FC2ブログ

見よ東海の空あけて・・・

東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる(啄木)

♪見よ東海の空あけて 旭日高く輝けば・・・・
 ・・・・皇国常に 栄えあれ(愛国行進曲)

私の東海についてのイメージはこうだ。また、東海地方の東海であったり、太平洋のことだったりします。韓国人のくせに東海、東海と言ってる人は、韓国国内で親日派として糾弾されるべきです。そのと~うり~、三代前まで遡って財産を没収されるんだぞ(笑)。


人気ブログランキング ← ← ランキングに参戦しています。合力を。

さて、「東海(トンヘ)」の入った歌詞の校歌が甲子園で高らかに謳われ、全国放送されるそうですよ。
韓国系学校が前身で、第93回選抜高校野球大会に初出場する京都国際高(京都市東山区)の韓国語校歌の歌詞が、毎日放送制作の中継映像ではハングルと日本語訳のテロップ付きで流されることが12日、関係者への取材で分かった。ハングルの歌詞には韓国が日本海の呼称として主張する「東海」が含まれているが、日本語訳では「東の海」と表記する予定。
https://this.kiji.is/742951416561893376?c=39546741839462401

NHKのハングル講座ではあるまいに、なんでハングル表記なの?かの国では世界中で認知されている「日本海」を「東海」と表記すべきと主張しています。日本語翻訳としては「日本海」が正しい。「東の海」?なんだかお相撲さんみたい(笑)。東海大学を東の海大学と呼ぶようなもので、おかしい。

白球を追う子供たちに何も罪はありませんけどね・・・。どんな教育をしている学校でしょうね。浅はかな文科省や教育委員会、高野連の指導・監督が及んでいるのでしょうか。そもそも、日本海を東海として歌うような学校が出場資格があるのでしょうか。このような学校を認めるのであれば、まだ台湾の嘉義農林を特別枠で出場させた方が気分なりともいい。かつての甲子園準優勝校ですよ。

記事によれば、京都国際高は「学校側としては放送局の意向に従い和訳を決める方針」としている、という。
放送局の意向、日本国民の常識に照らして、「日本海」とするのが順当でしょう。
夏の大会から、出場資格を見直した方がいい。丁寧にお断りすべきです。NO JapanにはNO・・・で対応、などと言えば政治とスポーツは別だ、と言われるのですが、教育の一環でもあるのです。馬鹿な奴だとお思いでしょうが、私としては、皇国常に栄えあれ、といった教育をすべきであって、あの海をトンヘでは日本の青少年の健全育成になりません。あれは日本海会戦だったんだよ。
夏は朝日新聞社旗が会場に翻ります。あれを見た選手が興奮して何をやらかすか分かりません。猿顔とか(笑)。


人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村







KIMG0560.jpg

庭の山椒の木が芽吹いた。葉は料理によく利用するのだけれども、実を採ったことはない。
今年は葉も実も食べてやろう。




※知ってる人は知ってるが、知らない人は↓これ。


関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

翠子  

高校野球は朝日新聞が主催していますよね。
関係あるんでしょうか。
ラグビーにも朝鮮高校が出場していて、疑問を感じます。
インカレの新人戦にも朝鮮大学が出ているんですよ。
日本に忠誠を誓わない人たちは出してはいけないのではないでしょうか。
その前に、日本国内に敵対する国の学校があってはいけませんね。
孔子学院も、なくさないといけません。

2021/03/13 (Sat) 16:39 | EDIT | REPLY |   
あやか   

しかし、それにしても

その京都国際高の校歌ですが、
その該当部分は、はっきりと『日本海』に和訳すべきです。
それが、、いやなら高校野球大会の出場を、今後取り消されても文句は言えないはずです。

それにしても、その学校に在日韓国人が多いとしても、
日本国家のなかで永住しているのなら、日本国家に忠誠を誓うべきであり、
おかしな韓国の見解によって作られた校歌を歌うこと自体おかしいですね。
だいたい、在日韓国人のひとは、もはや韓国語をしゃべっていないはずです。

在日韓国人は、自分の立ち位置というものがわかっていないですね。

2021/03/13 (Sat) 08:20 | EDIT | REPLY |   
あやか   

素晴らしい歌

♪見よ、東海の空あけて、、、、、、♪

素晴らしい歌ですね。
元気になりますし、歌詞も凛々しいです。

選抜高校野球大会には、むしろ、この歌を合唱・演奏してほしいです。

◎鬱々たる 今の世相を 吹き飛ばす 愛国リズムに 心は、はやる

2021/03/13 (Sat) 07:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment