FC2ブログ

アルゴリズム(algorithm)の世界

・・・「煽りのエコシステム」が出来上がってしまっているのだ。そこには保守もリベラルもない。
 現在のようなネット時代には、目の前のスクリーンに現れる情報がすべてであると感じてしまう傾向がある。検索サイトもSNSも、アルゴリズムで自分が過去に見た記事などに似た情報をユーザーに自動的に提供するシステムになっており、目の前には自分の見たい記事が現れるようになっている。そんなことから、どんどん視野が狭くなっていく人たちが多い。SNSでも同じような考え方の人たちで繋がっていく。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62988?page=7


この文章の子細を考えてみるに、現代社会の病理を実に明快に表現しています。この引用先はアメリカ大統領選挙に不正があったかなかったか、といった長い文章ですが、アメリカ国民が選挙で決めればいいのであって、私の知ったことじゃないのだけれども、この部分だけは私の興味を惹きました。


人気ブログランキング まずはご協力のほどお願いいたします。

アルゴリズム(英: algorithm)とはプログラムの専門用語らしいです。私の最も縁遠い世界の言葉であり、よく知りません、分かりません(笑)。
ターゲット広告というものがあります。私がボートや車を検索すれば、ヤフージャパンや訪問先のブログの画面にもこれらの広告が掲載されます。例えばあなたがネット上でアダルトサイトを覗いたとしたら、有料サイトへの誘導や抜けるグッズ(笑)の広告が画面に現れることでしょう。
墓石でも見ようものなら、家族葬の案内や、婚活はないだろうけど終活なんかの広告が入るでしょうね。

ニュース記事だってそのようなシステムになっているのではありませんか。「今あなたにおススメ」の記事が優先的に配信される。勿論それには「お知らせ」や「広告」が付いてくるわけですね。コマーシャリズムであり、そしてまたアルゴリズムってこういうことではないのだろうか、私はよく知りません、よく分かりませんが(笑)。

瓦版を刷ってたころと時代が違います。我らはアルゴリズムの時代を変えられないのだから、我らが変わらなければなりませんね。ちなみに、出版物に関しては、私は昔から変わっています。ベストセラーとか話題作、流行作家といったものはまず読まない。読んだとしても数ページ、そして目次とあとがきを書店で立ち読みするくらいです。時代遅れ、頑固、それで結構だ。
え、それで、ネット上ではせめてアンチテーゼとなるようなものも同時に見るべきでしょうね。
賢明なる読者諸兄姉はこれに首肯せらるるや否や。







KIMG0164.jpg

土曜日は「殿様湯」。県内の銭湯は420円ですが、ここでは2000円で回数券7枚でした。「県外の方お断り」の張り紙がありました。

KIMG0165.jpg

日曜日はま~た「こころの湯」。700円。
湯船に5・6人の大学生が入っていました。沖縄のある大学の1年生だと言う。お前ら、授業がないのにどうして知り合ったの?と訊けば、サッカー部だと言う。皆、好青年でした。
後日、友人に大丈夫か?と言われました。沖縄県は感染者多いですからね。もう、全国どこも同じでしょ。


KIMG0167.jpg

月曜日は砂蒸し会館「砂楽」。620円。砂蒸しに入らずに温泉入浴だけの料金。サウナルームは5人までと書いてあったが、私のほかに1・2名しかいなかった。ここは入り口での検温が一番厳しかった。

私の坐骨神経痛は疲労とストレスが溜まったせいであるから、これを取り除くことです。睡眠不足の解消、温泉自粛の解除、ストレス発散、食事と適当な運動、・・・。ブログもたまにはお休みいただきます。


人気ブログランキングへ お忘れならば、私の左脚にピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

アジシオ次郎  

causalさん、Gくんさんへ

 こんにちは。

 本題からえらく外れる話題で申し訳ありませんが、サッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが心臓発作により死去という衝撃のニュースが飛び込んできたけど、サッカー界はもとより全世界に衝撃を与えたことは間違いありません。

 類まれなるテクニックとプレーで多くのファンを魅了し、中でも1986年のワールドカップでは準々決勝のイングランド戦で「神の手」「5人抜きゴール」を決めたシーンは有名です(この試合の背景には、4年前にあのフォークランド紛争が勃発、それに敗戦してアルゼンチン国民は大いに打ちひしがれたが【ただ当時アルゼンチンで政権を握っていた軍部が敗戦により失脚して民政へと移譲した】、この試合でイングランドに勝利してアルゼンチン国民を歓喜させた)。
 記憶に残るプレーで魅了した一方で薬物や健康不安などのお騒がせも提供したように、良くも悪くもスーパースターだったことも有名。何かしら功罪が割れる人物は多い。

 最後は薬物と健康不安のツケがたたって心臓発作による急逝となったマラドーナ、こう見ると「激動型」「破滅型」人生だった有名人としてもカテゴライズされそうです。存命人物だったらドナルド・トランプ大統領などは真っ先に上がりそうだ。

2020/11/26 (Thu) 14:48 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

本文、causalさん、あやかさんの各投稿、拝読いたしました。管理人さん→アルゴリズム< ですか。広辞苑などを見てみますと、問題を解決するための方法や手順のこと< なーんてありました。

あやかさん→ニーチェですか。19世紀のドイツの哲学者ですね。さすがあやかさんは詩聖です。いまダンテ『神曲』を読んでいるのですが、そこからの引用、内容と解説は、別の機会で。

一見嘘のような真実についてはいつも
 できるだけ口を閉ざしている方が得だ、
 いえば落度はなくとも嘘つき扱いされるからだ。

平川祐弘訳 ダンテ『神曲』地獄篇第16歌から

2020/11/25 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   
あやか  

現代のおかしな風景

アルゴリズムという言葉を、初めて伺い、
たいへん勉強になりました。

しかし、ウサギさんの、最近の流行りに惑わされない孤高の態度は得難いと思います。

アルゴリズムというのは、集団洗脳、通俗趣味の極み、
と言うしかないでしょうね。
私も、そんなものにハマらないように、気をつけます。

しかし、『私はアルゴリズムには惑わされません。』と公言したら、
もしかしたら、【危険人物】としてマ-クされるかも知れません。
SF恐怖世界の物語ですね。

それは、ともかく、ウサギさん。
座骨神経痛のこと、お大事になさって下さい。

晩秋から、冬の季節になりました。
寒くなりますので、皆様方、お身体に気をつけて下さい。

◎秋日射す 書庫には古き ニ-チェの書 
           ツァラトゥストラの 警世知るや

2020/11/25 (Wed) 17:48 | EDIT | REPLY |   
causal  

エミリー・マーフィーさんに関するツイートです

・加藤清隆(文化人放送局MC) @jda1BekUDve1ccx
前に置いてあるのは死体袋です。こんな酷い脅迫を受けたため、トランプ大統領は政権移行手続きを許可した。こんなことも分からず、「トランプが遂に認めた」などと報じるメディアはもう報道機関の資格はない。
https://twitter.com/jda1BekUDve1ccx/status/1331322414483947522

・piyoco日本国旗アメリカ国旗 @piyococcochan2
エミリーマーフィーは、こんな脅迫を受けました。彼女と彼女の家族の死体袋を並べています。この脅しを受け、トランプ大統領はバイデンの政権移行手続きに譲歩したのです。
https://twitter.com/piyococcochan2/status/1331110434640863233

2020/11/25 (Wed) 11:22 | EDIT | REPLY |   
causal  

反梅田・バイデン陣営の動画を一つ挙げておきます。

 続けて失礼します。

2020.11.24【大統領選継続中!】《続報》パウエル軍事弁護士に‼️戦いは大型訴訟へ
https://www.youtube.com/watch?v=GgF3AkitG1o&feature=emb_title

シドニー・パウエル弁護士は軍事弁護士として登録された。
 今後は軍事弁護士として民主党議員や、夜逃げしたドミニオン、スマートマティック社の幹部や
 獅子身中の虫であるFBIやCIAや、似非共和党の知事や選挙管理委員会幹部らも国家反逆罪で裁く事になる。


バイデン政権移行チームのプロセス開始をトランプ大統領が許可したのは、これまでそれを拒んで
 いたエミリー・マーフィーさんに対する殺害予告や家族に対してのいやがらせを受けたからだ。


♥まあ、国家反逆罪で裁かれるのはクリントン、オバマ、梅田バイデン親子とペロシだろうw

・このまま梅田が大統領になったら{有り得ないが}、中国の圧政下にあるウイグル・チベット・南モンゴル
 はおろか、台湾・香港・沖縄・尖閣も中国のもの。 日本への実害は測り知れないことに。


2020/11/25 (Wed) 10:15 | EDIT | REPLY |   
causal  

ネット上ではせめてアンチテーゼとなるようなものも同時に見るべきでしょうね。

おはようございます。

<<バイデンの言い分を信じるバイデン支持者-山田 敏弘>>

・この方の意見は、産経新聞も含めて日米のマスゴミの垂れ流しだと思いますw

「(NTは)アメリカの全ての州の選挙当局のトップらに、不正や異常がなかったかどうか、電話などで取材を
敢行している。すると「大きな不正は誰も発見していなかった」という。」

・あったり前田のクラッカーですよw それを信じたいのか信じているのかは別として、
 随分とナイープな方だな~とw 彼らが本当の事を言う訳ありませんし、それを取材するのがメディアの
 使命でしょうに。


・これを書いたに山田 敏弘氏に対してはこう言いましょう。

「梅田バイデンの言い分を信じる梅田バイデンの支持者」だとw

<<ネット上ではせめてアンチテーゼとなるようなものも同時に見るべきでしょうね。>>

大賛成です。

2020/11/25 (Wed) 09:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment