FC2ブログ

北朝鮮漂着民帰国


人気ブログランキングへ 毎日一回、クリックお願いいたします。

残り少なくなってきました。私にとっては今日を含めて二日です。仕事がお休みになるのが一番うれしい。

さて、秋田県由利本荘市の海岸に木造の漁船で漂着した、北朝鮮男性8人は中国経由で帰国するようです。彼らは長崎県大村市の入国管理施設から関空までは海保の航空機が移送し、関空からは民間機に乗り換えたそうです。
当然お金のかかることですが、その金は日本持ちですか。
http://www.sankei.com/affairs/news/171226/afr1712260048-n1.html

物が漂着したら日本の経費で処理しなければならないのでしょうが、人間が漂着したら、その人間はもともと日本に来たくなかったのだから、自分の責任で帰るべきではありませんか。三度の食事をまともに食べさせていただいただけでも良かったと思い、木造船で来た道をまた帰ってゆくべきだ。燃料がなければ、本国から誰も送金してくれないでしょうから、こんな時こそ朝鮮総連の出番であり、総連は同胞のために燃料代くらい立て替えてあげるのが筋というものでしょう。

それもできなければ、彼らを収容所に送り、帰りの旅費ができるまで強制労働をさせやることだ。私もお金のことばっかし言っているようですが本音は銭金の問題ではありません。奴らは敵国の人間だからですよ。そんな簡単に帰していいものだろうか。
北朝鮮ではこれだけ多くの漂流・漂着者がいるのに何の問題にもならないようです。本来ならば日本に対して感謝の意くらい朝鮮中央TVで格調高く表明してもいいはずだ。拉致、ミサイル、核で対話や交渉ができないはずですね。
日本政府も漂着民を厚遇していたら、これから先、まだまだ奴らはやってくるのではありませんか。





私が高評価している若手政治学者・岩田温氏の一文が夕刊フジに掲載されています。ご一読してみてください。私は日本の次世代をこういう人に託したい。
祖国守る自衛隊が違憲の愚かさ 国際情勢から乖離する日本の安全保障観、憲法改正が急務
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171226/soc1712260007-n1.html






マンゴー1

前回の画像と関係ありそうで関係ない・・・・マンゴーです。すでに葉は枯れてしまったけれど、チリ袋を被せて帰ってきた。来春、どうなりますかね。



人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

Gくん  

こんばんは!

管理人さんの本文とあやかさんの投稿、拝読いたしました。北朝鮮の木造船船員による窃盗とその被害賠償について、松前の漁協と朝鮮総連支部が協議をしたそうです。40万円の賠償金で船員の処罰を求めないなどで和解を求めた、ということです。漁協はあきれて、今後の交渉はない< と言っていました。 なんだかなぁー!と思います。憲法(第9条)については、あまり悪者にする必要もないと、個人的には思っていますが、長くなるので別機会で。

あっ!韓国外交部の作業部会TFによる15年12月28日「韓日慰安婦合意」過程の検証結果が、発表されました→聯合ニュースhttp://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/12/27/0400000000AJP20171227002500882.HTML
 
韓国内での内部検証にしかすぎません。作業部会ですから政府・外交部が直ちにそれを採用するかは、これからです。韓国政権の本音は、破棄して再交渉でしょう(可能か!?は疑問ですが)。作業部会は、結論的にはこう言っていますね→「被害者が受け入れない限り、政府間で慰安婦問題の最終的・不可逆的解決を宣言しても、問題は再燃するしかない」< です。これを言い換えると「政府間合意」はあるけど、問題を再燃させるぞ!!ということだと思います。

これに対して、河野外務大臣は、早速「外務大臣談話」http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_003587.html を出しました。この談話は3項あって、第1項はきょうの韓国外交部作業部会に触れ、第2項は15年12月「日韓合意」の内容に触れ(「最終的かつ不可逆的」な解決を確認)、第3項で>日本政府としては,韓国政府が合意を「最終的かつ不可逆的」なものとして引き続き着実に実施するよう,韓国側に対し,強く求めます。< としています。”間髪を入れず”がいいです。簡潔で的確な談話です。河野外務大臣GJ

2017/12/27 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/27 (Wed) 17:57 | EDIT | REPLY |   
あやか  

所感

岩田温先生の、おっしゃるとおりだと思います。
憲法は『待ったなし』で改正していただきたいです。
憲法9条は、しょせんは『負の遺産』にすぎません。そんなものを次世代に押しつけることは、日本の青年たちを愛する行為ではありません。
 よく、『なにが何でも、どんなことがあっても憲法9条を守れ』という人がいますが、まつたく、何かを履き違えています。
どんなことがあっても守らなければならないのは、日本の國であって、憲法9条ではありません。
 ☆日本国憲法で、ある程度、日本人の意志が反映されているのは、憲法1条の天皇陛下象徴の規定ですが、これについて述べるのは別の機会にしましょう。☆

★それから、例の北朝鮮人のことですが、ああいう人たちを厚遇する必要はありません。乗って来たボロ船に乗せて追い返したらいいです。それとも、身体に風船をくくりつけて、どこか、海へと飛ばしたらいいです。!!!
 将来、韓半島で、何か動乱が起きて『難民??』がでたとしても、たとえ北朝鮮人であれ、韓国人であれ、日本が受け入れる必要はありません。
すべて、ことごとく追い返すべきです。!!すべて、彼らの身から出た錆なんですから。。。。。

☆ただ、例外として、韓国朝鮮人でも、かつての大日本帝国に協力したかたについては、受け入れることにやぶさかではありませんが、そういう世代の人は、、もうほとんど生存してはおりますまい。

2017/12/27 (Wed) 17:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment