FC2ブログ

避難勧告

当地は昨夜より警戒レベル4で避難勧告が出ていました。
とにかく雨量が半端ない。私は平成5年の「南九州8・6水害」を思い出しました。その時は我が家は床上浸水したのですが、一気に水位が上がりました。

私はコロナを避けて指宿市に5泊していましたが、これから鹿児島市へ帰ります。豪雨とコロナのダブルパンチです。それに経済苦が付いて回るでしょうからトリプルパンチになるでしょう。
自粛による受注不足、また日照不足で農作物にも影響ないはずはありません。私は”苦難の行軍”を覚悟してますが。

@ブログランキング: どんな時でも。 

人気ブログランキングへ ← ←宜しければ、一日一クリック お願いいたします。

IMG_20200704_101606.jpg

昨日の状況です。今日はもっと酷いことになっていることでしょう。
自分の敷地に降った雨だけではないのです。右側に側溝があるが、これがあふれて低い方の私の敷地に流れ込んできたのです。側溝は水路につながっている。かなり大きな水路だけど、当然、水は低い方へ流れるのだから、水路も上流からの水であふれている。昨日の画像、この水路が道路の暗渠に流れ切らずに道路にあふれ出しています。

河川から水路・側溝・敷地の排水溝に至るまで再点検しなければなりませんね。

熊本県、球磨川流域では多くの犠牲者が出ました。心よりお悔やみ申し上げます。
都知事選の結果は誰でも予想できたが、災害対策は懸念はされてもなかなか難しい面がありますね。
あ、時間となりました。


人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

Gくん  

こんばんは!

管理人さんの本文、causalさんの投稿、拝読いたしました。鹿児島は、大隅半島の方(鹿屋・垂水)で大雨で被害が出ているようです。峠は過ぎました。管理人さんcausalさんの記事を、読んでみますと、ダムって何だろう!”治水”って何だろう!?と思いました。

黒部ダムの建設で、阪神方面の電力不足が解消された。このダムの建設は、電力会社の悲願だったそうです(プロジェクトXから)。ダムって造れば、治水だけでなく電力事情も改善されるし、いわれているほど悪くない< 水力は、クリーンエネルギーです。水力を、利用しない手はないと感じました。たぶん、これはしろうと考えで、ダム=水力に、直結しないのかも知れません。

2020/07/06 (Mon) 22:11 | EDIT | REPLY |   
causal  

訂正人誤 再びw

・「非難勧告」は「避難勧告」の間違いでした。
私は訂正で済むが、この知事の場合はそれで済まされる訳がない【怒】。

・今更「悔やまれる」と言った処で…。亡くなった方々の慰霊祭を実施し、その席で言うべきだ。
蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫 --毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6364539

2020/07/06 (Mon) 12:52 | EDIT | REPLY |   
causal  

訂正人誤

「ブラックスワン-制御能不能」が迫る は
「ブラックスワン-制御不能」が迫る でした。
その他も有りますが、気にしない、気にしないw

2020/07/06 (Mon) 12:27 | EDIT | REPLY |   
causal  

ダムと共に去りぬ??

こんにちは。

とうとう非難勧告が出されましたか。 被害が少ない事を願っております。

・1975年ごろ、大船・横須賀で床上浸水があったと記憶しています。
その後、河川の堤防強化などを経て、それ以来水害のニュースは聞きませんが。

・近年は多摩川の増水で世田谷自然左翼が「景観が壊れる」と言って堤防建設を反対したその場所から、大規模水害が発生しました。 

・熊本の川辺川ダムに反対したのも自然左翼でしょう。
「ダムによらない治水」の行き着く先が熊本の激甚災害だとしたら、彼らの罪は重い。

◆川辺川ダム白紙撤回から10年「ダムによらない治水」の今は(毎日新聞)
https://yamba-net.org/43756/

・「ダムによらない治水」とは堤防の強靭化、高地への移住促進化などが考えられるが、それが熊本で実施されたのかどうかはは知らない。 
ミンス党の「コンクリートから人へ」「スーパー堤防はスーパー無駄使い」のスローガンを元に、公共事業予算削減で、結果的に治水までも疎かにした旧民主党議員及び革新系知事やダム建設反対派住民はどう責任をとるのか。

・習近平さんは危ない。 人災(手抜き工事)と天災のダブルパンチで 「ダムと共に去りぬ」??

中国・三峡ダムに「ブラックスワン-制御能不能」が迫る──決壊はあり得るのか 2020年7月6日 –Nesweek—
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-93874.php


2020/07/06 (Mon) 12:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment