FC2ブログ

うさぎ屋の四方山話

archive: 2014年05月  1/6

朝まで生テレビ

相変わらずつまらぬ番組ですね。今回は最後まで観てしまいました。観なきゃよかった、泣かずにすんだ、これが浮世というものか、つれのうござんすおっかさん、月も雲間でもらい泣き♪ご存じ「瞼の母」の忠太郎に似た心境でござんす(笑)。おかげで私の生活のリズム、サイクルが狂ってしまう。今回のテーマは、激論!反日・嫌韓、ド~する?!日韓関係。パネリストは以下のみなさま。武見敬三(自民党・参議院議員、党国際局局長代理...

  •  3
  •  0

日朝合意文書

政府が日本と北朝鮮の合意文書全文を発表した。日朝双方がとる行動措置はどこかにメモして保存しておかなければなりません。政府は拉致問題進展したと言っているのですが、私としては物足りない。合意事項も現実化、つまり実行されてこそ意義があるわけですね。私は現在生存している拉致被害者、これは現在進行形でもありますが、この解決こそが最優先されるべきだと思う。先日も同じ事を書きましたが。昭和20年前後のご遺骨およ...

  •  3
  •  0

大鳥居にハングルの落書き

我が国では泳げない人のことを「金づち」と呼んでいます。これは水に沈むことからそう呼ばれているわけですね。「トンカチ」「鉄ハンマー」などが水中を泳いでいるのを見たことありませんわな(笑)。韓国人には金づちが多いようですね。そもそも学校にプールがない。水泳の授業もないそうです。日本では海に接しない県の子供たちでも泳げる。その昔、会津藩には海がない。藩校「日新館」二は皮をせき止めてプールを作り、水泳を教...

  •  2
  •  0

紫陽花物語

わが家の庭の紫陽花。この花まだ完成品ではない。書きかけの絵のようで、これからまだ筆を入れて着色しなければならないような状態にも見える。花も絵も必ずしも完璧な完成品でなくとも、過程、あるいは未完の美しさというべきものがあります。世の中のモノゴトすべてに言えるかもしれない。花満開時の姿を想像するでしょうし、完成品であったにせよ萎れゆく姿を自身の裡に見てしまいます。梅雨時の紫陽花は特に綺麗です。紫陽花の...

  •  8
  •  0

日朝局長級協議

日朝局長級協議が始まりました。日本にとっては何と言っても”拉致問題”です。北は南とは相変わらず砲弾の撃ち合いをやっている。そして最近は中国が北に対して冷たい。北は地続きの上を見ても下を見ても「孤立」を感じるのではありませんか。ならば歴史認識で中・韓共同の敵である日本と交渉してみよう、なんとかなるかも、などと私が北の立場になって考えてやることもないのですが(笑)。「前進に向け努力したい」と日本側 北朝...

  •  4
  •  0