2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

「お母さんを応援」に違和感??


人気ブログランキングへ 毎日一回、クリックお願いいたします。

雨による被害は平成最悪だそうだ。「平成30年7月豪雨」と名付けられた。
被災地では茶色の濁流が流れていましたが、市街地ではこの汚泥は悪臭を放ちます。建物内部や家財道具を洗わなければなりません。浄水場の機能が失われていれば、まず水に困ります。水道が活きていてもみんなが水を使うからチョロチョロとしか出てきません。それでは洗い流すどころか、飲料水も不足します。

の経験では、最初に届くのが日本船舶振興会や競輪振興会の救援物資です。20年以上たった今でも我が家には競輪のマークの付いた毛布がありますから、質はかなりいいものなのでしょう。家でいただいた箱には日用品や子供の喜びそうなお菓子類、大人には煙草やウイスキーまで入っていました。痒いところに手が届く、というか被災者の困窮を心得ています。手慣れたものです。私はその時以来、誰が何と言おうとも公営ギャンブルは絶対に必要だと思っています。
私はIRも大賛成です。テラ銭を国家や地域のために使えばいいのです。ギャンブル依存症が問題になりますけど、そもそも人は皆、何かに依存して生きているのではありませんか。私はギャンブルには依存しません。しかし世の中にはギャンブル依存症の人もいるでしょうよ。その人たちが破滅しようが死のうが、それもまたその人の人生であります。好きなように生き、そして逝かせてあげればいい。

上自衛隊の給水車が来たときには私もポリタンクやバケツを持って並びましたよ。感動しました。国家が救援活動をしているのですから、これほど心強いものはありません。元来好きでしたが、以来、大好きです、自衛隊。

が大分逸れました。私の場合、豪雨の数週間後に台風が上陸して、せっかく洗い流したのにま~た床上浸水してしまいました。二度目は私の母の教え通り、曳いてゆく水に泥を流してゆきました。わが母は川内川の流域で生まれ育ち、何度も川の氾濫に遭ってきて、そのような知恵を持っていたのでしょう。
まあ、防げるものは防がなければなりません。民主党政権時代に「コンクリートから人へ」と叫ばれたのですが、あれは悪政でした。毎日のように事業仕訳の様子をこれでもかというくらいTVで観せられました。あの小憎たらしい顔(笑)。

近のNHK世論調査によれば、内閣支持率は不支持率を上回ったようです。政党支持率では自民驚異の38・1パーセントで立民は7・5パーセントだそうだ。立民は桁をも違ってませんか、0・75パーセントじゃないの?
私は自民党員でもなければ、安倍信者でもありませんが、実によい傾向だ。安倍三選、そしてその間に後継者を育てていただきたい。河野太郎とか・・・あと咄嗟に思い付きませんが。

連日連夜、寝ても覚めてもモリカケでは、ねえ、国民もウンザリでしょう。そんなに疑惑を解明したかったら、細野モナ男の5000万円借り入れ問題を明らかにすべきではありませんか。金融会社の議事録も後から偽造されたものだと言うではありませんか。疑惑は更に深まった。

ちゃん本舗のおしりふきをご存じでしょうか。、商品のパッケージに「全国のお母さんを応援します」というメッセージが書かれているそうです。これが気に喰わないというか、違和感を持った人が居て、署名サイトで5000人の署名を集めたそうですよ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00010005-huffpost-soci

ーカーさんはパッケージの変更に応じたそうです。いや、はや、お母さんたちは「母親だけを、子育ての当事者にしない社会にしたい」だと。
おしりふきは赤ちゃんのためだけにあるんやない。おじいちゃんやおばあちゃんのお尻も拭くんやないの?数ある利用者の中で特に「お母さんを応援します」と書いてあるのだから、お母さんは喜ぶべきではないか。
たかが商品の宣伝文句にいちいち反応することはない。どういう性格してるのでしょう。

我らはその違和感に違和感を持ちます。こんにちは赤ちゃん、私がママよ♪という歌がありました。これだって母親だけが育児を担っているようだから、二番の歌詞には「私がパパよ」を入れろ、三番には「私が婆よ」4番には・・・ときりがない。
赤ちゃんの産み主は、お母さんであることは間違いのないところです。出産の前には夫婦の共同作業もありますけど、当然ながらお父さんは絶対に産めません。厳密に言えば、お母さんの役割は他に代役は務まりません。お父さんは母乳も出ませんしね(笑)。

父さんやお婆さんはあたかも母親であるかのように、お母さんになり替わって育児をさせていただいているだけなのではありませんか。お母さんはその赤ちゃんにとって育児のチャンピオンです。王様です。母親だったらそのくらい自覚しなくっちゃ。
全国のお母さんを応援します。それて誠に結構なことではありませんか。お母さんが応援されれば、お父さんも元気よく育児ができると言うものだ。

婚姻において男女は同権と言われるけれど、当然ながら育児においてはお母さんとお父さんは同じではない。





187バナナ3

三房目のバナナは葉も多いせいか実も大きいようだ。

187バナナ4

袋掛けとつっかえ棒、支柱を立てた。




水交1

私、「水交会」の会員になりました。さっそく会員証と会報が送られてきました。
私もいろんな会に属していますが、これだけは皆様におすすめです。私はこれまでは海自関係者だけしか入会できないものとばっかし思っていたのです。有志として会員になれます。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/07/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(11)