北ミサイルで住民避難訓練


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

連日の”籠池劇場”も最近は見様によっては茶番劇、猿芝居かもしれない。登場人物からして、出来の悪い韓流ドラマのようでもあります。

さて、日本初の住民避難訓練が行われました。これには韓国、米国、中東らの海外メディアも取材にきたそうですよ。

北朝鮮ミサイルで避難訓練=秋田・男鹿市で初実施-政府
政府は17日、北朝鮮の弾道ミサイルが日本に飛来する事態を想定した初の住民避難訓練を秋田県男鹿市で実施した。北朝鮮は近年、ミサイル発射を含む挑発行為を活発化。核の小型化・弾頭化の恐れも指摘されており、政府は訓練を通じて国民に警戒を促すとともに、安全対策に万全を期す。
 訓練は17日午前9時半から始まり、他国が弾道ミサイルを発射し、秋田県沖の日本領海内に落下する事態を想定。北朝鮮の名指しは避けている。
 訓練では、政府が全国瞬時警報システム「Jアラート」や緊急情報ネットワークシステム「エムネット」を通じ、秋田県と男鹿市にミサイル発射や落下予測などの情報を伝達。同市が防災行政無線などで住民に知らせ、実際に住民を小学校と公民館に避難させた。
(2017/03/17-09:52時事通信http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031700183&g=pol

住民の中には「このクソ忙しい時に、あの野郎、豚ジョンウンのせいだべ」とおっしゃる方もおられたかもしれません。私は秋田県出身の先輩や友人がいるけど、滅多に秋田弁を耳にしたことはないから、これを正調秋田弁で何と言うのか分かりませんが(笑)。
私はこの訓練を決して茶化すつもりはありません。ミサイルが陸地へ飛んできた場合には、小学校や公民館に避難しても、空から落ちてくるものは落ちてきます。住民の皆さんが掃除中にミサイルが発射されたという想定だったようです。
かつて、竹ヤリでグラマンやB29と戦う日本(人)と揶揄されたわけだが、どことなくそれに似ていないか?

漁民の方が仰っていましたが、先の4発のミサイルの時はTVで知ったそうですよ。着水後20分経過していました。これが陸上だったら大惨事、何のための訓練か訳わかりません。サイレンと同時に、いつどこでミサイルが発射され、何分後にどこに着弾予定、すぐ避難してください、とアナウンスがあるべきです。当然、避難場所も防空壕とかシエルターになるのでしょう。

このような事態は緊急事態、まさに有事ですね。ここまでやると戦争のための住民訓練反対!という声が上がるかもしれません。政府もやりにくい面もあります。私は基本、このような訓練はすべきと考えているんですよ。
沖縄の島々に外国人武装集団が上陸といった想定の訓練を自衛隊はやっていますが、住民の訓練も必要でしょう。わが町で銃撃戦が行われるかもしれないのです。それに、基地があるから戦争になれば真っ先にわが町は敵の攻撃を受ける、と言っている人たちもいます。本気でそうお考えならば、そのような地域では基地が完全撤去されるまでの間、有事の際の自衛隊や住民の訓練を転ばぬ先の杖として行うべきではありませんか。
勿論、国家としては最悪の事態を避けることが何よりも優先されるべきです。しかし、誰かが言ったように、日本が戦争を放棄しても世界は戦争を放棄してくれません。




耕運2

昨日は時折小雨の降る中、市内の畑を耕した。6段の段々畑の上から下を望んで撮影。果樹が大きくなったら畑を止めようと思うが、枝を切り取ってゆくやつがいるので、5年経っても樹は小さい。畑ができてよかった、・・・でもないのです。毎日、腸煮えくり返っていますがな(笑)。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/03/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)