FC2ブログ

自衛隊を応援しよう!


人気ブログランキング ← ←まずはお願いします。

KIMG0698.jpg

昨日(24日)お昼、鹿児島水交会定期総会に出席しました。
私めは自衛隊OBではないのですが、「海軍」が大好きで有志会員になったのです。国歌斉唱、物故者に対する黙祷。この時、会場には「海ゆかば」が流れます。

余談になりますが、私は海に散骨してもらおうと考えていましたが、そこいらはどうでもよくて、子供たちに任せるとして、臨終のときに「海ゆかば」を流してほしい。これだけは絶対に譲れない。
戦時中、日本放送協会(NHK)はラジオで、玉砕を報じるときにこの曲を流した。ご批判も有りましょうが・・・その時はNHKは良い放送局だった、と少なくとも私は思う。

御来賓は隊友会会長、偕行会会長、郷友会会長、現職の海将補、一等海佐、二等海佐。

続いて「防衛講話」。


KIMG0700.jpg

この地図は莫大な軍事費を使っている中国側から見たものです。

KIMG0701.jpg

難しいことは分かりません。しかし、講師の一等海佐の話は面白かったですよ。
群馬県のネギ、こんにゃくの産地で有名なところ(ご明察の通り大仁田ですね)のご出身だそうだ。実家はこんにゃく屋をやってたが、輸入の安ものが出回って、お店は倒産したそうですよ。それで、子供のころからご苦労されたそうです。牛乳配達をされていた。
貧乏時代に比べれば、防大での4年間、寮の食事を不味いと思ったことは一度もなかった、とおっしゃっていました。笑える、それでいて泣けるお話ですよね。勉強に集中し、優秀な成績で卒業されたのでしょう。まだ40代です。

現在はご本人曰くお子さん二人に”美人妻”と猫5匹だそうだ。1匹だったけど、一佐が単身赴任から帰ったら5匹に増えていたのだそうだ。またご本人曰く、美人妻は夫がいない間の寂しさを埋めるのにこれだけ必要だったんだ。私は泣き笑いしましたよ。このような人間味あふれる方が国防の任についておられる。我らは自衛隊を応援、協力したくなりますよね。
賢明なる読者諸兄姉もぜひ地域の水交会(海軍)、偕行会(陸軍)にご入会下さい。。

会場を変えて、懇親会。現職自衛官はすでに帰られていました。
画像はありません。先月お会いした元陸将補の方は、お話していたら私の高校の先輩だったんです。それで水交会にも同窓生はたくさんいるよ、と教えていただいたのです。数年前からお付き合いのある方には、先輩とは知らず、これまで大変失礼しました、とお詫びして回りました。私、結構生意気に見えますから(笑)。人と人、何かとご縁があるものです。







KIMG0704.jpg

24日夕方、指宿に着いて1時間くらいしたら宅配屋さんから電話がありました。収納ボックスに入れましたがよろしいですか、と言う。よろしいのだけれども、植物を何日もそのまんまに置いておくわけにもゆかず、慌てて夕飯を済ませて、鹿児島まで取りに行きました。昨日は忙しい1日だった。

まだ費用明細も届いていないのに、つまり金も払ってないのに商品が届きました。
四方竹は観賞用だけではなくて、秋にタケノコが採れます。アクが少なくて美味しいんですって。収穫できるのは定植後3・4年らしい。決めた、人間止めるの止~めた。今のところ。



人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

オグリン♪  

はい、応援いたしましょう。

わたくしの家系は、先祖代々海軍畑です。
大叔父をはじめ大勢の身内が靖国に祀られています。
わたくしは海軍担当、姉貴は陸軍担当です。
10年以上前に、姉貴が陸上自衛隊関係の会合で骨折したんです、姉貴の不注意。
にもかかわらず丁寧なお言葉とお見舞金まで頂戴してしまいました。
姉貴がどうしてもお返しをしたいと言いその駐屯地へ行きました。
受付でやっとお菓子お渡しして帰ろうとすると、『〇〇連隊長がお会いします、こちらへ』と言われ、なんと連隊長室へ通されました、赤いカーペットでしたヨ。
礼儀正しい隊員の皆さん、愉快なお話、素敵な一日になりました。

国防軍万歳。

憲法は改正しなくては・・・。

2021/04/25 (Sun) 13:59 | EDIT | REPLY |   
あやか   

感激

今回ブログには、心から感激、賛同いたします。
水交会!!!
なんて素晴らしいのでしょう!!

私は、水交会の会員のかたでしたら、
原則として、信頼いたします。

水交会のイメージは、「愛国者」、「海の男」、「黒潮の民」という凛々しい姿です。
日の丸の旗、旭日旗も何と麗しいのでしょう!

◎黒潮の 民族たりし 我が民よ 旭日(あさひ)を仰ぎ 凛として立て

2021/04/25 (Sun) 12:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment