「週刊文春」3月5日号


人気ブログランキングへ クリック、ご協力ください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

001.jpg

「週刊文春」3月5日号は下村文科大臣の「違法献金」と「川崎中1全裸殺人」について大きく取り扱っています。私はどちらも読んではいません。適菜収の「今週のバカ」は西川前農水相。国も仲間も裏切る男、とありました。

「NHK籾井会長大暴れの陰で井上あさひアナ京都に異動!」
私に言わせれば、大暴れしたのは民主党・階猛議員ではないか。「ニュースウオッチ9」の大越健介キャスターも3月末に降板するそうだ。更迭説も囁かれている、と、断定するわけでもなく、最後の逃げ場が準備してあるような、いかにも週刊誌的な表現ですね。

籾井会長が理事の辞表を集めたくらいで、どうして階議員はしつっこく大暴れしたのでしょうね。階議員と大越は東大野球部の先輩後輩に当たるのだそうだ。ともにヘナチョコ投手だったということで、大越への”救援”だったのか。ヘナチョコは私がつけ加えた言葉ですが、救援(投手)は言うまでもなく週刊誌さんの言葉ですね。文春がこのことを階議員に訊けば、否定はされたようですが。そうだった、とは誰であろうとも口が裂けても言いませんが。

田母神「政治資金1億4千万円」の使い途。
私は繰り返し二回読みました。田母神さんは記者会見で、「(選挙での買収など)不正に使われたことはない」と断言されたわけですが、文春は政治資金の中から都知事選を手伝った人への買収資金が拠出された、と言っています。

神戸学院大学法科大学院、上脇博之教授はこう指摘しています。「買収罪に該当します。候補者本人が買収を指示していた場合には公民権が10年間停止となります。指示をしていない場合でも、選挙の総括主宰者や出納責任者が買収を行っていれば、連座制が適用され、候補者の当選は無効。当選していなくても、その選挙区では5年間、立候補禁止となります。また、相手がお金を受け取らなくても『申込罪』になりますので、400万円の受け取りを断った水島さんのケースでも犯罪に該当する。」

申込罪は申し込んだ事務局長や会計担当者が罪に問われるということですね。買収罪の勉強をさせていただきました。しかし、なんとも気が重い。どのように解釈し、自身の裡でどう解決していけばいいのでしょうね。皆さまはどう思われますか?

     @ @ @ @ @ @ @ @ @




15226.jpg

わが市内の畑のグリンピース。隣の畑では草丈が1mほどになっています。指宿あたりでは収穫しています。私は遅いのではないか、と、よく言われる。私は今時期はこのような状態がベストだと思う。少し暖かくなれば、驚くほど急激に成長します。
例年は種子2・3粒ずつ埋めてゆくのですが、今回は一粒一粒埋めた。種子には発芽率というのがあって、約70%ほどではなかろうか。3粒埋めても1・2粒発芽するということになる。見たところ95%方発芽しています。
スナップエンドウも同じ日に種子を蒔いたので、グリンピースと同じくらいの状態です。

同時に雑草も芽を出しました。これからは雑草との戦いでもあります。



人気ブログランキングへ 皆様、良き週末を。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/02/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(9)

70年首相談話


人気ブログランキングへ いつもお世話になります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

ほとんど文章をグダグダと書いているだけのブログですが、たまには画像がほしいですね。夏の海に船の曳き波、遠くの陸地、さらに遠くの空、そして頭上の雲。私はこのような風景を見ていて飽きることがない。
私の場合は風景がなくとも、何はなくとも、何もすることがない、何もしないでいいという状況が好きです。何もしないでボーッとしているときは、退屈だと感じたことはなく、私の至福の時です。だったら死ねば?とおっしゃるかもしれない(笑)。確かに、人間死んだら何もしなくていい。いえね、コーヒーでもすすりながら、いろんな想像に浸るのが好きなのです。想像力と創造力は大事だと思います。突然、創造力なんて出てきましたが、想像力はあらゆる創造の源だと思うのです。余計なことでした。


画像 004

さて、ここをご訪問くださる皆様は、すでによく御存じのマイケル・ヨン様の発言。
かつて「アメリカ様」などと言われていました。アメリカに「様」を付けることはありませんが、ヨン氏にこそ付けるべきです。ヨン様とは、私はぺ・ヨンジュンに引っかけたのではありませんから(笑)。

<安倍晋三首相が今夏に発表する戦後70年談話をめぐり、「謝罪」の盛り込みを求める意見には「第二次世界大戦をいつまでも引きずっていてはいけない」と反論した。>
私はまったくその通りだと思います。あれからすでに二世代も変わったのですから、謝罪を繰り返すこともない。これが世界基準なのではありませんか。誰かが言っていましたが、このような謝罪もワンジェネレーション(30年)だというのです。河野・村山談話を否定はしない、と言っていましたか?だとしたら近隣諸国条項と何ら変わらない。

「慰安婦“強制連行説”は論理的でない。朝日の記事などは歴史修正主義」米国人ジャーナリスト マイケル・ヨン氏に聞く
http://www.sankei.com/politics/news/150223/plt1502230009-n1.html

70年談話に関連して、稲田朋美政調会長は「歴史修正主義というのは、あったことをなかったと自己正当化することだ。本当にあったことをあったこととして認め、生かしていくのは決して歴史修正主義ではない」と述べた。
談話も前書きとして史実を淡々と述べればいいと思います。ただ、検証をし、本当になかったことも無かったこととして認め、生かしていかなければなりません。夏までには時間が少ない。ここで冒頭の画像をご覧いただきたいところです。夏の空は近い。
で、稲田政調会長に主導して談話を取りまとめていただきたい。
私も急いでいます。早く寝ないと明日の朝は早くからお仕事だ。では。



人気ブログランキングへ クリックありがとうございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

日本は韓国を見下している


人気ブログランキングへ クリック、いつもお世話になります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

65年日韓基本条約締結の際に対日交渉を担当し首相も務めた金鍾泌(キム・ジョンピル)が、亡き妻の弔問に訪れた人たちに語った言葉はリアリティがあります。

「(日本には)まだそんな(韓国を見下す)認識から抜け出せない人々がいる」
(菅義偉官房長官については、)「韓国をもう少し知り、理解した上で両国の友誼(ゆうぎ)を深めようという思いが感じられない」


韓国紙によれば、菅官房長官についての発言は、慰安婦問題についての理解が足りない、というふうに読めました。この発言は官房長官も韓国を見下した態度だ、と言っているのではありませんか。金鍾泌は昔の日本の政治家も韓国を見下していたが度量があった、と言っていますから、その延長であって、官房長官は度量がないと言っているのだ、と私は思う。
日韓基本条約交渉時の双方の政治家は当然、戦前派の人たちです。韓国人は日本の教育を受けた人たちでした。戦中までの朝鮮人にとって国家や国民とは、これもまた当然、日本であり日本国民であったのではありませんか。李氏朝鮮、大韓帝国国民であるなんて認識はなかったでしょう。だって、朝鮮人志願兵を募集すれば、すごい倍率の応募があったといいます。誰かが書いていましたが、日本軍がどこを占領した、勝利したといった映画ニュースを見て、拍手喝采、大喜びで日本人以上に大騒ぎしたのも朝鮮人だったという。

当時は今の日本国内を内地、朝鮮や台湾を外地と呼んでいました。内地の日本人を一等国民、外地に住む日本人を二等国民、朝鮮、台湾人を三等国民と呼んでいたという。私はこれを明文化された規定を読んだわけではないが、そのように理解しています。内地の朝鮮人でも日本名を名乗っていれば一等国民、明らかに朝鮮人と分かれば二等国民、あるいは朝鮮半島と同じく三等国民と呼ばれたのでしょうか。このようなことは差別を助長するということで、ほとんど語られることはありませんので、私もその区別はよくわからないが、そのような呼称があったことは事実でしょう。

金鐘泌は「日本人は韓国人を見下す」と感じたのでしょう。そうでなくても自身、日本人に対する劣等感は少しはあったのでしょう。戦後生まれの官房長官は韓国を一人前に扱っているから、かつての日本の政治家のような度量がない、という意味に私は理解します。

(元慰安婦らは)「帰国し配偶者との間に子供ができ必死に生きていた」
「(元慰安婦を)引きずり出し難題を作ってしまった。誰の発想か分からないが胸が痛む」


韓国紙の中にはこの部分をスルーしている新聞もあります。
家庭を築いて平穏に暮らしている人の、慰安婦という過去の職業を晒してやることもない。ほとんどの元慰安婦はいくらお金のためとはいえ、忌まわしい過去を隠しているのではありませんか。日韓基本条約時の金鐘泌の判断は正しかった。それで通せばよかったんです。
日本人慰安婦の数が圧倒的に多かったはずだが、日本では名乗り出て、謝罪や賠償を求める人は皆無だ。戦後20年でした、金鐘泌は日本人的考えをしたんだと思います。
そして、であるのに「慰安婦を引きずり出し難題を作ってしまった、胸が痛む」と言っています。腹立たしい思いをしているということでしょう。
「誰の発想か」、それは韓国の挺対協のみなさんと日本の朝日新聞社ですよ。


「日本は韓国を一段下に見ている」 重鎮、金鍾泌元首相の苦言に韓国メディア注目
http://www.sankei.com/world/news/150225/wor1502250046-n1.html


人気ブログランキングへ クリック、ありがとうございまスムニダ(笑)
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

一宮市教育委員会


人気ブログランキングへ 今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

KANO.jpg

今日を逃せば、見逃してしまいそうでしたので、今夜は台湾映画「KANO」を観てきました。私はいつもレイトショーなのですけどね、鹿児島ミッテ10では1日に一回(18時10分)しか上映されない。映画のチケット購入すれば、中央駅の駐車場が5時間無料になるということで、なんだか得したような気になり、中央駅周辺で食事をしてきました。いや、そのつもりだったけど、帰りにスーパーで買い物をして、自分ちで先ほど遅めの晩御飯を済ませました。
どうして忘れてしまうのでしょう。

忘れてれてしまったというせいもあるけれど、ここをご訪問くださる皆様はすでにご存じでしょうから、内容の説明は致しません。と言いながら・・・・実話をもとにした物語ですね。創作の物語があるとすれば、同時代、同場所には違いありませんが、八田与一先生が何度か登場します。それと、嘉農と対戦した札幌商業のエースがのちに軍人となって嘉農の練習グランドを訪れる、といった一連の物語が挿入されています。これらがいろんな意味で映画を盛り上げています。

李久惟(リ・ジョー)さんによると、八田技師による巨大ダムの放水や灌漑水路の隅々まで水が流れたシーンに多くの台湾人が涙したそうだ。そして、忘れ去られた野球の実話と共に、光り輝いた日本時代の記憶の断片が多くの台湾人の中に呼び覚まされたに相違ない、とおっしゃる。(註:1)

この映画がせめて10年前にできたらよかったのに。われらの親の世代は、戦前は台湾にいた人が多い。特に本県からは地理的・気候的なものなのでしょうか、軍人、警察官、教師等として台湾で働いていたようです。特に警察官は鹿児島県人が多かったそうですよ。我らの親に観せたい映画でもあります。
今夜の観客は私たち夫婦をいれて3名でした。こんなのでいいのでしょうか。台湾(人)好き、野球が好き、野球している子を持つ親とか、必見の映画だと思います。子供の教育に最高にいい。


註1:日本会議会報「日本の息吹2月号」、「甲子園出場台湾代表KANOが語る日台の心の絆」より。李氏は1975年高雄市生まれ、。東京外語大卒業後、台湾新幹線プロジェクトに従事。現在は語学講師。15ケ国語以上を話すマルチリンガル。
 
    @ @ @ @ @ @ @

子供の教育と言えば・・・一宮市には素晴らしい教育者がおられました。それに比べて、一宮市教育委員会はその会名から「教育」という文字を外してやらにゃイカンですね。

神話や建国記述「間違ってない」「感動した」 一宮市教委の注意で削除の中学校長ブログに激励
(←クリック)

皆さまよくご存じの「民のかまど」の例えでもって、日本そのものを子供たちに教えようとした中学校の校長先生がおられたんですね。我らは子供の時に習いましたよ。昭和30年代後半にプロパンガスが行き渡るまでは、日本全国、かまどで煮炊きをしていました。風呂や囲炉裏もですが、燃料は薪ですね。火鉢は炭か煉炭でしたか。実際にこの目で煙が立ち上る風景を見ていたので、「民のかまど」のイメージできました。言葉よりもイメージですので忘れない、未だに覚えています。
最近の子供たちには「かまど」とは何であるか、という説明からしなくちゃならないから、校長もご苦労されたと思いますね。

神話や建国記述「間違ってない」「感動した」 一宮市教委の注意で削除の中学校長ブログに激励


「古代から日本は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた」と校長がお書きになった、これのどこがいけないのでしょうか。 市学校教育課の担当者は「断定的な書き方で、個人の考えを押しつけかねないと判断した。慎重さを持つように指導した」と話している。
しかし、学習指導要領」では、わが国の由来や、天皇の地位について学習するよう定めているのではありませんか。愛国心を育むとか。だからして、これに反する市教育委員会を文科省や県教委は指導しなければならない。

平成27年2月26日(木曜日) 午前9時30分より、 一宮市役所本庁舎6階 特別会議室にて市教育委員会が開催されるそうです。その時に玄関前で抗議しよう、とおっしゃってる方がいます。大賛成です。私自身は遠方であるので行けませんが、誠にありがたいことです、皆さまを心から応援したい。



人気ブログランキングへ 今日もクリックありがとうございました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

[ 2015/02/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(14)

海保「馬乗り」だって


人気ブログランキングへ応援クリックください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

米軍が辺野古反対派2人を連行 抗議集会前に集結
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に隣接する名護市の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で22日午前、名護市辺野古移設に反対する沖縄平和運動センターの山城博治議長ら2人を米軍側が連行した。辺野古反対派市民が明らかにした。
 詳しい経緯は分かっていない。辺野古反対派は22日午後から、このゲート前で辺野古移設に抗議する大規模集会を開くため、朝から集まり始めていた。
(2月22日、産経新聞)

この二人は日本の警察に引き渡され、勾留の末、釈放された。解放された、と言うべきなのですか、法律用語を私は知りません。この男の人をTVで見ましたが、まるで英雄気取り、ヒロイズムにあふれていましたよ。ご苦労さん(笑)。
キャンプ・シュワブの近くに住んでいる方のブログで見ましたが、周辺には公設の駐車場なんてないんですって。それでも反対派は駐車の案内係がいて、自動車を停めさせる。もちろん駐車禁止の場所であり、周辺に住む住民にとっては大迷惑なのだそうです。その方が仰ってました。県警は駐車違反車両を厳重に取り締まって、反則金を取れ。私はそのお気持ちは十分に理解できます。違法行為や他人様に迷惑をかけておいて、な~にが基地反対だ。

海上でも漁船やカヌーを使って抗議行動が行われた。私は古舘のニュースステーションで観ました。古舘は映像を見ながら「海保職員が映画監督の女性に馬乗りになった」と言ってました。「馬乗り」とは文字通り、馬に乗るようにまたがって乗る状態のことでしょう。私が見た限りでは、馬乗りではなかった。女性の肩越しに左足を掛けた状態だった。もっというなら、揺れる小舟の上で、海保職員自身の手は船につかまり、女性が海に落ちないように、足で女性を保護した。
海の上で「馬乗り」なんて言葉は適切ではない。私はあんな表現をするセンスを疑う、というよりも、表現力、国語力を疑います。
琉球新報の社説でも海保「馬乗り」 決して許されない行為だなどと言ってますね。

皆様、この社説をクリックしてお読みになってみてください。皆さまは一行として許せない、と思いますよ。
「海上保安庁という国家組織は、一体誰のために、何を守るために存在しているのだろうか。」とありますね。
国家組織?当たり前じゃないか!私もつい興奮してしまいました。民間組織ではありません。誰のために何を守るために存在しているのか、・・・何を言いたいのでしょうね。イライラしてきますから途中は省略します。

「海上保安官の馬乗りは、現在の安倍政権と沖縄県の関係を象徴しているようにも見える。翁長雄志知事を先頭に辺野古移設反対を訴える沖縄の民意を、安倍政権は馬乗りのように力ずくでねじ伏せようとしている。もはや法治国家ではない。恐怖政治がまかり通る『一党独裁国家』のようではないか。」
安倍政権は沖縄県に馬乗りしているみたいだ、とおっしゃっているのでしょうね。「馬乗り」と「力ずくでねじ伏せる」の関連性が私にはよく理解できません。そもそもが「馬乗り」ではなくて「肩越しに支えた」関係でしたからね。
「法治国家ではない恐怖政治がまかり通る一党独裁国家」にして「馬乗り国家」とは、北朝鮮や中国のことを仰っているのでしょうね。ここは日本なのに。
冒頭の問いかけ「誰のため、何のため」・・・・日本国民のため、あなた方の大好きな世界平和のためでしょうよ。



人気ブログランキングへ 応援、ありがたくいただきました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

与那国・陸自配備賛成多数


人気ブログランキングへ ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

前回の田母神事務所の不祥事の件ですが、私は”怒”を表明いたしました。誰かが田母神潰しにかかったとか、湯川遥菜さんとのツーショットとか、この背後にあるモノや真相はわかりません。田母神氏ご本人はこの事件の(敗戦)処理に当たられ、当分は政治的活動は自粛、言い方を代えれば謹慎されるでしょう。
今回のことで、水島社長やチャンネル桜、頑張れ日本全国行動委員会、田母神氏、そしてそれらを支持・応援している方々どちらの陣営をも非難すべきではないと思います。お互い細かいことを言えばキリがないのであって、保守同士が争うことはない。ですから、これをもって保守分裂、保守・ネトウヨは馬鹿だ、未来はない、という話には当然ながら飛躍しない。我らの真の敵は他にいるのではありませんか。

       @ @ @

今日は地元のTV局で「海に沈んだ疎開船」という番組をやってました。昭和20年、奄美群島でも地上戦が行われるかもしれないということで、(TVが言うには)戦争の邪魔になる女子供を本土に疎開させた。私が言うには、地上戦になれば犠牲になるのは弱い女子供だから疎開させた。ちなみに沖縄では疎開が遅れたんですね。
1500トンくらいの武州丸は徳之島・大島から住民を乗せて本土へ向かう途中、トカラ列島付近で敵潜水艦に撃沈された。確か、犠牲者158人のうち77人が15歳未満の子供たちだった。

どこかで読んだが、敵潜水艦は酷い。敵の船を沈めたあと浮上し、、海に浮いている日本兵に機銃掃射を浴びせたという。敵はこんな人たちですからね、148人は敵に無残にも殺された、戦争の犠牲者です。

敵は原爆を投下し、全国の都市に対する無差別爆撃、疎開船の撃沈・・・・・・。これらこそ非難されるべきことなのでしょう。
歴史は勝者によってつくられる、と言いますが、残虐非道な日本軍として「南京大虐殺」「慰安婦強制連行」などと言って、今現在も我が国は歴史戦で挑まれています。戦後70年、何とかしなければなりません。前置きが長くなりましたが、保守同士が罵り合っている場合ではない。

       @ @ @


さて、与那国町への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否を問う住民投票が22日行われ、賛成票が過半数を占めたそうですね。

陸自配備、賛成が過半数 与那国町住民投票
日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否を問う住民投票が22日行われ、賛成票が過半数を占めた。来年3月に部隊配備を完了させる方針の防衛省にとって弾みがついた形。ただ、駐屯地予定地を縦断する町道の廃止と駐屯地への水道の引き込みについて町議会の議決を得なければ施設整備に支障が生じ、配備反対派は施設建設差し止め訴訟を起こすことも検討しており、なお楽観はできない。
 平成21年と25年の町長選も陸自配備を最大の争点とする一騎打ちで、いずれも陸自を誘致した外間守吉(ほかま・しゅきち)町長が反対派を破っており、住民投票は賛成派にとって3度目の勝利にあたる。
 住民投票は1284人に投票資格があり、選挙権のない中学生41人や永住外国人5人にも資格が与えられた。投票率は85・74%だった。
(2月22日、産経新聞)

町長選挙でも陸自駐屯の賛否を問われて、賛成派の町長二度勝った。こんかいの住民投票でも賛成多数ということで、もうもうこの問題は決着がつきそうなものだ。しかし反対派は施設建設差し止め訴訟を起こすかもしれない。なんと、往生際の悪い人たちでしょう。なにのために住民投票をやったのですか。民主的に行われたのでしょ?だったらそれに従うべきではありませんか。小学生の学級委員会から民主主義のルールを勉強し直した方がいい。

そもそも、国防といったことに関しては、地方自治体も中央政府のコントロール下にあるべきですね。
保守は”断固反対”の訳の分からない人たちとも対峙してゆかなければなりません。またまた、保守同士で・・・・。

22日は「竹島の日」でした。韓国人は「独島強奪に抗議」「歴史に逆行」などと言いますが、強奪、逆行しているのはお前らではないか、と私は言いたい。竹島に上陸したことのある方が仰ってますが、竹島は不法占拠というよりも韓国併合状態なのだそうだ。来年からは「竹島の日」の式典は政府主催でやるべきですね。またまたま~た、保守同士で・・・・場合ではありません。

       @ @ @


15220.jpg

我が家の庭に咲いた梅。この品種は「豊後梅」だったと思う。確か梅と杏子を掛け合わせたもので、花は少しピンクで、果実は大きい玉になるそうだ。我が家の庭は狭いので、14年間ほど、剪定というよりも、切り詰めてきた。果実はあまり期待できないが、花と紅葉が楽しめる。


人気ブログランキングへ 応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

田母神事務所の不祥事


人気ブログランキングへ 忘れる前に、クリックを!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

画像 021

私は今回の記事は気が重い。スルーしようか、ダンマリを決め込もうか、そう考えたこともありました。しかし拙ブログの性格上、”喜怒哀楽”のうち、特に”怒”には敏感であり、とても我慢できません。
私はこの5・6年の間に、田母神俊雄さんの講演会に6・7回は聴衆として参加している。私はこのお方の原発に関するお話には小首をかしげる事も多いのですが、他の主張にはおおむね賛同しています。氏のユーモアもよくわかり、私は大笑いでした。氏の都知事選挙や衆院選挙も、私には選挙権はないものの、氏を応援してきました。私の友達も大勢ボランティアで選挙の応援をしました。寒い中、ポスターを貼ったりチラシを配ったり・・・。

私は仲間だけの新年会で語ったことを思い出します。
「田母神さんほどのお方がどうして選挙に弱い?知名度もあり、現職自衛官や隊友会の基礎票もあるのに・・・スタッフが悪いのじゃないの?」
実際に田母神事務所のスタッフは最悪でした。勿論、わずか5・6名の事務所で事情を掌握できなかった、、ボスである田母神氏ご本人が一番悪い。なんと、事務長や会計責任者が3千万円ほど使い込みをしていた。ほとんど遊興費や生活費に使ったそうだ。事務所は被害届を出したということですから、横領事件です。

皆さまは驚かないで下さいよ。こいつらは赤坂の高級コリアンクラブで遊んでいたそうです。1回行けば10万円以上の料金体系のお店のようです。つい最近、赤坂の高級コリアンクラブの韓国人女性経営者が脱税で逮捕されましたが、まさか、その店ではないでしょうねっ!
事務長は自衛官あがりということで、それはどうでもいいのですが、お店では韓国語の歌詞の歌を歌ってたそうです。どういう性格の人でしょう。
くどいようですが、コリアンクラブは絶対に許せません。この事実を知っていたら、我らは選挙応援をしなかった。そのお金はですよ、・・・・・(しばし絶句、)・・・・皆さんの熱い思いが込められた浄財ではありませんか。言語道断とはこのことだ。

土・日お暇なときにでも↓この記者会見の様子をご覧になってみてください。
あ~あ、乱文、失礼。
https://www.youtube.com/watch?v=U1NSor1iT3A
(←クリック)



人気ブログランキングへ ともかく、クリックだけはお忘れなく。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



[ 2015/02/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)

国境の島・与那国島


人気ブログランキングへ クリックお忘れなく。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

国境の島・与那国町への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否を問う住民投票が22日に行われる。18日に期日前投票も始まり、配備賛成派と反対派双方の訴えは熱を帯びる。
何を今さら、国は用地を確保し、去年は着工式を済ませたのではありませんか。住民投票の結果がどうあれ、それに何ら制約を受けるものでもないでしょうが、つまり強制力はないが、法律の専門家から見ても、この住民投票は大問題のようですよ。
町議会でもすでに自衛隊駐屯誘致を決議、町長も誘致派が当選したんでしょ?なぜ住民投票ですか。反対多数ということで迷惑料を請求するつもりですか。それとも補助金でもせしめようというのでしょうか。これが沖縄スタイルなのでしょうか。

与那国町、陸自配備めぐる2月22日の住民投票 中央大の長尾一紘名誉教授に聞く


①政府の専権事項である国の安全保障の問題に自治体が関与することは許されておらず、違憲の疑いがある
②住民投票であっても外国人に投票権を与えることは憲法違反だ。
③判断能力の未熟な中・高校生に投票権を与えるのは問題だ。

法律の専門家は以上の3点を指摘されています。国防に関することでありますので、まったくお説のとおりだと思います。国境の島の守りを中学生に判断していただくことは無謀、あんまりだ。

中国船が島の至近距離までやってくると言います。それでいて島には武器と言えるものは駐在のおまわりさんの拳銃2丁だということです。外国の武装集団、わずか数名で島は占領の危機にあります。こちらの方が大問題です。
22日にならなければ結果はわからないのですが、反対多数でも憲法違反であるから無効、そして、もしも賛成多数だった場合、反対派は反対運動を止めてくださいませんか(笑)。そうお願いしたいものだ。

[ 2015/02/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

NHK籾井会長


人気ブログランキングへ はじめにクリックいただけたらありがたいです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

TVニュースでNHK籾井会長と民主党とのミニバトルを観ました。籾井さんも自分の子供といくらも年の違わぬ議員にあれだけ言われれば腹が立ったでしょうね。
小沢グループは消費税増税で民主党を出て行ったのですが、その時の「裏切り者」階(しな)猛議員、またの名を支那猛がしつっこく質問をしていました。

私はNHK担当理事が答えたとおりだと思います。
「ニュースは公平公正、中立、特定の政党に偏っていない。当然、政府の見解はそれなりに紹介するということだ。」
河野談話、村山談話、慰安婦問題等、日本の各政党間でも考え方が違うのに、それをどう思うか?とNHK会長に訊く方が無駄というものだ。このような極めて政治的問題について、会長が何をどう答えも、公平公正、中立でなくなるのではありませんか。不偏不党と言われるが、民主党の求める「撤回」を受け入れたり、民主の主張に「いちいちごもっとも」と会長が頷いていたら、NHKは民主党に偏っているということになってしまう。だからNHK会長の立場としては、声を荒げてもできないものはできない、と発言するのは、私的に見れば当然のことです。

民主党は会長が全理事の日付なしの辞表を書かせたのが気に入らないようです。籾井会長が独裁者か権力者に見えたのでしょうね。そしてその背後にいると(民主には)考えられる、任命した安倍首相が憎い。彼らは反政府・反権力の活動、あるいは”闘争”のつもりなのかもしれません。安保粉砕!闘争勝利!といったシュピレヒコールをあげる、大学の新入生のようです。また、文科省、教育委員会、学校長といった多くの権限を持った者は、見る人によっては”権力者”でありますが、これらに何でも反対の日教組のようでもあります。「見る人」とはオツム左巻きの人のことですが(笑)。
その点、会長辞任までは求めない維新は大人の社会人だと言えます。新聞によれば、維新は「擁護」とありますから、この件に関する限り、私と同意見ですね。

民主、次の照準はNHK会長 「慰安婦取り上げ慎重に」発言で糾弾、辞任要求 維新は擁護

[ 2015/02/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

知覧特攻基地戦没者慰霊祭


人気ブログランキングへ 今日もよろしく!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

いつもと趣向を変えて、当ブログのコメント欄より・・・。

テレビのお話しから…。
2/11・14・15の三日間、テレビ東京の開局50周年企画で「永遠の0」が放映されます。テレビとはいえ、映画を一本作る位の資金が必要のはず。頑張っていますw
それに引き替えアカヒ新聞の素粒子。
世界はアメリカと中韓しかないと思っている情弱者。ゲラゲラでございますw
朝日新聞「素粒子」にもの申す 特攻隊とテロ同一視に怒り
2015.1.29
http://www.sankei.com/column/news/150129/clm1501290008-n1.html
今月13日付朝日新聞の夕刊コラム「素粒子」に「少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった」という記述があった。

馬鹿ですね。
フランス人文学者のモーリス・パンゲは『自死の日本史』(ちくま学芸文庫)の中で、特攻隊員の思いを次のように分析している。

 〈それは日本が誇る自己犠牲の長い伝統の、白熱した、しかし極めて論理的な結論ではなかっただろうか。それを狂信だと人は言う。しかしそれは狂信どころかむしろ、勝利への意志を大前提とし、次いで敵味方の力関係を小前提として立て、そこから結論を引き出した、何物にも曇らされることのない明晰(めいせき)な結論というべきものではないだろうか〉

 〈強制、誘導、報酬、麻薬、洗脳、というような理由づけをわれわれは行った。しかし、実際には、無と同じほどに透明であるがゆえに人の眼には見えない、水晶のごとき自己放棄の精神をそこに見るべきであったのだ。心をひき裂くばかりに悲しいのはこの透明さだ。彼らにふさわしい賞賛と共感を彼らに与えようではないか。彼らは確かに日本のために死んだ〉

特別攻撃隊の英霊に捧げるアンドレ・マルローの言葉
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/gaikoku_kamikaze/andre_malro.htm
「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわり何ものにもかえ難いものを得た。これは、世界のどんな国も真似のできない特別特攻隊である。ス夕-リン主義者たちにせよナチ党員たちにせよ、結局は権力を手に入れるための行動であった。日本の特別特攻隊員たちはファナチックだったろうか。断じて違う。彼らには権勢欲とか名誉欲などはかけらもなかっ た。祖国を憂える貴い熱情があるだけだった。代償を求めない純粋な行為、そこにこそ真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナチズムとは根本的に異質である。人間はいつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ。
  戦後にフランスの大臣としてはじめて日本を訪れたとき、私はそのことをとくに陛下に申し上げておいた。

彼らも特攻隊とテロ同一視に怒りを覚えておられると思いますがw

2015-02-09│10:46 | causal

           ☆ ☆ ☆ 

テレビ東京はGJですね。
私も「特攻と自爆テロ」について記事にしたこともありました。そろそろ、恒例の5月3日、知覧特攻戦没者慰霊祭のご案内を出そうと考えていました。その時、素晴らしい貴見を使わせていただくかもしれません、よろしくお願いされてくだしゃんせ♪

そしてまた、哲学者のベルナール・ミローも語っています。
「(特攻とは)伝統的な国家への殉死、肉弾攻撃法である。このことをして、我々西欧人は笑ったり、憐れんだりしていいものであろうか。むしろそれは偉大な純粋性の発露ではなかろうか。日本国民はそれをあえて実行したことによって、その重大な意義を人間の偉大さに帰納することのできた、世界で最後の国民になったと著者は考える。」

「あの時は個人の苦悩や懐疑は超越しました。この国家存亡の時、一身を捨てて祖国を守る、犠牲の精神に徹して、いつの日か祖国に栄光あれと念じた至誠だけは、はっきりと認めていただきたいのです。」(高木俊朗「特攻基地知覧」)

新緑香る知覧の空を見上げ、あゝ、いつの日か祖国に栄光あれ・・・われらは今まさに、彼らが信じた祖国の未来にいる。(花渡川 淳)

ご静聴ありがとうございました。

2015-02-10│00:17 | うさぎ屋



      ※※※ おしらせ ※※※

第61回知覧特攻基地戦没者慰霊祭
平成27年5月3日 受付11時より南九州市知覧体育館
慰霊祭:13時より知覧特攻平和観音堂前

主催:知覧特攻慰霊顕彰会(事務局TEL0993-83-1526)

私たちは3日午前10時に鹿児島中央駅東口、集合になります。


チケット、ホテル、レンタカー等、早めの予約がお得です。昨年は当日、レンタカーは何処を捜してもありませんでした。前回参加された方には、顕彰会からご案内が届くはずです。初めてご参加の方も心配ご無用です。当日は鹿児島の私たちの会でマイカーを出し合います。集合場所が鹿児島中央駅前ですので、ホテルの予約もその周辺が便利です。参加ご希望のお方はご連絡ください。

5月3日、知覧特攻慰霊祭、8月6日、広島平和ミーティング(日本会議広島主催、)、12月23日、天長節皇居一般参賀、靖国参拝、これが当ブログの年間の主な行事です。これで当ブログの性格が分かるようですね。


14532.jpg
知覧特攻平和会館。慰霊祭会場は右の特攻観音前特設会場。

145313.jpg


人気ブログランキングへ 今日もありがとうございました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

曽野綾子の「透明な歳月の光」


人気ブログランキングへ ご訪問有難うございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

産経新聞に掲載された作家、曽野綾子さんのコラム「曽野綾子の透明な歳月の光」、「労働力不足と移民」について、南アフリカの駐日大使は産経新聞社宛てに抗議文を送付した。
「アパルトヘイト(人種隔離)を許容し、美化した。行き過ぎた、恥ずべき提案」と指摘。「人道に対する犯罪。21世紀において正当化されるべきではなく、世界中のどの国でも、肌の色やほかの分類基準によって他者を差別してはならない」としている。
これに対して、曽野綾子さんの弁明は「私は文章の中でアパルトヘイト政策を日本で行うよう提唱してなどいません。生活習慣の違う人間が一緒に住むことは難しい、という個人の経験を書いているだけです」という。
 掲載した小林毅産経新聞執行役員東京編集局長は 「当該記事は曽野綾子氏の常設コラムで、曽野氏ご本人の意見として掲載しました。コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は許されるものではないとの考えです」

産経新聞の記事を要約すれば以上のとおりの経緯のようです。このことを捏造朝日新聞や韓国紙が鬼の首を取ったかのように嬉々として報じています。曽野綾子さん、産経の編集局長のおっしゃる通りなのですけどね、何が問題なのでしょう。まずはそのコラムを読んでみましょうか。


<労働力不足と移民 「適度な距離」保ち受け入れを>
 最近の「イスラム国」の問題など見ていると、つくづく他民族の心情や文化を理解するのはむずかしい、と思う。一方で若い世代の人口比率が減るばかりの日本では、労働力の補充のためにも、労働移民を認めなければならないという立場に追い込まれている。
 特に高齢者の介護のための人手を補充する労働移民には、今よりもっと資格だの語学力だのといった分野のバリアは、取り除かねばならない。つまり高齢者の面倒を見るのに、ある程度の日本語ができなければならないとか、衛生上の知識がなければならないとかいうことは全くないのだ。
 どの国にも、孫が祖母の面倒を見るという家族の構図はよくある。孫には衛生上の専門的な知識もない。しかし優しければそれでいいのだ。
「おばあちゃん、これ食べるか?」
 という程度の日本語なら、語学の訓練など全く受けていない外国人の娘さんでも、2、3日で覚えられる。日本に出稼ぎに来たい、という近隣国の若い女性たちに来てもらって、介護の分野の困難を緩和することだ。
 しかし同時に、移民としての法的身分は厳重に守るように制度を作らねばならない。条件を納得の上で日本に出稼ぎに来た人たちに、その契約を守らせることは、何ら非人道的なことではないのである。不法滞在という状態を避けなければ、移民の受け入れも、結局のところは長続きしない。
 ここまで書いてきたことと矛盾するようだが、外国人を理解するために、居住を共にするということは至難の業だ。
 もう20~30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。
 南アのヨハネスブルクに一軒のマンションがあった。以前それは白人だけが住んでいた集合住宅だったが、人種差別の廃止以来、黒人も住むようになった。ところがこの共同生活はまもなく破綻した。
 黒人は基本的に大家族主義だ。だから彼らは買ったマンションにどんどん一族を呼び寄せた。白人やアジア人なら常識として夫婦と子供2人くらいが住むはずの1区画に、20~30人が住みだしたのである
 住人がベッドではなく、床に寝てもそれは自由である。しかしマンションの水は、一戸あたり常識的な人数の使う水量しか確保されていない。
 間もなくそのマンションはいつでも水栓から水のでない建物になった。それと同時に白人は逃げ出し、住み続けているのは黒人だけになった。
 爾来、私は言っている。
「人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住だけは別にした方がいい」
(産経新聞2015.2.11)

この文章のどこがアパルトヘイトを許容し、美化していますか?人種の違う人同士の居住は難しい、ということは南アフリカの実例なのです。そして過去にアパルトヘイト政策を実施してきたのも南アフリカなのです。恥ずべきは南アフリカではありませんか。他国の一作家の表現をとらえて、”差別”の名の下に、単に言葉狩りのようなイチャモンを付けること自体、行き過ぎた恥ずべき行為だ。
我らは曽野さんは敬虔なクリスチャンであって、差別意識などまったくないお方である、その人となりを知っていてコラムを読むのですから、アパルトヘイトだなんてそんな大それたことなど考えもしない。

差別ということについてですが、私はかなり前に作家の島尾敏雄が講演会で語ったことを思い出します。曖昧な記憶ですが、確かこのようなことを述べた。
人間は差別は良くない、差別してはいけないとわかっている。しかし自分はハンセン病患者の方に握手を求められたときに、差別はないつもりだが、一瞬、右手が躊躇した。まあ、普通の人に対するように右手を差し出すことができなかったということでしょう。本能的感覚や感情、心情、これを持って差別と言いますか?それは握手をためらったご本人が恥じ入ればいいことであって、他人様から非難されるものでもない、と私は思う。ちなみに島尾もクリスチャンでしたね。

私自身も居住だけは別にした方がいいと思いますが、曽野さんの主張に必ずしも賛成ではありません。「孫が祖母の面倒を見るという家族の構図」がどこの国にあったとしても、それを日本に安易に持ち込むのは反対だ。
「おじいちゃん、オムツ交換、早く」
おまえに「おじいちゃん」と呼ばれたくはない、と時には言いたくなるかもしれません。「チミ、チミ、部屋の中ではその被り物(スカーフ)をとれよ」と、私だったら言いかねない。それは差別ではなくて、日本人として生まれ、人生の最終章くらいは日本語の通じない人たちと居たくない。富も名声もない男でも、せめて畳の上で死にたい。これも差別ではありません。別に病院のベッドでもいいのですが、畳の上で死ぬのと同じような死に方がしたい。贅沢でも差別でもありません。嫌なものは嫌。
「心情や文化の違い」とはこのようなことではありませんか。

曽野さんは、ご自身でも「矛盾」と書いておられますが、多くの矛盾があります。今回はそんなことではなくて、曽野さんの文章は決してアパルトヘイト美化発言ではない、ということを言いたい。



人気ブログランキングへ 完読ありがとうございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

私的な、あまりにも私的なことで・・・


人気ブログランキングへ 今週もクリックのほどよろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

001.jpg

沖のテトラポットの上にはここいらのカラスが全員集合して、日向ぼっこをしていました。私は指宿へ行く途中、生見の海水浴場の少し手前で、この風景を見ながら持参のおにぎりを食べました。お昼にたまらずセーターを脱いだ。春の気配が感じられましたね。
私にとっては異様な光景でしたが、カラスにとっては日常であって、カラスも安全地帯をよく知っているのでしょうね。カラスでさえ知っているのに、今時期、人間がシリアへ飛んで行ってはいけませんね(笑)。


15215.jpg

夕方、カメラを空に向けて撮ったので、写りは最悪です。これは何だ!?梅の花が満開です。カメラと言えば・・・。

152145.jpg

通販でこんなのを買いましたよ。赤外線&動体検知センサー搭載、防水・防犯ビデオレコーダー。電池式だからどこにでも設置できます。
これを市内の畑に取り付けます。私ももう我慢ならぬ。私の畑を荒らす奴を今度こそとっ捕まえてやります。私の植えたミカンの苗木は3年になるが、枝を切り取ってゆくやつがいて、植えた時よりも枝葉のボリューム感がない。
機械類は最初の1台はお手頃価格の物でいい。どうせ満足はしないのだから、2台目、3台目にならないといいものは手に入らない。それでも32ギガSDカードは別売り、取り付けも人の手の届かないところでなければならないので、梯子兼用脚立まで買ってしまいました。畑に行くのに、脚立を持っていかねばならないという苦労をさせやがって、あいつだけは絶対に許さない。あいつとは泥棒のことですが(笑)。
皆様にいいご報告ができればいいですね。乞う、ご期待!(笑)。


152148.jpg

隠しカメラをどこに取り付けた、と教えるお人好しはいないのですが、ここを訪問くださる皆様だけにはお教えしておきます(笑)。
これは「すぐれもの」ですよ。夜行性の野生動物の撮影にも向いています。うちの芋を食べにくるやつも画像が得られるかもしれません。
腹が立つやら、おかしいやら、面白いやら・・・おまけに今日はチエーンソーを長時間使用したせいか、左腕、肱から先が痛いやら、シビレるやら・・・・笑いたくなるくらいシビレてます。。

ということで、いつもの「うさぎ屋の与太話」(笑)はお休みいたします。では。



人気ブログランキングへ 世の中の悪を許さない!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[ 2015/02/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(13)