FC2ブログ

世論調査結果について


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

フランスの日刊紙パリジャンは3日、世界各地の大統領選や国民投票で昨年、世論調査がことごとく外れたことを踏まえ、世論調査結果の公表中止を決めたことを明らかにした。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017010300291&g=int


アメリカのマスコミもこれを見習わなければなりませんね。
日本の世論調査もマスコミ各社のバラつきがあります。私が思うに、各社誤差の限度を超えて、最大値と最低値の開きが大きい。それに比べて、選挙の出口調査は正確ですね。私も投票所を出たところでアンケートに応じたことが何回もあります。調査を依頼する人も余計なことは言わない。すみませ~ん、選挙についてのアンケートです、と紙一枚渡すだけです。そしてシンプルな質問に答える。誰でも直前に自分のやったことを書くのですから、調査結果は正確でしょう。だから、開票と同時に当選確実が出るのも分かります。

余計なことは言わない、ということは調査にとって重要ですね。電話の場合、拙ブログと同じで前置きが長い(笑)。なお今回の調査の個人情報の取り扱いにつきましては・・・などと言われると、もう、いい、って気になります。電話の先で、音声に対してなんで私が性別や支持政党他その理由までしゃべらにゃならんの、私は忙しい、と言って電話を切る人もいるでしょう。勿論、そんな人はカウントされません。
カウントされた人だって、今どき、昼間に固定電話に「もしもし、はいはい」言っているる人はどんな人でしょう。国民の主張を代弁するような人たちなのでしょうか。いろんな主張があってもいいのですが、最近の大勢は携帯電話やネットでしょ?ガラパゴスな人たちの意見に偏ってやしないだろうか。

私がいつも違和感を持つのは憲法改正の世論調査です。これは賛成・反対が拮抗しています。世論調査上はむしろ反対派が多数のようです。私的には不思議です。果たしてそうだろうか。私の知り合いは戦後民主主義・平和教育を受けた人たちが多いが、それでも改憲派が圧倒的に多数です。実体を反映してないと思いますが。だって、国会議員は改憲の発議できる3分の2以上いて、それを選んだ国民が少数派ということは普通では考えられません。物事はそう単純ではないとわかってはいますが、ひとつの考え方としては成り立ちます。
マスコミは世論調査を自分たちの都合おのいい結果に合わせ、結果論として、まあ、黄門様の御印のように使ってるのではないか。





ヤネ7

屋根の葺き替え工事がやっと終わった。あとコーキングしたり既存部分との接合部分を何とかしなければ、ブルーシートを外せません。
コロニアルを350枚くらい貼りました。釘は数千本打ったでしょう。下から上の方へ貼ってゆき、尾根の部分に手間取りました。私も事前に研究はしたんですけどね、どうにもうまく収まらない。各工程でやっぱり自分でやってみなければわからないことが沢山ありました。
加勢していただいた友達に感謝です。


ヤネ8

材料費は20万円かからなかったはずです。屋根の上から携帯を落としてしまい、それが痛手の4万5000円の出費でした(笑)。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

花渡川 淳  

causalさん、こんばんは

コメントありがとうございます。
>拉致問題
国民の生命・財産、尊厳・国家の主権は守らなければなりません。わが国民を拉致され、未だに取り返せません。これはすでに自衛戦争に敗けているのです。あのころ北朝鮮が・・・と言えば、「どこの国が攻めてくるんですか!」と怒鳴られました。三国人が悪さしてもお咎めなし。下手すれば逆に「差別だー」と糾弾されました。警察も関わり合いになりたくありません。外交問題になってしまいますから。そんな日本に誰がした。そんな平和ボケ社会を造ったのは現行憲法さんです。この体制下では拉致被害者を救済できません。もう議論はいいから行動するときです。行動できなきゃ行動できる人たちを応援するしかありませんね。
それで、GくんGlogコメント欄に書かせていただいた意見をここに掲載します。

こんばんは。
いろんなお考えがありましょうがね・・・。
現行憲法でも自衛戦争はできます。しかし敵地先制攻撃はできません。自衛隊にも長距離爆撃機とかそのような装備はありません。これじゃ自営戦争にも負けるのです。
憲法制定には日本を二度と立ちあがらせないようにGHQも仕込みをしたが、開戦に大きくかかわったコミュンテルンも仕込まないはずはありません。それで憲法の一言も変えられずに70年経過しました。政治家は最近になって改憲を語ることができるようになり、なんとか改憲の機運が高まってきました。ここに至って、あくまでも私から見れば珍説が出てきても、結果、改憲に水を差す、改憲阻止にしかなりません。
一番手っ取り早いのは9条2項の削除です。核兵器保有の100倍近隣諸国に対する抑止力になります。弱腰外交からも脱すことでしょう。

教育の場で平和教育はしても国防や国家の安全保障まで教えられないのが現行憲法です。それでいい、という人はそれでいいでしょうが、私は我慢なりません。日本や日本人の在り方の問題です。
このようなどこの国でもやっていそうなことを言えば、現行憲法下では戦争美化、賛美、極右、軍国主義者と非難されるのです。そんな世の中で果たしていいのだろうか。「そんな世」、とはそんな国の法体系下の世界としか言いようがありませんが。日本の長い歴史上、この憲法だけはダメです。

異議を唱えるとかいうのではなくて、好き放題言わせていただけであり、議論にはなりませぬゆえ返信に対する返信は致しません。笑止ください。

2017/01/26 (Thu) 22:16 | EDIT | REPLY |   
causal  

拉致問題が絡んでまいります

おはようございます。
憲法改正には保守派の中でも色々な意見もございやしょうが、拉致問題が絡んでまいりやす。
■北朝鮮拉致問題を見て、憲法9条改正や自衛権の拡大に反対する方々へ問いたい
http://youright.hatenablog.com/entry/2014/09/27/101723
要するに70年代の北は、9条ある限り日本は何も出来ないと安心し、数百名の日本人を拉致したって事ですね。
現在のシナの増長も然り。
昔も今も諸悪の根源-憲法前文、9条ですわな(石平さん風に)。一日も早く改正すべしですね。

2017/01/26 (Thu) 06:14 | EDIT | REPLY |   
花渡川 淳  

Gくんさん、おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

◎米新政権
トヨタにメキシコ工場を建てるな、と言っているようですが、トヨタの社長も日本の財界人も意外と冷静で、やっぱりメキシコに工場を建てるのではありませんか。日本に米軍駐留費をもっと払えと同様に、事情をよく知らないで短文で言ってしまったのでしょう。まだ選挙中のくせが抜けきらないようです。

日本企業が海外進出して国内が空洞化すると言うことで法人税率を下げようとしましたが、日本こそトランプの手法を使うべきでした。国内の雇用を守れ。当然のことです。

2017/01/06 (Fri) 23:43 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

世論調査は世論操作

今年初コメは、ここに付けます。 会社員(30)さんcausalさん管理人さんのコメも拝読いたしました。各社の世論調査の結果が、類似の項目でも誤差の範囲を超えています。調査メディアのバイアスが、かかっているのでしょう。いまの世論調査は、世論操作だとも思っています。管理人さんがおっしゃるように、小細工せず質問すれば信頼性が上がると思います。Gは、会社員(30)さんと同じで「できることをやってから」で、条文改正には反対ではないですけど消極的な立場です(自称「真の護憲派」です)。

1月20日からは、スーパーパワーアメリカの指導者が変わります。新政権の施政方針がわからない不安定な期間もあと10日ぐらいで終わります。米新政権が、どんな外交政策・経済政策を打って来るのかわかりません。Gはちょっとした不安を感じています。先ずは安倍‐トランプ会談に注目でしょうか。

2017/01/06 (Fri) 17:59 | EDIT | REPLY |   
花渡川 淳  

causalさん、、、、

「こんばんは」と「おはよう」の中間のような時間になってしまいましたので、
こはようございます。

コメントありがとうございました。31日より1日の休みもなく重労働でした。昨夜も遅く帰り、晩飯の後TVを観ながら椅子に座ったまま眠っていました。よくあることですが、昨夜は二度寝をしてしまいました。ということで返信遅くなりました。すまん。

>ブログ・ランキング50位
皆様のおかげです。いいブログにはいいコメント欄がありますから。

>国家・国民の生存権行使は無視。
そして、国民には主権があって、国家には主権がありません。

そしてまたIt Hurts To Say Goodbye は懐かしい、癒されるう~。

2017/01/06 (Fri) 01:40 | EDIT | REPLY |   
causal  

戦時占領憲法にさよならを告げるのが辛い

おはようございます。
進駐軍憲法ですか? 前文から9条。国民の生存権をうたい乍ら、最終手段としての国家・国民の生存権行使は無視。
矛盾と言えば聞こえは良いですが、精神分裂症の極みで、気持ち悪いですw やっつけ仕事でしたからね。
他の種を食い荒らす虎やライオンなどの猛獣が消滅し、人間界の猛獣も姿を消した未来では、進駐軍憲法も評価されるのかも知れませんが…。

話変ってブログ・ランキング50位、おめでとうございます。まだ上に「反安倍・コチジャン基地」や「朝鮮人がアブナイ!」なんてのが頑張っている事が理解出来ません。
今年は解散があるそうでして。民進党に「さよならを告げるのが辛い」ですぅw勿論、嘘・皮肉の類ですw
デイム・ヴェラ・リン (Dame Vera Lynn,)の歌う It Hurts To Say Goodbye
https://www.youtube.com/watch?v=loKu85lkm2c
カバー曲はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=TC4HSEDiLc4

2017/01/05 (Thu) 05:34 | EDIT | REPLY |   
花渡川 淳  

会社員(30)さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

仰る通り、世論調査は設問の内容で大きく変わると思います。
あくまでも以下、現実問題として、国民投票も国防費(私的には軍事費)のGDP2パーセントもかなりハードルが高いように思います。
基本的教育から始めるにしても反対する人たちがいてむつかしい。なぜ難しいかといえば現行憲法が存在するからです。
憲法を中心とした民法、商法、刑法、さらに教育に関する行政法や手続法といった現行憲法の法体系があります。
憲法の条文のみならず背景には法体系があります。

法律学は解釈学でもあり、いろんな解釈、学説があり、それを支持、反対あるから一筋縄ではイケません。改憲なくして日本を取り戻そうも、戦後政治の総決算もありません。戦後71年にもなり、これまで改憲を望み志半ばで亡くなった方々は無念であったでしょう。我らは無念の裡に死んで逝きたくありません。時間がないのです。

2017/01/04 (Wed) 23:15 | EDIT | REPLY |   
会社員(30)  

憲法改正の世論調査は質問の言い方次第で結果が大きく変わるでしょうね。
「憲法9条を守っていれば日本は平和だと思いますか」という質問には共産党員以外はNOでしょう。
しかし「今の自民党の改憲案に賛成ですか」という質問なら保守の間でも票は割れると思います。私はNOです。

遠回りなようでも憲法とは何か、現行の占領憲法はどのように成立したか、それに対して本来の帝国憲法はどのように成立したか、という基本的な教育から始めるべきだと思います。

憲法9条を改正しなくても防衛のために出来ることはあります。ポジティブリストをネガティブリストに変える、防衛予算をせめて国際標準のGDP2%(約10兆円)まで増やす(そのために財務省から予算を取る)などは、憲法を変えなくても今すぐにでも始められることです。

2017/01/04 (Wed) 13:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment