日本人の顔じゃない


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

富山県氷見市の本川祐治郎市長(49)は9日、市役所で記者会見し、パチンコ会社の男性役員と面会した際「日本人の顔じゃない」などとする趣旨の発言をしていたと明らかにした。
http://www.sankei.com/affairs/news/170309/afr1703090042-n1.html

パチンコ会社役員は一体どんな顔していたのでしょうね。まさか東方神起とかドンゴンとかヨン様似ということはないでしょう(笑)。我らは大体想像はつきますよね。日本人離れしたお顔だったのでしょう。でも、市長は明らかに「朝鮮人」と言ったのではないでしょう。フランス人やインド人を想定しての発言だったかもしれません。私はその場に居たわけではないので、いつものとおり、分かりません(笑)。

市長は「行き過ぎた発言だった」とその場で謝罪したそうです。相手に謝罪したのであればそれでいいではありませんか。どうして記者会見まで開いて、多くの市民に謝罪する必要があるのですか。

パチンコ店の外観の変更を求めるためにパチを役所に呼んだ際の発言です。市長は「交渉の一環としてそのような態度を取ってしまった」そうです。パチンコ店の外観が地域にマッチしない異様なものだったのでしょう。市長の要求は当然のことであり、外観の是正は市民も願うところでしょう。市民に感謝されるべきことをやって、なぜ市民に謝罪し、再選出馬まで取り下げるのですか。

建築物はその地域と調和するように設計士さんは知恵を絞るのでしょう。それができないやつと市長は交渉して、その過程で、「アノ建物は日本の街並みにそぐわない、ここは日本だ、あんただって日本人の顔をしてないな」と、あくまでも私の想像ですが(笑)、この発言のどこが差別的ですか!

この程度を差別的発言とされたら、会話が上手く成立しないような気がします。日本人は元来、対話者に気を使い、角の立つようなことは言わないのです。誰かが言ったが、不倫、いや、言語は文化だ。こんなこと言われて、生粋の日本人が怒る、というのは分かります。差別というよりも侮辱です。ところが日本大嫌いなパチの人たちは言われて悪い気はしないはずですよ。むしろ日本人でないことが光栄ではありませんか。
「南京虐殺40万人」と日本人を貶めるのはまかり通って、「日本人の顔じゃない」が差別的発言とは、我らはどんな言葉を使い、どんな日本人になれば世界の皆さんに喜んでいただけるのでしょうね。

蛇足ながら、市長は出馬して必ず当選していただきたい。




カイコン8

ここを何とかしないと、一夏越せば立ち入りもできない藪になってしまいます。燃やしてしまえば楽でしょうが、ご近所様の手前、それはできません。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2017/03/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)