FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

日大アメフト悪質タックル


人気ブログランキングへ 毎日一回、クリックお願いいたします。


みな様よく御存じの、日大アメリカンフットボール反則・悪質・危険タックル”事件”ですが、日大のM選手が会見を行いました。選手の会見も、弁護士が付き添うのも異例の会見だそうだ。M選手のタックルも異例中の異例です。誰が好き好んであんな行為をやるか、あれはスポーツではない、と私は怒っていました。

相手選手があのタックルで脊椎を損傷したり首の骨でも折ったら大変な事態になりかねません。M君のやった行為は決して許されるものではない。私はそれは十分に理解しているが、時は経過するものであり、時計の針は元に戻らない。経過した今現在のM君の態度は評価すべきです。
日大はアメフト伝統校で選手層が厚いのでしょうか。日本代表に選出されたM君も試合に出してもらえない。勿論、誰だって試合に出たい。彼はまだ2年生だから、私の想像ですけど、3年、4年練習してきた選手も出場させてやらなければならないチーム事情があるのかもしれません。良く分かりませんが。闘志がないから試合に出れない、相手選手を潰せ、とコーチが言ったそうだ。M君としては「悪魔のささやき」に負けてしまったのかもしれません。

日大の監督コーチは自分のチームの選手の心も潰してしまった。日大はスポーツを愚弄した、と誰かが書いていましたが、選手や親御さんたちをも愚弄した。M君の親も怒っているはずです。こんな指導者、こんな大学に息子を預けるのではなかった、とお父様は後悔されているかもしれません。

私の愚息も小学1年から大学まで「体育会」で、その間私も多くの指導者を見てきました。中には酷いのもいましたよ。いくら競技歴や指導者としての実績があったとしても、人間としてダメな奴はダメです。「てめえら人間じゃねえ、たたっ斬ってやる」という名セリフは、、日大監督・コーチに対して言うべきです。

日大の監督コーチは辞任、アメフトから永久追放、そして現在の部委員には気の毒であるけれども、廃部にすべきだ。
M君はまだ若い。立ち直れる。立ち直ってください。最初に書くべきであったが、関学の選手の怪我の回復をお祈りしたい。





185バナナ

バナナの花が咲いていた。そして、嬉しいことに右端の株にも花房ができている。
左へ傾いている幹には右側に花房が垂れている。恐らく、右端の株は右傾しているので左側へ花房ができるのではあるまいか。そうやって植物は倒れないようにバランスを取っているのでしょう。でないと彼らも生存してゆけない。彼女らかもしれませんが(笑)。
これが自然の摂理というものかもしれません。植物も人間も同じでしょうよ。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/05/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

今朝の新聞を読んで。。。

今朝のY新聞ををよみますと、
一面見出しに『(森友関係の文書を、昨年2月の)国会中に改ざん・廃棄』と書いてありました。
もう、ほんとにうんざりです。いつまで、こんなことをごちゃごちゃ言ってるんでしょうね。
『モリカケ依存症』、、、、なるほど、『言い得て妙ですねっ!!』
まあ、マスコミや野党のかたは、モリカケが、‘’放せないシャブ(覚醒剤)‘’になってるんでしょうね。(笑)

もう、ひとつ憤懣やるかたがないのは、、
例の日大アメフトの内田前監督と井上コ-チが記者会見で、『危険タックル指示』を否定してるそうです。
、、、、と、いうことは、学生選手に責任を転嫁してるわけですか?。!!
まったく、『いさぎよく』ないですね。『体育会系』の恥さらしです。!
『いさぎよい事』が、スポーツマンの美徳であり、またヤマト民族の美点でもあります。
夏の高校野球の主題歌『栄冠は君に輝く』にも、『いさぎよし』という言葉が謳われています。

それなのに、この内田と井上は、いさぎよくない言い訳に終始しています。、、、ほんとに情けないですね。

私は、『体育会系』の精神が悪いとは思いません。もちろん、『スポーツ根性主義』を否定するつもりもありません。
ただ、そのネガティブな部分は改め、良い方向に昇華して下さい!!、、、、と申し上げてるだけです。
私自身、『熱血少女』でしたから、スポーツマンならびにスポーツガ-ルの熱いこころざしには、共感する部分があります。
ただ、もう少し洗練してほしいです。
 スポーツには、『勝利をめざす意志』『不屈の克己心』とともに、【美しさ、華麗さ】も必要です。
これは、『器械体操』や『アイスダンス』や『フィギュアスケート』をなさってるかただったらわかると思います。
一部の『自称・体育会系』のかたには、この『美しさ、華麗さ』が欠如しています。

学生スポーツ関係者は、なによりも青年たちに『青春の素晴らしい思い出』を作って上げることを使命とすべきでしょう。!
青年の心を傷つけるようでは、話しになりません。!!
[ 2018/05/24 08:33 ] [ 編集 ]

>M君の態度は評価すべきです。

おはようございます。

■日大選手、内田監督から「試合出さない」 日本代表辞退も指示
https://www.daily.co.jp/general/2018/05/22/0011280778.shtml

 会見でのどんな陳述も、「後の法廷で不利な証拠として用いられる場合がある」にも拘わらず、真実を語ったのは立派です。

以上!!。
[ 2018/05/24 07:55 ] [ 編集 ]

「モリカケ依存症」

超おはようございます。「モリカケ依存症」、面白過ぎて口に含んだお茶を噴き出してしまいましたwww

野党はこれが無いと生きていけない様ですね。高プロも■働き方法案、修正で合意=「高プロ」解除規定を追加-与党と
維・希 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052100100&g=pol
と言う事で、特定野党は法案審議に於いて、存在価値が無い事が証明されましたしw 修正案を出した、維新GJです。
その他の特定野党は働かず高額の給与をせしめる高度なプロフェッショナルでした。

 これで益々モリカケで暴れる事によって、有権者に対して「仕事をしている振り」をし続けなくてはならなくなりました。
「モリカケ薬物依存症」モリカケが切れると激しい禁断症状に見舞われ、のたうち回ることにw

愛媛の中村君も「モリカケ依存症」なのでしょう。
加戸前愛媛県知事からきつい一撃を食らってしまいましたw
■加戸守行前愛媛県知事「新文書は連絡・報告用のメモで、伝聞の伝聞」
http://www.sankei.com/politics/news/180523/plt1805230011-n1.html


[ 2018/05/24 01:29 ] [ 編集 ]

こんばんは!

管理人さんの本文、causalさん、お達者クラブさん、アジシオ次郎さんの各投稿、拝読いたしました。日大タックルの件、報道は一報二報があってしかるべきですが、あとは当事者の問題だと思います(異論かな!?)。あやかさんが、フィギュアスケートをやっていた、やっている< とは驚きでしたね。たちばなさんも復帰したようです。これからもよろしく!!

本文記事にないのにも関わらず、愛媛県中村知事の出した文書!?(メモもしくは怪文書)が、波紋を広げていますね。モリカケは、やってもいいですけど、特別委員会作ってやれ!!なんて意見も出て来ました。与・野党双方ともに国会運営の反省を促したいです。与党(官邸幹部)は、”完全否定”路線をやめること。野党は、ギャンブル依存症ならぬ「モリカケ依存症」をやめることです。国益になりません。
[ 2018/05/23 19:54 ] [ 編集 ]

こんにちは。

自ら名乗り出て、かつ名前と顔まで公表してまで会見したあの選手の姿勢は有意義で正しいことだけど、一選手、一学生にそこまでさせた大学側の責任は相当重いものです。未だ監督・コーチからの指示はないと一点張りなその姿勢には呆れるしかないし、ここまで精神的に追い詰めてまで悪質タックルをさせといて日和見っていうか事なかれな態度をとって、無神経でしかない。日本相撲協会とどっこいどっこいなんじゃないの? 日大の組織としての体のなさは!!

彼は加害者っていうより被害者なのかも知れない。監督やコーチのエゴで精神的に追い込まれて意に反してあんな悪質なプレーをしてしまった。そこまでして監督やコーチは何をしたいのか? スポーツマンシップもフェアプレーも全くあったもんじゃない。まして大学スポーツ、教育の一環ともえらく乖離してます!!

ハッキリ言って、こんな環境ができるのもいわゆる「体育会系」価値観が未だにまかり通る風潮にあります。未だに指導者絶対・体罰は必要悪。と見なすその姿勢は前近代的で昭和っていうか戦前戦中の軍隊のような考えで時代遅れも甚だしいのになぜそんな価値観を有難がるのか!? これはしいては日本のスポーツそのものの品格が疑われてしょうがない。指導者が常に絶対的な権力を持ち、体罰や連帯責任は当然なんて考え、これではスポーツが健全になるわけがない。今の時代体育会系の価値観は古臭いと思わないんでしょうか? 東京オリンピックやパラリンピックを控えているのにそんな古臭い体質がスポーツ界はイザ知らず社会全体に残ってるんじゃ日本の印象が悪くなるだけだ。いい加減精神論・根性論なんてものはいつまでも通用しません。
[ 2018/05/23 14:38 ] [ 編集 ]

瞳明るいスポーツマン?

今回の、日大アメフト悪質タックルのこと、聞けば聞くほど、鬱勃たる怒りがこみ上げてきます。
みづからの顔写真の公表も承諾した上で、謝罪会見に臨んだM選手の勇気に感銘を受けました。
私は、M君の立場に深く同情するとともに全面的な支持をいたします。!!

 よく世間では、『体育会系の人』という言葉が使われます。
『ほめ言葉?』として使われることもありますが、芳しくない意味で呼ばれることもあります。
私は、体育会系の悪しき体質は払拭して、明るいのびのびとしたスポーツマンシップを体現してほしいです。
 私事で僭越ですが、私自身も広い意味での体育界を経験したことがあります。(序の口程度ですが、『フィギュアスケート』やってました。)

  国体の主題歌『若い力』の二番目に、こういう歌詞があります。

       薫る英気と純情に
       瞳明るいスポーツマン
       ぼくの喜び君のもの
       上がる凱歌に虹がたつ、、、、

 これこそ良い意味での、体育会系のあるべき姿でしょう。
 日大アメフト監督の『内田』は、純情でもなければ、瞳も明るくありませんね!!品性の卑しさと卑怯な態度がにじみ出ています。

★ところで、話題は変わりますが、、、
例の愛媛県の『中村知事』。。。。。?!。。。あの人は、一体どういうつもりなんですかね。
安倍総理を貶めるような『文書』を小出しに出してきて?!!
あの中村知事も、『瞳は明るくありませんね!!』


[ 2018/05/23 12:37 ] [ 編集 ]

巡業場所で挨拶中に倒れた時と似てない

あまり興味がないので試合中の出来事の情報は皆無である。
指示した監督が悪者で実行した生徒が加害者で勝つ被害者という構図でしょうか。

>「あのQBを潰せ!!」<
監督の指示には言葉的には問題はないと思います(前後は知りません)。アメフト自体が団体競技の中の強烈な格闘競技という理解も必要ではないでしょうか。
身に着けているプロテクターも半端ではありませんし骨折などは当たり前のようです。
アメフトでの試合を制するのは圧倒的なQB(クオーターバック)の能力によるものだと思います。
潰すサック(デフェンス数人で襲い掛かったりする)はいろいろあるようなのだがQBはそれを避けるのも能力なんです。
首と背後からのサックは厳しいペナルティがあるように思います。
今のような問題で感じることはまだ日本にはアメフトをやれる環境が出来ていないのではと思う。
個人的にはサッカーのサポに近い“追っかけ”をしていての持論なのだが、試合前の選手入場時にフェアープレイ旗とアナウンスでそのコメントが流される。
言動を含めたフェアープレイって?いつも思う。そのためのルールが有り、それを裁く審判が居る。
選手等はチームの勝利のために戦うのである。応援する多くの人は「戦う気持ちを出せ!」と鼓舞する。その気持ちの共有に酔う。
喧嘩とスポーツの違いは上に書いた通りなのであってそれ以上でもそれ以下でもない。
人間である以上当然不慮による事故は皆無ではないし悲惨な事故もおこりえる。
ラフプレイを容認している訳ではないが、スポーツ格闘競技とは常にそういうものだという理解が必要と思う。

追)
愛媛県知事の加計関係文書の解明情報。
小沢一郎との繋がりも・・・。出された文書の齟齬満載。日付も?立ち会った人も(いるのかいないのか)?。捏造疑惑思い切って浮上中。「いいね」こんな言葉、報告文書に書くかねー。
国会の思考停止と倒閣絡みの朝日・NHKを軸にした大騒ぎぶってる。何もない!何も出ない!騒動。
情報弱者狙いのみ。やればやるほど野党連合がちりじりバラバラに・・・・。朝日潰れそうだって泣き言情報も。ネット敵視。
[ 2018/05/23 12:15 ] [ 編集 ]

「あのQBを潰せ!!」

 おはようございます。
 日本代表に選出されたM君であっても、内田君の一存で国際試合には出れないと。
支配下選手が更に飛躍を遂げるチャンスを奪うと言う事は、監督が度量の狭い小さい男と言うよりは日大アメフト部の
飛躍そのものを否定する日大の獅子身中の虫である事を示しています。日大が監督・理事ともに一発退場させないのなら
アホとしか言い様はない。

 悪夢の関学大との試合でも「試合に出して貰いたかったら、今後日大の有利になる様にライバル校のQBを潰せ」と言う
言葉に頭が真っ白になった事でしょう。 従っても地獄、従わなくても地獄で、思考能力が麻痺してあの結果になったと
思っています。やった事は一生消えませんが、深く反省し、独裁者金-あっ間違えましたー内田王朝の斬首作戦を実行すべく
勇気をもって会見された事は称賛に価します。(五輪覇者なら会見も慣れているのはもっともだが、二十歳そこそこで、かつ
ネガティブの印象を持たれた中での会見はプレッシャーも半端なく、普通の人なら逃げ出す情況ですね。)
ここで再び書きます。
「愛媛県の中村君と内田君がダブって見えた。「あのQBを潰せ!!」」
[ 2018/05/23 09:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kedogawajun.blog.fc2.com/tb.php/2062-a9a4b8c4