おばさん外交


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

安倍晋三首相は29日、東京都内で開催された日韓議員連盟合同総会の開会式であいさつし、両国は言うまでもなく最も重要な隣国だと強調した。
余程の変人・奇人さんでない限り、日本国民のほとんどは、韓国が「最も重要な隣国」だと考えてはいない。むしろ世界に無くていい国ベストスリーのひとつだと思う。安倍首相はあくまでも「あいさつ」として仰ったのでしょう。「こんにちは」「今日はお日柄がよろしいようで」「めっきり冷え込んできましたね」と言った言葉と似たような用法でしょう。
日本にとって、また世界にとって、韓国の存在していること自体が迷惑でしかない。我らは「最も重要な隣国」という考えは、もう捨て去るべきだと思う。

週刊文春は、「パク・クネ大統領は隣近所の悪口を言いふらす『おばさん外交』」をしている」と書いた。これに対して、韓国大統領府関係者は「いちいち対応する価値はない」(なら、するな!)と言いながら、「卑劣な言葉や暴言は恥ずべきものであり、自らの人生を後悔しながら生きていくべき不名誉なこと」と批判した。自らの人生を後悔しながら生きていくのは韓国人の方だ。韓国もたかが週刊誌の書いた「今週の馬鹿」記事にいちいち反論することもあるまいに。たかが週刊誌ではあるが、本当のことを書いている。ただ、私には一つだけ不満がある。「今週の馬鹿」「おばさん外交」でもいいのだが、私に言わせれば、パク・クネは「奈良の騒音おばさん」(お暇ならクリック)だと思う。

中国は記者会見で、記者から中国は「絵に描いた虎ではないか」と言われ、あの秦報道官が怒ったそうだ。図星だったのでしょう。私は中国は「張子の虎外交」だと思う。自らの防空識別圏を設定しても、言うほど
過激な行動は出来ないと思う。もし戦争にでもなれば、中国の同盟国はどこでしょうか。味方はいないのに、周辺国や国内が蜂起するのではありませんか。周りは中国の敵ばかり。そうなれば、中国は滅びます

これ等はとてもじゃないが、”最も重要な隣国”とは決して呼べない、

                ☆

数日前から急に冷え込んできたせいでしょう、桜島も少しだけ雪化粧をしました。


CIMG1409.jpg
スポンサーサイト
[ 2013/11/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

陸自の海外情報活動


人気ブログランキングへ  クリック いただければ、うれしいです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

滝クリの「お・も・て・な・し」は今年の流行語大賞に選ばれるかもしれません。私はこれが「オモテ(表)なし」の「ウラ(裏)あり」だったら、ほんとに「す・ば・ら・し・い」だと思う。自分でも何を言ってるのか、訳が分からなくなりましたが(笑)。

陸自が独断で海外情報活動 首相、防衛相に知らせず
陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相(防衛庁長官)に知らせず、独断でロシア、中国、韓国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが27日、分かった。
 陸上幕僚長経験者、防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が共同通信の取材に証言した。
 自衛隊最高指揮官の首相や防衛相の指揮、監督を受けず、国会のチェックもなく武力組織である自衛隊が海外で活動するのは、文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱する。2013/11/27 20:16 【共同通信】


首相・防衛相には知らせず、というよりも、ことの性質上、首相・防衛相は「知らない」「知らなかった」というのが正しい答弁だと思う。これなんか国家機密に属するモノでしょう。それよりも幕僚長・情報本部長経験者が証言したことの方が大問題だ。自衛隊法で言うところの防衛秘密でしょう。今風に言えばこれこそ”特定秘密”ではありませんか。これを漏洩した者は罰せられることになる。だから共同通信社は証言者、つまり取材源を秘密には出来ないはずである。

<武力組織である自衛隊が海外で活動>
自衛隊は武力組織と言われれば、否定はしません。しかし海外で活動する隊員は武器など携行するはずはありません。主に外国語が出来て、国際情勢を理解し、主な目的は我が国武力行使(戦争)に至らないように情報・諜報活動をするのではありませんか。軍には表でミサイルを撃つ人ばかりではなくて、裏では会計や兵站、情報活動、いわば裏方さん的な任務の人もいるはずである。第一、武力組織でない軍隊が世界のどこにありますか。

<シビリアンコントロールを逸脱する。>
なんで?戦争を始めるとしたら、誰が宣戦布告するんですか。軍がしたら、それは国軍とは言えず、反乱軍であり、日本では逆賊の汚名を着せられることになる。誰がそんな末代の恥になるようなことをやりますか。ましてや、裏方さんに武力行使の権限はない。

韓国紙(自衛隊が韓国でスパイ活動)によれば、<別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ、数十人いるメンバー全員が陸上自衛隊小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。同課程は諜報(ちょうほう)・防諜活動を教育、訓練した旧陸軍中野学校の後継とされる。>とある。すばらしい。
私は常日頃、陸軍中野学校を復活すべきだ、と言っているが、伝統は守られているのですね。そう思いたいですね。だって、防衛大学校でさえ、「ここは陸士、海兵ではない」という教育をしているというではありませんか。せめて、裏の方で帝國陸軍の伝統が続いているならば、私自身ほんとに「す・ば・ら・し・い」と思う。では。

                ☆ ☆ ☆

我が家の椎茸。数日前の画像であるので、すでに食べてしまったものもある。背後に写っているのは万両とシダ。いずれも山から持ってきて移植した。畑で草むしりに苦労するのに、庭には雑草の類を植えている。街中で見る山の植物は鮮烈な印象、これ等に囲まれた生活には潤いがあるような気がする。ウエット、お湿り、ですね。

CIMG1408.jpg
[ 2013/11/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

宗谷海峡大橋


人気ブログランキングへ 友情の ひと押し お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ここもマンネリズム、ワンパターンに陥っては、読む方も書く方も面白くない、双方共倒れ状態になってはつまらない(笑)。たまには趣向を変えなければなりませんね。
今回は久方ぶりに我が”北の友”よりのおたよりを紹介します。「北の友」と言えば、なんかお相撲さんのようなお名前ですが・・・「渓流の民!」さんです。

宗谷海峡架橋やトンネルのお話が時々浮上する。その前に領土問題解決が先だろう、と仰るかもしれません。でも、日韓海底トンスル、いや、トンネルなんかに比べれば、はるかに夢のある話です。
私信ではありますが、ご本人の了解を得て、ほぼそのまんまアップします。御来訪のみなさまはご存知でしょうが、文中、「安濃氏」「彼」とは、帝国戦勝国論の安濃豊博士のことです。まず、視力に自信のある方は、画像の新聞記事をお読みください。


宗谷海峡

視力に自信のない方は↓これ(クリック)をお読みください。
◇対岸までわずか42キロ。現れては消える架橋構想は単なる夢物語なのだろうか。


お疲れ様。
11月19日の毎日新聞の朝刊全国版に宗谷海峡架橋の記事が掲載されました。
根室市支局の記者が記事を書きました。
今年の2月に森元首相もロシアに行き、宗谷海峡の鉄道連絡を話し合っています。
記者も最初は安濃氏にインタビューをしようとしましたが、連絡が取れずに終わりました。
東京では、飯島参与にインタビューを試みたそうですが、断られて、世耕副官房長官が応じて記事になりました。
政府が本気で取り組みますので、鹿児島発パリ・ロンドン・マドリット行きの国際列車も夢ではありません。
私としては出来たら、神風特攻隊の基地がある、知覧に線路を敷き、其処から大陸へ行ってほしいです。
無駄死にではなく、立派に使命を果たした証として、駅舎を立ててほしいです。
まだまだ困難があると思いますが、彼を支えたいと思います!
添付写真は綺麗に映っていますか。ちょっと、心配です!

はい、写真はご覧のとおりでした。

彼曰く、色丹・歯舞諸島・国後は返還が決まっていますので、鉄道連絡でヨーロッパロシアに利益をもたらして、其れが択捉返還の交換条件と話しています。
出来たら、択捉にはユダヤ人の日本国内の自治国を作りたいとも話しています。
イスラエル人なら、環境の厳しいあの島も開発できるし、なによりアラブ人との殺し合いをしなくて済みます。
戦争は外交手段の一つと言いますが、ユダヤ人とアラブ人の戦いは、ただの殺し合いです!
殺戮合戦です。戦争とは言えません!聖地へ巡礼に行くのは、自由です。アラブ人もそれは許すと思います!
政府は粛々と外交をこなしています。マスごみ諸君はメクラです。北海道新聞はバカの集まりか?
毎日新聞にお株を奪われても、まだ目が覚めないです!

私は難しいことは分かりませんが、大日本帝国の世界を鉄路で結ぶ壮大な計画を思いだしました。そして、わが大日本帝国が広大な領土を有していた時代に思いを馳せるのであります。
私たちは大橋を見ることなく、この世とおさらばする運命にあるが、我らの子や孫の代にどうなりますかね。ここで私が語っては、いつものワンパターンを免れないのであるから、では。


大日本帝国 広大な大日本帝国の領土
[ 2013/11/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

あ、そう、間違いなく原本ですか


人気ブログランキングへ  ポッチ ありがとうございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

猪瀬東京都知事は都知事選立候補表明前日に徳田毅から5000万円借りたというんですね。徳洲会から借りたのでしょうが、借用書のあて名は徳田毅になっていた。お金を借りた時に猪瀬都知事は借用書を書いて徳田に渡したのでしょう。そして返済した時に、その借用書を返してもらった、ということですか?ならば、借用書なんか持っている意味がない。私だったら破棄してしまうでしょう。その原本であるというのは、本人が言っているのであって、本人の自己証明にすぎない。あとから慌てて作成したものかもしれない。原本だとしても、書類としては杜撰なもののようです。

猪瀬本人の自署かもしれないが、印鑑くらい押せばいいのに。通常なら、収入印紙だってかなりの額を貼付しなければならないのではありませんか。一般社会通念上、無担保、無利息、返済期限の定めも無くして、大金を貸す人はいないのだから、そこいらも当然記載されるべきでしょう。領収書なら猪瀬が振りかざした書面程度でいいでしょうが。いや、領収書にしても、報酬だったら、印紙税法の定める額の印紙、消費税、相手が法人であるから、源泉徴収に復興税、等々記載すべきでしょ。何か、世間知らずを通り越して、世の中を舐めてる感があります。
(余計なことだが、捜査当局はその原本とやらを押収すべきですね。)


「間違いなく原本です」猪瀬都知事、5千万円の借用証振りかざし強調
「今思えば、思いが至らなかった」。徳洲会グループから5千万円を受け取っていた経緯を、26日の記者会見で説明した東京都の猪瀬直樹知事。手にした「借用証」を右手でつまんで振りかざし、「間違いなく原本です」と気色ばむ場面もあった。

 冒頭で「多大なご心配をお掛けし、心よりおわび申し上げます」と頭を下げた猪瀬氏。徳田毅衆院議員からの電話で5千万円の金額を示されたことや、徳田議員の事務所で借用証を書いたことなどを、ゆっくりとした口調で説明した。

 問題が発覚した22日の記者会見では言いよどむ場面も多かったが、この日は、日付も示しながら落ち着いた様子で経緯を説明。

 最後は「全身全霊で職務にまい進したい」と力を込めて締めくくった。

彼の主張する通り「借りた」というのであるなら、貸した方は「出世払い」でいいから、ということであった。出世、つまり都知事になったら、許認可で便宜をはかってください、はいなんとかしましょ、という暗黙の了解があったのではないか。この時点では賄賂には当たらないかもしれないが、道路公団民営化で辣腕を振るったほどの人ならば、すべてわかって金を受領したはずである。思いが至らなかった?そんなの、誰が信じますか。憶測というよりも、世間の常識というものではありませんか。
或いは、時節柄、選挙資金の提供でしょ。いずれにせよ、黒白は司法の判断であろうが、我らの判断では確実にアウトだ。しかもスリーアウトチエンジであって、都知事の座を替わっていただかねばならない。では。
[ 2013/11/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

中国の防空識別圏設定


人気ブログランキングへ  ポッチ ご協力くださ~い♪
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

大相撲福岡場所が終わり、紅白歌合戦の出場者が発表され、どこかでしめ縄作りが始まった。そのようなニュースが流れると、すぐお正月がやってくる。師走になれば何事も慌ただしいから、今週中に懸案は片付けておきたいものですね。

我が家の庭に椎茸が生えた。数年前に道の駅で原木を二本購入したものが、今、やっと収穫できた。最初は水を掛けたり、ホダ木をハンマーで叩いてみたりしたが、なかなか生えてこないので諦めた。よほどこれを捨ててしまおうかと思ったが、木も我が家の庭で朽ちて土にもどるだろう、と放置していた。
これが肉厚で風味があって、とてもおいしい。「夢をあきらめないで」とは歌の文句にありそうだが、完全に諦めても、放置してもいいが、決して捨てたらいけないと思う。

これを買ったとき、画像を拙ブログにアップしたら、それを見た道の駅の従業員の方からコメントを戴いたのだった。確か、「お買い上げありがとうございました、大事に育ててください」だった。今にして思えば、私が捨てきれなかったのは、この言葉のせいだったのではなかろうか。些細なことではあるが。

                ♡ ♡ ♡

さて、中国が防空識別圏設定という暴挙に出た。日本は厳重抗議するが、いつものパターンで中国に正当性はあり悪いのは日本だ、と言うでしょう。日米で中国に自制を求める、と言っても、ねえ、そもそも中国には自制心のかけらもない。
民間機も対象となるということで、台湾は中国にフライトプランを提出するそうだ。日本ー台湾線もJAL,ANA共にかなりの便数の航路を持っている。どうするのでしょうかね。日本はフライトプランの提出はすべきではない。防空識別圏内で撃ち落とされることはないでしょう。
つい最近、拙ブログで大韓航空機撃墜事件を話題にしたが、こういう場面で想起すべきです。


CIMG1405.jpg

中国では毎日どこかで暴動が起きているというに、こんなことやってる場合か?また、天安門付近の自動車突入事件もウイグル、イスラム勢力の犯行とも言われる。間もなくしたら世界中のイスラム教徒の敵になるのではありませんか。すでにチベット弾圧では、世界の仏教徒の敵でもある。中国共産党政府の周りは敵ばかりではありませんか。北朝鮮、韓国以外は、という条件付きでした(笑)。

え、その中国の防空識別圏は日本の防空識別圏と重なる。それどころか、日本の領空とも重なっている。私はこの部分では日本は厳しい対応をすべきと思う。中国の無人偵察機は即撃墜でしょう。戦闘機に対しては警告、警告射撃は当たり前です。場合によっては撃墜やむなし、ですね。
威勢のいいことを言うようであるが、実は田母神俊雄さんが仰ったことでもあるんです。尖閣で海保が中国船に「激しい放水で対応した」というが、「静かに撃沈すべき」だった。勿論、閣下も私めも戦争反対ですよ。
閣下は5年前までは自衛隊のトップにおられた軍事の専門家です。もし戦争になれば、日本が圧倒的勝利なんですって。だから戦争にはならない。
ところが、毎年軍備を増強している中国がいつか日本をはるかに上回れば、領空で敵の戦闘機を撃ち落とすなんてことはできなくなるのではありませんか?今でしょ。
仮に日本領空で中国機を撃墜しても、国際的には非難されることはない。むしろ、ほとんどの国から「よくぞやってくれた、日本万歳!」という声が聞こえてくるようではありませんか。では。
[ 2013/11/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

安重根石碑建立はまだか


人気ブログランキングへ  ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

CIMG1377.jpg

あゝ、これが紅葉か、としげしげと魅入ったのであるが、当地では昼夜の寒暖の差が少ないせいでしょう、彼女らも赤く化けるのが下手みたい。

                ★

安重根石碑、中国が建立着手か 韓国報道(←クリック)というのですけど、まだ建立はどうなるか分からないが、私は早く建ててもらいたい。韓・中両国の恥を世界に晒すようなものだ。世界中に気のすむまで建てればいい。テロリストの像を国連ビル前にも建ててみなさい。

私はこれで思い出したことがある。二年ほど前に、特攻で散った卓少尉の慰霊碑を彼の故郷(韓国)に建立する、という動きがあった。ご遺族は喜んで賛成しているというのに、地元の猛烈な反対があり、その時は結局造ることは出来なかった。石碑は地元のお寺に保管されたと思う。
自分たちは大使館前だろうが、外国だろうが好き放題に造って置いて、他人が作ることは許さない。どういう人たちですか。ここで説明はいたしませんが、推して知るべし、ですね。

その後、石碑は建立されたのか、気になったものですから、「卓少尉慰霊碑、黒田福美」で検索してみました。な、なんと私自身の過去記事を引き当ててしまいました。
黒田福美さんって・・・(←クリックしないで!)

みなさまは黒田福美さんについて好き嫌いはあるでしょう。私はどうでもいいんです。人はみなそうでしょう、私も天の邪鬼的な一面があって、左右どちらの陣営も安易にレッテル、ラベル、レベルを貼るのには反発心が湧いてくる。そこいらを面白おかしく書いたのでしょう。中ほどに当時の慰霊碑建立の状況を書いています。

活字と違い、ブログ記事はその時々、一過性のものにすぎない、と私は考えている。今頃になって二年前の記事など、私は恥ずかしくて、穴があったら入れたいくらいだ。私の充血して赤くなった顔を(笑)。
え、それで慰霊碑はどうなったか、でしたが、あと検索するの忘れてました。十中八九、石材は物置で埃を被っているでしょう。奴らは同胞の慰霊もできないのか。では。
月末の一週間、日本経済発展の為、お仕事がんばりましょう。
[ 2013/11/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

猪瀬東京都知事に5000万円


人気ブログランキングへ  ポッチ!☆○♂+♀=∞※α△★?@WXYZ・ZZZ・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

CIMG1375.jpg

昨日は所用のため、霧島市隼人町へ行った。そこでは遠景に高千穂が見えた。それと近景には電線(笑)。
遠近といえば、日本列島は南北に長いのだから、東北・北海道あたりの山々は頂が冠雪しているのかもしれない。こちらは「まだ」とはいうものの、大分寒くなった。今年初めて車のヒーターを点けて走った。すると、復路には疲れのせいか、ポカポカのせいか、恐らくそれらが相乗して、どうしても眠くなってしまう。目の覚めるような何か面白いことを考えようとするが、ない、ないですね興奮するようなことが。連休にふさわしい楽しい話題がありそうなものです。

                ☆

さて、猪瀬東京都知事は徳洲会から無利子で5000万円借りたと言うが、こんなのを信じるのは誰もいない。選挙前に初対面の人が大金を持ってくれば、常識的には受け取らない。”徳洲会事件”が起きて、慌てて返しに行ったのが、都知事のやましさの証拠ではないですか?そのまま貸金庫に入れておいて、ほとぼりが冷めた頃に猪瀬さん個人の裏金となる。

徳洲会側としては、医療法人の許認可を都には迅速・スムースにしていただきたい。徳田たけし議員もよろしくお願いしておきたい。いろんな場面で利益を得たい。都知事も今更弁解がましいことを言ってもみっともない。「初めてのことで知らなかった」と言うが、何でも知ってるといった自信たっぷりのこれまでの話しぶりからすれば、そんなのあり得ない。選挙のあいさつ回りも票の為、選挙にお金、みんな知っていることではありませんか。

徳田虎雄さんもお金の使い方を間違えていますね。私に貸してくれたら利子をつけてやったのに(笑)。いや、私は貸金庫を持っていないので、お断りします。医療法人なんでしょ、お金は医療や福祉に使えばいいのに。それができないなら職員の給料を上げてやればいい。人材が集まり、そして彼らが日本の医療・福祉のために貢献しますよ。

話題として、楽しい日曜日になりそうもないが。では。



[ 2013/11/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

パク・クネの思惑???


人気ブログランキングへ  昨日は”いい夫婦”の日、今日は”いい文”の日、クリックの日
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

hinomaru.gif   勤労感謝の日


おかげさまで私めも昨夜はぐっすり眠れて、本日は凄く快調でした。そして、一週間で最も気分の安らぐ金曜日の夜、になるはずだったが・・・・。
デジカメからPCに画像を取り込もうとしたができない。数日前までは何ら問題はなかったので、慌てました。困るんです。よく考えてみれば、画像をメール送信した時に異常があって、それで不要なソフトをアンインストールした。その時に画像取り込みのソフトも消してしまったのでしょうね。カメラに付いていたCDを探すが、結局見つからなかった。
探し物をしている最中に、拙ブログを見た友人から「元気か?」と電話があった。彼が言うにはメーカーのホームページからダウンロードできるのだそうだ。それもチャレンジしたができなかった。
今使っている機種の前の前に使っていたデジカメのCDがあったので、メーカーも違うが、苦し紛れにそれを使ってみたら、うまくできました。明日も写真撮る予定なのに・・・最悪の場合はデジカメ買うことになるのか、と半ば諦めていたのだった。そんなことしてたら、もう10時を回っていた。

                ☆

さて、世界の嫌われ者・韓国(人)であるが・・・。嫌韓論、悪韓論、笑韓論、侮韓論に蔑韓論、いろいろあるが、大声あげて奴らを罵倒するのも疲れました、飽きましたね。たまには違った視点や発想で考えてみるのもいい。そしていろんな考え方があっていい。それが正しいとか、そうでないとか、信じる信じない、予想が当たる当たらない、どうでもいいんですけどね、名付けて「論韓論」です。

私の友達などは韓国は既に北朝鮮(金王朝)の傀儡に成り果てている(←クリック)と言ってる。
そしてまた、ある友からはこんなコメントを戴いた。


何日か前に別のサイトの方に、コメしたのとほぼ同じ内容なんですが。

 テレビドラマの観過ぎじゃないけれど、朴大統領の真実が隠れている気がしてなりません。
行動そのものが、理に適っていないのです。
そういった観念から鑑みて、明治維新の西郷隆盛を彷彿させ、親日派の親の影響は、相当受けていると思うのです。

 自国の民に間違いを促すのに、面と向かって自論を唱えれば、政治の世界で台頭するのは至難の業となるでしょう。
それでは、何十年経とうが なにも変える事など出来るものではありません。

 それではどうするのか、それは とりあえず肯定から入り、頂点に立つことです。
それを成し得た今、彼女は 行動に移しているのだと思っています。

 始球式の時に、日本ブランドの靴を履いてた事。
あれは、ワザとでしょう。(本人も、側近も気が付かない訳がありません。)
世界諸国の国に日本の悪口を言いふらし、告げ口大魔王のごとく印象を悪くする。
世界に韓国人の愚かさを 見せて回っています。
自国の正当性を訴えるのでなく、日本の悪口を言いふらす。 
この行為を行ったトップは殆んど世界より総スカンを喰らっています。(こんな簡単な事を判らない人では無い筈です。)

 たとえ間違っていようが、いったん根付いた知識と洗脳は簡単には消えないものです。
宗教と同じで、長年信じた事を間違いと認めれば、その人の人生そのものを否定する事になるので、認めるはずが無いのです。
だから日本が幾ら正しいといっても、納得する事は出来ません。

 いつまでも続く日本の内乱を抑えるために、敵方に回った西郷のようです。
そして、逆賊として負けることによって 反乱分子を抑えました。
今まさに、彼女がやっている事はその行為そのものに見えてきます。

 自分を悪者にする事によって、自国の間違った考えを正そうとしているのかも知れません。
あまりにも親日家で、日本人の名前を誇りに思っていた彼女の父朴正熙氏(高木正雄)は、濡れ衣で同胞で側近のKCIA部長金載圭によって射殺されてしまいます。(当時の韓国政府の命令とも噂されています。)

 もしかして ひょっとしたら、この行為によって両親の仇をとろうとしているのかも知れませんね。

この事を安部総理も、朴大統領も判った上で、事実を言い合ったのかも知れないのです。
2013-11-22 01:29 : るどるふくん


私もこれを拝見して、全く荒唐無稽な話でもない、と思った。むしろ、田原トシちゃんではないが、「ハッ!として♪」しまいました。(ここは笑う場面でもないのに、失礼しました。)今のマンガのような反日はアンチテーゼ、或いは反面教師だとおっしゃるんですね。

六・七年前、反日ノ・ムヒョンが酷かったせいか、当時のハンナラ党代表のパク・クネが少しはまともに見えましたよ。彼女が大統領になれば、反日には変わりはないが、極度な反日にはならないのではないか、と思えた。だって親日派の父親、親日派の子へ反日の矛先が向いて困るのはパク・クネですから。ポスト・ノ・ムヒョンと考えたのは私だけではなかったと思う。そうですね、世論調査風に言えば、25%くらい。でも今は彼女もノ・ムヒョンと全く同じ「悪口・告げ口外交」をやってるから、これも予想外であった。
大統領選直前になって、ソウル市長のイ・ミョンバクの人気がでたのが今でも不思議な気がする。韓国の場合はいつも直前の盛り上がりや雰囲気で決まるようですが。

大統領の任期は5年で、再選はない。パク大統領は間もなく1年になるが、このまんまで5年過ごすのだろうか。まず、誰が考えても不可能でしょ。るどるふくんの説が信憑性を帯びてくるのではありませんか。

彼女が「○○はディテールに潜んでいる」なんてことを言うのであるが、私はずっと気になってた。彼女はディテールをよく見てくれ、と言っているのでしょうか。ディテールとはまさにアシックスの運動靴だったのかもしれない。
一方、安倍首相はパクを「すぐれた指導者」と持ちあげた。国会内での発言であるから、重いと思う。田中直紀なんぞが「え~、もしもし、パクさんすぐれた・・・」というのと訳が違う。私は韓国に対するメッセージではない、と書いたが、実はパク・クネ個人に宛てたメッセージであって、二人の間では、これを機に徐々に変わります、という合図のようなものでしょう。安倍さんほどの人が直紀のようなことを言うはずがない。安倍さんのディテールからそのような解釈もできなくはない。
このまま反日で韓国が立ち行くはずはありません。それともすでに北朝鮮なのですか?

[ 2013/11/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

西郷隆盛像ほか


人気ブログランキングへ ポッチ 宜しく!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

私は今日は(も)疲れました。画像だけ貼って、もう寝ることにします。では、また明日。皆様にいいことありますように。

DSCF1541.jpg

鹿児島市:西郷隆盛像、題字は東郷平八郎書。

DSCF1530.jpg

薩摩富士と呼ばれる開聞岳。

DSCF1548.jpg

城山より見た桜島。
[ 2013/11/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

テロリスト安重根記念碑建立は進んでいるか


人気ブログランキングへ お手数ですがクリックを チョンチョン お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

安倍晋三首相は20日の参院国家安全保障特別委員会で、韓国の朴槿恵大統領について「私とだいたい同世代で、以前は食事をともにしたこともある。非常にすぐれた指導者だと思っている」と持ち上げた。

 首相は「今年私は電話で朴氏と話したが、残念ながらまだ首脳会談には至っていない」と語り、「韓国は日本にとって最も大切な隣国だ。両国の対話は閉じてはならない」と強調した。
(産経新聞)

首相はパク・クネを「すぐれた指導者」と持ち上げ、韓国は「最も大切な隣国だ」と強調したというのですが、これはリップサービスの域を超えて、完全にブラックジョークですね。面白い!
パク・クネや韓国が「もしもすぐれた指導者(大切な隣国)だったら・・・」と「笑点」のお題になりそうですね。首相も座布団2枚くらい欲しくて言ったのではないのでしょうが(笑)。また、韓国に対してのメッセージでもない、と私は思うけど。

さて、本題の安重根であるが、ごくごく少数意見として、安は伊藤暗殺犯ではない、真犯人は別にいる、という説があります。もしも、そうだとしたら、安重根を英雄と称える韓国(人)の立場はどうなるのでしょうね。

ハリー・ハリス米太平洋艦隊司令官は佐世保の海軍墓地を訪れ、リンカーン元大統領の言葉を引用して「海軍墓地に英雄がまつられているのを大変うれしく思う」と語った。で、リンカーンの言葉とは・・・

英雄をたたえない国に未来はない

テロリストを英雄と称える韓国には当然、未来はありません。私個人的には現在も過去も無いに等しい。例えは悪いが、また、いささか品性に欠けるが、屁みたいなものですね(笑)。
それにしても、朝鮮人は慰安婦像にしろ安重根記念碑にしろ、これほどモニュメントが好きな民族だったとは、ね。
「安重根の記念碑建立進んでる」 朴大統領、中国に謝意

                ☆


旭日旗

旭日旗は軍国主義の象徴だ。ナチスのハーケンクロイツと同じだ。戦犯旗を掲げるのは犯罪行為だ。旭日旗を振ってるのは外国人ですが・・・何か?

                ☆

投稿欄などで、「韓国人にもいい人がいる」なんて言えば、それはもう、発言者は袋叩き、サンドバッグ状態になります。でも、韓国人にもいいことを言う人はいます。キム・ワンソプ氏が著書「日韓『禁断の歴史』」で安重根について書いている。聡明な皆様でありますので、目次を見ただけでご想像いただけると思います。
●「安重根と伊藤博文」どちらが真の英雄か
 伊藤博文暗殺は日韓併合を20年早めた
 世界基準で伊藤博文に遠く及ばない安重根
 安重根の正体は守旧反動派
 暗殺者の人権を最後まで尊重した日本
 なぜ日本人は安重根を「仇」と考えないのか
●当時の朝鮮人も称賛していた伊藤博文の「偉業」
 近代日本の台頭は”世界史の奇跡”
 激動期に伊藤博文を得た日本の幸運
 安重根が主張した「伊藤の罪状」は出鱈目
 朝鮮で人気者だった伊藤博文
 
そして、章をこう結んでいる。
近代日本の最も重要な時期を導いた偉大な指導者を日本国民が知らないということは、その教育の内容が間違っているという証拠ではないか。日本人も自国の歴史について自負心を持って教育する必要がある。日本の認識が正されてこそ韓国の認識も正されることが可能になるからだ。

言ってくれましたね。それでは私に言わせていただこう。キム・ワンソプ氏の著作の数々、韓国人にこそ広く読まれるべきだ。では。


[ 2013/11/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

信用できない韓国、だったら・・・


人気ブログランキングへ  宜しければ クリック お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

世論調査によれば、「韓国信用できない」が7割なんですって。それは酷い、低すぎる。私の周りを見渡せば、9割5分以上だ。もしも7割が本当だったら、私のおヘソでお茶を沸かすことができる、かも(笑)。
冗談はさておき、世論調査の7割は大した数字だと思う。ほとんどの国民が、信用できない、とんでもない、大嫌いだ、と感じているということですね。だったら何も好き好んで外交や経済で協力することも無い。援助などもってのほか。さらに輸出入を禁じろとか、国交断絶だとか、気持ちは分かるが、現実的ではない。

これだけ多くの国民が韓国は信用できないといっているのに、日本の企業はなぜ韓国に進出するのでしょうね。中国に対してもだが、企業は相手国に莫大な投資をして、その国の雇用を確保してやり、公租公課も払うはずだ。みんなが嫌だと言ってるんだから、即撤退すればいいじゃないですか。
コスト、つまり安い労働力ということでしょうが、今や中・韓でも人件費も高騰してそれほどメリットも無いのではありませんか。それに相手国だって感謝することはなくて、逆に反日を叫ぶばかりである。割に合わない。


韓国「信用できない」7割、「賠償金支払うな」8割 産経・FNN世論調査
韓国で戦時中の韓国人徴用に対し、日本企業に賠償支払いを命ずる判決が相次いでいるが、産経新聞社とFNNの合同世論調査では、外交や経済活動の相手として「韓国は信頼できない」とする回答が7割近くに達した。

 賠償支払いについて、日本政府は、昭和40年の日韓国交正常化の際に結んだ日韓基本条約や請求権協定で解決済みとの立場で、韓国司法の判断については、日韓関係の冷却化の一因とされている。経団連など日本の経済団体は今月6日、両国の経済関係への悪影響を懸念する声明を発表した。

 調査結果によると、外交や経済活動の相手として信頼できないとする回答は69・3%で、信頼できるは16・8%だった。韓国司法の判断が「納得できない」は82・7%で、「納得できる」は5・6%。「賠償金を支払うべきではない」も79・2%に及んだ。

 一方、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」を裏付ける公的資料が見つかっていないとして、談話見直しを求める声があることについては、「見直すべきだと思う」が55%で、「思わない」の27・5%を大きく上回った。
1(2013.11.18産経新聞)

反日国あたりでものづくりをするよりも、日本国内で、しかもコストを考えるなら絶対に地方ですね。地方の時代、地方の活性化と言われるが、企業も地方に立地というよりも、むしろ撤退傾向にある。
年金だけで生活するのはまず不可能に近いから、他に現金収入の欲しい人はいるでしょう。田を持っている人でも、自分で耕作してお米を作る労力よりも、土木作業員でもなんでも働きに出て、稼いだ金でお米を買った方が安上がりだ。地方にはそんな人たちもいるでしょうよ。勿論地価は都市圏に比べればタダみたいなものです。安い。
戦後資本主義の特徴のひとつに、重厚な産業に大会社の大労働組合と言われる。いわゆる新自由主義と言われるご時世には、私に言わせれば、組合などないに等しい。ピンハネ業(人材派遣業)が増えたせいもあろうが、派遣社員、期限付き社員、パート等の非正規社員が多くなった。労働者にとっては劣悪であるが、企業としてはボーナスは払わないでいい、また、都合によりいつでも首にできる。安価な労働力があふれている。そして、日本人の能力は高い↓。企業にとってはいいことづくめです。
ものづくり「ニッポン」の潜在力証明 OECD「国際成人力調査」
(←クリック)

私は日本の企業も国内の地方に進出すべきだと思う。働く人も地方が暮らしやすいのではありませんか。近年の孤独死、餓死者はほとんど都市圏での出来事ですね。地方で餓死者は、少なくとも私はあまり聞いたことない。地方にいてガスが止められたら、山に行けば燃料はいくらでも拾えばいい。水道を止められたら、どこか近くに湧水でも探せばいい。電気が止められたら、TVなんか観なければいい。馬鹿高いNHK受信料なども払わないで済む。魚が食べたかったら、川や海で獲ればタダでしょ(笑)。我らの先祖が狩猟や農耕に明け暮れたように。
話が逸れたが、よりによって・・・なんで韓国なの?中国なの?では。


[ 2013/11/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

こんばんは!


人気ブログランキングへ  御来訪の記念に ポッチ お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

今夜は久しぶりに高校の同期会に顔を出した。京都にいる同級生が帰省しているということで、どうしても行かねばならなかった。
居酒屋へは歩いていくつもりだったが生憎の雨、これまた久しぶりに路面電車に乗ってみた。
車内でまず目についたのがこのポスターだった。


画像 003

私は知ってりゃ必ず観に行ったはずだが、残念ながら会期は本日までである。必ず観に行く人に知らしめることのできない広告・宣伝とは一体何なのでしょうか。私の世界が狭いとしても、世の中には情報があふれているというのに。
実は「知らない」「知らされてない」情報は結構たくさんあるのかもしれない。知ればモノの見方が変わったり、考えが180度変わったりする情報も少なくない。自分のこの目で見たことしか信じない、そんな頑固な人にとって知らないことは死角となり、また知れば視角・視点ともなる。

                ☆

私たちの世代は本や映画が好きですね。昔は娯楽と言えば、身近にそのようなものしかなかった。話題も本や映画、そして他愛もないお話。たとえば、おしゃれなハゲ方(笑)、今年は同級生が何人亡くなった、誰それが販売した「かつおぶしセンベイ」は美味しい、昔の面影があるとかないとか・・・・。

ある超熟女さんは100年経た家に住んでいらっしゃるという。私は凄く興味が湧いて、根掘り葉掘り訊いたのだった。日本警察の父・川路利良大警視の実家のすぐ近くである。川路もこの方の家で生まれたそうだ。この方のご先祖に川路家から嫁に来たという。川路家は途絶えたらしいが、血脈はこの方々に流れている。
川路は西南戦争では官軍として警察隊を率いて、同国人と戦った。特に恩義のある西郷隆盛率いる、薩軍と戦うには苦悩があったと思われる。
この方のご先祖は川路家との関係もあり、当然のように官軍として参戦した。やはりこの方のご先祖様は、私学校派と言われる西郷派の人から石を投げられたりして迫害され、ついには近くを流れる甲突川河原で斬殺されたのだという。この頃は島津のお殿様も士族も冷ややかな目で見ていた、とどこかで読んだが、一方、地域により、このような凄惨な事件も起きたんですね。

西南戦争では白兵戦、斬り合いでは圧倒的に薩軍有利だったそうです。そして薩軍は相手陣地に夜襲をかける。官軍にしてみれば、夜ごと斬り込み隊がやってくるのだから、恐怖だったでしょう。特に徴兵で採った農民上がりなどは、怖気づいて士気が落ちる。新政府が考えたのは、これに対抗するには士族を充てようとしたんですね。ところが四民平等の立場から、士族だけを国の軍人に採用することはできない、として警察隊で募集した。その彼らが抜刀隊として活躍した。

西南戦争について、単に「不平士族の反乱」というのではなくて、見方が少しは変わらないだろうか。今夜はそんなことを考えた。では。


l_e17abcfad870bce8c090ed37936d8a5d9e74e76d.jpg 
鹿児島県警本部前、川路利良大警視像。
[ 2013/11/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)