FC2ブログ

チビのロケットマン


人気ブログランキングへ 毎日一回、クリックお願いいたします。

にほんブログ村

トランプ大統領は金正恩を「チビのロケットマン」と呼び、「あちこちにミサイルを発射する狂った男をのさばらせるわけにはいかない」と述べた。
正恩は肥っているけど、身長は低いのかもしれません。親父の正日は上げ底の靴を履いて身長をごまかしていました。兄貴の正哲も写真で見る限り、身長低くそうですね。この二人は親父に似たのでしょう。チビにチビと言って何が悪い(笑)。

トランプさんも売り言葉に買い言葉、子供の喧嘩みたいな言葉を使いますが、「狂った男をのさばらせるわけにはいかない」とは全く当たり前のことを言っています。
また、「ロケットマンについては大昔に片を付けておかなくてはいけなかった」とも発言しています。これも仰る通りです。

一方の北朝鮮は日本を焦土化すると言っていました。これにはトランプさんも日本国民も怒りました。本来なら朝鮮総連のみなさんこそ怒るべきですね。俺たちを見捨てるのか、と本国に抗議すべきでしょ。
北は太平洋で水爆実験をやると言っています。環境汚染が心配されます。辺野古の自然を守れ、と叫んでいる人たちは、今こそ行動すべきです。彼らは、北朝鮮へ向かう船舶を、お得意の”検問”をしたらいい。

北では「反米対決戦総決起集会」が開かれ、「米国を灰も残らないように掃討し南朝鮮(韓国)を占領する」と叫んでいます。
アメリカに対する恫喝にはなりません。米軍が北の軍事基地と平壌を空爆すれば数日で終わります。北は戦争を3日も継続できないのではありませんか。従って韓国を占領はできません。しかし日本にも間違ってミサイルが数発飛んでくるかもしれません。韓国にはミサイル数十発に砲弾が数百発飛んでくるかもしれません。
日本は数発のミサイルを撃ち落せるのではありませんかね。それとも、朝鮮総連の皆さんが本国に引き上げないところを見ると、北は日本へはミサイルを撃ち込むことはないのでしょうか。
我等は有事の際にはまずに在韓邦人の避難を考えるのでしょうが、北朝鮮はそんなこと考えないみたいですね。総連の皆さんは自己責任で帰るべきだ。いずこへ?




ヒガンバナ1

日本中、彼岸花の季節になりました。赤い花なら、なんてったって曼珠沙華です。

ヒガンバナ2

畑のいたるところで咲いています。
ここには日本ホウレンソウ、ラッキョウ、ニンジン、大根、菜っ葉を撒いた。私がよく訪問するブログ「日野・・・」さんがマルチルーフィングに種を撒いていましたので、私も試みてみました。しかし難儀な仕事です。途中であきらめていつものように直蒔きの条蒔きにしました。

岩田温政経フォーラムから1週間経過しました。ご報告しなければならないのですが、あいにく私は公私ともに多忙で、なかなか記事にできないでいます。
講演の時に私はメモをしたのですが、今、自分で書いた字を読めないのですよ(笑)。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

お達者クラブ  

彼岸花(曼殊沙華)

秋のお彼岸の今頃に赤く真っ盛りに咲いてきれいですけど、何故かもの悲しい花の印象があります。
今は近くで、刈り取りの終わった田圃の畔に咲いているのを目にします。
子供の頃(田舎)、お墓で良く咲いているのを目にしていました。
田舎のお墓は、部落(いまは差別語なんでしょうか)や村が一望できる日当たりのいい場所にあって、ヒガンバナにとって好条件だったのではないでしょうか。
実家の庭の片隅に咲いていたヒガンバナを見ましたが、父が元気な頃山から取ってきて植えたものです(30年以上前)。
「曼殊沙華 抱くほど取れど 母恋し」

純情の丘(高石かつ枝)
https://www.youtube.com/watch?v=h19iIHoVRAM

白い花の咲く頃(倍賞千恵子)
https://www.youtube.com/watch?v=JmRFlqhj19Q

2017/09/24 (Sun) 19:38 | EDIT | REPLY |   
たちばな  

あやか姫

いつでもまた時間があるときに無理なくいらしてくださいね。さみしくなりますよ。

若いパワーがあると華やいで、しかも、よく勉強されてて将来が楽しみです。

ネットと現実の世界のバランスをとって、いろんな国にいって、いろんな人に会い、たくさん人生を謳歌してくださいね。
 若い時にパワーのある時に。そして、日本を語って護ってください。なによりあやかさんご自身が人と比べることなく
 日本の堅苦しい常識とかそんなものにしばられないで、羽ばたいてくださいね。あれ?これ槍がふってくるかな?(笑)

 天長節には、うさぎやさんが上京します。その時に何度かお仲間とお顔をあわせてます。
 あやかさんも、気が向いたらいらしてくださいね。くれぐれも無理せずに。
 
 賢い女性は日本では生きづらくなることも多々あるかもしれません。あやかさん。その時はここに骨休めに
 いらしてくださいね。 私は、日本は好きだけど、日本人って実は群れるからそんなに好きじゃないんです。

 はい、お咎めきますね(笑) ただ、なぜか周りがバリバリ保守や、もっと強烈な極右さんが多いのです。
 人生って 不思議です。そういう方と、うさぎやさんも含めてまた、気があうんですもの。だから私の言葉は宇宙人の言葉と流してくださいね。
 日本人てもともと、大らかで、開放的なんじゃないかしら? 敗戦後に委縮させられコントロールされてしまったのでは?
 や。つ。ら。に。  その奴らの黒幕を 撃沈させましょう。 おほほと微笑みながら、毒の微笑。(^_-)-☆

  あやかさんに、ますますの幸あれ。

2017/09/24 (Sun) 16:01 | EDIT | REPLY |   
causal  

あやか様へ

 いえいえ、こちらこそ、鋭く的確な論考に加え、和歌や季節々の題材をも提供されるコメントの数々、勉強させてもらっています。

うさぎ屋様のブログに「再来」される時を待っています。as soon as possible でございます。



2017/09/24 (Sun) 10:51 | EDIT | REPLY |   
causal  

国連の無責任常任理事国

おはようございます。

北朝鮮が核実験・ミサイル実験を強行し、更には「日本を核で消滅させる」と脅迫までしている状況に於いても尚、
「対話で平和的解決を」と主張する輩がいる事に驚愕しますw
テレビのおバカなコメンテーターなら許されても、国会議員がそう主張する事は許されない。
野党の「対話ガー」の主張は北に角ミサイル開発の時間的余裕を与え、「日本に無条件降伏を迫る」ようなものであり、
彼らは「北朝鮮の工作員」と見做されても文句は言えないのではないか ?

野党の4人組「前原・小池・小沢・福島」は猪木議員を見習って訪朝し、対話に応ずるようKIMに
進言してみては ?  行動しないのは無責任だろw あっ、選挙で行けないのでしたね。助かりましたねw

安保理で、中国もロシアもそう主張するなら、自分達がキムと対話すれば済む事。
対話要請しても北が受け付けないか、受ける為の条件をつけているのか、双方、対話不能の状況。
中露も「言うだけ番長」なのですね。その言葉の責任は決して取ろうとしない無責任常任理事国でw
国連常任理事国に居座る「大義は皆無」って事でw

■ロシア外相 北朝鮮を非難 アメリカをけん制
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011151591000.html
「朝鮮半島の核問題は、すべての関係国による対話に基づいた政治・外交的な方法で解決するしかない」
■中国外相 「北朝鮮問題 対話と交渉で解決を」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011151651000.html
「どんなに時間がかかり、いかなる困難に直面しようとも中国は対話と交渉を堅持し、地域の平和と安定を断固として
守っていく」

2017/09/24 (Sun) 10:21 | EDIT | REPLY |   
あやか  

日曜日の朝に

うさぎさんの愛國心と郷土愛に満ちたブログには、いつも勇気づけられます。
今は『國難』と言うほかありませんが、こういう時こそ、国民がこころを一つにして、毅然とした態度で立ち向かうべきだと思います。
 いつも思うのですが、うさぎさんのブログには、勤皇愛國の薩摩藩士の息吹が感じられます。
【国家の尊厳を前提にした平和】を大切にしたいと、いつも願っております。

また、ike様やcausal様の忠烈で歯切れの良い御意見には、多いに勉強させていただきました。
Gくん様の個性的なコメントにも、たいへん啓発されました。
それから、たちばなうさこ様!!
皇居の勤労奉仕や天長節の式典にも行かれるんですか?
。。。。。。感謝いたします!!!!!
その他のコメント者のみなさまのご意見も、とても参考になりました。

以前に申し上げましたが、私も、この9月から、いろいろ忙しくなりますので、今まで程には頻繁にコメントさせていただくことはできないかもしれません。
もちろん、できるだけ機会を見つけてこのブログを拝読し、コメントもさせていただきたいと思います。

曼珠沙華の咲く季節になりました。
曼珠沙華は、人によって好き嫌いがありますが、私は大好きです。『風ぐるま』みたいで、可愛いです。
もっとも、北原白秋の歌に『曼珠沙華』という唱歌がありますが、あれはちょっと不気味ですね。
確かに、曼珠沙華には、『死びと花』という異名もありますが、わたしは他界した人の気高い思い出の花という意味に受け止めています。

2017/09/24 (Sun) 09:51 | EDIT | REPLY |   
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/24 (Sun) 09:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment