2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

タイトルなし


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

「タイトルなし」だって、我ながら変なタイトルだと思う。いつもは記事を書いた最後にタイトルを付けますが、今回はまずタイトルを書きました。特に力説すべきことはない、ということでしょうね(笑)。

WBC侍ジャパンをTVの前で応援していました。二試合ともホームランで試合を決めたのではないか。対オーストラリア戦では1回と9回に1死2・3塁という場面があったが、どちらも無得点に終わった。こんな時に確実に点が取れるようになれば、侍ジャパンも強いでしょうね。こんな時、といえば、こんな時に大谷選手がいたらなあ、と思うのは私だけではないでしょうね。ガンバレ、ニッポン!

さて、↓この動画をご覧なりましたか。フランスのTVが日本を取材して制作した番組です。。3月1日にフランスで放映されたものだそうです。
http://www.france24.com/en/20170301-japan-nationalists-emporer-nippon-kaigi-japan-conference
(←クリック)

私も観ましたけどね、どうも英語に自信がありません。私は中・高・浪・大と英語は勉強してきたのですが、読解力はいい加減なものです。アバウトしか分かりません。正確に知りたいものですから、どなたかこれを翻訳してみてください。そして、私に教えてください。
ということで、「翻訳者募集」というタイトルにした方がよかったかもしれない(笑)。





フリージア3

もうすぐフリージアの花が咲くことでしょう。
花の色は黄色、赤、白とかありますが、これは黄色だったと思う。香りが強いのは黄色のような気がします。これが咲けばホントに春を実感します。


人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/09 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

causalさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

新しいキャラクター名ミン・シンと聞いたときにパンダではなかろうか、と思いました。
ミンミンとシンシン。明・清が妥当ですね。

(あゝ、お腹すいた、デカメロンパンをかじりたい。)
[ 2017/03/11 01:12 ] [ 編集 ]

「メロンの気持ち」 Corazon de melon (メロンの心)

 おはようございます。
新しいキャラクター名ミン・シン? なんか中国人みたいな名前w あっっ...(察し)【民進】新公認キャラ「ミンシン」発表、蓮舫代表が命名 旧キャラ「民主くん」は廃棄検討も“あまりに非情”と再就職先を探す
https://twitter.com/pichan0512

※明・清(秦)ですね。名は体をあらわす外人部隊w 朝鮮半党と言われておりまするw
振り向けば明日は社民党w
「最盛期は200人以上の大所帯を誇った。その栄光も今は昔。現在は衆参2人ずつの4人しかいない。」
http://www.sankei.com/politics/news/170310/plt1703100008-n1.html
いい加減に諦めろんwww 
「メロンの気持ち」 Corazon de melon (メロンの心)
https://www.youtube.com/watch?v=yNK_zPe4-g0
[ 2017/03/10 09:56 ] [ 編集 ]

causalさん、 ikeさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

>「カス場の女」
もう、一行目から笑いますがな。
1週間に一度は休みたいのですが、今週はお休みがなくて、脱力していました。おかげさまで元気が出てきました。
笑の心は母心、笑えば命の泉湧く、ワッハッハッハ。
背中の痛みが40日ぶりにウソみたいに消えたかと思えば、今度は腰痛です。実は、笑っても腰がイタタ。
「カス婆の女」作曲の久我山明先生は朝鮮半島出身者。差別なく、日本で才能を評価された人ですね。

>日本の帝国主義者達
さすがikeやんですね。
これは公平に報じている、という人が居て私は違和感を通り越して疑問を抱きました。
菅野完なんかに取材しています。今の時代に、日本に「帝国主義」はないでしょう。
>明人皇帝の退位容認に反対
古き良き戦前だったら、陛下のお言葉に反することはできないはずですが。
フランス人がフランスやヨーロッパの事情を踏まえて、フランスで受けるようなストーリーを造っているように、私は思います。

私も長年酷使してきた耳と目と下半身(笑)がガタガタになりました。
[ 2017/03/10 00:29 ] [ 編集 ]

題名なし

私は耳が悪い(広帯域難聴)ので、音声の聞き取りがうまくありません。おっとその前に大した英語力はないので、お役に立てず申訳ありません。ご提示の画像付属の文を見る限り、ひどい悪宣伝ですね。怒り心頭です。

「フォーカスプログラム」は世界からの独占的レポートをお届けします。
月曜~金曜:パリ時間午前7:45
最新更新:2017年3月1日

戻ってきた、日本の帝国主義者達
日本会議(いわゆるJapan Conference)は、この国で最も影響力のある保守圧力団体である。
そのメンバーたちは、日本人が戦中に起こした諸暴虐事件を否定し、皇帝ファミリーを中心とする新しい国家を作ろうと渇望している。現在、彼らは2018年のできるだけ早い時期までに、明人皇帝の退位容認に反対する計画をしている。

以上ですが、ひどい捏造記事ですね。しかも普通は「最も影響力のある」という場合、one of the most--- として、他の存在も考慮するのに、それもなく、「日本会議だけが最大の保守圧力団体だ」と書いています。
欧州の一般認識はこのように非常に偏ったものですが、最近はより頑なになってきています。米国も同様ながら、直接戦った当事者でもあるので、Fakeだけには依存しない面もある。いずれも、日本の左翼がうごめいたのが原因です。
日本会議への完全な偽宣伝は、英国Economist誌が先鞭をつけましたが、その動機は今もはっきりしません。
それを契機として、日本で「日本会議本」が多数現れたのはご存知の通りです。そして、その誘導方向は欧米リベラルと寸分違わない。反撃を安倍さんだけにまかせては敗退するのみです。オバマの誤解もひどかった。口先大統領だから仕方ないでは、偏見が固定化される。日本の危険をもっと知る必要はありますね。よい題材を提供してもらって有難うございます。

尚、ここではあえて「天皇」とはせずに、皇帝としたのは、日本天皇があちらでは真の姿ではなく、絶対主義時代の皇帝のイメージで認識されているのを明らかにするためです。
英語のemperorを日本語にするときに「天皇」と訳したら、その時点で誤訳に近くなりますが・・
戦前に日本天皇を欧州のそれと対抗するために、日本側がemperorとしたのが、間違いのもとなのですが・・・

[ 2017/03/09 18:45 ] [ 編集 ]

「カス場の女」

 こんにちは。
テーマは無いが時事問題と言うコードであればアドリブで良いと言う事ですね。お言葉に甘えまして。
♥ 蓮舫・れんほう@民進党‏認証済みアカウント @renho_sha
https://twitter.com/renho_sha/status/839265450504527872

「フェイクニュース、と言い放った自民党議員がいる。自民党議員が籠池理事長からお金の包みを出され陳情を受け
献金も受けているが。ならば、堂々と参考人として招き、真実を語ってもらうしかないのに、自民党、公明党は
参議院予算委員会での参考人招致を拒否。衆議院でも求める。」

“フェイクニュース”と言い放った自民党議員とは西田議員の事かいな~w
籠池理事長からお金の包みを出され陳情を受け、献金も受けていた自民党議員とは鴻池の事かいな~w
二重国籍問題もフェイクニュースと言いたいのかにゃ~w 違うだろw
ダイナシティの中山諭元社長と長年にわたって「黒い交際」(不倫スキャンダル)や暴力団フロント企業からの
献金も受けていたにゃ~w -社会面記事では朝日よりも格段の信頼の置ける東スポから-
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/594015/

「ならば、堂々と参考人として招き、真実を語ってもらうしかない」とは、自分の事かいにゃ~w
「人の振り見て我が振り直せ」と言う日本の故事ことわざを理解できないのだにゃ~w

名曲「カスバの女」をフェイクソング【”カス場”の女】に利用してすんまソですw(ヒヤアセ)
https://www.youtube.com/watch?v=zLCyHid8SC8

♪ 外人部隊の エリ立て白い服 (何故か白い服が多いにゃ~w)

■(朝日新聞社説)森友学園問題 国会招致が欠かせない
http://www.asahi.com/articles/DA3S12830372.html

「国会招致が欠かせない」のは朝日でしょw フェイクニュースの責任から逃れようと必死だなw

♪ 赤い国旗の踊り子の 今更かえらぬ 身の上を

こいつもパヨクの溜まり場「カス場」に入り浸り、現実逃避するしか精神の安定を保てない外人部隊だろwww

[ 2017/03/09 14:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kedogawajun.blog.fc2.com/tb.php/1785-a55be0ca