FC2ブログ

英国軍人の警鐘

尖閣諸島沖で違法操業していた中国漁船が海上保安庁巡視船に衝突し、海保は中国人船長を逮捕したが地検は釈放してしまいました。あれから10年経ったのですねえ。
フォークランド紛争は1982年、てことはあれから38年になりますか。我らが歳をとるはずですねえ、と感慨に浸ってばかりもおれません。日本はそれらの反省や教訓を生かせているのだろうか?

フォークランド紛争で英軍の上陸部隊を指揮したトンプソン元少将(85)が産経新聞の取材に応じた。同氏は「中国はアルゼンチンの強引な手法を学んでいる」と警鐘を鳴らし、日本は防衛体制を強化すべきだと訴えた。・・・
・・・「中国も日本が(尖閣防衛に)対応する能力や意思を持っていないと考え、侵略が成功すると信じている」と述べた。

https://www.sankei.com/world/news/200906/wor2009060008-n1.html

中国はアルゼンチンの強引な手法のその前の韓国による竹島、さらにその前の旧ソ連による北方領土も十分に承知しているはずです。日本海のガス田も日中共同開発するつもりではなかったか。結局、日本は中国、韓国、ロシアに舐められてます。

@ブログランキング: ここいらで・・・。 

人気ブログランキングへ ← ←宜しければ、一日一クリック お願いいたします。

法の支配を無視している国に対してどうすべきか、これはトンプソン少将が仰る通り日本の防衛体制強化です。太平洋を守る軍事同盟、そして、”民主主義国家としての誇りや外交上の信用を守る戦い”も辞さない強硬姿勢で無法者国家に対峙しなければならないということでしょう。
ところが、防衛体制の強化と言うけれども、日本は英国のようにはゆきません。これなら国民は納得だよね、と言っていただける方法によるしかありませんから。実は国民の意識から変えなければならないのかもしれません。まずは、唐突ながら「国民が・・・だよね」というフレーズで語る石破を落とすことです。
賢明なる読者諸兄姉はこれに首肯せらるるや否や。







IMG_20200905_163508.jpg

6日、朝9時になったら、スピーカーで避難所の案内をしています。携帯には避難の速報が入ります。家屋倒壊の恐れもある大型台風、勢力は衰えない。そういうことなら・・・9時15分には鹿児島へ帰ることにしました。
台風の時は鉄筋コンクリートの中は安心ですね。

木造家屋の北側のガラス窓には針葉樹合板を取り付けた。その左側はアクリルの板にした。これは数年前の台風の時に、どこからかうちの敷地内に飛んできたものです。カーポートやサンルームなどに使用されていたものでしょう。寸法も丁度0.91×1.82でした。

深夜2時、外は大分静かになりました。



人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

causal  

自民党総裁選では三候補揃っての公開討論会を実施すべきだ。

こんにちは。

・確かに日本が中国に舐められているのは確かでしようが、その中国が漁船団を引き連れて尖閣領土上陸を
 企てていたにも拘わらず、実行に移せないのは強固な日米同盟があるからでしょう。

米国、ついに尖閣防衛に積極関与へ「日米統合機動展開部隊」常設構想が急浮上
2020.8.5(水)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61561

自民党総裁選では三候補揃っての公開討論会を実施すべきだ。

まだ菅氏が立候補表明する前、各派閥への挨拶周りに忙しかった時、
石橋ゲルは自分だけテレビ局をはしごしていた。 
公開討論の席では、「拉致被害者の救出、中国の尖閣侵略問題等」で墓穴を掘る事が
判っているのだろう。 アメリカのバイデンと同じですね。


石ガキのり子・京都精華大学人文学部専任講師の白井聡に対して私は勝手に
「人でなし・ろくでなし大賞」を進呈しましたが、もう一人いました。 その名は石橋ゲルw


遭難の辛坊さん、会見で涙
https://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20130622_050

「今回は助けたけど…」辛坊治郎氏、ヨットで遭難救助後に石破氏から言われた一言明かす
https://sn-jp.com/archives/11108

「石破氏は勘違いしてる。6年前ヨットが沈んだ時、海上自衛隊に助けてもらった。

その後、石破氏に会った。当時、石破氏は大臣でもなくいち国会議員。
なのに『今回は助けたけど何回もはやめて』と言われた。
国民から言われるなら良いけど、ただ大臣経験者なだけで言うのか!」


2020/09/07 (Mon) 13:06 | EDIT | REPLY |   
アジシオ次郎  

言ってることはごもっとも

 おはようございます。

 イギリスのとある退役軍人が日本について「中国はアルゼンチンの強引な手法を学んでいる」と海洋進出を止めない中国に対して日本は警戒すべきと苦言と言うか警鐘を鳴らしたけど、この人はかつてフォークランド紛争を経験しただけに、自国の領土は自分たちで守れというごもっともな発言に取れます。やはり自国の領土は自分たちで守るというのが国際社会の常識。それを日本政府はキチンと理解しているんだろうか? と言いたくなります。防衛力強化、専守防衛や自分から攻撃してはいけないという憲法の条文を変えねばいけません。無論日本だけでなくインドや東南アジア諸国と軍事的な関係強化も大事なり。それと戦争反対とか軍靴の足音がとかなんて騒ぐ左翼!! そんな屁理屈をこれ以上振りかざすな!! この元軍人の発言に耳を傾けろ!!

2020/09/07 (Mon) 09:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment