祝:日本会議結成20年


人気ブログランキングへ チョット、クリックしてみてください。

にほんブログ村

拙ブログもランキング下降中で、旅から旅への落ち目の三度笠、こんな時は趣向を変えてみた方がいいのかもしれない。私自身のキャラも変えてみたり(笑)。

書き忘れていたことがありました。今話題のM学園のK前理事長(64)のキャラも独特だ。
3月初旬、記者会見でKさんはこのようなバッジを付けていました。お馴染みのブルーリボンと日本会議会員のバッジです。この画像は私のよそ行きのスーツです。ですから私にははっきりとKさんの胸もとが見えましたよ。
このような活動をされている方だから、さぞかし立派なお方だ、と多くの方々がそういう印象を持たれたことでしょう。ところがKさんは、平成23年1月に退会されていたようで、勿論それ以降は日本会議の会員ではありません。あゝ、それなのに、それなのに、どのような意図だったのでしょうか。それとも単にルーズな人で、バッジを外し忘れてたのでしょうか、6年間も(笑)。
そうでないのにそうだと思わせる、”思わせぶり”な言動をする人なのでしょう。一事が万事、そんなに思えます。

このことで週刊誌などでは、土地取得問題に日本会議がかかわっていたかのような印象を読者に与えています。
平成9年、「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」が統合して「日本会議」が設立された。本年は結成20年の節目を迎えます。お祝いの年でもあるのですが、あゝ、それなのに・・・・。


ブルーリボン




コメント欄で「軍艦行進曲」が話題になったので、その関連で画像を。
垂水市護国神社境内に在る、作曲者・瀬戸口藤吉翁の碑。私の曖昧な記憶ではあるが、昭和43年ごろ、建立。碑文は田中角栄建設大臣だったような。もしかして隣の藤島武二の碑と勘違いしているかもしれません。


1354.jpg

軍艦マーチの楽譜が刻まれています。

画像 003







サクランボ3

↑現在、↓昨年の春。サクランボは花芽は出なかった。当分の間、枝木を大きくして、数年後の果実を目指そう。

さくらんぼ


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチプチ、チャプチャプ、ランランラン♪。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/03/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

北朝鮮の気の触れたデブ(this crazy fat kid)」


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

北朝鮮の相次ぐ挑発に米国議会が限界に達した。金正恩(キム・ジョンウン)に対する前例のない激しい怒りが噴出している。これはドナルド・トランプ政府に対し、北朝鮮との対話は考えずに先制打撃と政権終息について検討しろと求める声に続いている。北朝鮮が追加で大型挑発に乗り出して米国を刺激する場合、ワシントン朝野の怒りがどこへ向かうかは予測不可能だ。
上院軍事委員長であるジョン・マケイン議員(共和党)は今月22日(現地時間)、「北朝鮮を統治する気の触れたデブ(this crazy fat kid)」と金正恩を非難した。マケイン氏はMSNBC放送で「われわれはスターリンも相手にしなかった。スターリンは残忍だったが、ある程度理性はあった」とし「金正恩は全く理性的ではない」と断捨した。スターリンの上を行く金正恩との対話は話すら出すなという主張だ。マケイン議員は今月2日には、北朝鮮に対する予防打撃を主張していた。

先制打撃(preemptive strike)と予防打撃(preventive strike)は全く違う。先制打撃は例えば北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射が秒読みに入り米国への攻撃が差し迫った場合に行うもので、予防打撃は北朝鮮に挑発の兆候がなくても北朝鮮の核・ミサイル能力を除去するために打撃するものだ。先制打撃よりも深刻な軍事的オプションが予防打撃だ。

http://japanese.joins.com/article/322/227322.html?servcode=A00§code=A00

これは虚構ではなくて現実世界のことだ。
「北朝鮮の気狂い(madman)」の斬首作戦は予防打撃の一つになるのでしょう。アメリカには多くの軍事オプションがあるようです。オプションが豊富なことと、その作戦を実行することとは必ずしも一体として、比例的に進行しないと思う。トランプさんも今のとこ言うだけ番長の感があって、なかなか政策は実行できないようです。そして、アメリカの議会も国民も作戦に同意するか疑わしい。ただし、北がアメリカに対する脅威でも与えれば状況は一変することでしょう。

韓国では5月9日が大統領選挙です。親北反米、反日大統領が誕生することでしょう。米軍の軍事行動は、韓国新大統領が決まる前がいいですね。すると4月中ということになりますが、我らは期待していいのでしょうか。無法者や国はこうして滅ぼされる、という世界の見せしめにすべきですが。

実は韓国は勿論のこと、日本も無関係であるはずはない。米軍が北朝鮮のミサイル発射台すべてを同時に破壊できるとも限りません。撃ち漏らしもあることでしょう。そうすればソウルは火の海になり、日本本土にもミサイル数発でも飛んでくるかもしれません。北には拉致された日本人もいます。想像したくないが、日本人に犠牲者が出ます。韓国・日本こそ先制打撃も予防打撃も必要ではなかろうか。と、言うのは簡単だが、日本では至難の業であり、考えただけで目まいがしてしまいます。
日本人は誰でも戦争はしたくない、と考えています。私自身、世間では右寄り、と言われるのですが(笑)、そんな私の周りにも一人として好戦的な人物はいません。それでも、先制・予防をやらなきゃならない時ははらなきゃならない。せめて、それに備えなければならない、当然のことだと思うけど






シイタケ1

昨日のこと、数日ぶりに市内の畑へ行ったらシイタケが出ていましたよ。二度梅雨を過ぎてから出てくるものだろうと思っていたが、梅雨を一度通り越した春に出てきた。

ツバキ4

私は椿が好きで、ここを開墾するときに自生していた椿だけは残した。藪椿だが、うちの畑の椿だけは真紅の花、そして何よりも小ぶりなのがいい。
これを挿し木で増やして、「花渡川椿」として日本全国に・・・・いえ、お友達限定で広めたい。



人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(9)

「森友学園」世論調査


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

鶏肉在庫364トン確認=ブラジル食肉不正-厚労省
ブラジルで衛生基準を満たさない食肉が販売されていたとされる問題で、捜査対象の加工施設から日本に輸入された鶏肉の在庫364トンが確認されたことが24日、分かった。厚生労働省は同日、全国の検疫所に対し、輸入業者などに販売の見合わせを指導するよう通知した。
 同省は不正が疑われている21施設から出荷された食肉の輸入手続きを保留するとともに、過去に輸入された鶏肉などの在庫や流通状況を調査していた。問題となった施設からは2016年度に8700トンが輸入された。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032401382&g=eco

近所のスーパーの店頭にブラジル産鶏肉が並んでいます。国内産に比べて大柄で、一見して外国産と分かります。そして、「ブラジル産」と産地の表示がしてあります。何よりも値段が安い。極端に言えば国産の半値に近い。関税を払い、輸送費を使っているのだから、本来は、高くなるはずですが、とにかく安い。
私は国産品愛用者ですから、まずブラジル産鶏肉を買うことはありません。しかし、飲食店、弁当、加工食品等で食べてしまった可能性があります。どうしてくれる!チキン南蛮定食やから揚げ弁当、焼き鳥の商品名の頭に「ブラジル産高級鶏肉使用」なんて表示を見たことありません。
消費者としては50パーセントオフのお買い得感があるかもしれないが、そうじゃない、ブラジル産は元々がそれ相応、或いはそれ以下の価値しかなかった。

さて、「森友学園問題」ですが、世論調査によると、安倍首相が関与を否定していることを「納得できない」とする回答が62・6%だった。「納得できる」の28・7%を大きく上回った。内閣支持率も3ポイント下がったそうだ。
http://www.sankei.com/politics/news/170326/plt1703260012-n1.html

この世論調査自体がマスコミの印象操作ではないか、と疑ってしまいます。へぇ~、そんなもんなの?(笑)。
< 国有地が格安で払い下げられた問題の経緯に関し、政府が十分に「説明していると思わない」との回答は82・5%に上り・・・>
新聞に”格安”と書いてあるのだから、国有地を郊外のディスカウントショップであいつだけ90%オフで買えた、という印象を国民が持っているのではないか。土地に瑕疵あったということと、売却後の土地利用の公益性・公共性ということからこのような価格になったのではありませんか。だから財務局としては小学校開設の認可が必須条件だったはずです。4月開校できなければ多くの人に迷惑がかかる、提訴する、と威勢のいいおっちゃんに怒鳴り込まれれば、大阪府に問い合わせして見たくなります。
一方、大阪府としては学園の財務状況、学校用地の取得はどうなっているのか、これが認可の重要要件です。用地売却(国)、学校認可(府)、どっちが先かといえば、国も府もそっちが先だ、と言うに決まっています。これを解決するには申請人がやるしかありません。

申請代理人の弁護士は学校認可の申請書を取り下げました。申請に虚偽(建築工事費用)の書類を添付したのがバレたのですから、スミマセン、スンマセンと言って取り下げるのが当たり前です。そして補正・修正して再申請することになるのでしょうが、今回のケースでは、すべてバレバレのようですからそれはできません。

一事が万事こんな調子。土地を10年の賃借後に買い取る、これを50年にしてもらえないか。このようなお願いを首相夫人にしたそうですが、なんともムシのいい話で、超低金利の時代に土地購入資金を自ら手配できないのでしょうか。お友達の首相夫人のお立場を忖度すれば、こんなメールは送れないはずです。
官僚は頭がいいから忖度します。この程度のことで便宜を計れば首相に迷惑をかけることになる、ひいては国家のためにならない、自身の出世もなくなる、と。

私はこの世論調査にも納得しがたい。





ジャガイモ7

ジャガイモは今回、種芋を深く埋めた。畝間を広くした。アルカリ度が強いと病気になりやすい、とどこかで読んだので石灰は控えめにした。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村



[ 2017/03/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)

日曜日は仕事です。


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

土曜日は畑に行って、果樹の苗を植えた。日曜日は畑に行って、やること多くて大忙し。ルラルラルララ~♪。ときた。
別に酔っぱらっているわけではありません。私の場合は週休二日制とは名ばかりで、ブラック企業に似て、実は土日が一番忙しい。

ベニアマナツ

今時期、八朔、甘夏、タンカンが美味しい。食べるたびに甘夏を植えようと思っていた。
昨日、指宿の木市に立ち寄ったら、甘夏の苗木が1000円でした。消費税込、安い。
「二・三年生の苗はないの?」
「こちらに三年生の紅甘夏がありますよ。・・・こちらは1300円です。」とおばちゃんが言う。
「甘夏と紅甘夏、どっちが美味しいの?」
お味は個人の好みでしょうけどね、やっぱり私は訊いてしまいます。おばちゃんは「紅甘夏が美味しいですよ」と言うから、「では、紅甘夏くださーい。あれっ、・・・私は紅八朔と言わなかったよね。」
「ここには紅甘夏しか置いてありませんから。」そう言いながらおばちゃんは苗木を引き抜き包装し始めた。

定植してしげしげと見れば、小学三年生には見えない、ような気もするけど、どうせ数年先のお楽しみだから、これでもいいかな。いいともーー!
今日はお天気がいいので、柑橘類の消毒をしなければなりません。では、ごめん。
[ 2017/03/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

体を売って受け取った金ではないか、恥を知れ!


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

基礎生活(生活保護)受給対象者の元従軍慰安婦の婆さんに対し、介護士が常習的に暴力を振るい、暴言も浴びせていたとの告訴状が受理され、警察が捜査に乗り出したそうですよ。
介護士は婆さんの額を手のひらで数回殴ったと言う。介護士は解雇され、婆さんの娘にメールを送った。
「韓日慰安婦合意で支給された金は、体を売って受け取った金ではないか。恥を知れ」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/23/2017032300695.html

多額のお金を貰っている元慰安婦が生活保護受給対象者とはどういうことでしょうね。
どこの国であろうが、老人に対する暴言や虐待は許せません。しかしこの介護士の言い分はほぼ正しいのではありませんか。日韓合意で支給された金、戦時中に仕事をして貰った金、両方のこと(意味)を言っている。慰安婦は「体を売った」、つまり売春婦という職業婦人である、ということですよね。これはほとんどの韓国人の共通認識なのでしょう。てことは、韓国人ですら本気で”日本軍強制連行の性奴隷”と思っていないのかもしれません。勿論、残虐非道な日本軍と思い込み、思い込まされている人間もいるにはいるでしょうが。
日本人の中にも約20名ほど真剣に思い詰めてる人たちがいました。この人達は釜山の慰安婦像を訪れて、「まっとうな謝罪と賠償」を日本政府に促したそうですよ。まっとうでないのは自分たちなのに、ね。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401982.html

日本政府は謝罪も賠償も最終的・不可逆的に解決済みです。慰安婦に対する手当は韓国政府が行うことになっています。よりによって、日韓合意の主旨に反する釜山の慰安婦像で日本政府に抗議とは、とてもまっとうな日本人のやることではない。「日本平和委員会」の皆さんのようですが、この団体は日本国憲法に謳われた平和を唱える人達のようです。安倍政権批判や歴史の真実を子供たちに伝えていくべきだと主張したようです。
こんな日本人がいるから韓国人が付け上がる、というか舞い上がるのではありませんか。子供に伝え、子供の代にも日本に謝罪や賠償をさせるつもりなのでしょうよ。あんたら、もう帰ってこなくていいよ、と言いたいが、このセリフも最近はウケない。笑いを取れない(笑)。婆さんは体を売ったが、平和委員会の皆さんは何か大事なものを安売りしています。恥を知れ。





バナナ2

ここにバナナを植えるつもりだ。バナナは現地では焼き畑農業なのではあるまいか。それで、私は伐採して、せっせと焼いています。
岡山県のデパートでは岡山産バナナが店頭に並んだそうです。一本650円から1000円で売られたそうだ。私はそれだけの価値があると思います。私は国内産(奄美大島)のバナナを食べたことがありますが、すごくおいしいです。
将来は岡山バナナを台湾やフィリピンに輸出したいそうです。フィリピン人も日本バナナにビックリすることでしょう。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(9)

籠池理事長、国会証人喚問


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

昨日はTVでは朝から晩まで森友学園・籠池理事長の国会証人喚問の話題でした。皆様よく御存じのことでしょう。私は午前中だけ観ました。西田昌司議員が全く私と同じことを言っていました。学園の自己資金不足です。
私だったら寄付金や補助金をメインとせずに、やはり自己資金と担保価値に見合った借入金で賄うでしょう。建築は今時期、資材や人件費の高騰で高いものにつくのではありませんか。時期をずらすか、あるいはあんな立派な建物ではなくて、廃校になった学校の廃材で作るとか、私だったらそうします。軌道に乗ったら建て替えればいい。

国有地売却や学校開設の許認可に政治家の関与があったかということについて、質問者の議員と籠池理事長とは根本的にかみ合わないように思う。議員さんたちは、政治家が関与して口利き等不正なことをやったに違いないと考えるが、理事長は政治家に相談や陳情をしたら、政治家が勝手に動いてくれた、という認識でしょう。そして理事長の政治家との付き合い方も、私から見れば普通じゃない。理事長が総理大臣夫人や防衛大臣を知っていると言っても、相手はそれほど理事長のことを知らない。

私だって安倍首相のお父さんの晋太郎さんや森喜朗さんを知っているし、亀井静香さんとはお酒飲みながら話し込んだことがありますよ。でも、地元選出国会議員の会合やパーティーでお会いしただけであり、私はよく覚えているが相手は私のことを全く知らない。国民と政治家の関係とはその程度のものであって、相手は理事長のことを理事長が仰るほどよく知らない。
その証拠に、理事長親しい政治家の名前を出しましたが、その政治家の先生方は「会ったこともない」という方がおられました。

副園長先生がいかに首相夫人とお知り合い、お友達であっても、直接何度もメールなど差し上げるのは畏れ多いことだと私は思いますけどね。まずは秘書だか何だかお付きの人を通じてご連絡差し上げるべきでしょう。人は立場とか分というものがある。「瑞穂の國」を冠にする人ならばそこいらを弁えるべきです。
首相夫人も政治家の妻を何十年もやってこられた方で、人との付き合いを十分心得たもので、危ない橋を渡るようなことはなさらない。

昨夜はたまたまほんの数分ですが、TV朝日の「報道ステーション」を観ました。
理事長は偽証罪を問われる場で発言した。これは証拠能力が高い。昭恵夫人のツイッターのコメントは証拠にならない。なんてこと言っていました。何を言ってるんですか!二人の秘書が同行していたのですから、二人の証言、人的証拠があるじゃありませんか。


本日の国会における籠池さんの証言に関して、私からコメントさせていただきます。
1寄付金と講演料について
 私は、籠池さんに100万円の寄付金をお渡ししたことも、講演料を頂いたこともありません。この点について、籠池夫人と今年2月から何度もメールのやりとりをさせていただきましたが、寄付金があったですとか、講演料を受け取ったというご指摘はありませんでした。私からも、その旨の記憶がないことをはっきりとお伝えしております。
 本日、籠池さんは、平成27年9月5日に塚本幼稚園を訪問した際、私が、秘書に「席を外すように言った」とおっしゃいました。しかしながら、私は、講演などの際に、秘書に席を外してほしいというようなことは言いませんし、そのようなことは行いません。この日も、そのようなことを行っていない旨、秘書2名にも確認しました。
 また、「講演の控室として利用していた園長室」とのお話がありましたが、その控室は「玉座の間」であったと思います。内装がとても特徴的でしたので、控室としてこの部屋を利用させていただいたことは、秘書も記憶しており、事実と異なります。
2携帯への電話について
 次に、籠池さんから、定期借地契約について何らか、私の「携帯へ電話」をいただき、「留守電だったのでメッセージを残した」とのお話がありました。籠池さんから何度か短いメッセージをいただいた記憶はありますが、土地の契約に関して、10年かどうかといった具体的な内容については、まったくお聞きしていません。
 籠池さん側から、秘書に対して書面でお問い合わせいただいた件については、それについて回答する旨、当該秘書から報告をもらったことは覚えています。その時、籠池さん側に対し、要望に「沿うことはできない」と、お断りの回答をする内容であったと記憶しています。その内容について、私は関与しておりません。
 以上、コメントさせて頂きます。
平成29年3月23日
 安倍 昭恵 


100万円寄付しようがしまいが、安倍さんが総理大臣や議員を辞めるほどのことではありません。そもそも、我らにとって今回の”騒動”のスタートは、朝日新聞の安倍たたき、および、共産党の豊中市議等の塚本幼稚園批判、愛国教育つぶしだったのではありませんか。だったらその終点は日本国(瑞穂の國)愛国的教育勝利万歳で終わりたいものです。





アスパラガス1

アスパラガス第一号が芽を出した。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(11)

民進党の良い点


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

本日のメインイベントは何と言っても籠池理事長国会証人喚問でしょうね。その次は深夜のハリルジャパンだろうか(笑)。
菅野完とやらが「内閣が二つ潰れる七つの爆弾」と思わせぶりな言い方をしていました。何のことでしょうね。これを質問する議員もいないでしょうから、国会内で爆発することはないと思われます。とは言うものの、私のいつもの口癖です、どうなるか分かりません。籠池さんは莫大な借金を背負うことが確定し、刑事告発もされていますので、ある意味怖いもの知らず、自棄のやんパチで何を言い出すかわかりません。普通の人から見れば怖さがあります。
個人が学校を開設するのは難しいことでしょう。籠池さんの事業頓挫の原因は、失礼ながら、自己資金不足だったのではなかろうか。

私は「礼節を学び、愛国心と誇りを育てる」という森友学園の教育方針を絶賛したし、このような私学は日本に必要だと今でも思う。このような事態になっても、私は手のひら返したように森友学園を口汚く罵る気にはなれません。私の愚直な性格なのでしょう。勿論、森友が100%いいとは言いません。それよりも、森友学園つぶしのデモをやってる”市民団体”に腹が立ちます。どこの国の市民ですか?

さて、何をやっても政党支持率は下がる一方の民進党です。今日も質問に立たれるのでしょうが、お得意のブーメランにならなければいいですね。
産経新聞の阿比留瑠比さんが、フェイスブックで「民進党の良い点、他党より優れているところを教えてください」と聞いてみたそうです。

【阿比留瑠比の極言御免】フェイスブックで民進党の「良い点」を聞いてみたところ…案の定なコメントが続々
http://www.sankei.com/premium/news/170323/prm1703230006-n1.html

阿比留さんも面白い人だ。だから私は好きだ(笑)。
寄せられたコメントも面白い。なぜ面白いかといえば、我らの感じていること、考えていることとズバリそのまんまなのです。ピッタシカンカンの面白さです。それに民進党の議員さん方の顔やキャラ、芸風といったものは絵になりやすい。絵画的なんですよね。奴らの、いえ、あの人たちの漫画が頭の中で描けてしまうのです。

良い点に関しては、「ブーメランの名手」「ブーメランの的中率」といったコメントが目立ったそうですよ。
このような意見も。「民進党の主張と反対の政治をやっていれば間違いない」「首相なんて誰がやっても同じじゃないことを教えてくれた」「こんな大人になってはいけないと教えてくれた」 だって。いやはや・・・・。




ウメ3

靖國の桜が咲いたそうですね。
うちの梅が実を付けました。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

豊洲市場、都議会証人喚問


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を検証する都議会百条委員会は20日、市場移転を決断した当時の知事だった石原慎太郎氏の証人喚問を行った。
石原慎太郎氏「ピラミッドの頂点として移転を裁可した責任は認める」 小池百合子氏を批判「不作為の責任問われるべき」
http://www.sankei.com/politics/news/170320/plt1703200033-n1.html

石原慎太郎さんはご高齢にして、最近脳こうそくを患い、記憶が失われているようです。漢字も忘れた、とおっしゃいます。人間誰しもあそこまで生きればそうなるのでしょう。「記憶にない」という答弁を議会も我らも理解すべきです。ただし石原さんが老いたりとはいえども「誰しも」と違う点は、日本の政治・文学に大きな足跡を残された偉大なお方でるということであります。我らはそこんとこ(尊敬の念)を忘れちゃなんねえ。

都知事や都職員に何らかの不正があったとしたら、それをチエックするのが議会ではないのですか。何を今頃。これまでに議会はそのお仕事をやってこなかった、てことではありませんか。
石原さんは小池都知事の「不作為の責任」を問うていらっしゃいますが、私は小池さんにはもう一つ「不作為」があると思う。私は先の都知事選挙で小池百合子さんを応援したからよく覚えているが、彼女は都議会のブラックボックスを開けると言ったのです。そして猪瀬さんのあのドン内田に関する爆弾発言、暴露だったか、結局小池援護・応援発言になりました。大きな小池待望論はあったけど、あれで当選を決定付けた、と言っても過言ではない。

猪瀬さんは今でもいろんな場所で何回も発言しています。「豊洲は土地だけではなくて、建物建築費も膨大なものになった。その建物の予定落札価格を上げたのも、入札も都知事不在の時だった。ドンとかかわりのある企業体が99.9%の価格で落札した。」
豊洲だけではなくてオリンピック施設の落札率も高い。学校法人が誰からか100万円寄付を受けた、受けなかったと、23日は国会証人喚問が行われますが、東京都の金額は桁違いに大きい。小池さんはまずこれをやるべきではありませんか。自殺した樺山元都議の無念を晴らしていただきたい。自民党都連会長が辞任し、ドン引退、これで終わりはないでしょう。小池さんは公約違反も問われます。





ツギキ4

昨日は雨の中、”接ぎ木の達人”たちのアドバイスを受け、ビニール袋を懸けた。
私ももっと早くから皆様にご相談すればよかったですね。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

外務省の慰安婦支援


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

23日に話題の籠池理事長の国会証人喚問が行われるのですが、関係者におかれましては今頃、想定問答などやられているのでしょうな。ご苦労様です。
どうでしょうね、映画みたいに最後に感動の”どんでん返し”があるのでしょうか。こればっかしは予告編も原作本もないから、当日にならないと分かりません。撮影:NHK,脚本:菅野完、主な出演者:帰化人・二重国籍者他、あらすじ:誰が100万円寄附したとかしないとか・・・・どうでもいいですが(笑)。

さて、これこそ外交委員会のテーマです、よっ。


元慰安婦支援「継続を」=日本のNPO代表
【ソウル時事】韓国の元従軍慰安婦に対する日本政府の支援事業が今年度で終了することを受け、事業を委託されている日本のNPO法人の臼杵敬子代表理事(69)が19日、ソウル市内で記者会見し、「最後の1人が亡くなるまで続けてほしい」と事業継続を訴えた。
 終了するのは外務省の「フォローアップ事業」。元慰安婦への償いの事業を目的に設立された「アジア女性基金」が2007年に解散後、日本政府が基金関係者の協力を得て実施してきた。
 毎年1000万円前後を計上し、韓国や台湾、フィリピンに住む元慰安婦らに医療品などを提供してきた。だが、日韓両政府が15年末、韓国に「和解・癒やし財団」を設立し、心の傷を癒やす事業を実施することなどで合意。これに伴い、韓国でのフォローアップ事業の終了が決まった。
 臼杵代表は08年以降、韓国を年4回ほど訪問し、十数人の元慰安婦を直接支援してきた。会見では「訪問を待ちわびているおばあさんもいる」と述べ、継続を望む声があると指摘。今後は「微力だが、私たちでできることをしていく」と語った

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031900590&g=soc

65年日韓基本条約で戦後賠償は解決済みです。慰安婦には女性基金で支払い、さらに援助をしていました。1000万円と言っても、生活必需品や医薬品をその金額分.積みしたら驚くほどの量です。100万円の寄付で国会で大騒ぎして、それがために内閣支持率も低下しています。その1000万円も筋の通ったものなら国民も納得するのでしょうが、外務省が事業を委託しているNPO法人にも問題ありです。どんな人達かといえば、↓こんなんです。
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/USUKI_liberal.html

韓国人のための戦後補償を唱えています。この人は現代用語でいうところのいわゆる「反日活動家」ではありませんか。これまで事業を委託してきた外務省は何考えてるのですか。しかも15年12・28日韓合意で完全・不可逆的に解決したというのに、更に事業の継続とは、なんでやねん!一言で言えばそういうことです(笑)。
合意を破棄しろ、と言う慰安婦がいるところを見れば、10年間の事業の成果もなかったに等しい。





【趣味の園芸】接ぎ木編。
私の友人は1本の柿の木に3本接いで、3本とも成功したそうですよ。私には名人、師匠とも言うべき方です。私は師匠の口伝に忠実に接ぎ木を試みてみました。
名人は接ぎ穂を冷蔵庫の野菜専用庫で保存したそうですが、家の冷蔵庫は古くてそんな機能は付いていません。それで、接ぎ穂が乾燥して干からびていないか心配でした。切ってみると、気のせいか樹液が少ないようにも思えた。
名人は普通のテープで巻いたと言ってました。多分、セロテープだったのではないでしょうか。私は名人が使わなかった接ぎ木テープと活着剤を購入しました。

ツギキ

台木には甘い実が沢山なるが小さい。これに次郎柿を10本以上接いだ。

ツギキ1

台木はどんな柿だか見当つきません。数年前に間違って根元から切ってしまったが、毎年しぶとく芽を出す。

ツギキ2

これも台木は何だかわからない。果実を見たことがない。下に次郎柿、中ほどに西条柿を接いだ。上部には本来の台木を残した。上手くいけば、三種類の柿が実ることになる。だったらいいな(笑)。
名人は乾燥を防ぐために最後にビニール袋を懸けたそうです。私は1ヶ月かけてスーパーの透明な薄手のビニール袋を貯めこんでいたのですが、指宿に持って行くのを忘れてました。でも活着剤を塗ったからビニールはしなくてもいいかもしれない。風が強いところですから、ビニールは接ぎ穂とともに飛ばされてもいけないし。
全く自信はありません。

ツギキ3


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(13)

北ミサイルで住民避難訓練


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

連日の”籠池劇場”も最近は見様によっては茶番劇、猿芝居かもしれない。登場人物からして、出来の悪い韓流ドラマのようでもあります。

さて、日本初の住民避難訓練が行われました。これには韓国、米国、中東らの海外メディアも取材にきたそうですよ。

北朝鮮ミサイルで避難訓練=秋田・男鹿市で初実施-政府
政府は17日、北朝鮮の弾道ミサイルが日本に飛来する事態を想定した初の住民避難訓練を秋田県男鹿市で実施した。北朝鮮は近年、ミサイル発射を含む挑発行為を活発化。核の小型化・弾頭化の恐れも指摘されており、政府は訓練を通じて国民に警戒を促すとともに、安全対策に万全を期す。
 訓練は17日午前9時半から始まり、他国が弾道ミサイルを発射し、秋田県沖の日本領海内に落下する事態を想定。北朝鮮の名指しは避けている。
 訓練では、政府が全国瞬時警報システム「Jアラート」や緊急情報ネットワークシステム「エムネット」を通じ、秋田県と男鹿市にミサイル発射や落下予測などの情報を伝達。同市が防災行政無線などで住民に知らせ、実際に住民を小学校と公民館に避難させた。
(2017/03/17-09:52時事通信http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031700183&g=pol

住民の中には「このクソ忙しい時に、あの野郎、豚ジョンウンのせいだべ」とおっしゃる方もおられたかもしれません。私は秋田県出身の先輩や友人がいるけど、滅多に秋田弁を耳にしたことはないから、これを正調秋田弁で何と言うのか分かりませんが(笑)。
私はこの訓練を決して茶化すつもりはありません。ミサイルが陸地へ飛んできた場合には、小学校や公民館に避難しても、空から落ちてくるものは落ちてきます。住民の皆さんが掃除中にミサイルが発射されたという想定だったようです。
かつて、竹ヤリでグラマンやB29と戦う日本(人)と揶揄されたわけだが、どことなくそれに似ていないか?

漁民の方が仰っていましたが、先の4発のミサイルの時はTVで知ったそうですよ。着水後20分経過していました。これが陸上だったら大惨事、何のための訓練か訳わかりません。サイレンと同時に、いつどこでミサイルが発射され、何分後にどこに着弾予定、すぐ避難してください、とアナウンスがあるべきです。当然、避難場所も防空壕とかシエルターになるのでしょう。

このような事態は緊急事態、まさに有事ですね。ここまでやると戦争のための住民訓練反対!という声が上がるかもしれません。政府もやりにくい面もあります。私は基本、このような訓練はすべきと考えているんですよ。
沖縄の島々に外国人武装集団が上陸といった想定の訓練を自衛隊はやっていますが、住民の訓練も必要でしょう。わが町で銃撃戦が行われるかもしれないのです。それに、基地があるから戦争になれば真っ先にわが町は敵の攻撃を受ける、と言っている人たちもいます。本気でそうお考えならば、そのような地域では基地が完全撤去されるまでの間、有事の際の自衛隊や住民の訓練を転ばぬ先の杖として行うべきではありませんか。
勿論、国家としては最悪の事態を避けることが何よりも優先されるべきです。しかし、誰かが言ったように、日本が戦争を放棄しても世界は戦争を放棄してくれません。




耕運2

昨日は時折小雨の降る中、市内の畑を耕した。6段の段々畑の上から下を望んで撮影。果樹が大きくなったら畑を止めようと思うが、枝を切り取ってゆくやつがいるので、5年経っても樹は小さい。畑ができてよかった、・・・でもないのです。毎日、腸煮えくり返っていますがな(笑)。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

好評【ご意見紹介】


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

今朝は早起きするつもりだったんですよね。そして、いつものように8時8分8秒にブログ記事更新するつもりでした。
いつもならアラームを設定して寝るのですが、よほど疲れていたのでしょう、すぐ寝入ってしまいました。私の「つもり」は見事に失敗しました。
連日、朝から晩まで飽きもせず、”森友学園、籠池理事長”と報じられるわけだが、籠池理事長も野党の皆さんも「・・つもり」があるのでしょうけどね、その通りになるとは考えられません。私は早起きもできないのに・・・、彼らには相手のあることですから、何事も思惑通りには進まない。現に小学校開校のつもりが、4月開校は不可能になったではありませんか。野党の皆さんのやっていることだって、果たしてどのような結末になるのでしょうか。

さて、三連休くらいは文章を精読してみたい。拙ブログコメント欄に頂いたご意見を紹介いたします。
私は身贔屓もあるにしても、拙ブログコメント欄が一番面白くてタメになる読み物だと思う。例えれば、☆ ☆ ☆ ☆ ☆ です。




ヘイトスピーチ抑制法は安保法制採決の取引だった
最近の「ヘイト」多用は、理念法である表題の法を恣意的に使用し、左翼の道具にするものですが、ここに至った背景を見る必要があるようです。在特会に関係する団体へ、現行戦術が逆効果になることを恐れて以前に意見を送りました。国際法と国際情勢、左翼の行動から説き起こしたもので、長い論考です。コメントに書くのが憚れますが、今回特別に容赦下さい。政治の継続性という国際政治の基本からいけば、ここに書いた過去事象が現在の安倍内閣の公式発言にいかに縛りをかけているか、オバマ氏が日本の左翼主導の宣伝を鵜呑みにして日本を蔑んだかの原因がわかると思います。これを正常化するのに我々には何が必要か、思考する必要を感じます。
ーーー以下、過去記述論考ーーー
ヘイトスピーチ解消法及び表現の自由の制限に関する確立法体系その他  平成28年6月19日  

「ヘイトスピーチ解消法」の論難根拠を「言論の自由が最優先、言論の自由がすべての人権を担保している」という見解に置くのは“戦術的には”誤っている。国内法(憲法及びそれまでの関係法令と最高裁判例)では“制限”判断が確立してきたからである。又、日本で効力を持つ国際法は明文規定で制限を課すことが示されている。特定の権利項目を「他を凌駕する無制限の“権利”」とした場合、他の権利項目を脅かすのは明らかだから、相互間の調整を図るのは当然の法理とされてきたのである。そして、冒頭に掲げた法の執行は示威行動(デモ)に係るものでもあったから、これに関係する角度からの見方も必要とされる所である。この観点から関係国際法の、特に「人種差別撤廃条約」批准後に起こった諸変化は、留意し追跡する必要がある。詳細は、“3.国際法と日本政情との関係”を参照されたい。

1. 表現の自由(言論の自由)の憲法規定
 国内法では従来から、「表現の自由が無制限ではない」という法理が確立している。これは、この権利を保証した現行憲 法の条文とも矛盾せず、最高裁判決では制限基準が示された。
(1)この権利を保証する現行憲法の条文
 第21条では「【集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密】集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自 由はこれを保障する。②検閲は・・(略)
(2)前項の制限を明示する条文
 第12条【自由・権利の保持責任とその濫用の禁止】この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力に  よって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のために これを利用する責任を負う。
 第13条【個人の尊重と公共の福祉】すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権 利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限の尊重を必要とする。
(3)前3項の条文を含む、第3章・国民の権利及び義務の基本的な考え方
 「基本的人権」と総称されるすべての権利は、この第3章に集約されている。本章の冒頭は第10条から始まり、国民の 要件と次いで基本的人権の性質についての大枠の思考が述べられてから、この12条と13条が続く。ここで示されるの は「権利」全般の扱いに関する要件であり、「最大の尊重」ではあっても「無条件、制限なき権利」は存在していない。 以降に14条から40条まで各種の権利条項が続くが、これ等権利のすべてに対し網羅的に12条と13条が被さるの  は、諸権利相互間の衝突を防ぐ目的に他ならない。表現の自由(言論の自由)も当然に他の権利条項との調整が必要にな る。さらに、憲法規定から導かれた「権利」(プライバシー、幸福追求権、日照権、等)もまた、同様である。
 “明治憲法”の権利条項が「法律の範囲内で認められる」と条文化されているのを捉えて、所謂「戦後民主主義者」が、権 利の抑圧と見做したのは誤りで、権利相互の衝突を調整する機能を法律に依存したと見るべきである。現行法はそれを事 件毎の裁判に依存してきた。「明治憲法」に対する前述の「蔑視」はプロパガンダの一翼だった。何故なら、そのような 「蔑視」感を示していたのは、日本社会党、共産党に顕著であって、共に(旧)ソ連を理想化した者達だったが、ソ連憲 法は明治憲法と全く同様の権利規定だったにも関わらず、全く等閑視していたことからも明らかである。

2.「表現の自由」の権利制限に係る判例と学説
(1)学説紹介引用
  学説は、裁判所判例とともに進捗するものであって、学説が裁判を支配しないことに
  留意すべきである。同時に引用学説もまた執筆学者の見解を反映している。以下引用
  『表現の自由は第一にランクされるべき人権と言えるが、無制限に保障されるわけではなく、対抗価値との調整が問題  になる。学説では、表現の自由の性格に鑑み、二重の基準の理論や、・・・(中略)・・・、事前抑制の禁止の法理な  ど、かなり厳格な違憲審査基準が提唱されている。表現の自由に関する事件は、表現内容に対する規制が問題になるタ  イプと、表現の時、所、方法の規制が問題になるタイプに分けることができる。前者は、さらに、猥褻的表現、名誉棄  損的表現、営利的表現、反国家的表現等に、後者は、さらに、選挙活動における表現、パブリック・フォーラム、集団  示威運動等に細分できよう。以上の他、情報収集行為が問題になった事件、メディアへのアクセスが問題になった事   件、プライバシー侵害が問題となる表現が問題になった事件もある。』(新・判例憲法 三和書房)
  “表現の自由は第一にランクされるべき人権”と言うのは引用書籍の著者の見解であることに注意しておくべき。かつて  の 60年安保その後の新左翼達が担った反体制運動の過激で暴力的な部分が事件となり、自治体条例や破防法、大学正  常化の特別措置法などで訴追された左翼運動者の主張は、殆ど憲法21条を盾にしたものであった。法曹界、特に日弁   連、左翼的学者がこれら団体の支援側に立っていた。このような見解での高校・大学教育やマスコミの肩入れが行われ  ていたから、その反映と見るべきかも知れない。
(2)判例紹介
   表現の自由に関する調整あるいは制限を正当とした判例を幾つか例示するが、判決詳細は判例集等の学術書籍に譲っ  て項目のみを挙げる。「ヘイトスピーチ解消法」で現出した状況は、示威行為の事前抑止の適法性と、刑法にいう「名  誉棄損」が“名誉権”との調和を立法的に計っている二点が主として関係している。

    -名誉棄損との関係-
  ・夕刊和歌山時事事件(最高裁判決:昭和44・6・25)
  ・月刊ペン事件(最高裁判決:昭和56・4・16)
  ・北方ジャーナル事件(最高裁判決:昭和61・6・11)
  何れの事件でも、最高裁は名誉棄損の成否を個別に判断するものの、「表現の自由」を制限すること自体を否定してい  ない。調整の観点からの判断である。従って、法理としての「表現の自由の制限」は合憲として確立している。

    -示威行動との関係-
  ・東京都条例判決(最高裁判決:昭和35年・7・20)
  ・新潟県条例判決(最高裁判決:昭和29年・11・24)
  ・徳島市公安条例判決(最高裁判決:昭和50年・9・10)

  何れも、デモの制限に関して合憲とする最高裁の立場ではあるが、これらはデモ行進実施後に条例を根拠に訴訟になっ  ていて、事前抑制ではない。
  「ヘイトスピーチ解消法」での川崎地裁の「仮処分」によるは、デモ行進の立ち入り範囲を制限したものであり、近年  の「ストーカ防止」と同様の法理が適用されたものと考えられる。学説に言う「事前抑制の禁止の法理」の関与する“表  現の自由”の範疇にはされなかった。しかし、警察許可の下で行われた「渋谷デモ」が反対派の“妨害”によって中止に追  い込まれた箇所は、反対派を「憲法21条に定めた権利の侵害」として訴訟できる可能性は高い。しかし、デモ実行当事  者が訴訟を起こさない限り、問題にはされない。そして、この場合は憲法21条の「言論の自由」の範疇ではなく、示威  行動にかかる権利侵害に当たるだろう。

3.国際法と日本政情との関係
 国際法では、明示的に権利制限が謳われており、日本での効力も発生している。国際法の一般原則では、事前に通告した 留保を除き批准後は国内法に優先するものとして、関連国内法の必要な改正と、新規法整等が必須になる。「憲法至上主 義」に陥った戦後日本の通弊として特に9条のからむものでは、憲法優先か国際法優先かが政治的思惑で利用されてきた 面がある。このためか、国際法の一般理解に乏しいように思われる。フランス憲法では条約と国際協定の関係で一つの章 があり、その中には“国際協定に違憲の条項があると憲法院が判断した場合、憲法改正まで、批准・承認してはならない(要旨)”とあって、厳格に規定されている。日本の現行憲法は98条の②にそれらしき規定はあるが、同条で「最高法規」 規定があるのだから、前後で矛盾している。さらに、国際法の批准の前に違憲性のチェックを法専門の立場から行う独立 部署が無いのも、外圧を受けやすい「憲法の弱点」となっている。
 本項末尾に日本で効力を持った国際法の「ヘイトスピーチ解消法」(以下、「解消法」と略す)との関係で特に重要だと 思われる部分を記載した。
 “いわゆる自由権規約”の19条は、表現の自由が制限されることを明文で示している。この規約の他の条項に掲げられてい る、権利条項毎に制限事項が明示されている。権利間の優劣は無い。だから、2.(1)の引用学説の冒頭見解は既に有 効ではない。
 “いわゆる社会権規約”では、権利の行使が差別的であってはならないこと、と権利制限の条件が各権利を包括する形で明 示されている。

 1966年12月16日に国連総会で決議されたこれら二つの規約自体は、日本国憲法と整合させるのに違和感はない。国会承 認は1979年/昭和54年6月6日であり、日本国の留保は現行法制及び政策に違う部分を除外などしている。
 権利の制限は最高裁判決でも行われており、権利間の優位劣位の関係は無かった。

 しかし、“いわゆる人種差別撤廃条約”は日本国の留保を勘案したとしても、国内的な影響は相当なものがあると考えられ る。まさしくこの条約こそが、「解消法」の法源になっているからである。前述の二つの規約に先立つ1965年12月21日 の国連総会決議が、何故1995年/平成7年12月1日になって日本の国会承認になったのか?
 この時は自・社・さきがけ連立での村山内閣であった。翌年の平成8年1月5日に村山内閣は退陣している。このあたりに 焦点を当てる必要があるだろう。それは、死刑廃止運動が“自由権規約第二議定書;死刑の廃止をめざす、市民的及び政治 的権利に関する国際規約の第二議定書”の承認を通じて国内法を転換させようとする、日本の一部団体の国連を利用した海 外活動を展開する姿に似ている、それも国民の多数意見を無視する形で。約1年半の村山内閣を通じての政策は「戦後50 年衆議院決議」と「戦後50年の首相談話;いわゆる村山談話」に代表される中・韓・朝への異様な謝罪と恭順姿勢だっ  た。
 平成7年の、自民党宮沢内閣退陣一日前の8月4日に出された(いわゆる「河野談話」)で、日本の“反日団体”やマスコミ に先導された韓国政府との慰安婦・政治闘争に完敗した日本の政権は、非自民6党連立の細川内閣に引き継がれた。細川 首相は内閣発足翌日(8月6日)最初の記者会見で「先の戦争は“侵略戦争”」と明言し、8月15日の戦没者追悼式で「アジ ア近隣諸国などの犠牲者に哀悼の意」を表明、次いで8月23日、初の国会所信表明演説で“「侵略行為や植民地支配」に「深い反省とおわび」の意”を表明した。9月4日に社会党委員長が初の韓国訪問(注:社会党は政権に就く前まで、韓国を 国家と認めず北朝鮮を正統としていた。拉致事件も小泉首相訪朝で金正日が“自白”するまで、事件存在自体を否定し悪辣 な宣伝との公式見解だった)、11月6日に細川首相が韓国訪問、金永三大統領と会談して“「加害者」としての「反省と陳 謝」”を表明している。細川政権発足に先立つ5月17日には“焼却された”と見做されてきた「華人労務者労務者就労事情調 査書」が“発見”されて「強制連行」の証拠とされた。この推移は、平成4年の1月の宮沢首相訪韓の5日前になって朝日新 聞が、「陸支密大日記」の中の“派遣軍は慰安募集での悪徳業者に注意せよ”という通達(前年12月に慰安婦強制連行説の 牽引者だった中央大学・吉見義明教授が防衛庁図書館で“発見した”と称する資料)を、“軍関与”という曖昧な表現で“軍の 強制”を印象付けた大型記事を出して、歴史を支配した過程と似ている。
 宮沢喜一・加藤紘一・河野洋平という自民“リベラル・親中韓三大トリオ”が日本人の反日団体に唱和して“虚説”を正当化 し、朝日が「椿事件」で政権を転覆し、細川内閣が“侵略”・“植民地支配”・“従軍慰安婦”・“強制連行”を事実化し、村山 内閣がこれを公式化して、果てしない「謝罪、賠償」の実行準備(平成7年4月7日、五十嵐官房長官が“従軍慰安婦”への 償いに民間団体設置構想を発表)を行い、そして、3党連立構造のままで政権を引き継いだ橋本竜太郎政権が「いわゆる お詫びの手紙(元慰安婦の方々に対する内閣総理大臣の手紙)」を添えて、韓国人元慰安婦に金銭補償を行ったいわゆ  る“アジア女性基金”(女性のためのアジア平和国民基金)(民間募金5億円、政府支出50億円)に繋がって行った。
 日本国内では、1992年/平成4年頃には、いわゆる“慰安婦強制連行説”は疑われ、専門家の間でこの説を支持する者はな く、吉見教授の発明した「広義の強制」に読売・産経を除く全国紙は流れ込んで行く。一方、日本の“反日団体、一部   NGO、反日学者・弁護士グループは中韓朝の組織と組んで、何も知らない欧米を舞台に虚偽を宣伝して行った。西岡力・ 東京基督教大学教授の研究に依ると、『国連人権委員会の窓口がNGOにも開かれていることを利用して、戸塚悦郎弁護士 が“性奴隷”を取り上げるように要請したのが、国連提起の最初である。戸塚はその後毎年、韓国団体と組んで、人権委員 会とその下にある「差別防止少数者保護委員会」(略称:人権小委員会)さらに人権小委員会の下で活動する「現代奴隷 制作業部会」に執拗に働きかけた。国連の人権関係者にすれば、日本人が会議のたびにわざわざ出かけてきて、自国の政 府を糾弾するのだから、慰安婦問題はとんでもなくひどい蛮行だと思うようになったのだろう』と言う。1994年/平成6 年、国連の人権委員会は「女性に対する暴力に関する特別報告官」にスリランカのクマラスワミ女史を任命した。同女史 は1995年/平成7年7月から日本、韓国、北朝鮮で実地調査を行った。そして、翌96年、国連人権委員会は反日日本人団 体、韓国団体、北朝鮮の宣伝を基に虚偽にまみれた「戦時の軍事的性奴隷問題に関する報告書」を採択して、日本政府  に“法的、道義的責任を取るように勧告”したのである。村山政権の行った「人種差別撤廃条約の承認」は海外での慰安婦 問題の展開状況とほとんど連動している。日本の真面目な学者が朝日・吉田清二と吉見教授の広めた“慰安婦強制連行”説 をようやく日本人一般意識にも虚偽だと認識させつつあるとき、反日日本人側(団体、NGO、左翼学者・弁護士)は欧米 や国連を舞台に、完全なフィクションを拡大・宣伝し、“日本の行った深刻な「人権侵害」「奴隷制度実施」「人種差   別」”にすり替えることに成功していたのだ。それから20年経って、2015年/平成27年は国連人権委員会の勧告対象国が 順送りで日本の番がまた回ってきた。ここに向けて、周到な日本非難への“盛り上げ”が中・韓・朝のあからさまな連携を 隠すことなく、米国を舞台に行われてきたことは最早公然となった。米下院での日本非難決議、慰安婦像の米国・豪州へ の設置拡大運動が燎原の火の如く世界への広がりを見せている。反日日本人の日本国内の活動方向は「人権・差別」に収 斂してきている。村山政権時代に社会党支援団体の中心の一つである日教組は、学習指導要領の容認と日の丸・君が代棚 上げを大会決議した。しかし、昨今の日の丸反対論拠は「少数者(つまり韓・朝の在日永住権者)の人権を脅かす」と主 張するようになった。大阪市大の朴一教授は「在日の犯罪に対しては実名報道を排除、顕彰報道では実名報道」をせよ  と、人権と差別を根拠に主張している。慰安婦もまだ日本国内ですら完全に誤りを払拭できていない。平成27年の朝日新 聞による「吉田清二証言取り消し」も“慰安婦強制連行”の有無など超越した「人権、差別問題」にすり替えられた今と  なっては、捨てても大勢に影響がないほど「小さなこと」に変化したからだろう。最初に火を点けた植村隆朝日元記者へ の非難・追及もまた「人権侵害」に転化されて160人の支援弁護士が、非難した人間すべてを告訴すると脅迫(彼らは正 当行為だと思っているだろう)している。欧州への中東からの難民・移民問題に事寄せて、反日日本人の団体は彼らと在 日永住者をリンクさせた「人権」問題に収斂させて、欧州の極右と日本の保守系活動を同一視させてはいないか。菅政権 時の中国漁船による日本巡視船衝突事件の後の、保守系団体の日の丸行進を、ニューズウィーク誌は「The New Cold   War」と題して、日本右翼の台頭として報じた。では問題の条約(いわゆる人種差別撤廃条約)第1条【人種差別の定  義】はどうなっているだろうか。

 「4 人権及び基本的自由の平等な享有又は行使を確保するため、保護を必要としている特定の人種若しくは種族の集団  又は個人の適切な進歩を確保することのみを目的として、必要に応じてとられる特別措置は人種差別とみなさない。た  だし、この特別措置は、その結果として、異なる人種の集団に対して別個の権利を維持することとなってはならず、ま  た、その目的が達成された後は継続してはならない。」とある。

 在日永住権者を“保護を必要としている種族の集団”だと見做す宣伝が行き届きさえすれば、“在日特権”と称する事象も“人 種差別とみなさない特別措置”だとすることができる。既に、30年以上にわたる反日側の“意図した、あるいは意図せざる 連携又は共同謀議”によって形成された巨大な虚偽の構造が確固たる“事実”に化けている。ここまで肥大化させた反日側に 属する者とマスコミの罪は死んでも償えない程ではあるが、鵜呑みにした大方の一般日本人も無罪ではないだろう。政府 一人に責任を求めるのは酷かも知れない。いわゆる在特会のストレートな行動は、気持ちは理解できるとしても、この虚 偽の構造の仕掛けた罠に自ら足を突っ込んだと言えるのではないだろうか。最初に“事件化”された京都朝鮮学校による市 有公園の無断占拠を追求するために学校へデモするのは正当であるとしても、マスコミによってその行動外観が“保護すべ き外国籍の子供への不当な暴行”だと印象操作された。
  各地のデモでの有田芳生国会議員率いる「しばき隊」との衝突は、「在特会は欧州極右と同じく、出自を根拠にして排 撃する人種差別主義者」を、体を張って阻止する「しばき隊」のヒューマニズムという構図に転換されている。「解消  法」はこの構図が動因となって作られた実定法であることは間違いない。一旦成立した法は、議会を通じて改定・廃止す るしかないのだ。在特会が今後も同じスタイルで行動を続けて行けば、「解消法」はさらに強化され、人種差別撤廃条約 の求める“犯罪”認定の方向に行くことは、殆ど間違いない。これは、反日側の思う壺ではあるまいか。実定法と効力を  持った国際法への認識を改め、映像的外観がどう操作されるか見極めて、発言や行動形態の戦術転換は必須である。さも なければ、味方にすべき、保守・愛国側への刃に変わる。そして、保守・愛国側も反日側の築き上げた手法を充分に研究 して、連携して対処戦術を作り上げる秋である。
 以下に、言及した国際法の重要要点を記載する。

**************************************************************************************
「市民的及び政治的権利に関する国際規約」(いわゆる自由権規約)
(国連総会決議2200A附属書)(日本:1979年/昭和54年・6月21日批准書寄託、9月21日効力発生)
『第19条【表現の自由】
1 すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。
2 すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら 選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。
3 2の権利の行使には、特別の義務及び責任を伴う。したがって、この権利の行使については、一定の制限を課することが できる。ただし、その制限は、法律によって定められ、かつ、次の目的のために必要とされるものに限る。
(a) 他の者の権利又は信用の尊重
(b) 国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護』

「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」(いわゆる社会権規約)(国連;前述規約と同じ決議)
(日本:前述規約と同一の批准と効力発生)
『第2条【締約国の義務】
2 この規約の締約国は、この規約に規定する権利が人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見、国民的若しくは社会 的出身、財産、出生、又は他の地位によるいかなる差別もなしに行使されることを保障することを約束する。
 第4条【権利の制限】
 この規約の締約国は、この規約に合致するものとして国により確保される権利の享受に関し、その権利の性質と両立して おり、かつ、民主社会における一般的福祉を増進することを目的としている場合に限り、法律で定める制限のみをその権 利に課することを認める。』

「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」(いわゆる人種差別撤廃条約)
(国連総会決議2106附属書)(日本:1995年/平成7年・12月15日加入書寄託、翌年1月14日効力発生)
『第4条【人種的優越主義に基づく差別と扇動の禁止】
 締約国は、一の人種の優越性若しくは一の皮膚の色若しくは種族的出身の人の集団の優越性の思想若しくは理論に基づく あらゆる宣伝及び団体又は人種的憎悪及び人種差別(形態のいかんを問わない。)を正当化し若しくは助長することを企 てるあらゆる宣伝及び団体を非難し、また、このような差別のあらゆる扇動又は行為を根絶することを目的とする迅速か つ積極的な措置をとることを約束する。このため、締約国は、世界人権宣言に具現された原則及び次条に明示的に定める 権利に十分な考慮を払って、特に次のことを行う。
(a) 人種的優越又は憎悪に基づく思想のあらゆる流布、人種差別の扇動、いかなる人種若しくは皮膚の色若しは種族的出  身を異にする人の集団に対するものであるか否かを問わずすべての暴力行為又はその行為の扇動及び人種主義に基づく  活動に対する資金援助を含むいかなる援助の提供も、法律で処罰すべき犯罪であることを宣言すること。
(b)人種差別を助長し及び扇動する団体及び組織的宣伝活動その他すべての宣伝活動を違法であるとして禁止するものと  し、このような団体又は活動への参加が法律で処罰すべき犯罪であることを認めること。
(c)国又は地方の公の当局又は機関が人種差別を助長し又は扇動することを認めないこと。

 日本国の留保
 日本国は、あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約第4条の(a)及び(b)の規定の適用に当たり、同条に「世 界人権宣言に具現された原則及び次条に明示的に定める権利に十分な考慮を払って」と規定してあることに留意し、日本 国憲法の下における集会、結社及び表現の自由その他の権利の保障と抵触しない限度において、これらの規定に基づく義 務を履行する。』

 ike注)本条約は、差別の認定や是正措置を人権委員会の裁定と勧告に委ねる内容になっており、
 主権の一部を譲渡するものでもある。反日勢力側は常に2つの方法を使ってきた。それは、国内の多数派工作が出来てい るときには“民意”を正当化し、少数派の時は国際機関に食い入って、国家を凌駕して使嗾するという手段である。村山政 権の犯した悪事を認識すべきだ。





耕運機1

昨日は所用のため指宿に行ったので、ミニ耕運機を積み込んで鹿児島に持ってきました。今日は市内の畑を耕します。明日は指宿の物置に返します。大忙しです。

皆様も良き最高の休日を!


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

ティラーソン米国務長官来日


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

安倍首相が森友学園に100万円寄付したのだそうな。
籠池理事長のキャラもあってか、センセーショナルにこれが報じられます。専門家が言うには、首相が学校法人に寄付しても、公職選挙法上は何ら違法性はない。また政治団体が寄付しても、政治資金規正法には出費に関する規定すらないという。安倍首相は寄付を否定しています。

ここ数日、菅野完という”物書き”が、籠池理事長の代弁者か伝言者か何だか分からないが、あと七つ爆弾があると言う。菅野の意図は分かりません。どんな爆弾発言でしょうね。
100万円、爆弾、こんなことをTVや大新聞が大々的に取り上げることでしょうか。安倍首相が国有財産売却に関与したのではないか、という憶測、いわばゲスの勘繰りであり、こんなゲスが極まった話題は「アサヒ芸能」「週刊実話」「週刊金曜日」、女性週刊誌あたりでひっそりと、ネチネチと、シコシコと書けばいい(笑)。国家の安全や国民生活に関係ないところで。


さて、ティラーソン国務長官が来日し、安倍首相、岸田外相と会談しました。首相表敬訪問は通常30分だそうですが、1時間に及ぶ会談になったそうです。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031600846&g=pol


ティラーソン

米長官は米国の北朝鮮政策について「過去20年間、失敗した」と指摘した。これはアメリカのみならず関係国すべてに言えることであり、全く正しい認識です。今の北朝鮮を見ればよく分かります。拉致・核・ミサイル、どれも一歩も進展していません。北朝鮮のやりたい放題ではありませんか。

対北朝鮮では日米間で戦略目標を共有することが重要だとし、圧力強化が必要との認識で一致した。そして、「あらゆる選択肢がテーブルの上に乗っている」と説明したというのです。その選択肢のひとつとして、米国の北朝鮮のテロ支援国再指定なのでしょう。先日の米韓軍事演習で行われた金正恩斬首作戦の訓練も圧力になりましょう。中国を動かす、とも言っています。これまでの失敗の原因は中国と言っても過言ではありません。6カ国会議の議長国でありながら、会議は閉店休業状態でありました。この国が癌ですよね。

とかく威勢のいい掛け声が目立つトランプ政権ですが、対北朝鮮政策に関しては、私は期待できます。それよりも心配なのは日本です。何ができますか?経済制裁?それは過去失敗したのです。
余談ながら、昨日も国会会期中であると言うのに、国会議員の先生方が大挙大阪に行き、首相夫人が寄付したとか言ってましたが、誠にご苦労様です(笑)。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
[ 2017/03/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)