FC2ブログ

おおさか維新議員、男性の手を噛む


人気ブログランキングへ 最初でポチッ!ポチッ!

にほんブログ村

サウジがイラン大使館を空爆し、また、北の大将が花火を打ち上げたというのに、古い話題で申し訳ありません。

おおさか維新・丸山衆院議員が飲酒トラブル 男性の手を噛む 幹事長、厳重注意処分に
おおさか維新の会の丸山穂高衆院議員(大阪19区)が昨年末、東京都内で飲酒した後に複数の男性らともみ合いになり、相手の手を噛むトラブルを起こしていたことが5日、わかった。同党は同日、丸山氏を馬場伸幸幹事長からの厳重注意処分とすることを決めた。
 馬場氏が同日、丸山氏から事情を聴いたところ、「居酒屋から出てきたところ、複数の人に絡まれて口論になった。先に殴打されて首を絞められたので、反射的に手を噛んだ」と説明。「両者ともその後に警察へ行き、被害届などは出さないということで和解した」と話した。丸山氏自身も足の骨にひびが入るなどのけがを負ったという。
 関係者によると、現場は東京都大田区のJR蒲田駅周辺。
(1月5日、産経新聞)

「手を噛む」とありますけど、私などガムみたいに噛んだ、という印象を受けます(笑)。が、人間が人間に噛みついたということですね。犬や熊、或いは自分ちの赤ちゃんに噛みつかれる場合もあるでしょうね。或いは自分の奥さんに噛みつかれたという情けない宿六さんもいらっしゃる。この場合は物理的に歯でどこかを噛んだと言うよりも、奥さんの怒りの矛先を受けてしまったということでしょう。逆に、奥さんに「噛んで、もっと・・・強く・・・」などと言われて、ガブリと本気で噛みついた旦那さんもいるかもしれない。どういう意味ですか!(笑)。その時の状況がある、ちゅうことですね。

丸山議員は噛まずに舐めてやればよかったのに。相手は男ですが(笑)。
冗談はさておき、その場の状況としては、丸山議員は複数の人に絡まれて口論になった。そして、先に殴打されて首を絞められたので、反射的に手を噛んだ、ということのようです。

丸山議員は殴られ続け、首を絞められ続けばよかったのかといえば、決してそんなことはありません。身の危険を感じたでしょうから、当然、自己防衛しなければなりません。噛みつくという原始的な方法ではなくて、せっかく相手は組んでくれたのだから投げ飛ばしてやればよかったのに。そこいらまでは正当防衛の範囲だと思いますよ。倒れた相手に馬乗りになって、手に持っていた物で相手の顔でも殴れば、過剰防衛の謗りを免れない。
議員であろうと、誰であろうとも、歌の文句じゃないけれど、男ならやってみな。

私は自衛権を行使した議員を非難すべきではないと思います。この件で一番悪いのは議員に暴力を振るった酔っ払いです。その次に悪いのは、丸山議員のお連れ様ご一行でしょうよ。口論が激しくなったときになぜ止めに入らなかったのか。殴った奴を取り押さえて、警察に突き出せなかったものか。それも出来なかったら、丸山議員の味方をして、ともに戦うべきではありませんか。そして、その次に悪いのは通行人です。他人様が殴られているのになぜ止めないの?
私は丸山議員に同情こそすれ、とても非難する気にはなれません。

     @ @ @ @ @ @ @

14122411.jpg

平成26年12月撮影。

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment