて言っている、一連のアメリカあたりの動きが気になります。
「慰安婦」=人身売買=奴隷=黒人=非道な日本軍=今の日本(人)
米国でこのようなイメージで受け取られてはいけない。戦時売春(婦)は古代より現代にいたるまで、悲しくも必要悪であった。政治家の”問題発言”も、まともな日本人、そしてまた、まともなアメリカ人ならそのように受け取るべきでしょうけどね。

日本国内には韓国人出稼ぎ売春婦が5万人とも言われています。最近では売春夫、すなわち男娼の皆さんが逮捕されました。韓国人売春婦が「うじゃうじゃ」でしたか「うようよ」でしたか、いわゆる西村発言は言葉使いの品性を問われても、決して間違ったことは言ってはいない。まともな人ならそう思うのではありませんか。
なんだかな~、私は今回は「まともな」という形容詞を多用するような予感がします。

その韓国人なんですけどね。


韓国人女、年商1億超 「都営住宅」からタクシー通勤

この韓国人倶楽部経営者(54)は、クレジットの売り上げだけで1億2700万円あったという。これは分かっているだけ、特定できただけの売上金額であり、実際はその何倍かになるでしょう。女の子の店外デイトが3万円ということですから、そんなのを普通はクレジットで支払いますか?売上相応の利益があったことでしょう。この女は所得税法違反、脱税もやってるかもしれません。
まともな人は1万円の売り上げもごまかせずにセッセと納税しているというに。はい、義務ですから。

店外デイトの女性は客と近所のホテルに行くのを目撃された、というのですから、やってはいけない売春の斡旋でしょう。この女はそこからピンハネしてたのでしょうが、自身がデイトすれば丸々儲けですね。
54歳で・・・ねえ、できるかなあ・・・読者の顰蹙を買う覚悟で申し上げるなら、世の中には”熟女”好きなモノ好きも多いのではないでしょうか、ね(笑)。まあ、まともじゃありませんわな。

こんな女が生活保護を不正受給していた。見方を変えれば、日本のお役所は外国人に不法に支給していた。これにはまともな国民もそうでない国民までもが大激怒でしょう。

これだけではないっ!


外国人生保不正受給

私はここで古いギャグ、いや、あれはギャグじゃなかったですね、
どげんかせんといかん!と言いたい。


         

今日はどげんかせんといかん仕事もあったが、私の体調もよくない、雨は降るし、こんな時こそ農作業、ということで二週間ぶりに指宿へ行った。
トウモロコシに施肥、周囲の草刈のつもりであったが、もう梅の実が熟れていくらか落ちている。あわてて梅を採った。5キログラムありました。明日はこれを漬ける。
え、梅とお友達の赤紫蘇も草丈30センチほどに成長していた。これらは数か月後に同じ壺に入ることとなる。
「南高梅」とばっかし思い込んでいたが違った。地の品種、雑種でしょうね。果肉は厚いようだ。これまでほとんど手入れをされてこなかった木であるので、来年は立派に実るようにしてやらにゃいかん、ですね。


画像
[ 2013/05/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)