2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

裏口入学


人気ブログランキングへ 毎日一回、クリックお願いいたします。

バカ息子を裏口入学させるとは、とんでもない親バカがいたものだ。斡旋したブローカーとバカ親・文科省前局長は逮捕されました。通常の裏口入学の手口はブローカーにお金を渡すのでしょうが、この親バカは高級官僚という地位を利用して東京医科大に便宜を図った。収賄容疑だそうだ。

一方の贈賄側は大学の理事長(77)と学長(69)が容疑を認めているが逮捕はされていません。特捜部は捜査に協力していることや高齢などを考慮し在宅で調べている。今どき、77歳や69歳が高齢と言えますか?大学の要職が務まるような元気な人をどうして逮捕しないのでしょう。捜査に協力ということですから、特捜部が何を契機に捜査を始めたか分からないが、大学理事長にたどり着いたときに素直に吐いて、つまり自白して司法取引みたいなことになったのではあるまいか。バカ親は職務権限がないとか言って否認しているのかもしれません。

私も私の子供たちの大学受験でも医学部なんて全く選択肢にありませんでした。だって、中学校でのカエルの解剖にも気分が悪くなりましたからね。報道等で知ったのですが、東京医大は学費だけで3000万円ですって。そんな大学に16倍の競争率だそうだ。日本には富裕層が多いのですね。私の友達にも子息を私立医学部へ入れた奴がいますが、これまで学費のことを尋ねたこともありませんでした。奴らも富裕層ということになります。「奴ら」と気安く呼べないような雰囲気になってきましたよ(笑)。
それだけの大金をつぎ込んでも元の取れる職業でもあるのでしょう。我らとしては元を取り返そうと必死な人のとこへ通わなければならないとは、複雑な心境です。もしかして、彼らには我らはネギをしょったカモに見えるのかもしれない。勿論、冗談です。

息子はバカではないかもしれません。実力で合格し、さらに加点されて成績優秀者として学費免除奨学生になったのかもしれません。それでも贈収賄罪は成立ですが。

話が逸れました。
文科省は前川喜平の天下り斡旋で大騒ぎしていたはずです。それでも前局長は我が身を戒めたり律する事はなかった。全国の大学を指導すべき立場の文科省の局長が息子を不正入学させるとは言語道断。バレなければ東京医大には1億5000万円の助成金が支払われることになった。税金を使って我が子を裏口入学させたも同じではありませんか。官僚は腐敗している。
結局、前川に懲りなかったのだから、今にして思えば前川に対する処分が甘かったのでしょう。前川は8000万円の退職金を手にしたと言うではないか。

同じ罪を犯しても、それが国家公務員や人の生命にかかわる職業の者であれば2倍の刑罰に処すべきですね。たとえば死刑ならば、二度死んでもらおうじゃありませんか(笑)。
しかしながら、野党の皆さんやマスコミはま~た政権批判にこの件を結びつけるのでしょうね。ウンザリだぜえ。





167ヒマワリ

ブドウ、柿、リンゴ、サクランボ、キューイ・・・・枝を揺すればコガネムシがボタボタッと落ちてきます。ヒマワリの花びらも食べられています。ヒマワリの種を採って鳥の餌にしようと思う。

187グァバ

グァバに沢山の実が付いた。グァバは人間の健康のためにあるような木だ、とどこかで読んだ。熟れたらジュースにしてみよう。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/07/06 ] 未分類 | TB(0) | CM(13)