FC2ブログ

北方領土、二島先行返還へ


人気ブログランキングへ 宜しければ、一日一クリック お願いいたします。



富士ゼロックスは来年3月末で韓国内の工場を閉鎖するそうです。韓国人労働者350人が職を失うことになります。そんなこと知ったことじゃない。韓国紙では早くもこの350人を被害者と呼んでいます。このようにして被害者ビジネスが始まるのでしょうね。日本企業はできるだけ早く撤退したほうが面倒なことに巻き込まれなくて済む。

慰安婦財団も解散するそうです。多くの慰安婦婆さんや相続人が癒し金を受け取ったので、目的がほぼ達成されたから財団を解散するのでしょう。どうあれ、日本はそんなこと知ったことか。何を今さら、すでに日韓合意で完全、最終的、不可逆的に解決済みのことではないか。

まーーた、白と赤の放射状の物を見つけて旭日旗だぁ、と騒いでいるようです。韓国人は目が悪いのですか。眼科に行けば?それとも内科だろうか、、、、何科であるか、皆さまはよく御存じのことと思います(笑)。旭日旗だったにせよ何の問題はないはずですが。
世論調査によれば、隣の反日を国是とする国よりも、まだロシアとお友達になった方がいい、という日本人が増えているようですよ(嘘)。

さて、「今思いついたが、前提なしに平和条約を結ぼう」というプーチン発言以来、北方領土問題が動き出しました。
かつて、鈴木宗男さんや佐藤優さんが逮捕されたころ、二島先行返還論を主張すれば売国奴呼ばわりされました。それは私自身にとって最高の侮辱語でありますので、私は口にするのを控えていました。実は私は二島先行返還で行くべきだと考えます。

昨夜の「報道ステーション」でしたか、ロシア国内の専門家の対談番組で、ロシアの学者が「二島返してもそれはレンタルだ」と発言していました。また、ある学者は沖縄みたいな返還になる、つまり二島にはロシアの軍隊が残る、と言っていました。これらは日本は絶対に受け入れられないものです。だから交渉は簡単ではない。非常に難しいものと予想されます。これで日本が4島返還を主張すれば今後50年、100年不法占拠を許すことにもなりかねません。

安倍さんはプーチンと23回も会ってますよね。中には通訳のみで二人だけの会談もありました。当然、お互い、国内向けの発言とは違うことも話しているはずです。ロシアは威勢のいいことを言っているけど、経済的に苦しいのではありませんか。ロシアは大国でしょうが、経済規模は韓国程度だそうです。こんなんでロシアは中国に対峙してゆけますかね。
それと大分前に東海大学の山田吉彦先生が仰ってました。ロシアの石油はプーチンとメドベージェフの金蔓、利権だそうです。ロシアは日本の経済や技術が欲しいでしょうよ。

まず二島先行しておけば数十年、50年の内には国際状況も日本にとって好転するかもしれません。たとえばロシア崩壊、或いはロシアとアメリカが友達になるとか、しかも大親友だったりして。先のことはどうなるか誰にも分かりませんけどね(ゴメン)。





1811高菜

高菜は種を蒔いてから2週間。今度の日曜日には間引きしてやらなければならないでしょう。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

causal  

訂正珍語のおかわり

 「改憲後に質問した」もおかしいですね。日本国憲法も、まだ一度も改正されていません。
ここは「会見後に質問した」のまつがえでしたw

2018/11/18 (Sun) 08:52 | EDIT | REPLY |   
causal  

毎度おなじみの訂正珍語

「 植村の 敵全逃が明らかに」は
「 植村の 敵前逃亡が明らかに」の間違いでした。許してタモリw

2018/11/18 (Sun) 08:46 | EDIT | REPLY |   
causal  

外国特派員協会での桜井よしこ氏の会見

おはようございます。
イアンフの件ですが…。-Gくんさんのものをお借りしましたw
植村元朝日新聞記者(下の名前を憶えていないのでw)の件ですがw

■【会見全編】慰安婦記事訴訟 (外国特派員協会で)ジャーナリストの櫻井よしこ氏が会見(2018年11月16日)
https://www.youtube.com/watch?v=8ANS_czWldM
植村の会見を主催した外国特派員協会が、一方の主張だけではなく公正を期する為、その後、桜井さんの会見をリクエスト
したそうです。
桜井さんは植村と同席して意見を戦わせようとしたのだが、植村は断ったので単独会見となったとの事。

これが全てですねw 植村の 敵全逃が明らかにw

改憲後に質問したイタリア人記者もその後の日本人らしき者どもも、めった切りでしたね。スカッと爽やかでしたw


2018/11/18 (Sun) 08:41 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

あれ!誰もコメントしていませんね! 誰かのコメントを読んでから論点を確認し、それから投稿しているのですが。管理人さんの本文、上から順番にコメントします。

イアンフ財団解散の件。
管理人さんの見解に大賛成です。10億円を向こうに送金して日本側は義務を完了しました。カネに色は付いていないので、向こうがどう使おうが勝手です(実際には還収し韓国予算で支払い)。合意で規定した韓国側の義務履行が残るだけです。大事なことは、韓国が財団解散を通告したときに、政府は反応とかコメントをしないことです(あ!そう、でいいですw)。仮に政府が、遺憾だ!とか反応を示したら相手の思うつぼです(ここ重要です)。

北方領土交渉の件も賛成です。
昨日のコメントにも書きましたが、56年共同宣言は、平和条約締結後、二島(歯舞・色丹)を”引き渡す”(返還ではありません)とあります。ゆえに、主権は返さない。レンタル・租借とかいう話しが出て来るのでしょう。この「主権論争」に乗ってはいけません。そうすれば北方四島の主権が相手側(ロシア)にあることを認めてしまうことになるからです。あくまで日本側は、終戦宣言(45年8月15日)後に不法占拠された< との原則論で行くべきです。

ロシア人は、攻国心(攻撃的な愛国心の意味)の強い国民です(クリミア非合法編入がその例)。いかなる非があろうとも、領土を譲る気持ちはありません。歯舞・色丹の二島でも、ロシア側は二島で幕引き、日本側は二島+残り二島継続協議が、本音です。それから、仮に先に二島返還であっても平和条約締結と”同時の”返還方針で行くことが大事です(後日引き渡しだと食い逃げされます)。

2018/11/17 (Sat) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment