FC2ブログ

海警船に危害射撃可能

中国海警は軍の傘下にあるが、日本の海上保安庁は運輸省であって、海保の武器使用は警察官職務執行法7条を準用しているのだそうだ。7条では凶悪犯罪に対する武器使用を認めている。「危害射撃」はここに依拠するのだそうだ。

政府は25日、自民党国防部会・安全保障調査会の合同会議で、中国海警局の船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)への接近・上陸を試みた場合、重大凶悪犯罪とみなして危害を与える「危害射撃」が可能との見解を示した。
https://www.sankei.com/politics/news/210225/plt2102250026-n1.html

記事にも「尖閣諸島を自国の領土と主張する海警船の接近・上陸は重大凶悪犯罪に該当する」とあるように、危害射撃が可能であるだけではなく、実際に海保は危害射撃を行うべきだ。
尖閣諸島は日本固有の領土であるのだが、困ったことに中国も主張しているのだから、海警の方が先に実射するような気がします。そうなれば海警の行為はさらに重大な凶悪犯罪です。海保は負けずに危害射撃すべきです。


人気ブログランキング ← ← いい・・・、いっぱいちょうだい。(笑)

相手が100発撃ったら、こちらは1000発撃ち返さなければなりません。私はそう思うのですよ。ですから、海保にはそれを可能とする装備が必要ですね。これはアニメとかの絵空事ではなく、銃弾が飛び交う実写版の世界なのです。

そこまでやるか?そこまで言うか?と思われるかもしれませんね。だって・・・・。
フィリピンのスカボロー礁は米比相互防衛条約の適用範囲だったが、今は中国が実効支配しています。その時アメリカ軍は動かず、オバマ政権も中国批判をしなかったという。比を日に、スカボローを尖閣に読み替えれば、すごく怖い話です。凶悪な泥棒や暴力団に島を盗られないようにしないといけません。勿論、日米安保条約は必要ですが、それを過信・盲信してもいけないのではないか。私は国会でもっともっと議論すべきと考えます。昨日も書いたが、野党の皆さんは中国にこそ噛みついて下さい。戦争でしか守れないとか、7万円何を食べたのですか?とか(笑)。
賢明なる読者諸兄姉はこれに首肯せらるるや否や。










ステーキと海鮮料理で7万円、そんな接待を受ける身分になりたい、などと私は思わない。私は脂っぽいステーキは苦手だ。完食できない。ステーキの後に海鮮料理、いくらお腹が空いていてもノーサンキューだ。それにプラス飲み物、無理、無理、入らない。あの人はいわゆる「痩せの大食い」なのでしょうか。どうでもいいが、我ら一般庶民はお昼にお刺身定食、夜は豚カツ定食、こんなものだよ。文句あっか!と、ここは怒る場面でもありませんが。


KIMG0497.jpg

KIMG0499.jpg


人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



1 Comments

Gくん  

速報です!

中国なのでこの記事に付けます→雨雲さんのツイートからhttps://twitter.com/xAegvg0JipIY0hD/status/1366343269207040004 中国が入国者に「肛門PCR」実施 心理的負担も重く日本側が見直し要求 < (引用終り)

2021/03/02 (Tue) 10:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment