2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

駐韓国大使帰任へ


人気ブログランキングへ 宜しければ、クリックください。

にほんブログ村

約3カ月ぶりに長嶺安政駐韓大使らは韓国に帰任するのだそうだ。
結論から言えば、我らは到底納得できるものではありません。ソウル日本大使館前、釜山の総領事館前の慰安婦像は依然として撤去されていません。一体、何のための大使一時帰国だったのでしょうね。これを産経新聞では「『韓国側の行動次第』だったはずが…日本政府チグハグな対応」と書いています。
http://www.sankei.com/politics/news/170403/plt1704030057-n1.html

日本政府は黄大統領代行に期待しているようですが、5月9日には韓国大統領選挙があります。それまでに何かできますか、何らかの進展があったにせよ、新大統領はそれをひっくり返すに決まっています。それでもって新大統領の支持率は上がるのであり、日本政府は反日政権アシスト、或いはオウンゴールみたいなものです。

政府は「強い意志が韓国にも知れ渡った」と言うが、知れ渡っていません。知れ渡っていたら韓国側が何らかの行動を起こしたはずではありませんか。将来、日本大使召還のケースがあっても、韓国は何もしなくても二・三か月もすれば大使はまた帰ってくるということが知れ渡った。韓国に素晴らしい(笑)メッセージを与えたに等しい。

北朝鮮のミサイルに対する日韓の連携は必要だとしても、大使帰任は別問題でしょう。アメリカの駐韓大使だってまだ決まっていません。日米の大使不在でも、不都合なくここまで来たではありませんか。
こんな時こそ国会で、野党は外務大臣罷免を要求すべきではありませんかね。であるのに、100万円寄付したとかしなかったとか、事実は小説よりも奇なりとか・・・・(笑)。




フリージア4

フリージアが咲けばホントに春が来た、と実感します。当地では桜はまだです。今年の桜は観測史上最も遅い開花だそうだ。

バナナ3

パンパカパ~~ン!、今週のハイライト(笑)。
日曜日は内之浦から持ってきたバナナの株を指宿に植えた。師匠が言うには、「ただ埋めるだけ」だそうだ。しかしうちの場合はその前に耕さなければならない。これが一苦労でした。鍬と鉈を使い竹木の根を文字通り根こそぎにした。そして、植えた後ではできないので耕運機を入れた。で、私、月曜日は全身筋肉痛。
葉は枯れているが、幹は水を含んでいてすごく重かった。




人気ブログランキングへ お忘れならばここでプチ~ンと。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

causalさん、 アジシオ次郎さん、あやかさん、こんばんは

コメントありがとうございます。

「花冷え」という美しい言葉がありました。花開く季節ではあるけれど、夕暮れ時は冷えます。農作業で汗かいて冷えてしまう。たそがれ族の我らは免疫力低下で風邪を引く最大の原因になります。あら、「引く」という字は間違いでした。引くがダメなら押してみな。なんか水前寺清子さんの演歌の世界みたい。三歩進んで二歩下がる。私の場合は四歩下がっているような気がします。
水前寺清子さんも一世を風靡しました。実は、私は彼女の全盛期に歌謡ショーを観たことありますヨ~ン。♪今日は淡路か明日は佐渡か~♪  え?!現実的にはかなりの強行軍になるんじゃないの?その疑問もいいとこ突いているけどねえ、突いてダメならど突かれてみな。旅から旅の涙を抱いた渡り鳥だ、ちゅうことを言っているのだから、別に、それでいいじゃん。最近のことは忘れているのに、遠い昔のことはよく覚えています。これを世間じゃ○○の症状と言っているようです。あゝ、やだやだ。

ということで、
真の邦人保護を考えるなら、その前に不逞鮮人を強制送還すべき、邦人も韓国渡航禁止にすべき。
黄首相代行と会う、と言ったって、アンタ(岸田の旦那)、向こうでは何の連絡もせずに一方的に決めて非礼だとぬかしやがる。
大使は邦人保護の足手まとい、邪魔なだけざんしょ。武力を持った人たちでないとうまくいきません。

>全然意味のないものに
なりますよね。この三か月は何だったのでしょうね。屁みたいなものというよりも、むしろ屁そのものですね。
私は大使召還であり、制裁の一部と考えていましたが。

>激怒
怒髪天を突く、腹腸が煮えくり返る、トサカに血が昇った。日本政府のやってることはヘソが茶を沸かします。この落差の大きいこと。
[ 2017/04/05 01:31 ] [ 編集 ]

追加

朝鮮半島有事の際に、難民が発生しても、日本は決して受け入れるべきではありません。
アジア大陸や朝鮮半島の紛争に巻き込まれたり、そのあとしまつをさせられるのは、ごめんです。
私たち日本人は、彼らとは、いっさい関係ありません。
今の駐韓大使が、【最後の韓国駐留日本大使】になれば、理想的だと思います。
[ 2017/04/04 19:59 ] [ 編集 ]

激怒

今回の大使の韓国帰任のこと、私も非常に不愉快に思いました。
まったく、すじがとおりません。
うさぎさんや、他のコメント者のかたのおっしゃるとおりです。こんなことをしているようでは、あしもとをみられます。
なぜ、こんな決定をしたのか、わかりませんが、与党の自由民主党や公明党の中にも、韓国びいきの人もいますから、そのあたりの介入があったかも知れません。
もちろん、私には、そのあたりの裏の事情は、はっきりした事はわかりませんが、きわめて思慮に欠けた決定だった事だけは言うまでもありません。
これこそ、【手のひらをかえすような行為】ではありませんか。
[ 2017/04/04 18:54 ] [ 編集 ]

こんにちは。

また韓国に妥協したとしか言い様がない日本政府の対応だが、抗議の意として駐韓大使及び釜山総領事を帰任させたのに全然意味のないものに終わったような気がします。北朝鮮問題で韓国といい関係を取りたいが、北朝鮮問題と慰安婦問題を一緒くたにしてんのか!? ホント日本はどこまで韓国に配慮するのか、岸田外相にはプライドってもんがないのか!? 岸田外相はハッキリ言って罷免されてもおかしくない愚行をしでかしたと思うね。やはり約束を守れないような国とは距離を置くべきですね!! 大使および総領事の帰国よりも在韓邦人全員帰国、日系企業全面撤退、韓国との貿易ストップなどを考えるべきだ。政府は。
[ 2017/04/04 15:33 ] [ 編集 ]

朝鮮有事、邦人保護の観点も

 おはようございます。
岸田外務大臣の「韓国が政権移行期にある中で、情報収集に一層力を入れ、次期政権の誕生に備える必要がある。また、北朝鮮問題に対処するうえで、日韓間の高いレベルでの緊密な情報交換を行い、韓国政府と緊密な連携を図る必要がある」と
の発言だけを聞いたなら、韓国が売春婦像撤去などの慰安婦合意を履行しない事で官邸は大使等召還したはずで、今の段階で帰任させる理由はありませんね。ざけんなよ~!! で終わりですね。

でも菅官房長官は「諸般の事情を総合的に検討した結果であり、邦人保護に万全を期すとの観点も踏まえたものだ。」と
朝鮮有事を前提にした処置だとする、或る意味爆弾発言を。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170403/k10010935341000.html
朝鮮有事と言えばこんな事も…。
■トランプ大統領:米国は北朝鮮の核の脅威に単独で対応-FT紙
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-02/ONSW6B6TTDS001

「トランプ大統領は2日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、「中国が北朝鮮問題を解決しなければ、われわれがそれをするだけだ」と語った。中国の支援なしに単独で可能なのかとの質問にも、「言うまでもないことだ」と答えた。」

そう言えばあんな事も…。
■麻生太郎財務相、北朝鮮情勢「新聞が書いているより深刻」 有事の難民日本流入、可能性は「ゼロではない」
http://www.sankei.com/economy/news/170331/ecn1703310027-n1.html
■渡邉哲也‏認証済みアカウント @daitojimari
「韓国 基本、韓国の戦時統制権は米国にあるのです。 韓国軍にはありません。 ですから、戦時になれば米国が指揮権を持ち、韓国は米軍の指揮下で動く。そして、邦人保護なども米国と日本が連携して動くことになる。」
https://twitter.com/daitojimari/status/848789107291570176
■海外初の邦人保護訓練 自衛隊、タイで米軍などと
http://www.sankei.com/photo/story/news/170219/sty1702190010-n1.html

※大統領不在の後も北の傀儡政権成立が確実視される現在、帰任させる理由はやはりこれしか無いかもです。

「朝鮮有事における邦人保護・朝鮮からの難民排除(不法入国阻止)」を目的とし、米国政府及び米軍と緊密な連携を図り、遂行する為。」
勿論、国内的には「北朝鮮に呼応する反日テロ組織の撲滅も合わせて実行すべし。」と言う事に。

さっさとテロ等準備罪を成立させやがれ!! あっ、審議入り=成立か。 だから帰任発表させた ?



[ 2017/04/04 08:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kedogawajun.blog.fc2.com/tb.php/1807-bc508ca3