いまなお蔓延るWGIPの嘘


人気ブログランキングへ 一日一回、クリックお願いいたします。

にほんブログ村

新緑の季節になりました。
シイタケ栽培の原木にするクヌギを1年前に植えました。夏には周囲は竹藪となり、蔦が蔓延り、これらに覆われていたので立ち枯れしたのではないか、と心配していたが、何とかしぶとく生きていました。これを買うとき、園芸店の販売員は「いやー、5・6年もすれば使えますよ、そして切り口にはまた新芽が出てきます」と確かに言った。私は5・6本購入しようかと考えたが、翌年これを挿し木で増やそうと決めた。しかし今の状態では枝を切るに忍びない。挿し木は来春からにしましょう。シイタケに使えるまで10年はかかりそうですよ。若いころの10年は大したことはないが、中高年にとっての10年は・・・・。人それぞれの想いがあるでしょうが、それでも私は死ぬまで樹木を植え続けることでしょう。

薩摩では藩政時代の一時期に、農家には畑に5本の漆の木を植えることが義務付けられたそうですよ。果実は藩の財政を助けました。農民にとっては畑に日陰を作る、木が畑の水を吸い上げる、仕事が増える、ということでちっともいいことはない。それでも勘のいい農民は多く収穫しようとして、大きく枝を切り詰めたりします。古木になると収穫量が落ちるそうですよ。すると藩命に背いたとして、死罪に処せられた者もいたそうです。「農民」という言葉は比較的新しい言葉のようですが、「農人」「農夫」という人たちは割の合わないことでもやるのです。



クヌギ2


さて、昨日、千葉県民のOさんよりこの本を戴きました。
関野通夫「いまなお蔓延るWGIPの嘘」(自由社、500円+税)。
帯には「WGIPの嘘が招いた日本の混迷、WGIP騙しのテクニックをすべて解明」とあります。
序章 シールズに参加した若者たちの将来
一章 自虐思想の成立と拡大、そして日本人が騙されるパターン
二章 日本人が騙されるパターン別の実例
三章 欧米人と日本人の思考法の違い
四章 日本人が騙されやすい理由と、その改善への提言

是非、ご一読あれ。


ブック


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/05/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)