FC2ブログ

7種の黒マスク

大坂なおみ選手は人種差別への抗議の意を示すため、被害を受けた黒人の名前をプリントした7種の黒マスクを着用したことでも話題となった。
ところが、激戦を制した大坂選手に世界中から賞賛の声が上がっている一方で、日本では批判的な意見も聞こえてくる。中にはスポンサー企業である日清に対して不買運動を行う動きもあるという。いったい大坂選手や日清の何が気に入らないというのだろうか?

https://www.mag2.com/p/news/466351

「スポーツに政治を持ち込むのはスポーツマン失格だよ」
「対戦相手に『テニスに集中させて』と言わせで何が称賛されるのか」
「人種差別とテロや犯罪行為を履き違えてますね」
「BLM(Black Lives Matter)は過剰だと思う」
「このままでは日清食品の不買が始まってしまう」
「非常食用のカレーヌードルがペヤングになるだけだな」
「日本国籍選んだのなら日本人らしく振舞ってくれ」
「政治的主張をしたから、今回の優勝はあまり喜べない」


批判は↑このようなものらしいです。記事にもある通り、人種差別は政治問題ではなく人権問題なのですよね。しかも彼女の主張は世界中のほとんどの人が抗えないはずです。

ブログランキング:       

人気ブログランキングへ ← ←宜しければ、一日一クリック お願いいたします。

大坂選手がTVカメラに向かって「私は黒人です」と言った時、私は一瞬ドキッとしました。違和感がありました。日本国籍を選択したのだから「私は日本人です、有色人種です」と言ってほしかった。これは私個人がそう思ったというだけであって、それをツイートしようとも、日清食品の不買をしようとも、とてもじゃないが、考えもしません。私はツイッターを持ってませんから(笑)。勿論、当面、アメリカの人権問題だから「黒人」でも構わないのですよ。

批判する人たちの考える”日本人らしさ”とは一体何でしょうね。どんなに立派な物であったにしても他人様に押し付けてはいけません。まして日清食品に対する不買運動なんて、どういう発想なのでしょう。ノージャパン運動中のアノ国の人達と似たような感覚なのでしょうね。日本人としてみっともない。な~にがペヤングですか。






獅子文六「コーヒーと恋愛」ちくま文庫、880円+税。1963年作。

IMG_20200917_004240.jpg

私の後輩は大学教授で専門は英文学であるが、コーヒー好きが嵩じてコーヒーに関する書物を蒐集している。単行本がなかったので全集を買ってしまった、と言っていました。多分、「コーヒーと恋愛」に改題される前の「可否道」が欲しかったのでしょう。内容は全く同じですが。
日本で最初にコーヒーについて飲んだ感想を書いたのは太田蜀山人(南畝)だそうですから、彼は日本の物だったらそれ以降を集めているのでしょうね。

とにかく面白い。どのような面白さかと言えば、私、何度もウッヒャヒャヒャハとかウススススと声を出して笑ってしまいました。
50年も前の世相が分かります。意味は分かるけど現代はほとんど使われない言葉もいくつか発見しました。

「元旦のことで、邸宅街は静かだった。国旗を出している家が多かった。」とあります。今と大違いですね。
「この間死んだ永井荷風なぞは、コーヒーに山盛り五ハイぐらいの砂糖を入れたというから、コーヒー・インテリとしては、下の部であろう。」コーヒー通、コーヒー狂のインテリ可否会の会員さんたちはそう言ってます。
コーヒーはもともと日本にも中国にもなかったものだから当て字はどうでもいいようです。なぜ可否会かと言えば、明治21年に支那人が「可否茶館」という日本最初のコーヒー店を開業したそうで、「可否」を会の名称にしたんですって。

私は獅子文六作品は他には昭和17年、小説「海軍」しか読んでいません。私はこれを学生時代にも読んだが、50歳過ぎてからも再読し、ますます軍国少年ならぬ「軍国おじさん」になってしまいました(笑)。
文六さんは劇作家としての勉強のためにフランスに留学された方です。小説も演劇的というか、物語が面白くて、映画やテレビドラマを観ているようです。



人気ブログランキングへ お忘れならば、ここで ピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

causal  

他人の批判をするのは勝手だが、ブーメランが返ってきては大失敗w

 宇都宮みんみん餃子党「小川淳也」のブーメラン

菅氏は「生い立ち」国会で明らかにすべき? 発言物議の立憲・小川淳也氏、ツイッターで
「真意」説明9/15(火) 16:09

https://news.yahoo.co.jp/articles/7cff3616a205a909ac2f91e9329cd3b96995eeea

「叩き上げストーリーをもし作られているとしたら、それはちゃんと実情を見ないといけない。
 その生い立ちを国会で明らかにする必要がある。」


・東大卒で元総務官僚の小川淳也クンも相当なバカですね~w

「国籍は日本」ストーリーを作って来た数多くの「宇都宮みんみん餃子党所属」の帰化人議員や、
 二重国籍議員はどうしたら良いのでしょうか。立つ瀬がありません。


その発言はブーメランだっちゅうの~w
 仮面を引っばがされ、総選挙ではどう戦えと言うのでしょうかw
 落選の暁には、立憲・小川淳也まで苦情をどうぞw

https://open.mixi.jp/user/66866728/diary/1971246978

2020/09/17 (Thu) 11:17 | EDIT | REPLY |   
causal  

改めて「全米オープン優勝」おめでとうございます。

 こんにちは。

スボーツの世界で、「今、そこにある黒人差別問題」を世界中にアピールする事は、
大変勇気のいる事だったと思います。 今後はその人種差別問題を米国国内に留めずに、
次のフランスオープンでは、中国の圧政下で苦しんでいるウイグル・チベット・南モンゴルの人々の為に
戦ってもらいたいものです。 ■これは皮肉ではありません。本心です。

さて、大坂なおみ選手への攻撃ですかw

まさか彼女の肌が黒いからとか、成功(年収)をやっかんでいるのではないでしょうね。
批判のツィートなどを見ても、納得出来るものは皆無で、そうとしか思えませんw


・TV放映でも名前の前に「日の丸」が輝いていましたよ。
彼女のコーチ陣には吉川真司コーチ、フィジカル面を担当する専属トレーナーの
茂木奈津子コーチ2名の日本人がおります。 
https://sportsmania1.com/team-naomi-osakas-coaches/

2020/09/17 (Thu) 11:06 | EDIT | REPLY |   
アジシオ次郎  

政治とスポーツは別というけれど

 おはようございます。

 テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ、今大会で白人警官の横暴で犠牲となった黒人の名前を載せた黒いマスクを着用したことが話題となってますが、海外から賛同を得ているのになぜ日本国内では非難の声が出ているのかは問題です。
 スポーツを通じて人種差別反対を訴える言動をするのは正しいことだけど、アスリートとして以前に一人間としての行動をなぜ理解しないのかです。

 政治をスポーツに持ち込むななんて批判、確かにごもっともだけど今回の動機は政治ではなく人種問題、即ち人権問題だって理解していないんでしょうかね?
 こういう批判をする人たちは未だに「政治の話をする奴は危ない人間だ」って間違った考えをありがたがってるとしか思えないが、政治と人種の問題は別だってことすら知らない人間もいいところなんじゃないのか? 文化やスポーツと政治の区別も知らない韓国人と何ら変わらない。未だ政治の話はタブーとか、政治の話をする奴は危ない奴なんて風潮が根強い日本、だから日本は未熟な国と言われるんじゃないのなかと思います。

 大坂を批判する人たちは正直あのモハメド・アリを非難してつまはじきにしたケースと変わらないな(ベトナム戦争への徴兵を「俺はベトコンに何の恨みもない」って拒否して散々バッシングされたが、それでも自らの意思を貫いて最終的に無罪を勝ち取っている)。

 正直今回大坂を批判した人たちって、他国の人権問題を他人事のように見る日和見な姿勢丸出しもいいところなんじゃないのかとすら言いたくなる。日本に対する愛着も薄くて何が日本人らしく振る舞えだ。とも言いたくなる。

2020/09/17 (Thu) 09:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment