FC2ブログ

人殺しのための国防予算


人気ブログランキングへ クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村

共産党の藤野保史政策委員長の「国防費を軍事費、人を殺すための予算」という発言に我ら国民は怒っているわけだけれど、時間が経っても怒りは収まりません。この場合には時は解決してくれません。共産党のこのような発言は今に始まったことでもありません。遥か昔、そうですね神代の昔から共産党は変でした(笑)。
共産・藤野氏発言「自衛隊に助けられた」 地震被災者は猛反発…民進陣営から悲鳴「共産共闘は間違いだった」

私も平成5年に被災したことがありました。床上1メートルほど浸水しました。自衛隊の給水車を見たときには涙が出るほど嬉しかった。あゝ、これで助かった、と実感しました。警察・消防の皆さんは頼りになるし、今思い出しても感謝なのですが、国の軍隊が支援にやってきてくれたとなれば格別の想いがあります。国民としてこれほど心強いことはない。

自衛隊は70年近く戦闘行為はありませんでした。従って一人の戦死者もいない。また、敵に向けて一発の銃弾も撃ってはいない。自衛隊は世界一平和な軍隊ではありませんか。
仮に戦争で敵兵を殺しても殺人罪には問われません。敵戦車を破壊しても、褒められはしても器物破損罪には問われません。軍隊を人殺し呼ばわりしていたら、国防軍は成り立たないのではありませんか。少なくとも抑止力にはなりませんよね。
抑止力がない、だ~から、毎日のように中国船が尖閣へやってくるのでしょうね。

さっきから軍隊、軍隊と・・・・自衛隊は軍隊ではない、とおっしゃるのであれば、憲法9条2項を変えるべきだ、という立場になっていただきたい。世界の常識からして、誰が見ても実質国防軍です。そして、誤解のないように申し上げますが、自衛隊員も我ら国民も誰一人として戦争したいと言う人はいません。これは大前提です。

今回の件で共産党は100万票減らしたという人が居ましたが、私は500万票減らすべきだと思う。投票日まで何回もこの話題を蒸し返すべきです。


カボチャ15

市内の畑のカボチャはうどん粉病の気配はない。今のところ順調だ。ここは指宿に比べて日当たりは悪く、土地も肥えてはいない。初期のころは肥料不足くらいで育てるのがいいのかもしれない。原産地では肥料もない場所に自生していたのでしょうから。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここでPIPU!

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



9 Comments

花渡川 淳  

ponchさん、見張り員さん、アジシオ次郎さん、 Gくんさん、菜穂子さん江

こんばんは。コメントありがとうございました。

こちらは土砂崩れ警戒が出されたくらい、毎日大雨です。去年も6月は毎日雨でした。今年は雨の降らなかったのは3日間だけだそうです。
いやあ~、参りましたねえ。昨夜は夜間徘徊(友邦ブログ訪問)を終え、椅子から降りて床に伏したらそのまんま朝まで眠ってしまいました。たたんだ布団の上に寝てました。
途中おおきな雷鳴で何度か起こされました。これで分かったことは、人間は意識がなくとも、耳は聞こえているのでしょうね。多分、目も瞼さえ閉じなければ、無意識の中でもしっかりと役割を果たしているのでしょう。今夜あたり、薄目で眠って見ましょうかね。誰かが近づけば驚いて目が覚めるかもしれません。

>ポル・ポト
近隣諸国から舐められないためには、日本もポル・ポトさんのような人を防衛大臣にすればいいかもしれません(笑)。

>まったくふざけていますね
>自衛隊に対する誹謗中傷以外の何者でもない
9条お花畑、他力平和、念仏平和、空想平和、まあ、平和な人達ですね。

>小池百合子代議士
なぜ今日だったのか、この人なりの読みとタイミングがあったのでしょう。自民党都連も他にいい人いないと思います。見つけられません。この人も石破さんに付いてから、要職から遠ざかっていますので、新天地で頑張っていただきたい。

>捕虜として扱われる
全く仰る通りです。敵兵を殺しても殺人罪に問われかねません。共産党の方がよほど人殺しですね。
カボチャも雨続きでどうなりますことやら。

2016/06/30 (Thu) 00:03 | EDIT | REPLY |   
菜穂子  

こんにちは♪

軍隊になると、もし隊員がある国の捕虜になった時に、
捕虜として扱われるけど、
自衛隊員ですと、公務員ですね。
ですから、ある国に捕虜となっても、捕虜として扱われないので、
彼らの命を守られないですね。
共産党などは、自衛隊の命を守らねばといっていますが、
大いなる矛盾になるとおもうのですが・・・。

かぼちゃの葉、活き活きとしていますね。PP!

2016/06/29 (Wed) 16:29 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

速報

小池百合子代議士、都知事選への立候補表明です。

自民党の党内調整を待たずに宣言しました。小池氏なりの計算があったのでしょう。党は都連を含めて桜井氏擁立(本人難色)で調整中でした。今後・小池氏でまとまるのか!?ひと波乱あるのか!?注目です。

2016/06/29 (Wed) 12:35 | EDIT | REPLY |   
アジシオ次郎  

おはようございます。

自衛隊に対する誹謗中傷以外の何者でもないこの発言、当の共産党はどうも問題視してないと言うか、ふざけてるとしか言い様がありません。

2016/06/29 (Wed) 08:45 | EDIT | REPLY |   
見張り員  

おはようございます

まったくふざけていますね。どれほど謝罪しても許されるわけないですよ。私は許す気なんかないし。
こんなこといって国民の不安をあおろうとしてるんでしょうがその手に乗るか!そもそもが憲法九条があるから日本は平和なんです、というまさに法ないお花畑思考がもう変ですよ。私はいつも言いますがそんなものが国を守るならどうして世界中で同じものを作らない?作らないのはそんなものでは泣漏れないというのがわかってるからでしょう?
今まで日本が何とか安泰だったのは米国との安保があったればこその話で、ではその安保を破棄したら…当然日本だってきっちり今以上の軍備を整えなきゃあっという間に中国当たりの餌食です。
その辺がわからない(わかろうとしない)連中、日本民族を危機に陥れたという罪は重いです。

通州事件を忘れたか!!

2016/06/29 (Wed) 08:33 | EDIT | REPLY |   
ponch  

やっぱり共産党は頭おかしいですね。
自衛隊よりも共産党の方がよっぽど人殺してるだろがといいたくなります。
共産党の頭のなかでは、スターリンのレッドパージも毛沢東の文革もポル・ポトの大虐殺も
連合赤軍もよど号ハイジャック事件も無かったことになってるんでしょうか。

皮肉にもポル・ポトの大虐殺が終わったのも、
ベトナムのカンボジア侵攻でポル・ポト政権が倒れたからだと聞きます。
侵略者が敵国の人民の命を救ったというのも皮肉な話だと思います。

2016/06/29 (Wed) 01:44 | EDIT | REPLY |   
花渡川 淳  

causalさん、 Gくんさん、今日もお元気で・・・

そのお元気を私もちょうだいしています。コメントありがとうございます。

>人を殺すための予算
そのうち死刑判決を下したり、死刑を執行する法務省も人殺しのための予算、と言い出すのではありませんかね。奴らにとっては、思いやり予算も人殺し予算になってしまいますわな。

>パヨク
笑っちゃいますねえ。
ここは中国の領土だ。まあ、オウムのように言っているのですが、お題目主義、教条主義と言えますね。
ついに奴は更迭されました。惜しい人を亡くしました。投票日までは続投してもらいたかった、ホントに惜しい。次はガソリーヌだ(笑)。

2016/06/29 (Wed) 00:17 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

causalさんの投稿も拝読いたしました。”人を殺すための予算”、共産党幹部のこの人とか、その支持者の多く(いわゆるパヨクといわれる人たち)は、この発言のどこが悪いと、悪い発言との意識はないようですよ。そこがパヨクといわれる所以です。

管理人さん!本文中で「抑止力」のコトバを使っていますが、これをパヨク連中に使っても無駄です(中道ないしは保守の国民に対しては説得力がありますが)。逆に言えば、「抑止力」を信じない連中が「パヨク」なのですよね~!(笑・経験則)。ホントは抑止力については、「信じる・信じない」の話しではないのですが。

尖閣も、中国の海上警察の船が、領海侵犯を繰り返しています。性質が悪いのは中国公船は、”ここは中国の固有の領土、お前ら(日本海保船)が出て行け” ですからね。領海のパトロール気取りです。「自分の物は自分の物、他人の物は自分の物」を地で行っています。

2016/06/28 (Tue) 17:52 | EDIT | REPLY |   
causal  

警察予算を「人を殺す予算」と言ってるのと同じ

おはようございます。
共産党が「国防費」を「軍事費」と言い張るのは、「国防に使う予算をも反対する危険な党」と言われたくない為の苦しい方便ですね。「警察予算」を「人を殺すための予算」と言っているのと同じ。
公安監視に怯えている党の本音が出ましたw 警察も自衛隊も暴力装置なのですね。共産・ミンチン村では。
仙石が「自衛隊は暴力装置」だと言い、訂正した上、謝罪に追い込まれた過去を知らないのでしょうかね。
このぼんぼんはwww
「自衛隊は暴力装置」…仙石官房長官が失言
http://japanese.joins.com/article/063/135063.html

2016/06/28 (Tue) 10:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment