FC2ブログ

殉職自衛官追悼式


人気ブログランキングへ  宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村

自衛隊の殉職隊員追悼式が22日午前、防衛省で行われ、安倍晋三首相、稲田朋美防衛相と遺族ら約370人が参列した。首相は追悼の辞で「み霊は使命を果たし大きな足跡を残した。犠牲を無にせず遺志を受け継ぎ、国民の命と平和な暮らしは断固守り抜く。世界の平和と安定に貢献するため全力を尽くす」と述べ、献花した。
 追悼式では、公務による死亡が昨年9月以降に認定された隊員31人(陸自7人、海自12人、空自10人、防衛大1人、防衛医大1人)の名簿が新たに慰霊碑に奉納された。殉職隊員は自衛隊の前身の警察予備隊が1950年に発足して以降、1909人となった。
(10月22日、時事ドットコム)

産経新聞によると、追悼式に出席した野党議員は民進党の大野元裕参院議員だけだった。国会では自衛官の身の安全を心配する質問をした人たちが何たることだ、けしからん、とまでは書いてはいませんが。
私は、追悼式という性格上、饒舌にはなれませんが、共産、社民、山本太郎と仲間たち改め何党でしたか、このような人たちは別に来なくていいよ、と言いたい。自衛隊についてどれだけ批判をしてきましたか。特に共産に至っては長年自衛隊の存在が違憲と言ってきました。

例えば自衛官が銃弾に斃れた、つまり戦死したら、我らは御霊は靖国にお祀りされると考えるのだが、実はやはり市ヶ谷で慰霊されるようですね。当の自衛官やご家族がどのようにお考えになるのか。中には父や祖父と同じ靖國で・・・とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。それなら私はそうしてください、とお願いしたい気持ちだ。勿論、私は第一に戦死者が出ないことを願っていますが。
その時は追悼式にも出てこなかった野党が大騒ぎ、いや、日本国中が大変な状況になることでしょう。日本軍ではなくて自衛隊ですから「戦死」という言葉も靖國もないのかもしれません。戦後の日本では「戦死」について語られてこなかったような気がします。そりゃそうでしょう、建前上は軍隊ではないということでしたから。私個人は戦死者の慰霊・追悼は靖國だと思います。

最後になりました。私は殉職自衛官に心より敬・礼を捧げるものです。






ツキヨ

お月様の下に在るのが指宿の知林ヶ島です。屋根の葺き替え工事や農作業を済ませて、帰るころはこんな時間になってしまいます。昨日はあいにくの雨で、何もやることがない。昼食の弁当を食べたら温泉に浸かり、3時半ごろには帰ってきました。本日も雨のようで、多分、久しぶりに家でゴロゴロでしょう。


人気ブログランキングへ  お忘れならば、ここでクリポチお願いします。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

花渡川 淳  

causalさん、見張り員さん、あやかさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

>ミルバ
見る婆ではありませんで、カンツォーネで素敵な休日が過ごせました。
月といえば、我らの世代は「月の法善寺横丁」、「お月さんこんばんは」ですがな。
台湾語バージョンもあるでよ。これが三味も尺八もコブシもコロンコロン効いて、尻上がりによくなり、どえりゃあ面白い。
https://www.youtube.com/watch?v=aGQsPEx1N1A

>靖国神社
靖国神社も各県護国神社も元は招魂社ですから、どちらにもお祀りされていることになるような気もしますが、今後の問題ですね。
靖國で会おうと言って散った英霊、靖国に祀ると言った国家との約束であって、たまたま敗戦したからと言って、国家の戦没者慰霊の場を変えてはいけません。
親や祖父がそうであったように子孫にも継承されないと、靖国はいつの日か単なる遺跡、観光名所になってしまうかもしれません。

>護国神社
先にも書きましたが、護国神社にお祀りすことができる殉職自衛官は靖國にもお祀りできるはずだ、と私は考えるのですが・・・。結局、自衛隊が国防軍でないからできないのでしょう。それと中韓を意識した人たちがいる。政教分離を主張する人たちもいます。
私は8月15日には護国神社、上京した折には靖国神社参拝は欠かしません。それだけではなくて、行った先に神社があれば参拝します。

2016/10/24 (Mon) 00:30 | EDIT | REPLY |   
あやか  

ありがとうございます

殉職自衛官追悼式に参列されたかた、ありがとうございます。
私もこの場から、追悼、遥拝いたします。
それから、私も詳しいことは存じませんが、殉職自衛官のかたは、護国神社に、おまつりされてるそうですよ。ーーただし、制度的にすべてそうなのかは知りませんが。。。。。。
やはり、靖国神社にも、おまつりしていただきたいですね。
靖国神社の初代宮司は、長州藩出身の、青山清というかただと、うかがっています。
安部首相も、長州のかたですから、その、こころざし、ご理解お願いしたいです。

2016/10/23 (Sun) 14:12 | EDIT | REPLY |   
見張り員  

こんにちは

所詮あんな野党はその場限りの言葉しか吐かないんですよね。なんだかんださんざん『自衛艦の命をどう思ってるんだ』とか偉そうなこと言っておきながらこういう場には絶対出ない。
大野さんとおっしゃる議員さんだけがまともな思考だったのだと思うとなんだか寂しい気がしますが一人も出ないよりは良かったとすべきでしょうね。
さて今後、自衛官が海外で「戦死」したときどうなるのでしょう。靖国神社に祀られるのか否か、これは勉強会でも論議になりましたが靖国神社は自衛官の合祀は今のところ考えていないようです。靖国神社はあくまで「大東亜戦争」までの戦没者を祀るというスタンスのようです。厳密に、元も子もない言い方をすれば自衛隊は「国軍」ではないからかな…と思います。ですから不幸が起きた場合は市ヶ谷で、となるのでしょうね。私としてはやはり国のために「戦死」したならば靖国神社に祀ってあげてほしいと思います。それがどうしても無理というならその方の出身県の護国神社ではいけないのでしょうか…。
この問題は今後真剣に論議されるべきかもしれません。むろんいうまでもなく戦死ということが一件も起きないでほしいです。ただ、最悪のことは常に想定しておくべきことですから。
国のために落命したひとを丁重に慰霊するのはどの国においても当然なのですから、「靖国がどうだ」「護国神社はこうだ」とつまらないこと言わないでほしいですよ。
日本人てそんな魂の部分さえ劣化した民族と思われたかないですからね。

2016/10/23 (Sun) 12:58 | EDIT | REPLY |   
causal  

こいつら「自衛隊の命を守れ」と言ってませんでしたっけ?

おはようございます。
「自衛隊の命を守れ」と安保法施行前にデモした「SEALDs」と「学者の会」の連中も来なかったのでしょうね。
詐欺師ですね。言ってる事とやってる事が違うんで内科医 ?
http://www.asahi.com/articles/ASJ3F5TCCJ3FUTIL017.html

>お月様の下に在るのが指宿の知林ヶ島です。
拙者の懐メロ魂に火が点きましてw
お月様に因んだ曲はIt's only a paper moon 1933年、Fly Me To The Moon 1956など数あれど…。
本日はGUARDA CHE LUNA (Look At That Moon)と言う1955年にヒットしたカンツォーネを。
邦題は「月光のノクターン」。
ミルバの唄うGuarda Che Luna
https://www.youtube.com/watch?v=6FEzx9q7IQ0
英語版もあるでよw
・Maureen Evans - Don't Want The Moonlight
http://www.youtube.com/watch?v=XnBI4ltzWjI
Jazz版もアルジャジーラw
・JULY JAZZ BAND in GUARDA CHE LUNA
http://www.youtube.com/watch?v=NxcjEwEb5dk

2016/10/23 (Sun) 09:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment