FC2ブログ

稀勢の里、優勝おめでとう!


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

キセノサト

遅ればせながら、稀勢の里関、初優勝おめでとうございます。そして気の早い話ながら、横綱昇進、お祝い申し上げます。優勝も横綱も長かったですね。待ちくたびれてそれで終わり、という最悪は避けられました。彼の場合は角界デビューも早かったですからね、ここまで到達するのがホント長かった。大器が花を咲かせてくれました。勿論、今後も横綱として活躍してくれるはずです。

私も昨日はTVで、久しぶりに表彰式を観ました。TVの前で起立して国家斉唱しましたよ。彼の中学時代の恩師がインタビューに応えていました。「教え子の努力する姿に私が教えられました」と仰っていた。なんと素晴らしい先生でしょう。
その人が誰であるかは、その人の周りの人を見ればよく分かります。

稀勢の里の祖父も曽祖父も絵描きさんで、祖母は彫刻家、お父さんはアマチュアボクサーだったという。NHK「ファミリーヒストリー」で稀勢の里一家を観たいものだ。
お父さんの萩原貞彦さんの手記が素晴らしい。

【稀勢父・貞彦さん独占手記】親心を吐露 「おめでとう」と言うより「気の毒」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000080-spnannex-spo

先代師匠の薫陶、最強横綱・白鵬を讃え、続く以下の文章は私には感動ものです。
< 現在の閉塞(へいそく)した時代、日本人としての気概に乏しくなった時代に伝統文化、様式美を具現化した相撲は、相撲を通じて礼儀、作法、道徳等の日本の良さを見直し、知らしめるという義務使命があるのではないでしょうか。
 また、上に上り詰めたときは自分もしくは家族のためということから手を離れて、国家のため日本の伝統文化に気概を持って伝承しなければなりません。>

お父様は71歳でトランプさんと同年代ですがエライ違いですね。日本人とアメリカ人という違いのほかに、人間としての品性が違います。文章もお父様の方が格調高い。尤も、トランプさんは長文は苦手なのかもしれませんが(笑)。
稀勢の里も偉いが、お父様も偉い、只者ではない。私もこの文章を引用後は「お父さん」が「お父様」に変わりましたからね(笑)。私はお父様とすれ違いざまに「お主、出来る!」と直感することでしょう。TVでご両親を見て、思った通りの方でした。この親にしてこの子あり、です。
そして、皆様すでにお察しのとおり、言うまでもなく、引用した部分は拙ブログの主張と底通しています。



人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



8 Comments

花渡川 淳  

ponchさん、あやかさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

>日本人横綱誕生
大分待たされました。それでもまだ外国人3、日本人1ですので、これを逆転しなければなりません。
相撲道と言われますが、稀勢の里には道がありますね。お父さんも。

>日本人全体が、もっと強く
その意味でも勇気付けられました。あらゆる場面ですべての日本人が強くならなければなりません。

2017/01/25 (Wed) 23:30 | EDIT | REPLY |   
あやか  

大感激

ひさしぶりに、日本人横綱がうまれて嬉しいですウ。
感激しましたア!
ほんとに、いい前兆だと思います。
日本人全体が、もっと強くなりましょう!

2017/01/25 (Wed) 20:15 | EDIT | REPLY |   
ponch  

稀勢の里の優勝と横綱昇進は久しぶりにめでたいニュースでしたよね。
自分も日本人として19年ぶりの日本人横綱誕生を慶びたいと思います。
子は親の鏡といいますが、稀勢の里のお父さんも立派な方ですよね。
お父さん、トランプ氏と同世代なんですねー。
品性のちがいは生まれ落ちた国のちがいもあるように思います。

2017/01/25 (Wed) 02:42 | EDIT | REPLY |   
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/24 (Tue) 14:57 | EDIT | REPLY |   
花渡川 淳  

河内山宗俊さん、Gくんさん、見張り員さん、こんばんは

コメントありがとうございます。

横審全会一致で横綱昇進を諮問しました。めでたし、めでたし。でもこれからが稀勢の里のふんばりどころですね。

>上位陣の休場が多かった
ほんと上位陣の休場と大関陣の不振、でも若手が台頭した場所でもありました。稀勢の里は小学4年の時にこう書いています。「天才は生まれつき。僕はもう天才にはなれない。努力して天才に勝つ。」これからも努力するのでしょうね。

>父親は”仕事”の心配をします。母親は”体”の心配
確かにそうですよね。うちの母親は私がそばに来ればドキッとすると言っていました。何歳になってもお金を貸してくれ、というバカ息子に。

>本物の日本人です
「国家のため」とはなかなか言えない言葉です。お父様は日本人の鑑です。
リンクをgooブログに変更しておきました。

2017/01/24 (Tue) 00:49 | EDIT | REPLY |   
見張り員  

こんばんは

稀勢の里、おめでとう!!
そして彼のお父様のお言葉の素晴らしいこと、これこそ本当の、本物の日本人です。どうか稀勢の里にはお父様のこの思いをしっかり汲んでより素晴らしい横綱、日本人として生きていってほしいです。

2017/01/23 (Mon) 22:12 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

いま横審で推薦が決まりました。あとは時間の問題です。お父さん>「気の毒」・笑です。 河内山さんも、これから先は引き際の美学< と深いコメントをしています。

つくづく感じるのですが、帰省でかえると父親は”仕事”の心配をします。母親は”体”の心配をします。そして母親は、息子の相撲をTVで見れないともいいます。父親・母親って役割分担があるようですね(笑)。母ちゃん想いの管理人さんはどう思いますか。

2017/01/23 (Mon) 18:09 | EDIT | REPLY |   
河内山宗俊  

待ちに待ちました

ほぼ横綱を手中にしましたが、これからが本当の試練なのかもしれません。
横綱は勝つことが当たり前、むしろこれから先は引き際の美学がもとめられる。
上位陣の休場が多かったとはいえ、昨年の大活躍。
精神面が課題ということは以前から指摘されていますが、
この優勝でもはやその心配はないと思いたいです。

2017/01/23 (Mon) 09:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment