FC2ブログ

”日没”から丸1日経過


人気ブログランキングへ 宜しければクリックください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

月日の過ぎるのは早いもので、今年も1ヶ月が終わります。
「イスラム国」が指定した「日没」から丸1日が経過してしまいました。表立った動きはありませんでした。ISの要求によれば、日没までに女性死刑囚をトルコ国境に移送しなければ、ヨルダン人パイロットの命はない、ということでした。予告通り、殺害を実行したのでしょうか。ヨルダンは日没以前からISにパイロットの生存情報を求めていたことからして、パイロットはすでに殺害されていたのかもしれません。4回目の脅迫画像は、不謹慎ながら、死亡パイロットの画像を手にした後藤さんがテロリストの要求を代読するものになるかもしれません。
だとしたら、もうこれ以上の犠牲者を出してはいけません。

日本政府は日本人人質解放を要求し、同時にテロに屈しないと絶えず発言しています。さらに日本政府はヨルダン頼みも申し訳ないので、後藤さんとパイロットの生存の証拠を示せ、と強く要求してもいい。交渉の第一条件です。これらの動きを後藤さんが知っていたら、誰か(デヴィ)が言ったように、また、国民の多くが思っている通りに、後藤さんもまたテロに屈することなく、日本人らしく潔く○○すべきでしょう。日本政府も日本国民もテロに屈しなかった、だからテロリストは日本を標的としない、と、後世に語り継がれる栄誉・・・・、いや、ダメだ、私の妄想でした。

これから「朝生」を観ながらお仕事します。では。



人気ブログランキングへ ありがとうございました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2015/01/31 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

「イスラム国」の日没


人気ブログランキングへ よろしく。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

「イスラム国」の三回目の脅迫文によれば、現地の日没(日本時間、29日午後11時30分頃)までにリシャウイ死刑囚と後藤さんとヨルダンパイロットの命を交換するという。とっくに陽は落ちたが、今のとこ何ら動きはありません。
私は脅迫文の意味がよく理解できなかった。後藤さんの身柄を引き渡すということですか?パイロットの生命は?引き渡しは?ヨルダン政府はパイロットの生存を確認できていないから、死刑囚の身柄は依然としてヨルダン国内にある。ヨルダンではパイロットの返還が第一とされています。後藤さんの命運は極めて危ういものです。日本は専らヨルダン頼みということになります。

識者によれば、「イスラム国」は人質を必ず予告通りに殺害してきたという。今回のように三回も時期を伸ばしたのは異例のことだそうです。4回目の要求が出ることは確実ですね。ヨルダンパイロットの生命が気になります。すでに、かなり前に殺されていたのかもしれませんが。なんといってもテロ犯は残虐非道なならず者ですから。

このような状況の中で日本国内を見渡せば・・・・。
「今回の事件を利用し、安倍晋三政権に不満を持つ政治家や知識人が安倍首相批判をすることで、イスラム国を間接的に応援する形になっている。そうした動きにも注意しなければいけない」
私は佐藤優氏の卓見だと思います。



トルコ国境の町では日本人女性がお亡くなりになりました。

フジテレビ同行の日本人女性が死亡 トルコ
トルコ南東部アクチャカレ近郊で29日、フジテレビ取材班関係者の乗ったタクシーが交通事故に巻き込まれ、イスタンブール在住の女性コーディネーター、高谷一美(たかや・かずみ)さんが死亡した。高谷さんは日本人ジャーナリスト後藤健二さん(47)がイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に拘束された事件の取材班に同行していたという。フジテレビが同日夜、ニュース番組で伝えた。
 フジテレビの報道によると、現地の取材班が搬送先の病院関係者から高谷さんの死亡を確認したという。アクチャカレはシリア国境に近く、人質事件の取材で多くの報道関係者が詰めかけている
(2015.1.30産経新聞)

事故の画像を見ましたが、車は大破しています。誠にお気の毒です。一番悪いのはテロ犯であり、こんなテロ事件がなければ死なずにすんだ、泣かずにすんだ、これがうつせみの世というものか。心よりご冥福をお祈り申し上げます。


人気ブログランキングへ  合掌、礼拝。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

[ 2015/01/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

「イスラム国」の蛮行


人気ブログランキングへ クリック、ご協力ください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

24時間以内に後藤さんとリシャウイ死刑囚との1対1の交換、さもなくがヨルダン人パイロットの命はないぞ、と「イスラム国」テロ犯は脅しているわけですね。ヨルダンでは700万国民は、当然ながら自国軍のパイロットの救出が優先されるべきと思っている。日本は人命最優先と言っているのですから、ヨルダン政府へ何らかの働きかけをしていることでしょう。そのタイムリミットも今夜の11時でオーバーしてしまいました。一説にはリシャウイはイラクに移送された、なんて言ってますが、未確認情報でしょう。

そもそも後藤さんやパイロットの安否情報、つまり生存は確認されたのでしょうか。日本大使館やヨルダン政府関係者がこの人たちを実際に見たのでしょうかね。でないと交渉にならないはずです。既に殺されているとか・・・私は生きて解放されることを願っていますが、相手はならず者ですから最初から疑ってかからなければなりません。画像だって合成のインチキかもしれません。疑えばキリがありません。リシャウイが「イスラム国」に本当に必要な人ならば、パイロットや後藤さんを殺せないはずです。リシャウイの身柄はヨルダンにあり、報復として死刑を執行されてしまう恐れもあります。
元はといえばならず者の蛮行でありますので、常人には成り行きを想像しにくいですね。

日本政府も関係友好国も共通しているのは、テロに屈しない、そして人命最優先です。これらは必ずしも相反することでもありません。人間は「優しくて残酷」、これらを同時に持ち合わせ、生きています。訳の分からないことを言ってしまいました(笑)。(A・ランボオ「地獄の季節」、ゴダール監督映画「気狂いピエロ」などを連想されたお方は鋭い、と思いますね。)

え~と、リシャウイは凶悪テロ犯、パイロットは国軍の任務中に捕虜になった人、後藤さんは行くなと言われている地域へそれでも行った無責任男であって、三者三様です。なぜこのようなことを述べたかと言えば、ここへきて、安倍政権は人質を見殺しにして自己責任論とすり替えるのだ、といったことを言っている人たちがいます。「イスラム国」テロ犯以外は、誰も人質を見殺しにしようとしている人はいないのに。日本政府も関係国も人質救出に懸命の努力をされているのではありませんか。
後藤さんは「責任は私にある、何があってもシリアの人たちを恨まないでください」と確かにおっしゃった。ヨルダン人を恨んでもいけませんよね。彼は自己責任でスタートしたのだから、最後のゴールまで自己責任ですよ。途中でそうでなくなるようなものは「責任」とは言えない。それは無責任だ。
私自身は前にも書いたように、無責任男に責任を語ることが無駄だ、という考えです。

今回の”事件”にかこつけて、安倍首相非難が出ているようです。たとえば「週刊ポスト」誌。
外務省は時期が悪いとして、安倍首相の中東歴訪を中止するように言ったが、安倍さんが強行したというのです。この時期に週刊誌に情報をリークするような官僚がいたということですね。よほどの暇人ですか、許せぬ。仮にそうだとしても、外遊を決定した時点でテロを予想できたでしょうか。テロは「イスラム国」のタイミングで行われたのではありませんか。それとも外務官僚はテロ予防のために外遊を止めろ、と当時も言ったのでしょうかね。世界各国でそのようにしたら、テロ国の思うつぼです。
変わった人たち、異常な人たち、凶悪な人たち、特異な人たち、ごく少数の無責任な人たち、そのような人たちの立場になって物事を考えない方がいい。まともな人たちの立場に立って考えないとまともではない、そんなふうに思いますが。

事態はどう推移するかわかりませんが、どのような結果になろうとも、これにかこつけて、蛮行にごく当たり前の対応をしてきた日本政府に対する非難は見苦しい。取り乱さないでいただきたい。発狂しないでいただきたい。


IBIL.jpg


人気ブログランキングへ クリックに感謝です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

[ 2015/01/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

寝ながら言う寝言


人気ブログランキングへ ランキングが気になります。修業が足りませんだ。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

みなさま、こんばんは。私は昨日は無断欠勤してしまいました。昼間、雨に濡れたせいか、風邪気味で、体調がよくありませんでした。早寝しましたが、早起きはできずに、いつもの通りに起きてしまいました。ですから睡眠をたっぷりとったはずなのですけど、今日も何となく元気がありません。疲労感だか、何事に対しても情熱がない、というか腹の底から燃える闘魂のようなものが湧きあがってきません。こんな時、1,2,3、ダアーッ!あるいは気合いだ、気合いだ、気合いだ・・・・・・・っ!!といった具合に一気にポテンシャルが上がればいいのですが(笑)。

観るとはなしに観ていたTVで、「こんなあなたに・・・」と言って「スッポンパワー◎◎」という商品を宣伝していました。そこで言われていた症状と今の私の体調は、二つ返事してしまいたいくらいよく似ていました。このようなCMが流されるということは、元気のない人たちがいかに多いかということでしょうね。スッポンエキスのほかにニンニク、ガラナ、マカ、亜鉛・・・・とても覚えきれないくらいのものが含まれていたようでした。効き目ありそうですがね、しかし、私はこのような類の補助食品には頼りません。私の場合は心因性ですから。

寝言は寝て言え、と言われますが、まったくその通りですね。寝て言うのを寝言、と普通は言ってるわけですから。私めも今回は趣向を変えて、寝言に徹してみますわ(笑)。

先週の土曜日(24日)、中野サンプラザで韓国女優のハ・ジウォンさんのファンミーティングがあったんですってね。ここを訪問くださるほとんどのお方は「馬鹿ばかしい」とお思いでしょうが、中には「もっと早く教えてくれたらよかったのに」という方も無きにしも非ずですね(笑)。彼女の場合は「親日」では国内でパッシングされるから、かといって勿論「抗日」「反日」ではなくて、「日本が好き」の「好日」なのだそうです。みんなが好日ならいいのですけどね。「仲よきことはよきこと・・・日々是好日・・・実篤」なんて色紙が昭和の時代には食堂の壁に掛けてありました。ちなみに今は「・・・だって人間だもの・・・みつを」なんてのを見かけますが。どちらも素朴な人間性を謳いあげているのでしょう。

もしかして、「仲よきこと」という言葉にドキッ!とされたお方がおられましたか?夫婦仲が悪いのですか?
好婦、好夫で日々好日でお願いしますよ(笑)。だって人間だもの。
それにしても、韓国が好日国になったら、そん時やぁ私はブログを止めます。

日本を好きな国は世界中にたくさんあります。
「松阪豚」と新聞の見出しにありましたのを、私は「松坂豚」かと勘違いし、松坂大輔君がピッチャーとしては太り過ぎなのかとばっかし思ってました。スポーツ記事ではなくて、台湾では日本ゆかりの商標が沢山ある、といったものでした。すべては日本が大好きだから、だそうです。

また、TV番組の話題ですが、日曜日に観た、あれは再放送だったのではありませんか。ブルネイは天然ガスの99%を日本に輸出しているそうです。なぜ親日国なのか。内容はブルネイの歴史の「日本の統治」の項をご覧になってみてください。

「日本の歌を歌える外国人、捜してみたら・・・」という番組も面白かった。世界各国の人たちが日本の歌を歌ってました。童謡からJPOP、演歌まで、それはもう驚きでした。そして日本語を話せる人も多かった。
トルコでは市場に行けば、日本人に習ったという人たちが、片言の日本語で話しかけてきます。面白いのもありました。私は今でも思い出し笑いです。
「より取りみどり、黄みどり、五月みどり」。五月みどりさんを知ってる世代の日本人が教えたのでしょうね。私がトルコに行くことがあったら、アノ市場の人たちに教えてやりたい。ちょっとハードルの高さを上げて、・・・・
「生麦、生米、生卵」 「隣の客はよく柿食う客だ」 「この釘は引き抜きにくい釘だ」なんてのはいかがでしょう。

台湾、ブルネイ、トルコ他、世界中に大好日国は多い。これらは何も戦後平和憲法がそうしたのではなくて、遥かそれ以前、何百年も前から我らの先人たちが紡いでこられたものなのです。ご先祖様に感謝です。

ISILの人質の方もよく考えていただきたい。こんな時ご先祖様ならどのようになさったか。どうなさるのか。少なくとも、祖国に対する脅迫文の代読など屈辱だったでしょうね。日本男児の誇りが傷つきます。勿論、最も悪いのはテロ犯の蛮行ですが。

さて、明日もあることですし、ホントに寝ます。では。



人気ブログランキングへ 最後までのお付き合い、ありがとうございました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/01/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

「イスラム国」人質殺害か?


人気ブログランキングへ 今週もよろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

湯川遥菜さんが殺害されたとされる画像の真偽のほどですが、日本政府は真として安倍首相の怒りの談話(声明)を発表しました。交渉をされてきて、それなりの根拠があるのでしょう。
しかしながら、私はこの静止画像も合成だと思います。コラージュという手法は簡単にできるのではありませんか。72時間、水面下で何らかの接触はなかったのでしょうか。前回と同じ方法で要求をしたわけだが、日本大使館やヨルダン政府にメッセージを送信するという方法もあったはずだ。その方が交渉は進展するのではありませんか。身代金を値下げ、あるいは撤回して他のことを要求するとか・・・。今回はまさにヨルダンで収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚(女性)を釈放するよう求めた。
ヨルダン、画像の信憑性確認後に声明 現地紙報道

サジダ・リシャウィ死刑囚は幸か不幸か、腰に巻き付けた爆弾が不発だったので捕えられた。一度死んだ身ですね。この人は釈放されても、自身、再度の自爆テロはできないような気がします。他人にも自爆の勧誘・教唆・指導もできない。なぜかと言われても、人間、そんなものではないのですか。と、まあ、漠然とした言い方しかできませんが。それでも「イスラム国」テロ集団が「釈放しろ」と言っているのですから、彼女はジハードの象徴なのでしょう。
それとテロ戦士たちの士気は上がるでしょう。もし逮捕されても仲間が救ってくれるのですから。今回の要求が真ならば、彼らは己の存在を世界にアピールしたかったのではありませんか。

さて、湯川遥菜さんですが。私はいつもなら農作業や古民家のリフォーム、病院の見舞い等、やることはたくさんあるのに、疲れているのでしょうね、本日は午後から自室にいました。それで、湯川遥菜さんのブログなど閲覧してました。彼(彼女)の去年の7月ごろの記事にこんなのがありました。

直ぐに次のミッションへ移る。今度は油田を奪還する作戦の
指揮を取る。人員に余裕が無い為、当然、私も本格的な戦闘をする。


これを実際に行動に移されたのであれば、誰もが思うことですが、極めて危険です。危険すぎます。もしも殺害されたのであれば、私は日本人として残念、無念です。合掌、礼拝、そして念仏。

彼のブログに安重根記念館についての記述がありました。
反日運動にも程があると思いますが、このまま国交断絶しても良いのではないでしょうか?
中韓は捏造された歴史をいつまで語るのでしょうか?
安倍政権時に正しく修正してほしいと願う。はるな。


私は彼の日常の思想は讃えたい。それは全く正しい。

話が逸れました。我が国は当然、基本は「テロに屈しない」であり、終始一貫していただきたい。若し水面下の交渉があるならば、それだけを言っていても何ら進展しないのでしょうが、かといって強いカードも持ちあわせていない。
アメリカはISISの戦士を数千人殺した、と豪語してますが、そのアメリカだって今回の人質事件は解決できそうにありません。むしろ、十字軍・アメリカが出てくれば逆効果のような気がします。ため息ばかりしていてもいけませんが。

今回は「もしも」という言葉を多用してしまいました。今の状況ではそうとしか言えません。今後の情報を注視したい。



人気ブログランキングへ お忘れもののないように・・・。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

[ 2015/01/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)