FC2ブログ

安全保障上重要な土地、利用規制法案

安全保障上、重要な土地の買収対策として政府が検討している土地利用規制法案をめぐり、公明党に慎重姿勢が目立ってきた。
https://www.sankei.com/politics/news/210221/plt2102210008-n1.html

土地利用規制法案では、「売買」ではなくて「利用」に限定している。利用を限定すれば、これから先、不逞の輩にとって売買は成り立たないでしょうね。すでに外国人が取得している広大な土地はどうなるかと言えば、所有権があるので一応、利用・収益することが出来る。しかし、今後は利用を制限されることになる。

本当に悪いことをやる奴は法の裏をかいてやるのでしょう。届け出だけではなくて、常時監視することも必要ですね。それと、違反者に対する厳罰化でしょう。妨害電波を発する奴には死んでもらいましょう。つまり死刑に処すべきです。例えば犯人が中国人だとして、このような行為は自国では死刑でしょうが、日本では殺されない、警察官殴らない、刑務所は快適だ、と認識されては日本国内での犯罪が増えます。

これまで放置してきたのが異常なのであって、法制化が急がれます。草加公明党は何をやってるんですか。国防に関することであるというのに。



人気ブログランキング ← ← イラサイ、早く押して早く。

◆前回の「つづき」みたいな記事になってしまいます。
「慰安婦は売春婦」という妄言をしたハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授の主張が波紋を起こしている。この渦中に延世(ヨンセ)大学と漢陽(ハニャン)大学の教授がラムザイヤー教授の主張に力を与えるような寄稿文を米国メディアに掲載し議論を増幅させている。
延世大学アンダーウッド国際大学のジョー・フィリップス副教授、漢陽大学政治外交学科のジョセフ・イー副教授は18日、米外交専門誌ディプロマットに「『慰安婦』と学問の自由」という題名の文を英文で共同寄稿した。

https://japanese.joins.com/JArticle/275758

まず、両大学にクレーマーが押し掛けて、教授を辞めさせろ、と叫ぶでしょうね。私もいつもなら、そんなの私の知った事じゃないと言うところであるが、韓国以外にどこかいい就職先があればいいのに、と思ってしまいます。

「ディプロマット誌」とは聞きなれない。The Diplomatはアジアパシフィックにおける外交誌として定評ある雑誌のひとつであるという↓このことですか?、
https://www.trans-asia.com/ja/publishing/diplomat

そしてラムザイヤー批判記事が掲載されています。
https://thediplomat.com/2021/02/harvard-professors-article-sparks-outrage-over-its-depiction-of-japanese-military-brothels/

この記事の末尾に、16日、ハーバード大学ロースクールでオンラインフォーラムを開催する、とあります。イ・ヨンス自称慰安婦婆さんも出席だって。マイク・ホンダ元米下院議員、米市民団体「慰安婦正義連帯」の共同議長であるリリアン・シン氏が演説者として出席したことから、どのような討論会か非常に分かりやすいですね。
記者自身の直截的な主張はないようだから、批判と言うよりも「解説記事」のようにも読めますが。
18日に両教授が寄稿したという記事は見つけられませんでした。

話がそれました、(両教授は)「活動家団体は自分たちの話に合わない情報は選択的に削除し、合う情報はあおる」という主張も展開した。
慰安婦婆さんも活動家です。証言がコロコロ変わる。これ大事なことです。活動家の都合のいい情報で30年間、日韓政府はかき回された。韓国は時の政権が反日に利用したとしても、補助金をだしたり「慰安婦政策」をやってきた。情報が事実と違う嘘だったら、韓国政府も被害者だ。尤も日本が受けた被害に比べれば微々たるものですが。
結局、韓国は間違いや嘘からスタートして、間違いや嘘を築き上げてきたのですよ。









KIMG0493.jpg

◆春の香木、沈丁花が咲いた。


人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



1 Comments

Gくん  

速報です!

NHKニュース→アメリカのバイデン政権の高官は、イランで複数のアメリカ人が拘束されている問題でイラン側との接触を始めたことを明らかにするとともに、核問題をめぐってもイラン側との直接協議に前向きな姿勢を示しました<

イラン、超大国アメリカに対して人質外交です。人質外交は、中国・北朝鮮が得意です。イランもやる気です。褒めているわけではありません。もちろん、全部見習え!とはいいませんが、その意気込みは評価したいです。尖閣/イアンフ・徴用工しかり。

本文その他へのコメントがありましたら、追記で対処します。

2021/02/22 (Mon) 12:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment