パチンコ入場制限


人気ブログランキングへ 一日一回、クリックお願いいたします。

にほんブログ村

また北朝鮮がミサイルを打ち上げました。
韓国新政権誕生の祝砲なのか、米国・中国・ロシア・日本に対する何らかのメッセージなのでしょうか、どのような意図があるのでしょうか。北の最高司令官に訊いてみなければ分かりません。しかし、これは実験であり、北の核ミサイル技術は確実に向上しているのではありませんか。
日本政府はこれを”脅威”だと言っているのですが、相変わらず「どこの国が攻めてくるというのですか!憲法改悪反対」と叫んでいる人たちがいるのでしょうか?

さて、私は「何でも反対」ではありません。カジノもその依存症対策も概ね賛成です。

パチンコ入場禁止を制度化へ 依存症対策、家族ら申告で
政府、与党は、パチンコや公営ギャンブルの競馬などで深刻な依存症に陥った顧客に対し、事業者が入場禁止措置を取れる制度を導入する方針を固めた。国内のカジノ解禁を踏まえた依存症対策強化の一環。本人や家族の申告を基に適用する仕組みを想定している。関連法改正も視野に入れ、今夏までに制度の骨格を固めたい考えだ。政府関係者が13日明らかにした。
 政府が3月に発表した面接調査結果によると、生涯で依存症の時期があったと疑われる人は2.7%。調査対象が大都市に偏っているとの指摘があるが、国勢調査のデータに基づく単純計算で約280万人となる。
(5月14日、共同通信)

人はみな大なり小なり何かに依存しているのではないでしょうか。中には偉大なる依存症と呼べる人もいるかもしれません。しかしながら、ギャンブルに異常に打ち込んで、生活が破たんする依存症もいるようで、その数280万人とは驚きました。
逆にギャンブルなんかやらない、やっても自分のお小遣いの範囲で楽しんでる、という方が圧倒的多数であります。家族や他人様に迷惑をかけないようにやりたい人はやればいい、やりたくない人はやらなくていい。極めてシンプルで当たり前のことです。

外国のカジノではすでにこのようなことが行われているようです。日本のパチンコ産業はすでに世界の全カジノの売り上げをはるかに超えています。これまでこのような規制がなかったのが不思議ですねえ。
私は基本、好きなことを好きなようにさせてやればいいじゃないか、と思いますが、ギャンブル依存症とそのご家族の悲惨な姿を見たくありません。




バナナ10

一人前のバナナに育っています。土が乾燥しないようにワラを敷いてみた。水だけではなくて気温も関係していたのかもしれません。

バナナ9

4本とも大なり小なり緑の芽をだしてきた。余談ながら、日本語の「大なり小なり」という表現はいいですねえ。嬉しい、しかも感動だ。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/05/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)