fc2ブログ

北朝鮮が弾道ミサイル発射

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本海向け、SLBMか
韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は19日、東部の咸鏡南道・新浦一帯から日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。韓国軍は発射されたのは1発と発表したが、岸田文雄首相は、北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したと述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021101900661&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

先の自民党総裁選挙でも敵基地攻撃能力が議論されたわけだが、何とも虚しい空論だったのではないか。予兆を探知できなければ、事前攻撃は出来ません。ミサイルが発射された後で判明します。もしも、ミサイルに核弾頭が付いて、北がミサイルの距離と方向を間違えれば、日本の主要都市2個は消えて無くなることになります。

今回も日本のできることは地上から「遺憾砲」を撃つことくらいですね。そんなんじゃ、北朝鮮はまたやりますよ。”近日公開、乞うご期待!”と、昭和の映画館の看板みたいですが(笑)。



人気ブログランキング ← 強力ください。

潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験か、と記事にはあります。ミサイルを積み、発射できる潜水艦が北朝鮮にあるのか疑問です。中露から持ち込んでいるかもしれませんが、独自で開発できるとは思えません。
ミサイルも核弾頭をつけて実用化できてるとも思えません。しかし、着実に完成の域に近づきつつあるのではないか。完成したら米国も国連も日本もお手上げ状態ではありませんか。

ここいらで、北朝鮮に一発撃ち返した方がいい。或いは今回発射された新浦沖合で日米軍事演習でもやりますか。無人機による北の核施設爆撃や正恩斬首作戦の演習をやればいい。でないと、繰り返しになりますが、北はまたやるよ。






話題変わります。
昨日、わが娘の恋人が三年ぶりにやってきた。三年も経てば二人の熱も冷めるだろう、と考えた私が甘かった。確かにそうだ。しかしその三年は別の意味もあった。
私は彼に会ったら、自身の立場も忘れて、こう言うだろう。
「どの面下げてここへ来れるのですか。私が最初申した『納得と喜ばれること』について、何かやってくれましたか。」
もっと分かりやすく一般人の口ぶりで、「お前、俺を舐めてんのか」と言おうかと思う。

しかし私は、「これからの生活設計は大丈夫なの?」とだけ二人に尋ねました。あの男はいくらも語らず、娘だけが興奮気味に話していました。勿論、到底私が理解できるような話ではなかった。

それにしても、あの男には、人に劣るとかあらゆる意味で弱いといった、劣弱感というものはないようだ。無神経なのか育ちによるものなのか分からない。ここで詮索する気もない。ここまで来たら、どうしても結婚すると言う二人を誰も止められないような気がしてきた。そこにあるのは、まさに「両性の合意」のみである。

私は別に話すこともないので、妻と自室へ引き上げた。二人も娘の部屋に閉じこもってしまった。そこで何をしていたか、もう、もう、いらぬ想像もしたくない。
ふと、横を見れば、相変わらず、泣いているのか笑っているのか分からない顔をした、我が妻がいた。

いずれ、時が経てば、三年もすれば、みんな忘れる、と、また甘い考えが浮かんできたのだった。

(※これはフィクションであり、実在の人物とは関係ありません。)



人気ブログランキングへ お忘れならば、肩こりにピップ! と。

にほんブログ村






KIMG1278.jpg

カマでご飯を炊くコツを覚えました。中学時代、「技術・家庭」の時間に炊いて以来ではなかったか。
私も4・5回は失敗しました。火加減が難しい。
美味しいご飯が炊けたときは、おかずは不要なくらいです。一汁一菜とはよく言ったものです。どんなごちそうよりもうまく炊けたご飯が一番だ。


※登録は不要で、バナーをクリックするだけでフォローできます。

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

Gくん  

おはようございます!

本文の問題、よくわかりません。causalさんの投稿、拝読いたしました。causalさんも娘の父親なので、気持ちがよくわかるかも知れません。

Gの好きな分野は、政局(今回は衆院選)予測です→各社世論調査出て来ましたね。攻防線は、自民単独で過半数なるか!?のようです。
 選挙というのはトレンドというのがあって、序盤戦で決まります。その後投票日までその傾向が変わることはありません。今朝、毎日と共同の調査の発表がありました。やはり自民で過半数なるか!?が争点のようです。

よく予測が当たるのが、意外や朝日新聞です。きょう(10月21日)現在でまだ朝日新聞の調査結果が出ていません。注目です。

2021/10/21 (Thu) 08:45 | EDIT | REPLY |   
causal  

昨日、わが娘の恋人が三年ぶりにやってきた。

こんにちは。

<<昨日、わが娘の恋人が三年ぶりにやってきた。>>

秋篠宮様ご夫妻の、親としてのお気持ちをフィクションの形をもって、慮ったストーリー。

素敵です。

2021/10/19 (Tue) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment