FC2ブログ

新元号「令和」

ご存じのとおり、新元号は「令和」と決まりました。

令和

◆この令和おじさんも平成おじさん同様に、短期ながら首相を務めることになるかもしれませんね。
このおめでたい日に否定的、違和感があるなどと言っている人がいます。日本共産党、まだいた社民党、それに石破茂のおっちゃん。多くの日本国民はその違和感に違和感を持ちます。
それと、この件に関して中国、中国と言っているマスコミがいますが、私はそれにも違和感があります。日本文化はとてつもなく大きいのだから1000年にわたりいろんな文化を飲み込んで独自に進化してきました。今の中華人民共和国と何の関係がありますか。どうしても言いたかったら、隋とか唐とか言えばいいのに。


人気ブログランキングへ ← ←宜しければ、一日一クリック お願いいたします。

◆出典は万葉集、意味は安倍首相が御述べになりました。
私は「国書による」と聞いたときからいろんな想像、いや、予想をしましたよ。「月」「心」「花」といった漢字は元号には適さないだろうな、と考えていた。ところが「令月」と聞いて、あ、その手があったか、と膝を叩いた。

ブルガリア初の日本語通訳・日本文学研究者ツベタナ・クリステワさんの著作(「心づくしの日本語ーー和歌でよむ古代の思想」ちくま新書)によれば、日本の近代以前の和歌に使われた言葉で最も多いのが意外にも「月」なのだそうだ。あと「花」を含んだ「桜」、「心」「人」だったと記憶しています。私的には「泣く」「袖を濡らす」等をまとめて「涙」も多いような気がします。日本人の感性なのでしょうね、我らのご先祖は月や花に心を照らしてきたのでしょう。
私はすごくいい元号だと大満足です。

◆「死生のあいだをくぐること百余回、おもえば生存するのがふしぎなくらいの身を、大正の聖代まで生きのびて往年の敵も味方もおなじ仏壇に朝な夕なのとむらいの鐘の音をたたぬ。」

新撰組二番組長・永倉新八「新撰組顛末記」(新人物文庫)の末尾はこの文で終わる。天保年間に生まれた永倉は大正の御代まで生きた。その晩年は香華に剣友を弔う日々であった。99歳で逝去したわが父は大正、昭和、平成を生きた。ぼくら昭和前半生まれはみんな昭和、平成、令和で「はい、それまでよ」ということになる、と考えがちです。永倉の心境も分からぬでもない。

明治、大正、昭和、平成、令和と五代を生きることになるご老人をTVで紹介していました。こんな人が現実にいるのだから、もしかしたら、ぼくらも悠仁殿下の御代を見届けられるかもしれません。ぼくら、ぼくら、って、いつまでも高校三年生気分でもいけませんが、新元号決定で何となく元気出てきませんか?

◆万葉集には万葉集でお返ししなければなりません。

天皇(すめらぎ)の御代栄えむと東なるみちのく山に金花(くがねはな)咲く(大伴家持)


・・・天皇の御代は永遠に栄える瑞象としてこのたび東の陸奥の山から黄金が出た、というので、それを金の花が咲いたと云った。・・・
続紀には、天平21年2月、陸奥始めて黄金を貢いだことがあり、これは東大寺大仏造営のために役立ち、詔にも、開闢以来我国には黄金は無く、皆外国からの貢として得たもののみであったのに、朕が統治する陸奥の少田郡からはじめて黄金を得たのを、驚き、悦び貴びたもう旨が宣せられてある。また長歌には、
「大伴の遠つ神祖(かむおや)の、其の名をば大来目主と、負い持ちて仕えし官(つかさ)、海行かば水漬く屍、山ゆかば草むす屍、おほきみの辺にこそ死なめ、顧みはせじと言立(ことだ)て」云々とあるもので、家持は生涯の感激を以ってこの長短歌を作っているのである。(斉藤茂吉著「万葉秀歌」岩波新書)



人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



8 Comments

早乙女  

     森友問題再燃で、焦って恫喝する維新松井一郎  

松井一郎はチンピラ前科持ち!笹川からの親子2代の利権疑惑も。
松井も同和。その前の橋下も同和。
そしてこの籠池も同和。籠池の塚本学園の弁護士の稲田も同和。
稲田のお父さんは同和のボス。
安倍晋三記念小学校のずっと前「日本会議」仲間である安倍晋三、籠池泰典、松井一郎の3人が「産業廃棄物処理場」を舞台にして進めてきた事業

ご意見 ご要望はこちらにお寄せください<<03 6872 6005 Pasona Group Inc ,早乙女,武藤祐輔,南部>>

2019/04/09 (Tue) 21:13 | EDIT | REPLY |   
アジシオ次郎  

causalさん、Gくんさん、たちばなさんへ

新元号が「令和」となったことで、「脱中国」「日本古来のものからの引用は日本らしい」という見方もあれば「国粋主義的な安倍総理の姿勢丸出し」なんて見方もあり、海外からの評価はまちまちです。

欧米メディアが「国粋主義的」なんて報道、正直今の欧米において国粋主義的な空気が蒸し返してることは棚上げですかと言いたくなる。自国において極右の台頭を国粋主義なんて批判してるのかとも言いたくなる。

パヨクが「令和」の起源は中国なんて主張、明らかに妄言であり韓国と全く変わらない。歴史を平然と捏造することを厭わない勢力の言い分には耳を傾ける価値などない。

>〇〇の起源は中国だ、朝鮮だと言っても、何の意味も無い。

朝鮮については悪癖の一つである「ウリジナル」でしかないが、日本より上というプライドしかなく日本古来のものを自分たちがルーツだなんて騒いで、馬鹿もいいところ。イギリス人が「カレーの起源はイギリスだ」と言うだろうか? アメリカ人が「ピザ・フライドポテト・ハンバーグの起源はアメリカである」なんて言うだろうか? 言うわけがありません(アメリカについては様々な移民及び先住民からなる国で、画一的なアメリカ食文化というものはない)。朝鮮の儒教的な思想は選民思想的で序列に基づく思想でしかなく、インドのカースト制度と全く変わらない。

2019/04/03 (Wed) 09:19 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

管理人さんが書いています。社民党党首・又市征治氏、自分の名前は、征服して治める< なのにw。

茄椅菰 (Keiko)@mo_ka38la_keikoさんという方のツイッター記事https://twitter.com/mo_ka38la_keiko/status/1112665959246893057
によると、”令和”の出典になった大伴旅人の万葉集の序文の→月・・風< は、令(よき)月・・・風和(なご)やか< と読むそうですよ!

2019/04/02 (Tue) 17:16 | EDIT | REPLY |   
causal  

岩波及びパヨク界隈では「令和の起源は中国だ」と必死ですw

>この件に関して中国、中国と言っているマスコミがいますが…。

※最初、何を指しているのか解らなかったのですが、これの事ですね。
・岩波及びパヨク界隈では「令和の起源は中国だ」と必死ですねw
■令和の出典、漢籍の影響か 1~2世紀の「文選」にも表現
https://mainichi.jp/articles/20190401/k00/00m/040/256000c

・「万葉集が8世紀末ごろの成立とされるのに対し、中国の美文をまとめた文選は6世紀に成立。」

■『文選』の句を踏まえていることが、新日本古典文学大系『萬葉集(一)』https://www.iwanami.co.jp/book/b325128.html … の補注に指摘されています。
https://twitter.com/iwabun1927/status/1112594364411211776

■花鳥風月 世阿弥の『風姿花伝』
・中国語の「風花雪月」は日本語で「花鳥風月」というようです。(中国人の言)
「風花雪月とは、自然の美しい風景や、そこから生じる情緒情趣を意味する中国語。日本語の花鳥風月に相当する。」―ウィキから。

>1000年にわたりいろんな文化を飲み込んで独自に進化してきました。今の中華人民共和国と何の関係がありますか。

※全くおっしゃる通りです。文化・学術・芸術に国境はありません。
〇〇の起源は中国だ、朝鮮だと言っても、何の意味も無い。

■中国語を支える日本語  2008年8月20日 産経新聞
「社会科学や自然科学などの学術用語の約7割が、英語やドイツ語などから翻訳した和製漢語といわれている。王氏は「われわれが使っている西洋の概念は基本的に日本人がわれわれに代わって翻訳してくれたものだ。」
「一燈雑記」さんから・
https://blogs.yahoo.co.jp/junsyjunsyjunsy/8066252.html

最後にお笑いネタを一つw
♪香山リカ‏
「令和=令シスト和あっち行け」
https://twitter.com/rkayama/status/1112661215501676546


2019/04/02 (Tue) 16:14 | EDIT | REPLY |   
あやか  

追伸、、、万葉集から、、、、、

今回決定の【令和】の元号が、
我が国の古典【万葉集】から、出典されていることは、なによりも、すばらしいですね、、、、、

それに、ちなみまして、、
うさぎさんは、万葉集の名歌【海ゆかば】を引用なさっています。
さすがは、うさぎさんです。
そうこなくっちゃ!!!

日本の国ぶりを、あらわしているのは、まさにあの歌です。!!

◎懐かしき 海ゆかばの歌 口ずさみ
             涙で仰ぐ 万朶の桜    あやか

2019/04/02 (Tue) 14:25 | EDIT | REPLY |   
あやか  

新しい元号に、喜び、感謝します。

新しい元号は、、、、、

☆☆【令和】れいわ☆☆

に、決まりましたね。
すばらしいと思います!!
予想以上に素敵な元号です。
こういう事は、理屈ぬきで、喜ばしく思います。
我が国の珠玉の歌集【万葉集】を出典にしているのも、誇らしい事です。

まだ平成時代も、あと1ヶ月つづきますが、
来たるべき令和時代も、明るいすばらしい時代であってほしいと思います。
そして、明日につづく明日も、明るい日々でありますように!!!

◎新しき 御代の元号 定まりて
            民の喜び なほ、ひとしおに。

2019/04/02 (Tue) 12:38 | EDIT | REPLY |   
アジシオ次郎  

おはようございます。

万葉集から引用した「令和」という新元号、これまでの中国の古典からの引用ではなく日本古来のものからの引用は日本らしいというか「温故知新」の精神に基づくものです。

ただ新元号を政府で決めるのもどうか、なぜ国民投票というもので決めなかったのか? これは問題かも知れません。新元号を政府が決める、政治利用だって指摘もありそうです。タイの総選挙においてタクシン・シナワット派勢力が王女を擁立したことで政治利用だと批判されたニュースもあったけど。

2019/04/02 (Tue) 09:48 | EDIT | REPLY |   
causal  

前コメントの続きになりますが

おはようございます。

>このおめでたい日に否定的、違和感があるなどと言っている人がいます。

更新を待ちきれなくて、前エントリーに書き込み、フライングと言う粗相をしてしまいましてw 前コメントと同様になりますが、お赦しを。

・「英ガーディアン紙は"decree and peace"「法令と平和」、英BBCは”order and harmony”「秩序と調和」と訳した。」
https://kotobukibune.at.webry.info/201904/article_2.html

・石破氏は「令」が「命令」を連想させることを懸念したとみられる。
https://www.sankei.com/politics/news/190401/plt1904010037-n1.html

この「ご仁」は” order”を命令と言う意味しか無いと思っている様だが、オーダーには「秩序」と言う意味も有ることを知らないのでしょう。

勿論日本語の「令」には「命令・法令」という意味もあるが、令嬢・令息との言葉も使われている通り、この場合の「令」は「カカア殿下」や「亭主関白」を指す言葉ではないwww

2019/04/02 (Tue) 09:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment