FC2ブログ

トランプ氏カミカゼ称賛

■「表現の不自由展・その後」のその後ですけどね、芸術監督の津田大介はどこにいるのですか?彼は主催者や出品者、来場予定者、広く国民に対して納得のゆく説明をする責任があるのではありませんか。相応の報酬も得たはずだ。
私個人的にはあのずる賢い、およそ芸術とは程遠いこ汚い顔など見たくはありませんが、彼には説明の義務もあるはずです。どのような主旨で企画したか、出品作の選定の基準となったものは何であったのか等々。
私は「表現の自由」を逸脱した権利の濫用だと思います。表現の自由ということならば、大丸で自衛隊車両の展示が中止になりましたが、これこそ表現の不自由です。侵害でしょ。

私は津田のような人がどうして芸術監督なのか不思議でした。人選ミスに違いない。
芸術監督は、7人の学識経験者で構成する芸術監督選考委員会が選考。今回は29年7月にジャーナリスト、津田大介氏の就任が決まった。「社会情勢を踏まえた明確なコンセプトを打ち出せる」「ITに造詣が深く、国内外に強くアピールできる」などが理由という。
https://www.sankei.com/life/news/190810/lif1908100029-n1.html

選考の基準に「芸術に対する深い造詣」という項目はなかったようですね。選考委員会の7人の学識経験者名を公開していただきたい。
大村知事を選んだ愛知県民も悪いが、津田を選んだ7人も悪いのとちゃう?


人気ブログランキングへ ← ←宜しければ、一日一クリック お願いいたします。

■8月15日前後にはTVも新聞も戦争の話題が多い。当ブログでもそうしましょう。
トランプ大統領は選挙資金パーティで日本の「カミカゼ」を称賛し、「愛国心だけで燃料タンクに半分だけ油を入れ、鋼鉄の艦船に突撃した彼らを想像してほしい」と述べたそうだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/13/2019081380080.html

韓国紙の報じる物でありますので、ホントかウソか分かりません。ただ「燃料タンクに半分だけ油を入れ」というのは、トランプさんに限らず多くの人が誤解しています。
自らも特攻隊員であった、万世特攻平和祈念館名誉館長の苗村七郎さんはこう書いています。
戦後、航空特攻の事実が歪曲され、多くの間違った報道・出版がされている。「離脱・逃亡しようとする特攻機を撃墜する中国の『督戦隊』のような援護機があった」「特攻機は片道燃料で出撃させられた」など、こんな事実無根な話は絶対にない。

我らがまだ生まれてもいない、その時、その場にいた方が仰っていることなのです。

小説家・島尾敏雄は終戦時海軍中尉、第18震洋隊(隊員183名)の指揮官であった。小舟艇に爆弾を積み、敵艦に体当たりする特攻隊です。昭和20年8月13日に出撃命令を受けたが、発進命令のないまま8月15日を迎えた。

私は島尾の短編小説の一場面を思い出しました。上官が階級の下のものを殴るのは分からぬでもないが、下の者・少尉が中尉を殴ったのです。海軍関係者がたくさんいるお店で、ちょっとした喧嘩が始まります。特攻隊員が「俺たちにあんなポンコツ艇で死ねというのか」と言う。特攻隊の少尉が特攻艇製造部門の技術中尉を殴ってしまいます。それで何らお咎めもなく終わってしまいます。言うまでもなく、軍人の中でも特攻隊員は特別の存在であったのでしょうね。すでに神だ、と言った人もいました。

あの時代、知覧の特攻の母と慕われた鳥浜トメさんのような方がたくさんいたのではありませんか。特攻隊員に感謝そして彼らを大事にしたのでしょう。鹿屋には物資不足のあの時に、隊員にお菓子やすき焼きを食べさせたお店が今もあります。余談ながら、海軍御用達の肉屋さんの当代は私の高校の同級生です。
で、その場の雰囲気として、空気として彼らを片道燃料で飛び立たせるわけがないじゃありませんか。途中で敵戦闘機に遭遇することもあったでしょうに、燃料不足では目的地に着けない。

見ようによっては特攻隊を美化しているように見えるかもしれません。私はそれでも一向にかまいません。しかし、戦争や軍国主義を礼賛するつもりはありません。勿論、私だって(中国等の)「軍靴の足音」など聞きたくもありません。ただ、あの時代の「真相はかうだ」と言いたいだけなのです。
賢明なる読者諸兄姉はこれらに首肯せらるるや否や。






今、我が家の庭の主役はハイビスカスではなかろうか。花は朝咲いて夕べには萎むのだが、毎日毎日、次から次へと咲く。

IMG_20190813_101037.jpg


IMG_20190813_100906.jpg


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

causal  

Gくんさんへ

こんにちは。

昔は淀川長治さんの「日曜洋画劇場」「ゴールデン洋画劇場」水野晴朗さんの「水曜ロードショー」は「金曜ロードショー」に。その他、荻昌弘さんの「月曜ロードショー」などがありました。 懐かしいですね。
https://nonbirito.jp/themesong-cinematv/
それぞれの番組テーマ曲は邦人作品・外国作品とも、スタンダード曲として記憶に残る素晴らしい作品ばかりですね。
今は地上波では日テレの「金曜ロードSHOW」しか有りませんが。

私の記憶が間違っていないのなら、日曜洋画劇場のテーマ曲はミュージカル「キス・ミー・ケイト」の中の"SO IN LOVE"と言う曲でした。JAZZのスタンダード曲でもあります。

https://blog.theyannie.com/so-in-love/

またの音楽投稿を楽しみにしています。


2019/08/15 (Thu) 11:52 | EDIT | REPLY |   
お達者クラブ  

苗村氏の言葉を書いてくれて感謝です

終戦まじかに万世特攻基地について紹介してくれたのがブログ主氏でした。
知覧特攻顕彰慰霊祭に毎年行かせてもらっています、数年前万世特攻基地に行きたいとリクエストし万障繰り合わせて希望を聞き入れてくれました。
「同期の桜は唄わせない」という本の著者が清武英利氏です。年配の方はご存知と思うが、かって読売(ゴミウリ(笑))巨人軍のGMと言えばお解りと思う、共産党員ナベツネと喧嘩し首を切られ辞職した方でした。
特攻隊の英霊に対して可哀そうと同情をする人が結構いますが、彼等はしっかりと日本帝國の戦士として顕彰すべき神様たちです。
前にも書いたと思うが、彼ら特攻兵士の個人的な思いは複雑なものもあったと想像する、が悩み苦しんだその時彼等に降ってくるのが『神』なのだと。「神道の國」の日本人独特ともいえる精神性の終着というか帰結である。精神の集中があり、無心な状況が訪れる。最善の努力をする!神のご加護を!
どうして彼等は出撃する直前に笑顔なのだろう?ずーと知覧に行くたびにお粗末な頭を駆け巡っていた。
神がつぶやいてくれた。

8月6日~8日に広島に出向いた、最終日に江田島に渡る。海軍の歴史博物館を見学した。
海軍降下部隊(落下傘)が昭和17年1月にセレベス島メナドを急襲した。司令官は堀内豊秋中佐。
同年2月、パレンバン石油基地を陸軍降下部隊が急襲、ほぼ無傷で石油基地の確保をする。
同行したK氏曰く、それほど戦略上重要でもないメナドへの海軍の攻撃はパレンバン作戦が見破られるという可能性が有った。幸い大成功だったのだが、米軍との戦いを4年近くできたのはパレンバン石油基地の確保だった。
戦略も見られず、シーレーンの確保や補給艦などの警備を重要視しなかった帝國海軍、意味もないミッドウェーで多くの犠牲を払い、天皇陛下・東條首相もその敗戦すら知らなかった。
「大東亜戦争、勝利の方程式があった」(茂木弘道著)、結果として戦略的なものは何もなかった真珠湾の勝利に陸軍も引きずられることになった。
8/3、安濃豊先生の講演を聞いた。この4年近くの戦いこそ、東南アジアの独立に必要な年月だった。
ペリュリュー・サイパン・硫黄島等の玉砕戦の間に、亜細亜諸國は独立宣言をしている。
戦勝國連合のほとんど(仏・英・蘭)はアジアの植民地を失い、日本國が唯一敗れた米國ですら太平洋の島をいくつか取ったに過ぎない。日本國こそが戦勝國だった。

  

2019/08/14 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

管理人さんの本文、causalさんの投稿、拝読いたしました。管理人さん、causalさん→愛知の展示は、大村知事、芸術監督の津田大介氏に全責任があるとの会見です。この会見、知事は他の仕事もあるから幕引きということでしょうか!?

きょうの報道で→1韓国政府「原発汚染水対策を要請」で、「放射能ニッポンキャンペーン」です。2「戦犯」企業ステッカーを復活させる< この二つのイヤガラセ日本側を刺激して逆効果違うますか!?想像力の欠如です。

(追記22:00)お盆の中日、音楽でも聴いてみませんか!?→YouTube(3:52)金曜ロードショーテーマ曲https://www.youtube.com/watch?v=SR-Us0jb5Dc

トランペットの演奏がいいです。この曲番組最初には、もちろん流れます。10時頃スポンサー交代のときにも、必ず女性アナウンサーの声で → この番組は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしました。引き続き、花王、お口の恋人ロッテ、ご覧の各社の提供でお送りします< というアナウンスが流れていたような・・・w

2019/08/14 (Wed) 18:12 | EDIT | REPLY |   
causal  

大村無責任語録「全責任は芸術監督にあり、私にはない!」

 こんにちは。

大村知事「全責任は芸術監督の津田監督にあり、私にはない!」
松山昭彦氏のブログから。
https://ameblo.jp/bonbori098/

♬ 愛知県大村知事 定例知事記者会見【質疑応答】 8月13日
https://www.youtube.com/watch?v=_C2snzJ5Jsc
・3分10秒から 
「芸術監督の企画展なので、芸術監督が全責任をもってやっておられると言う事だ」
※「津田にすべておまかせ」とな~w 違うだろ。 任命責任は無いのかよw

・5分ごろから 
「こう言う内容(反日的な)があるとの声については「(一部分を)止めてくれとか表現手法を変えてくれないか」など、強い要望・希望は先方に伝えたよ」

※嘘ばっかりですね。 「尖がったものにして欲しい」とか言ってなかったっけw 更に反日の度合いを増す様、けしかけてなかったのか?

「全責任は金髪豚野郎にある」と言ったという事だけは解りましたw

今後は血で血を洗うが如くの内ゲバの予感w
しかも、金髪豚野郎と「二人で仲良くチョッパリピース」も削除して逃亡w

二人で仲良く「国会で証人喚問」の風刺画を見てみたいw

2019/08/14 (Wed) 10:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment