FC2ブログ

前回の続き

◆続きの続きがあります。5月15日【追記】。末行Read moreをクリック願います。

◆富山県八尾市では、毎年9月1日から3日間「越中おわら風の盆」が行われます。この祭りを舞台にした小説「風の盆恋歌」(高橋治、新潮文庫)は美しい物語です。
学生時代に愛した者同士は結婚できず、50歳過ぎてから八尾で逢瀬を重ねる。昭和60年代に書かれたものですが、今でいう不倫ですね。男は女に「俺と死ねるか」と問う。女は・・・「えみちゃん」で思い出しました、「えり子」さんでしたか、「死ぬる」と答える。そして物語の結末は二人ともに死んでしまいます。

何でもないような恋愛小説ですが、風の盆の美しいイメージと重なって、誰かと一緒に、或いは何かと一緒に死ぬことは素晴らしいと思う。私は別に、心中を礼賛しているのでも奨励しているのでもありません。少なくとも、自身の身体を何本もの管でつながれ、病室の天井を見ながら逝く、いわゆる「ネンネンコロリ」よりもはるかにいい。別に、それを揶揄しているわけではありません。誰しも30年先か明日かわからないけれど、コロリと逝くのですから。


人気ブログランキングへ ← ←宜しければ、一日一クリック お願いいたします。

◆前記事中の西田中尉の手記をお読みになりましたか。このような一文があります。

「今まで大空の防人(さきもり)として召されてより、死中に活を求むる実践的猛訓練に幾度か死に直面し命びろひをした事だらう。常に『浜までは海女も蓑(みの)着る時雨(しぐれ)かな』の歌を心中に持ちつヾけ幸ひ今日まで斯(か)くも壮健なりし。」

23歳にしてこの句をご存じであったとは、中尉は国語の先生であられたのかもしれません。
ある僧が播磨の瓢水に教えを乞うために訪れた。その時瓢水は留守で弟子が対応した。「師は薬を貰いに行かれました。」すると僧は「瓢水ともあろうお方が命が惜しいのか」と言って立ち去った。帰宅した瓢水は弟子から話を聞き、この句を弟子に持たせ、僧を追って届けさせた。

瓢水の句は山本周五郎の頑固おやじのお小言を頂戴したような気になります。これは人間としての美学だと思うのです。真・善・美と言いますが、その美、美意識なのです。浜までは、あるいは死ぬまでは、雨が降れば傘をさすのです。
そして、何かと一緒に沖縄の空に散華された。

誰が何と言おうとも、沼山光洋氏もそのようなお方だったのではないかと思う。私は死者に対して、倫理・道徳観としての善や美意識としての美に欠けることを言いたくありません。





195パッション

3年にしてパッションフルーツに実が着いた。やはり、自分で栽培して実験・研究してみないと分かりません。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
「今回の続き」として、あやか様よりいただいたお歌を紹介させていただきます。

◎英霊の 後を追いつつ 命をば
         捧ぐますらお  あまりに悼まし。
                           合掌

沼山光洋さまの遺言状を拝読し、涙が止まりません。

特に沼山様が、、
天皇陛下に靖國神社御親拝を賜る環境が出来なかったことは、天皇陛下に申し訳ありません、、、、
という言い方をなさってることで、、、
実に誠実で謙遜で、国民としての本分をわきまえたかただと思いました。

よく、『保守系?ブログ』と自称するものには、
天皇陛下が靖國神社に御参拝なさらないことで、天皇陛下御自身を批判するような言い方をするものを見かけます。
実に不遜ないいかたであり、いったい自分を何様だと思ってるのか、腹立たしいです。

それにくらべますと、沼山様の謙譲・忠烈で、いさぎよい態度には、頭が下がります。

沼山光洋命(みこと)の御霊安かれと、お祈りします。


◎遥かなる 北の大地の 桜かな
         令和の御代を 待ちて咲きたり

関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

早乙女  

パチンコ規制は、パチンコ業界の存続のためで規制になっていない
安倍曰く、「パチンコ問題は国家観の問題ではなく趣味だから。パチンコする議員だっている」
安倍がやった新しい在留管理制度によって、「通称名」や「在日特権」は廃止されるどころか優遇された。安倍は在日の仲間だから当然の結果
下関の事務所は東洋エンタープライズから譲り受けたもの(パチンコチェーン七洋物産の子会社。取締役は在日)
ご意見 ご要望はこちらにお寄せください <<03 6872 6005 Pasona Group Inc ,早乙女,武藤祐輔,南部>>

2019/05/16 (Thu) 20:25 | EDIT | REPLY |   
たちばな  

仕掛け本の技だ~!(^^)!

>◆続きの続きがあります。5月15日【追記】。末行Read moreをクリック願います。

なんですって?ウサギや師匠がこんな技術をお持ちとは。。。着々とパソコンスキルをアップしてますよね。。ほ~驚きますよ。私は時代に逆走して携帯をやめて固定電話だけにしようと考え中。
あえて「不便なぐらいがちょうどいい」という信念のもと昭和に時代を戻しつつあります。
郵便もいいですね。交通手段に迷ったら駅員にきくなり人にきくなり。タイムスリップさせてます。
公衆電話もいいですね。余計な情報が多すぎます。不在着信もいりません。留守電がいいい(^_-)-☆
自然の空気を吸ったり鳥の鳴き声を生できいたり、スマホをいじるより楽しいことってたくさんあります。

2019/05/16 (Thu) 08:04 | EDIT | REPLY |   
あやか  

追加

沼山光洋さまの遺言状を拝読し、涙が止まりません。

特に沼山様が、、
天皇陛下に靖國神社御親拝を賜る環境が出来なかったことは、天皇陛下に申し訳ありません、、、、
という言い方をなさってることで、、、
実に誠実で謙遜で、国民としての本分をわきまえたかただと思いました。

よく、『保守系?ブログ』と自称するものには、
天皇陛下が靖國神社に御参拝なさらないことで、天皇陛下御自身を批判するような言い方をするものを見かけます。
実に不遜ないいかたであり、いったい自分を何様だと思ってるのか、腹立たしいです。

それにくらべますと、沼山様の謙譲・忠烈で、いさぎよい態度には、頭が下がります。

沼山光洋命(みこと)の御霊安かれと、お祈りします。


◎遥かなる 北の大地の 桜かな
         令和の御代を 待ちて咲きたり

2019/05/14 (Tue) 19:36 | EDIT | REPLY |   
あやか  

あまりにも痛ましいです!

沼山様のこと、あまりにも痛ましく、
どのように申し上げて良いのか、、、、、
言葉になりません。

◎英霊の 後を追いつつ 命をば
         捧ぐますらお  あまりに悼まし。
                           合掌

2019/05/14 (Tue) 18:14 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

causalさんの投稿、拝読いたしました。ドリス・デイさん97歳。< まだご存命だったんですね(リンク先参照しました)。ケセラセラ< ペギー葉山さんが歌っていたような。京マチ子さん(95歳)死去とのことです。合掌!! その他ありましたら、追記で対処いたします。

2019/05/14 (Tue) 17:23 | EDIT | REPLY |   
hippopon  

死は自分で選んでは神への冒涜となると教えられてて、
心中しないで何とか二人で生きてゆく方法を考えるのがいいかもと思う。

そして、
出来たら人を裏切る不倫をしないので、頑張ってる恋愛ではないかと。
無節操な人嫌い。そして組めない。

2019/05/14 (Tue) 16:02 | EDIT | REPLY |   
たちばな  

人間不信 太宰うさこ

私もう人を信じませんよ、犬しか(笑)

人間失格ではなく人間不信。幽霊より生きてる人間のほうが怖いわ。

久々のcausalさんのアップした曲で一息ついてます。
所詮人間に期待する方が間違ってるのかもしれません。ワン🐕

本当のことをいうと貶められるし最悪殺されます。

2019/05/14 (Tue) 13:07 | EDIT | REPLY |   
causal  

【ニューヨーク共同】「センチメンタル・ジャーニー」や「ケ・セラ・セラ」をヒットさせ、主に1940年代から60年代に活躍した米国の歌手兼女優ドリス・デイさんが13日、西部カリフォルニア州カーメルバレーの自宅で肺炎のため死去した。97歳。

ヒット曲は以下に。
https://www.bing.com/videos/search?q=%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%87%e3%82%a4+%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88%e6%9b%b2&qpvt=%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%87%e3%82%a4+%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88%e6%9b%b2&FORM=VDRE

2019/05/14 (Tue) 09:44 | EDIT | REPLY |   
causal  

おっしゃる通りです。

おはようございます。
>私は死者に対して、倫理・道徳観としての善や美意識としての美に欠けることを言いたくありません。
※「死者を鞭打つことなかれ。」ですね。

2019/05/14 (Tue) 08:59 | EDIT | REPLY |   
たちばな  

いつもそうですね

>誰が何と言おうとも、沼山光洋氏もそのようなお方だったのではないかと思う。私は死者に対して、倫理・道徳観としての善や美意識としての美に欠けることを言いたくありません

言っている人をあれこれ批判するのではなく自分を主語にして意見を述べる。
こういうスマートな書き味は昔からそうですね。私は日本人ですが死んだ人のことも色々かきます。
死んで終わりじゃないと思ってますので。生きているときに交流があり情が移っている人ほど。
 そして、うさぎやさんの人間性を尊敬いたします。うさぎやさんが天寿を全うされたら私色々悪口かきますよ。
大切に思っていた証拠です。人間としてですよ。あ、父ちゃんとしてか。。。?もうすぐ父の日。

2019/05/14 (Tue) 08:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment