FC2ブログ

便乱坊(べらぼう)

寒くなりましたね。お変わりありませんか。12月7日午前3時現在、私、まだ生きてますよ~。今年中に済まさなければならない仕事に追われてます。


人気ブログランキング  ← ← ハゲ増しのクリック頂ければ嬉しいです。

◆私ですか?生きてますよ~(笑)。ご無沙汰でした。
日曜日は明け方までお仕事していまして、月曜の早朝には電話で起こされて、そのまま仕事モードでした。午前中に地方の役所に行ったけど、仕事がうまく進みません。終いには担当者と二人して声を荒げてしまいました。お昼時間だから昼飯食べてください、私も腹減った、と捨てセリフを吐いて役所を出たが、年内に済むだろうか、と不安で食欲もなかった。でも、月見とろろ蕎麦にミニ助六でした。

午後になってよく考えてみると、私の主張は間違いではないのだから、もう一度お役所に電話してみました。向こうも検討したのでしょう、好転しました。私も努力しますから、そちらも努力してみてください、努力なくしてパチンコには勝てませんよ。昔、その担当者とパチンコ店で遭ったことあるのです(笑)。一安心です。そうしたら、なぜか、いや、当然のように、腹減りましたよ。

ところが、東京にいる次男がお正月は仕事で忙しいので、その日の夕方帰ってくることになっていた。6年ぶりの御対面です。遅い夕飯になりました。息子のおごりで豚しゃぶ。


KIMG0285.jpg

慌てて食べたので、写真撮ろうとしたときにはこのありさま。


KIMG0284.jpg

割り箸を入れてある紙袋に書いてあったのでよく読めません。

吾愛人(わかな)命名と由来。常夏之国奄美では愛人のことを かな という。客人を迎える〇愛人に対するが如く眞実と誠意をつくすことを忘れぬために。椋鳩十。

昭和21年創業だと言うから、童話作家の椋鳩十先生もこのお店の常連客だったのでしょうね。これを書かれたときは、多少酩酊されていたのではないか、と思われます、文字が・・・。



人気ブログランキング  ← ← ここいらで応援よろしく。


◆形のおかしげなるを、便乱坊(べらぼう)と名付。(井原西鶴「日本永代蔵」)
現代でも「ベラボウ」も「ブラボー」も(笑)よく使われる言葉です。「べらぼうな」、「べらぼうに」、何言ってやがる「べらぼうめ」・・・・。

江戸時代(寛文12年頃)、見世物に出た畸形者だそうだ。頭尖って、眼は真ん丸で赤く、猿に似ていたそうですよ。便乱坊は「べらぼう」の語源だと思います。西鶴が書いたように、「形のおかしげなるモノ」と言う意味でしょう。つまり、奇形、異形、尋常でない、異常、おかしいといった意味合いになりましょうか。

この言葉が死語にならなかったのは、いつの時代にも世にベラボウなことやベラボウな人たちがいたということです。昔は見世物小屋にいたくらいですから、ベラボウはごくごく少数派だったのでしょう。ところがどうだ、現代はベラボウが多すぎやしませんか。「奇形」が人権や差別とかという問題ではなくて、言語の歴史からしてそう言えるのではありませんか。
吾愛人の精神が増えて、便乱坊が減少すればこの世も暮らしやすかろうに。
賢明なる読者諸兄姉はこれに首肯せらるるや否や。


人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



6 Comments

Gくん  

いい句発見!

文学通の管理人さん・あやかさん及びたちばなさん他読者 様

戦国武将「麒麟がくる」明智光秀の娘で戦国武将細川忠興妻の辞世の句

→散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ<

解説は不要でしょう!(自己のサイトに一応解説は入れました)

2020/12/17 (Thu) 17:02 | EDIT | REPLY |   
たちばな  

はやぶさですね

>東京にいる次男がお正月は仕事で忙しいので、その日の夕方帰ってくることになっていた。6年ぶりの御対面です。遅い夕飯になりました。息子のおごりで豚しゃぶ

おはようございます。6年ぶりですかなぜにそんなに会えなかったのでしょう。。。はやぶさ3号ですね。
さぞかし嬉しかったでしょうね。10年まえになりますかね皆でうさぎやさんのところに遊びに行って豚しゃぶを食べたのを思い出しましたよ。鹿児島の豚みそは最高です。さて今朝も豚みそで朝ごはんだーーーー!(^^)!
有機の小松菜で味噌汁だーーー!(^^)! 心身を健やかに保つにはうさぎやさんが前に書いておられたように
食事、睡眠、温泉、運動ですね。そこに私は部屋の掃除をプラスしましたよ♪掃除すると本当に気持ちよいです。床の水拭きなんかきもっちよい。足の裏から邪気がでるそうな。だから靴も靴下も小まめに買い替えるとよいそうですよ。年末にむけて邪気払いじゃーーーーε≡≡今日もれっつらごー!(^^)!

2020/12/17 (Thu) 07:25 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

本文及びあやかさん・オグリン♪さんの各投稿、拝読いたしました。やっぱり文学は、管理人さんとあやかさんですね!!管理人さん→寒くなったので豚シャブ食べたくなりました。週末行こうかな!

あやかさん→うちの実家でも飼っていた猫に、名前をカナと付けて読んでいました。愛しい人・もの(愛人だと悪い意味になりますw)という意味があるようですね。

オグリン♪さん→動物の物語りとして、国語の教科書で読みましたw

米大統領選→バイデン氏306票:トランプ氏232票だったようです。

(追記12月16日17:00)
大手メディア!きのうまでは、GoToやめろの大合唱。きょうあたりから、旅行業者が悲鳴をあげている!どうすんだ!?< になっている。だからメディアはマスゴミといわれるw

2020/12/16 (Wed) 08:39 | EDIT | REPLY |   
オグリン♪  

椋鳩十懐かしい。

小学生の頃タクサン読みました。

井原西鶴、江戸時代のラッパーみたいな人。
言葉遊びの天才デスね。

小室圭氏、誠実な方だとは思えませんが・・・。
若気の至り・・・う~ん。

週刊誌、不敬ですよね。
皇后陛下、愛子内親王殿下への罵詈雑言、そして、手のひら返しの賞賛。
皇室のことに口を出し過ぎる。

皇室会議はもっと皇族を増やすべきですね。
皇室のことは皇族が中心となるべきです、憲法違反のギリギリのトコロで。

宮家復活の何が悪いのか?私にはサッパリわかりません。

2020/12/15 (Tue) 12:29 | EDIT | REPLY |   
あやか  

訂正

ごめんなさい。

私の前項のコメントの下から10行目の
 【日々の性格の営み】は
 【日々の生活の営み】に、訂正します。
失礼しました。

2020/12/15 (Tue) 09:38 | EDIT | REPLY |   
あやか  

べらぼうめ(笑)😄😄😄😄😄

おはようございます。

うさぎさんが、お元気に、【生きて】いらっしゃって、嬉しいです。❤😅

【べらぼう】の語源については、どこかで聞いたことがありますが、
それは、ともかく、わたしも、「この、べらぼうめ!」って「たんか」を切りたくなることが多いですね。(笑)

●奄美大島の、【かな】という言葉は素敵ですね。
 たいせつな、愛しい人という意味ですが、【愛人】という場合だけではなく、単なる人名としても
 用いられていたようです。○○加那と、いいますね。
 西郷さんの恋人の名前が【愛加那(アイカナ)】さんですね。

--------------
前前回ブログの、宮内庁長官による小室圭さんへの忠告の件についても、読ませていただきました。
小室圭さんと眞子様との話題は、他のブログでも、よく取り上げられますが、かならず多くのコメントが
結集し、【炎上】します。
 しかし、このことは、もう、そろそろ【鎮静化】すべきことだと思います。

宮内庁長官の小室圭さんに対する『責任をもった説明をして下さい』という忠告・要請は当然のことです。
同様の趣旨のことは、やはり最近、自民党長老の伊吹文明さんもおっしゃっています。

どちらも、強い口調の要請であるとともに、善意の忠告ですので、小室さんも誠実な回答をなさるべきでしょう。

眞子内親王殿下の小室圭さんに対するお気持ちは変わらないようですが、
もし、そうですと、非常に多くの高いハ-ドルを、越えなければなりませんが、そのお覚悟はあるのでしょうか?

言うまでもなく、『結婚』というのは【日々の性格の営み】であり、一生懸命働いて家計をささえると
いうことです。
しかし、残念ながら、小室圭さんが具体的にどういう生活設計を建ててるのか、よくわかりません。
しかも求婚相手は、プリンセスであり、それがどれほど重いことか、本当に責任を感じていらっしゃるのか、
ということなんですね。
そのことを、国民のみんなが心配してるわけですし、宮内庁長官や伊吹文明さんも、そのことを、おっしゃってるわけです。

私は、何よりも、眞子内親王殿下のお幸せを祈っております。
それから、週刊誌なども、この、小室圭さんと眞子様の件については、野卑な扇情的な報道は
慎むべきでしょう。

2020/12/15 (Tue) 09:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment