FC2ブログ

日本の学界、ラムザイヤー論文撤回へ

日本の学界・市民社会も「ラムザイヤーの『慰安婦』論文掲載撤回」へ初の共同声明発表
この様な新聞の見出しを見れば、知ってる人は知ってるが(笑)、知らない人はラムザイヤー教授の論文は日本の学界でも否定されるようなデタラメであり、論文掲載はされないのではないか、と思い込んでしまうかもしれません。

しかしながら、この記事の末尾に申し訳程度に書いてあるように、<学術誌「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」(IRLE)は9日(現地時間)、公示文で同論文は「最終的かつ公式的」に出版されたものだと強調し、印刷の強行を再度示唆した。>
論文掲載をしないように、という圧力は学問の自由の侵害です。日本のまともな学会がそんなことやるとは到底思えません。特に日本学術会議のエライ先生方は・・・ま、どうでもいいけど(笑)。



人気ブログランキング ← ← ランキングに参戦しています。合力を。

日本軍「慰安婦」学術サイトを運営する日本の市民団体「ファイト・フォー・ジャスティス」(Fight for Justice)や歴史学研究会、歴史科学協議会、歴史教育者協議会の4団体は10日、オンラインで記者会見を開き、ラムザイヤー氏の論文を批判する声明を発表した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/39372.html

この団体は日本の学界や市民社会を代表するものではありません。ごく一部のアンチ・ジャパニズム(反日)という韓国マインドを持った左巻きの活動家です。反日は韓国の国是と言っても過言ではありません。たとえ文在寅がいなくなっても、誰が大統領になっても変わりません。彼らの言うところの正しい歴史認識は反日で成り立っています。日帝に植民地支配された、収奪された、強制労働、強制連行の性奴隷にされた、そして反日独立運動の結果独立した・・・・。先の大戦では朝鮮人も帝国軍人として、軍属として、また、労働で銃後を支えて鬼畜米英と戦ったのに。何が戦犯国だ。
反日は韓国国民のアイデンティティであり、またある時は憂さ晴らしでもあります。このような前提で以て、韓国紙を読み解かなければなりません。


「この論文は、そもそも女性の人権や女性たちを束縛していた家父長制の権力という観点が欠落している」と強調した、とあるが、家父長制の権力があるから、娘が売られたのではないか。そもそも論を言うのであれば、そもそも慰安所で働いていた女性の6割は内地の日本人だった。6割の人達の人権はどうしてくれるの?ちなみに、6割の人達から謝罪しろ、賠償しろという声を聞いたことが無い。

そもそも、今やほとんど戦後生まれであり、80年も前のことを蒸し返して何になるのか。渋谷の交差点で街角インタビューでもやってごらんさい。謝罪しろと言っても、誰がまともに答えますか。そんなの関係ねえ、というのが渋谷のみならず世界の常識だ。飢えている人にはパンの方が大事さ。韓国の捏造・妄想歴史に付き合ってられない。

吉見某は韓国に行ったときに慰安婦支援団体に寄付したそうですよ。奴らはそれで寄付金集めの味を占めて詐欺商法を始めたのではないか。私はそう推測しているのです。日本から支援の寄付をした人たちは、結果、詐欺師・尹美香の犯罪を支援したに等しい。まず、その反省が先でしょうよ。そして謝罪しろ(笑)。



人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村








KIMG0559.jpg

桃(白鳳)が咲いた。他に「川中島」を植えている。「白桃」の木を枯らしてしまったので、今春、もう一本植えなければならない。自家受粉する品種がいいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

barso  

自己矛盾。

 参考URLにあるハンギョレ新聞の記事は、自らの主張に欠陥があることを示していますね。
 記事では「詐欺や暴力や人身売買で『慰安婦』にさせられたことが、膨大な研究から明らかになっている」と言って、その証拠は「膨大」にあると言っていますが、その続きの文章では「にもかかわらず、ラムザイヤー氏は日本軍の主体的な関与を示す数々の史料の存在を無視した」と言って、日本軍の関与の証拠は「数々」に過ぎないと論じています。
 うっかり読むと日本軍が強制した証拠は「膨大」にあると言っているように思えますが、日本軍関与の証拠は「数々」つまり少しかない、と認めているのです。

 その「証拠」にしても、慰安婦と称する女性たちの自己矛盾のある怪しげな非公開の証言と、その真実性をまったく調べもせず容認した愚かしい河野談話だけしかないはずです。
 前者はその証言が事実だと客観的に確認されたわけではなく、後者の談話も日本軍が慰安婦の便宜を図ったことを認めたにすぎません。

 11日付には、朝日の元記者・植村隆氏が西岡力教授を訴えた最高裁の裁判では、植村氏の完全敗訴が決定しました。
 しかし日本のリベラルは「反論」するよりも、すぐ「言論封じ」に走るのはなぜでしょう。まともな言論人なら、言論には言論で戦えばいいはずですが、やはり正当な「証拠」がないのでしょう。

2021/03/13 (Sat) 17:27 | EDIT | REPLY |   
Gくん  

こんばんは!

管理人さんの本文、アジシオ次郎さんの投稿、拝読いたしました。もう韓国との関係は、イアンフに限らず全面的見直しがいいと思います。具体的には、制裁一択。宣言→発動→相手の様子を見る→?です。

管理人さん→誰が大統領になっても変わりません< とあります。これいえると思います。次期大統領の有力候補は、李とかいう京畿道知事(文以上の反日煽動家とか)、この3月検事総長を辞めた尹氏、前首相の李氏です。

尹前検事総長は人気もそこそこですが、政治経験と依って立つ政党がありません。強いて言えば、最大野党の「国民の力」から出馬するのか!? まぁー!管理人さんがおっしゃっているように誰がなっても一緒でしょう。皮肉的にいえば、李京畿道知事の方が、組み易しかも知れませんw

-----

(追記24:00)
この韓国のイアンフに限らず、上から目線・喧嘩腰な態度、もう我慢も限界に近いです。返り討ち(制裁一択の意)にしたい気持ちです。

2021/03/12 (Fri) 18:00 | EDIT | REPLY |   
アジシオ次郎  

何考えてんだ日本の学界は・・・!!

おはようございます。

従軍慰安婦問題は「デマ」というラムザイヤー論文について日本の学界はそれを撤回するという姿勢を示したけど、ハッキリ言ってバカじゃないの? 何考えてんだって憤りたくなる。

撤回に賛同した学界及び市民団体は日本の恥もいいところだわ。自国は悪い・韓国や中国に忖度すべし、批判はタブー。なんてイカレた思考がまかり通ってんだから、危険思想もいいところだ。韓国の反日や欧米における白人至上主義に匹敵するレベル。

ラムザイヤー論文という重要な証拠を否定するなどとんでもないとしか言い様がないが、朝日新聞による悪質なでっちあげの上河野談話という売国・国辱言動だってのをまだ理解していないのか!?
あとそんな大昔のことをいつまでも断罪して謝罪と賠償を要求したって「意味のない話だよ」です。

2021/03/12 (Fri) 09:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment